クレジットカードの5つの失敗談と対処法

クレジットカードは便利!だからこそ失敗もしてしまう。

手元にクレジットカードがあると便利ですよね。買い物の際に現金を持ち歩かなくてもいいし、ポイントまでついてきます。ただし、クレジットカードを使う時は、一旦お金を借金することと一緒の意味合いになります。
そんな便利なクレジットカードで失敗した人の失敗談と対処法をまとめました。

クレジットカードの5つの失敗談

① 引き落としに失敗してブラックリストに載ってしまった

引き落としに失敗してブラックリストに載ってしまった

普段と別のクレジットカードを使用した時があったのですが、口座も普段使わない口座で登録していたので引き落としに失敗していました。
郵便物のチェックをおろそかにし、知らない番号からの電話もでていなかったのですが、ふと郵便物をチェックしていると契約解除通知が・・・。
それから色々と確認してみると、すでにブラックリスト入りしてしまい信用機関に情報が共有されているようでした。
新しいカードが作れないくらいで困ることはないですが、お金にだらしない人と世の中に認識されているようで、もやもやがとまりません。
今後気を付けようと思いました。

② 気付いたら年会費をとられていた

気付いたら年会費をとられていた

ポイントがいい!という理由で年会費無料のクレジットカードに登録したんです。もちろん加入した当初は何かとクレジットカードを使っていたのですが、元々ケチな私はそんなポイントに惑わされてちゃいけない!と思いクレジットカードから遠ざかり、元の現金払いの生活に戻りました。
特に現金払いでも困ることはなく、数年が経過した際に、クレジットカード会社から引き落としが来ていると思い見てみると年会費が。なんだこれ!詐欺じゃないか!!!と思い、良く調べてみると”初年度年会費無料”の文字がありました。やられたー。
結局ポイントうんぬんも全て年会費で赤字に。ちゃんと色々、確認しましょうね(泣)。

③ 限度額の引き上げ営業がきたら会費が高くなった

③	限度額の引き上げ営業がきたら会費が高くなった

クレジットカードって、限度額によって会費が変わるものがあるってご存知でしたか?ある日クレジットカード会社から限度額増額のお知らせが来て、サービスも充実しますよ~みたいな内容だったので増額を行ったらなんと会費が高くなっていました。
そこのとこもちゃんと説明してくれていたら良かったのに・・・ちょっと腹が立って解約してしまいました。

④ キャッシュカードと間違えた

④	キャッシュカードと間違えた

ある日、ATMでキャッシュカードで現金を引き出そうとしたんです。凄くボーっとしていたらしく、現金を確認しようとしたらカード取り出し口からクレジットカードが。びっくりしてクレジットカードをATMに入れなおしてみると振り込みになり、戻すのに手数料がかかると。一応、クレジットカード会社に電話しましたが取り消すのは不可能なようで、しぶしぶ手数料を払って入金をしました。損をしました。少しですけど(笑)。

⑤ 請求を1ヶ月勘違いして支払を滞納

⑤	請求を1ヶ月勘違いして支払を滞納

クレジットカードは一括払い以外で使ったことがありませんでした。普段からショッピングなどで利用していて、特に支払に困ったことはなく、使いこなせてると、あの時は思っていました。ある日、欲しいブランド物の洋服があり、締日を考え締日の前後に2着購入致しました。そして1月後、予想通りの金額の請求が来て引き落としされていたのですが、そこで明細を見なかったのが甘かったです。締日を勘違いしていた私は2着分のブランドものの請求と普段の請求が一緒になった支払が翌月にきました。見たことがない額にびっくりしましたが、貯金はしておらずに1ヶ月滞納に。ブラックリストには載ってないと思いますが、1か月間ひやひやしながら生活をしました。

クレジットカードで失敗しないための4つの方法

①	収支計算を大体でいいので行う。

① 収支計算を大体でいいので行う。

クレジットカードで一番怖いのは、使った月には請求が来ないことです。使ってから翌月や翌々月に請求が来るため、まるでただで商品を手にいれたかのような錯覚に陥ります。できればクレジットカードを使う前に今月はいくら使えるお金があって、いくらまで使うのかをしっかり把握していれば、未払いになることはまずありません。大体でいいので、収支の計算をするくせをつけましょう。


②	クレジットカードを使う前に現金を手にするイメージを持つ。

② クレジットカードを使う前に現金を手にするイメージを持つ。

クレジットカードを使用したら後々現金で払います。ただし、カードをぱぱっと使えるので、お金の価値がだんだんと薄れてきます。なので、クレジットカードで払う際は、現金を手にしているつもりで払いましょう。手元に現金がないのに、クレジットカードでばんばん払っていたら、疑問がでてくるはずです。少し、やめとこうかなという気持ちが使いすぎを抑えてくれます。


③	出かける前に今日はいくらまでクレジットカードで使うかを決めておく。

③ 出かける前に今日はいくらまでクレジットカードで使うかを決めておく。

とりあえずクレジットカードを持っていくのではなく、今日はいくらまでと制限を自分でしておきましょう。夜にご飯などで必ず使用する機会があるのなら、昼に使える額は減ります。使ってもいいですが、ある程度我慢する姿勢が大事です。


④	分割払い(リボ払い)を多用しない。

④ 分割払い(リボ払い)を多用しない。

分割払いは便利ですが、一括で払えないような品を後々払えると考えていませんか?たまにクレジットカードを使う人ならいいですが、普段から使っている人は、来月使える額が減ることになります。普段使っている分がなくなるということは相当な我慢をする必要があります。また、リボ払いになると払っている額が少ないので、なおさら先まで見通してないと先々使用額が少なくなっていって大変なことになります。


最後にですが、きちんとしていればクレジットカードは便利なものです。計画的に、自分に合ったクレジットカードライフを送りましょう。