クレジットカード現金化はキャッシング枠が無いとできない?

クレジットカード現金化はキャッシング枠が無いとできない?

日々の生活において厄介なことがあるとすれば、いつどこで急な出費があるかわからないことですが、手元に現金がない場合にすぐに利用できる金融サービスはある程度限られてはいるでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠はすぐに利用できる金融サービスですが、キャッシング枠を使いきっていてもクレジットカード現金化という手段が残されています。

キャッシング枠を使っているとクレジットカード現金化ができない?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、ショッピング枠は買い物専用の枠、キャッシング枠は現金借り入れ専用の枠として分かれています。

この2つの枠ですが、どちらも無担保という点では変わりませんが、クレジットカード入会時においてキャッシング枠をつけるかどうかで入会審査も変わってはきます。

ショッピング枠のみの入会審査であれば比較的に審査は通りやすいとされていますが、キャッシング枠をつけるとして、もちろん審査に通れば利用することができます。

通常クレジットカードですぐに現金を手にしたいということであればキャッシング枠の利用ということになり、ショッピング枠は買い物専用の枠なので現金の引き出しはできません。

しかし、クレジットカード現金化を利用すればショッピング枠を使って現金を手にできるので、実質どちらの枠を利用しても現金を手に入れることが可能ですが、キャッシング枠を利用しているとクレジットカード現金化が難しいと聞いたことはないでしょうか?

なぜこのようなことが言われるのかというと、そもそもショッピング枠は買い物専用の枠であり、クレジットカード現金化は規約違反行為になるので、クレジットカード現金化を利用していることが発覚すれば利用停止措置が取られてしまう危険性があるからです。

とくにキャッシング枠を目一杯利用している場合、現金に困っているという状況であると判断されるために、そこからショッピング枠を使って大きな買い物をすればクレジットカード現金化をしているのではないかという判断が下されてもおかしくはありません。

カード会社としてはクレジットカード現金化の利用はご法度としていますので、利用しそうな人の特徴を洗い出し、とくにキャッシング枠を利用している人に対しては注意の目を向けているでしょう。

しかしながら、キャッシング枠の利用をしながらも、これ以上キャッシングは使いたくない、使えないという人もいるでしょうし、それでも現金が必要だという場合はクレジットカード現金化を考えるはずです。

キャッシングしていてもクレジットカード現金化は可能

キャッシングをしていながらクレジットカード現金化をすると、カード会社から怪しまれる危険性があるということですが、あくまでこれは怪しまれるという段階であり、いきなり利用停止になるわけではありません。

実際キャッシング枠を利用しながらショッピング枠を使って買い物をする場合は多々ありますし、それらのショッピング枠の利用をいちいち調べて利用停止にするほどカード会社も暇ではありません。

クレジットカード現金化をする場合は優良店を利用することがセオリーとなりますが、優良店であればまずばれるリスクを最小限に営業をしているところがほとんどであり、たとえキャッシング枠を利用していたとしてもばれることはないでしょう。

ばれるかどうかというのはショッピング枠の利用が通常の買い物と同じかどうかということであり、優良店での利用は通常の買い物と同じ形で処理されるようにしているためにばれないということです。

キャッシング枠を利用していてもクレジットカード現金化は可能ですが、方法によってリスクが高くなってしまう商品があり、それが換金性の高い商品です。

キャッシング枠を利用していながら、ショッピング枠で換金性の高い商品を購入することが一番リスクのある取引でしょう。

換金性が高いということは現金に換えやすいということであり、現金に困っていることが容易に想像できる方法です。

換金性が高い商品としては、金券類や新幹線チケット、Amazonギフト券などが挙げられますが、キャッシング枠を目一杯使っている人がこれらの商品を買えばまず間違いなく購入についての確認の連絡がくるでしょう。

これらの換金性が高い商品はクレジットカードの不正利用にも利用されるために、表向きは自身が購入したかどうかという確認になりますが、併せてクレジットカード現金化を利用しているのではないかという意味も込められています。

もし利用が発覚して強制解約になれば、キャッシング枠とショッピング枠の利用分を一括で弁済という措置が取られる危険性もあります。

キャッシング枠を利用しながらクレジットカード現金化を考えているのならば、まずは優良店へ問い合わせをして、確実にばれない方法を取っているか確認して相談するといいでしょう。

クレジットカード現金化とキャッシング枠を比較してみよう

それぞれの特徴からメリット、デメリットがあり、状況に応じてどちらがいいかということも変わってはきます。

まずはそれぞれの特徴から考えていきましょう。

  • キャッシング枠は審査が厳しい
  • クレジットカードにキャッシング枠は、通常の融資と同じ考えを持ちましょう。

    クレジットカード入会時にショッピング枠のみの利用で申し込めば、もちろんキャッシング枠はついてきません。

    クレジットカード入会時の審査で、キャッシング枠をつけると審査が通りにくいという話を聞いたことはないでしょうか。

    クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は管理する法律が違うので、キャッシング枠がつく場合の審査と、つかない場合の審査では通りやすさが違います。


    キャッシング枠を管理する法律は貸金業法という法律です。
    消費者金融や信販会社がお金を貸す際の審査基準を明確にしていますが、年収の3分の1までしか現金が借りれないという総量規制や、給与明細など収入を証明する書類の提出など、規制や審査が厳しくはあります。

    対するショッピング枠の審査は割賦販売法という法律で管理されていますが、これは総量規制の対象外。

    かつ収入を証明する書類の提出も必要なく、自己申請でも可能ですので、規制や審査は結果としてキャッシング枠よりも緩いと言えるでしょう。


    キャッシング枠を利用したいと思っても、審査に通らなければ利用することはできず、クレジットカードにキャッシング枠がついていない場合、再度審査の申し込みをしなければならないということです。

    この審査には時間がかかる上に、通らないこともままあります。

    つまり、クレジットカードにショッピング枠のみしかない人が即日で現金を手に入れようと思ったら、クレジットカード現金化を利用したほうが早い、と言えなくはありません。

  • キャッシング枠の金利は高い
  • キャッシング枠を利用した際の金利は、大体のカード会社は年利18%としています。

    対して、ショッピング枠の分割・リボ払いの金利手数料は年利15%と、キャッシング枠のほうが高い金利になっています。

    また、ショッピング枠の利用であれば、一括払いには金利手数料が発生しません。

    対するキャッシング枠はどんなに短い期間にも金利は日割りで発生し、なおかつ利用都度に手数料がかかります。

    クレジットカード現金化を利用しても、一括払いであれば金利手数料はかからずに済むということになるので、急な出費で、なおかつ一括払いできるのであればクレジットカード現金化のほうが都合がいいでしょう。

  • キャッシング枠は枠が狭い
  • キャッシング枠はショッピング枠に比べると枠が狭いことが大半であり、大体において20~30万円です。

    対してショッピング枠であれば50~100万円の枠を付与される場合が多いので、利用できる金額もショッピング枠のほうが大きいことがわかります。

    つまり、クレジットカード現金化であればキャッシング枠よりも大きな金額を利用することができるということです。

  • キャッシング利用は借り入れとして信用情報に載る
  • お金を借りる際は借り入れしたことが信用情報機関に記載されますが、クレジットカードのキャッシング枠も例外ではありません。

    カード会社などの信販会社は信用情報機関である『CIC』に加盟し、利用者の信用情報をCICに預けています。

    ショッピング枠の利用も信用情報として記載されますが、あくまで支払いをしっかりしているかどうかという判断のため。
    借り入れとしての情報は記載されませんので、クレジットカード現金化は信用情報に借金として記載されません。

    しかし、キャッシングの利用は借り入れとして信用情報に記載されるのです。

  • クレジットカード現金化は利用規約違反
  • キャッシング枠の利用はカード会社の審査によって与えられるものなので、枠の範囲内で利用し、返済を行う上では何の問題もありません。

    対するクレジットカード現金化はカード会社との規約には違反してしまいます。

    ショッピング枠は買い物をスムーズにするために与えられているという面もあるために審査が緩いのですが、換金目的に与えられているわけではないのです。

    クレジットカード現金化をしていることがカード会社に把握されてしまうと、クレジットカードの強制解約、支払残高一括請求が来てしまう可能性があります。

クレジットカード現金化もキャッシングも用立てた分に+αの金額を返済する事になる

クレジットカード現金化とキャッシング枠の利用、どちらを使うかは利用者の都合や状況によって違い、一概にどちらがいいとは言えません・・・。

どちらも急を要する入用に対して有効的な金策であることは間違いありませんが、もちろんキャッシング枠がない人はクレジットカード現金化を利用するでしょうし、他にも借金という情報が出てしまうとまずいという人だったり、総量規制に引っかかってしまっている人もいるかとは思います。

しかし、確実に言えることとしては、どちらも利用したら必ず支払いはしなければならないということです。

支払いが滞れば当然信用情報に傷がつきますし、利用停止にもつながってしまうかもしれません。

どちらを使っても債務が発生するということを確認し、支払いは必ず行うという上で計画を立てて利用をするよう心がけましょう。

とくに急を要するという場合、クレジットカード現金化であればそのメリットを十二分に享受することができます。

わからないことがあれば業者に問い合わせすることから始めてみてはいかがでしょうか?

人はお金が無いと何も出来ない…苦肉の策としてクレジットカード現金化

人として生まれてきたからには本能的に備えられている”欲”といえば、「食欲」「睡眠欲」「性欲」が備わっていますが、時代の経過とともに社会の変化と理性の発達によって故意にセーブ出来るまでに人は進化、いやひょっとすると退化しているような気がしてなりません。

技術は進化しても、世の中にあるモノが機械でオートマティックに処理できるようになれば、人間としての行動範囲を徐々に侵略します。
ある意味では自主的な退化とも言えます。

その現われとして、先ほど挙げた3つの欲以上に、近年人は物欲(消費欲)という言葉が言われるようになりました。

本能的な欲は、理性で我慢したり、体質や意識による制限をする事が出来ますが、物欲ほど底なしの欲望はありません。

ムダ遣い、浪費家なんて言葉もあるように、欲求のまま行動してしまう人はもはや病気と言ってもいいのかも。

ショッピングローンと言われる貸金業のサービスがあるために、自動車や住宅・その他高級品の品々を、ローンを組んで購入する方も決して少なくありません。

一括で支払う事が出来ない以上、そのような商品はぜいたく品であり、ましてや身の丈に合わない飾り物として理解する事が、「浪費」に気付くキッカケになるでしょう。

ローンとは融資の意味合いを持ち、こうしたサービスを展開する事業者たちは、何かと融資というよりかはローンの言葉を使いたがります。

たとえば、「マイカーローン」なんて言葉がありますよね?

車はいつの時代だって高価なモノで、欲しくても手に入れられない・維持が出来ない人が世の中に沢山いらっしゃることからも、ぜいたく品の代表例と言えるでしょう。

これを直訳すると「車金融」・・・印象がガラッと悪くなりますね(笑)カタカナに弱い日本人ですから、こうした言葉になおすと受け入れやすい傾向にあるように、世の中のサービスは常に人の心理や経済環境を考慮してマーケティングが施されたプロモーションや情報を常に受けているのです。

ローンとは、「無から発生した債務」として理解してください。

クレジットカード現金化についても同様に各金融機関やクレジットカード業界では換金を目的とした利用を認めていないにも関わらず、このサービスを肯定する比較サイトの数は膨大な数におよびます。

そのような比較サイトの存在は、多くの場合で換金率に関する話題や換金を目的に利用する事のリスクについて十分な説明がなされないままに業者への申込みを促している事が実情であると考えます。

情報を発信する人よりも受け手の人数の方が多く情報を選べる社会が現代ですから、一方的に述べられた情報でさえも信じてしまいがちな傾向にある現代人にとっては、いくら比較サイト運営者が換金をしないとは言え脅威な存在と言えるでしょう。

-リスク

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

高額レトルトカレーの謎

2015年にAmazonをはじめ、あらゆるショッピングサイトにて特定商品と抱き合わせでJCBギフト券を付帯して販売するという手口がバズりました。 この利用規約の隙間を突いたずる賢い手口について、その時 …

【悲報】クレジットカード流出【事件】

目次1 仕組みそのものに脆弱性がある2 いつあなたが被害に遭うか分かりません。3 結構流出事件は発生している4 クレジットカード現金化絡みでは? 仕組みそのものに脆弱性がある クレジットカードを持って …

クレジットカード現金化には落とし穴があります

クレジットカード現金化というサービスを利用される方はあまり多くはありません。 利用が出来る状態のクレジットカードがある事と、急な要り用で困っているという状況に加え、クレジットカード現金化を知っていると …

クレジットカード現金化における悪徳業者の特徴とは?

クレジットカード現金化業者の悪徳と言われる所以には、いくつかの特徴が挙げられます。 毎年逮捕される業者がいますが、比較サイトで掲載されない無名の店舗がほとんどであり、各業者に問い合わせる事自体は実際に …

クレジットカードを使って即金でお金を作る

現金を必要している人にとって、とにかく重要な要素としている事として即日・即時・即金などの言葉が使われている様に、「スピード」を相手方に求めたいところです。 クレジットカード現金化も即日・即時・即金など …