ショッピング枠が利用できるクレジットカードを持っていますか?

ショッピング枠が利用できるクレジットカードを持っていますか?

ショッピング枠が利用できるクレジットカードを持っていますか?
利用審査診断、4つ目の内の、1つ目の質問です。

診断前に、クレジットカード現金化と「ショッピング枠が利用できるクレジットカード」との関連性について知りたい方は、下記をご覧ください。(約2~3分程度)
そのまま診断を続けたい方は、YES・NOの選択をどうぞ!

クレジットカード現金化の必須アイテム「ショッピング枠」

クレジットカード現金化業者に電話する女性

カード会社との契約によって違いはしますが、クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があり、キャッシング枠は現金を借りるための枠、ショッピング枠は買い物専用の枠です。

この2つは、入会時に利用者を審査することで枠の大きさが決められ、その枠の範囲内であれば利用でき、現金が必要であればキャッシング枠買い物するならショッピング枠を使うと分別されます。

借金をしたという履歴はショッピング枠なら残らず、キャッシング枠が付いていないクレジットカードでも、キャッシング枠と同様に現金が手に入る仕組みが、クレジットカード現金化を利用する主な目的になっているのです。

キャッシング枠は現金化業者からではなく、カード会社から直接融資を受けるものですから、クレジットカード現金化業者がどうにかできる話ではありません。

ショッピング枠がついていても、利用限度額が少なくとも希望する金額以上なければ、これまた門前払いです。

具体的な例として、「5万円が手元に必要」とする場合に、クレジットカード現金化をする時の、ショッピング枠に対する考え方をご紹介します。

  1. 希望金額5万円、ショッピング枠の残高は5万円
  2. =還元率・換金率100%なら、取引成立。

  3. 希望金額5万円、ショッピング枠の残高は4万円
  4. =還元率・換金率120%なら、取引成立。

いずれにしても、業者が良心の塊だけで営業していれば、このような100%を超える取引も不可能ではありません。

しかし、営利目的で営業していることが当たり前ですから、こんなことを期待して検索しまくっても、残念ながら時間の浪費をするだけです。

クレジットカード現金化もキャッシングも、無料ではない

還元率・換金率のよいクレジットカード現金化業者を探す男性
業者のホームページには、消費者側にとって都合がいいように利用できると感じる言葉が並びます。

誰もが手軽にホームページを作ることができる世の中ですので、たとえ実績がなくても創業年数を偽ったり、架空のリサーチランキングで○位になったなど、悪徳業者の集客に対する手口は日を追うごとに進化をしています。

とは言え、サービスそのものは変わらないので、比較サイトで情報収集しないと、よりよい業者を見つけることはできません。

クレジットカード現金化の場合には、ショッピング枠の決済金額と振込金額の差額が生じ、少ない金額ならその差額も少なくなります。

ここでも、換金率・還元率が90%を想定して見ましょう。

  1. ショッピング枠の決済金額が10万円で90%の換金率・還元率の場合
  2. 100,000×0.9=90,000円(差額は1万円)

  3. ショッピング枠の決済金額が20万円で90%の換金率・還元率の場合
  4. 200,000×0.9=180,000円(差額は2万円)

このように決済金額が高額になっても、お得になるものではありませんので、なるべく低い金額で・必要最低限の金額に留めることをオススメします。

見出しにも述べたように、キャッシングなら利息・年利、クレジットカード現金化なら手数料が掛かるので、この世には無料で手続きができる資金調達方法はありません。

業者はなるべく多くの金額を利用してもらったほうが、先ほどの差額が大きくなることから、「なにかあったときのために、多いほうが~」と営業をかけられるかも知れません。

もし問い合わせや手続きの最中に、こんな誘導尋問がありましたら、先ほど書かれたことを思い出してください。

「じゃああなたがそのお金を支払ってくれますか?」と突き返してあげると、店員もそれ以上、言いくるめようとする口出しをしなくなるはずです。

ショッピング枠に対する換金率・還元率がクレジットカード現金化のすべて

クレジットカード現金化の比較サイトを見る男性
クレジットカードを持っていても、ショッピング枠が無ければ、先ほどのような説明はできません。

ショッピング枠の利用可能額が、少なくとも手元にほしい金額以上に必要であることがご理解いただけたのではないでしょうか?

なかにはショッピング枠の残高が無くても利用できると業者を紹介している比較サイトがありますが、すべて広告費を稼ぐためのステマに過ぎません。

クレジットカード現金化のトラブルは、業者と名義人との間で発生します。

そもそも名義人が申込みをするまでの過程まで掘り下げて考えてみますと、いきなり店名を検索して申込みを行う前に、サービスの概要を知ってからその店を知る事の方が圧倒的な割合を占めるはず。

そのような観点から、クレジットカード現金化を求める人は、必ず比較サイトを介している事が予測されます。

業者がこのサービスを否定・注意喚起する内容が掲載されることは今でもありませんでした。(閉店後に比較サイトとして広告業を始める業者もある)

しかし、その手間に閲覧されるであろう比較サイトまでもがその様な掲載内容であれば、何を見ても同じ。

トラブルが発生してしまう店舗を絶賛する内容で紹介している比較サイトがあるからこそ、クレジットカード現金化に関するトラブルが後を絶たないと考えます。

とくに閲覧する事が良くないとされる比較サイトの特徴は、単純明快に情報量が少ない・リスクに関する説明が無いことが挙げられます。

ショッピング枠の決済金額と振込金額の差に対する手数料負担と、もし割賦払いを選択するのであればカード会社に対する手数料を負担しなければなりません。

しかも、ショッピング枠に対する換金率・還元率は足し算で計算される数値でなく、ショッピング枠の決済金額に対して掛け算をするもの。

一括(1回)で支払いを終わらせない限り、分割手数料・リボ払いの手数料を支払い続ける可能性についてはあまり紹介されません。

貸金業にしかりクレジットカード現金化にしても、緊急性を要さない出費項目に対して、利用しない方がよい事は共通して言えます。

手数料を気にするのであれば、どんなに換金率が高かろうが低かろうが手数料の出費は必然。

自分で使ったショッピング枠の返済に自信がない方は、高額な利用は控えるべきです。

ショッピング枠が利用できないときのクレジットカード現金化は?

できません

誠に残念ですが、あなたはクレジットカード現金化業者の審査に断られる事になります。

なぜ、ショッピング枠が機能していなかったり、クレジットカードを持っていなければならないの・・・?

この疑問に関連した記事は以下になります。

-クレジットカード現金化診断

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化の優良店を検索する男性

最後の現金化診断!「優良店を探していますか?」

YES NO 利用審査診断、4つ目の内の、最後の質問です。 診断前に、クレジットカード現金化と「優良店」の定義について知りたい方は、下記をご覧ください。 そのまま診断を続けたい方は、YES・NOの選択 …

ご高齢者のクレジットカード現金化

年齢制限と現金化の関係!「クレジットカードの名義人は今、20歳以上ですか?」

YES NO 利用審査診断、4つ目の内の、3つ目の質問です。 診断前に、クレジットカード現金化と「年齢」の関連性について知りたい方は、下記をご覧ください。(約2~3分程度) そのまま診断を続けたい方は …

他人名義のクレジットカードで現金化を企む男性

他人名義による現金化の可能性!「クレジットカードは自分の名義ですか?」

YES NO 利用審査診断、4つ目の内の、2つ目の質問です。 診断前に、クレジットカード現金化と「クレジットカードの名義人」の関連性について知りたい方は、下記をご覧ください。(約2~3分程度) そのま …