年齢制限と現金化の関係!「クレジットカードの名義人は今、20歳以上ですか?」

年齢制限と現金化の関係!「クレジットカードの名義人は今、20歳以上ですか?」

利用審査診断、4つ目の内の、3つ目の質問です。

診断前に、クレジットカード現金化と「年齢」の関連性について知りたい方は、下記をご覧ください。(約2~3分程度)
そのまま診断を続けたい方は、YES・NOの選択をどうぞ!
→最初の質問にもどる

クレジットカード現金化に年齢制限はある?

クレジットカード現金化に年齢制限はあるのか?

世の中のサービスには年齢によって制限が設けられるモノがあります。
それは法律や年齢に対する社会情勢、サービスの内容によって変わり、クレジットカード現金化業者でも年齢のフィルターがある様子です。

世間一般的に、社会的な責任の持ち方として、成人しているかしていないかだけで、世の中でできることが増えます。

民法が改正され、2022年4月1日から、これまで20歳を成年としてきた日本の歴史が変わります。

18歳から成人となることは大きく世間でも報じられました。

明治時代から今日まで約140年間、日本での成年年齢は20歳と民法で定められていました。この民法が改正され、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に変わります。
これによって、2022年4月1日に18歳、19歳の方は2022年4月1日に新成人となります。
引用元:政府広報オンライン

そもそもクレジットカードは何歳から取得できる?

高校生を除く18歳以上
中学校を卒業しますと、就職する方・アルバイトを始める方もいらっしゃいますね。
しかし、経済的な自立と信用について、社会的な責任をまっとうできるかという意味で、カード会社各社は発行を認めることがありません。
※2019年現在、18際以上でも20歳未満であれば、法定代理人(主に保護者)の同意が必要です。

クレジットカード現金化に関する情報を確認するところは、現金化業者もしくは比較サイトに限られます。

比較サイトの中には、未成年でも利用ができると紹介するケースがありますが、申し込み先である現金化業者各社では、未成年の利用について断っているのが実態です。

掲載をしているところとしていないところがありますが、告知している現金化業者の一部をご紹介しましょう。

引用元:スマイルギフト
申し訳ございませんが、未成年でのご利用はお断りさせて頂いております。
成人されてからのお申込みをお待ちしております。

引用元:セーフティサポート
その業者はおそらく詐欺を働こうと、虎視眈々と待ち構えている可能性が高いです。
やはり普通の業者でしたら未成年とは取引はしません。

引用元:オンラインキャッシュ
未成年者は利用できますか?
いいえ、利用できません。

つまり、比較サイトで紹介されるケースでは、業者が利用できると告知しているのではなく、比較サイトが広告費を得る目的で誘導しているということです。

クレジットカード現金化では、本人名義のクレジットカードが必須条件。

この記事は質問コンテンツの第3問目ですが、すでに本人名義のクレジットカードについては、第2問目でご紹介した通りです。

  • クレジットカードを持っている
  • 利用残高が残っている
  • 本人名義であること

クレジットカードをもつためにはまず発行元となるところへの入会手続きを行わなければなりません。

入会条件としては最低でも高校生を除く18歳以上ということになりますので、高校生を含めた18歳以下が独断で入会することはできません。

法改正の施行は2022年4月1日ですから、それまでは20歳以上もしくは、18歳以上で法定代理人の同意を得ることが利用条件のラインです。

それでは、若年者ではなく、ご高齢の方とクレジットカード現金化の関わりについてはどのようになっているのか?を考察します。

より詳しい未成年との関わりについては、別記事クレジットカード現金化と未成年』にてまとめています。

クレジットカード現金化を高齢者が利用する場合

クレジットカード現金化を高齢者が利用する場合

クレジットカード現金化は大人であれば、誰もが利用できるのしょうか?

私もそういうものだと思っていましたが、最近はじめてご高齢の方を断ると告知する業者が出てきました。

引用元:トレンドクレカ
※20歳以上70歳未満のクレジットカードをお持ちの方に限ります。。

引用元:アーク
ご利用資格 20歳以上70歳未満の方

ホームページ上で掲載している業者は上記2社を確認していますが、告知していないだけで実際には断る対応を取っている業者も、可能性としては存在するでしょう。

ご高齢のかたでも、普段使いする分には、クレジットカードは利用できます。

それでもクレジットカード現金化では利用できないのはなぜか?

現在営業中の各社に問い合わせをし、あらかじめ告知のない業者からも回答を得ることができましたのでご紹介しましょう。

  • クレジットカード現金化の説明を正しく理解できない
  • 利用したことを忘れてしまい、のちのトラブルに発展する可能性を危惧している
  • 第三者に騙されてクレジットカード現金化を利用するよう促されている

このように、年齢制限を設けるのは、現金化業者の都合によるものです。

当サイトでは、未成年はともかくとしても、このような年齢による利用制限を取っている業者は評価のポイントとしては考えていません。

ご高齢のかたは、わざわざ告知している業者で利用できる可能性を模索することよりも、先ほどの2社以外で申し込みされるほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化と年齢制限のまとめ

クレジットカード現金化と年齢制限のまとめ

  • 原則として20歳以上が利用できる対象
  • 18歳以上、20歳未満では、法定代理人(保護者等)の同意を求められる可能性
  • ご高齢のかたに対して、利用を制限する現金化業者が一部存在する

ちなみに現金化業者ではなく、カード会社でも新規発行の際に、一部年齢制限を設けているところがあります。(例:アコムACマスターカード70歳未満)

クレジットカード現金化をしてみたいけど、クレジットカードを持っていないご高齢のかたは、ご親族もしくは生活保護等の行政に頼ることをオススメします。

一般的な貸金業者は、固定収入があることを前提として貸し出していますので、過度な期待は禁物。

現金化業者側で年齢制限がなかったとしても、ご高齢のかたが利用する場合には、注意していただきたいことがあります。

店舗型の業者の場合はその場所へ赴く必要があります。
無店舗型を選べば自宅にいながら利用できるというメリットがありますが、パソコンもしくは携帯電話の操作が欠かせません。
しかしご高齢者にとって、電話とメールでのやりとりだけの対応は、対面しないから続きが複雑だと感じますか?

ご高齢のかたが利用する場合においても、手続きの手順や内容は変わりません。

ネット上の無店舗型の業者とのコンタクトには電話とメールでのやりとりが必須です。

とくに、メールでのやりとりに関していえば本人確認のために身分証などの写真をとってメールで送らなければなりません

この携帯電話の操作ができなければ、クレジットカード現金化業者から断られる可能性があります。

第三者に手伝ってもらう、としても必ずしも利用に理解が得られるとは限りません。

業者としても他人の不正利用を防ぐために第三者の介入に関しては慎重にならざるを得ませんので、なるべくであれば自力で行う必要があります。

年齢制限がまったく関係ないであろう30~50歳ほどの人でも、手続きができなければ利用は難しいということにはなりますので、年齢に関係なく事前に準備できることを確認した上でクレジットカード現金化業者に申し込みをすれば、スムーズな取引が可能になるでしょう。

20歳未満(未成年)のクレジットカード現金化の方法は?

ありません

誠に残念ですが、あなたはクレジットカード現金化業者の審査に断られる事になります。

20歳以上のフリをして、頭を下げ続ければ何とか利用できちゃうんじゃないの?

この疑問に関連した記事は以下になります。