クレジットカード現金化は本人確認が必須

クレジットカード現金化は本人確認が必須

クレジットカード現金化の本人確認

クレジットカード現金化では、どこの業者を利用したとしても本人確認という工程があります。

本人確認とは、1.申し込みした人2.クレジットカード現金化の名義人、振込先となる3.口座の名義人の3つが、同じ名義人であることを確認する作業です。

すべてが一致していることを業者が確認をすることで、カード決済や振り込みの作業が開始されます。

これは無店舗型の業者なら、当たり前に行われていることであり、本人確認がない業者を探そうとしてもありませんのでムダです。

クレジットカードの不正利用を抑止するための「本人確認」

クレジットカードの不正利用をしようとしている人

ごく当たり前のことですが、クレジットカードは基本的に名義人の名前が刻印されています。

その名義人に対してのみが使用することを許されているので、カード会社からの請求も名義人に対して行います。

所有権はカード会社!

カード会社が発行し所有しているクレジットカードを、名義人に対して使用を許可している。
つまり、名義人に対して貸している

財布を拾うことが人生で1度くらいはあるかもしれませんが、財布の中身を盗ることはもちろん、拾ったクレジットカードを利用することも犯罪です。

たとえ本人が許可したとしても、友達や知人との間で貸し借りをして使用することも認められていません。

クレジットカード自体に認証機能はありませんので、他人に貸してもカード決済自体は簡単にできてしまいますが、先日この手の内容で悩んでいるという相談を受けました。


知人の女性「ちょっと大変なことになっているんだけど、相談にのって!」

筆者「なんかあったの」

知人の女性「知り合いの社長さんから、私の名義でクレジットカードを作って、それを貸して欲しいって頼まれたのが始まりなんだけど…」

筆者「??。クレジットカードって貸しちゃいけないよ。って知らないの?」

知人の女性「んーすごくお世話になった人だったから、信用している人だから貸したの、使った分はちゃんと返してくれてたし。」

筆者「うん。とりあえず自分の名義のクレジットカードを他人が利用している状況なんだね。」

知人の女性「その人の会社で、会社のお金を盗んだやつがいて、その補填のためにクレジットカードをたくさん利用したとかで、わたしのところに高額な請求がきているの。」

筆者「うーん。その信用している人がどんな人かわからないけど、カード会社に連絡するか弁護士に相談することだと思うんだけど…。」

知人の女性「悪いのはその人じゃなくて、会社のお金を盗んだやつだし。カード会社にはわたしが使っていないことや、貸していることについて話すべきか、今よくわからないの。わたしそんなお金も持っていないし、その人からはちゃんと返すからって言われているだけどどうしよう。」

知人の女性に対して、分割・リボ払いに切り替えること、信用している人のことを筆者は知りませんでしたので、ちゃんと返されなかったときのことを考えて弁護士に相談するよう説得しました。

クレジットカードの貸し借りは、たとえ家族の間柄であっても例外ではありません。

夫や妻のものでも、自分の名義でなければ使用してはならず、家族であれば家族カードというカード会社各自のサービスがあります。

なぜ家族であっても本人以外は使えないのか…いまこの記事を見ているあなたのご家族がなかよしだと想像ができないと思いますが、家族間でもトラブルは起こるからです。

最近では、子供が親のクレジットカードで勝手にスマホゲームを課金するようなトラブルも起きているのはあまりにも有名ですが、クレジットカード現金化でも両親や兄弟のカードを勝手に使おうとする悪い人がいると、実際に店員から聞いたことがあります。

支払いは名義人がしなければならず、身に覚えのない買い物であれば名義人は決済をキャンセルしようとします。

家族が勝手に利用したとしても、現に業者はお金を振り込んでいるわけです。

身に覚えのない、本当の名義人へクレジットカード現金化の説明決済に至るまでの経緯を話す必要があるなど、非常に話がややこしくなり、業者としても家族間のトラブルに巻き込まれることは迷惑な話です。

クレジットカードを使う場面であれば、たとえクレジットカード現金化と言えど、名義人以外が使うことは許されていません。

本人確認を面倒臭いと感じるのは確かですが、ほんの数分~数十分で済む工程です。

繰り返しますが、クレジットカード現金化業者では本人確認の手続きを省略することはありません。

では、本人確認はどうやって行われているのでしょうか?

クレジットカード現金化の本人確認手順

クレジットカード現金化の本人確認作業中の男性

クレジットカード現金化でなくても、クレジットカードを使える人は名義人だけです。

「クレジットカードの名義人です!」

と、宣言すればクレジットカード現金化を利用できる…ことはありません。

申し込みを受けた業者からすると、申し込みした人と名義人が一致するかどうかなんてわかるはずがありませんよね?

そう、業者が本人か他人かを判断する作業が本人確認です。

インターネットから申し込みできる無店舗型の業者は、直接会って商品や現金を取引するわけではないので、メールやFAXなどで本人確認ができる書類などを送るように指示してきます。

これは私が実際に経験した話しなのですが、いつも決まった業者を利用していたところ、ある時、本人確認の方法が変わったことがありました。
詳しく話を聞いてみると、他人名義や偽造カードでの申し込みがあったようで、対策の一環として、既存の利用者に対してもあらためて行ったとのこと。
クレジットカード現金化業者もいろいろあるんだなぁっと思ったできごとでした。

本人確認で求められる必要な書類等の一例

  • 国から発行される顔写真付きの公的身分証(運転免許証、パスポート、住基カードなど)
  • 自身の名義のクレジットカード
  • 自身の名義の銀行口座がわかるもの(キャッシュカード・通帳など)
  • 条件に沿った顔写真の送付

※業者によっては、細かい指示を求められることがあります。
※免許証と名義が違っていたり、銀行口座の名義が違えば利用ができません。
業者から顔写真を用意するよう言われますが、これは身分証の顔写真と一致することを確認する為です。

顔写真の撮り方で、細かい指示を受けることもあります(「時計と一緒に写す」・「身分証の顔写真と一緒に写る」など)。

これらがすべて揃い、本人確認が認められ次第、カード決済と振り込みの手順へと移るのです。

クレジットカード現金化業者が本人確認をする理由

クレジットカード現金化業者が本人確認をする理由

クレジットカード現金化は、先ほどの本人確認を経て、はじめて利用することができます。

本人確認について、業者のホームページでは事細かく書いてあることがないので、当サイトで徹底的に解説しています。
 
クレジットカード現金化と言えば、よく悪徳業者の存在が取り上げられますよね。

その逆に、業者を騙して振り込みをさせようとする、詐欺行為を目的に申し込みをしている実態があるのです。

このクレジットカード現金化業者を悪用した悪意のある利用者の実態について、複数の店員に質問をし、ご回答を得られたのでまとめてご紹介します。

悪意のある利用者とは、下記の行為を目的として申し込みをするそうです。

  • 偽造カードを使う
  • 親のクレジットカードを勝手に利用する
  • 知人のクレジットカードを勝手に利用する
  • 拾った財布に入っていたクレジットカードで利用しようとする
  • 利用後に決済をキャンセルして、カード会社にごねて、そのままお金だけはもらう


クレジットカード現金化業者として、このような不正利用でも歓迎することはありません。

よくある広告報酬を目的としている比較サイトでも、危険なクレジットカードの使い方ができる業者を紹介することもなければ、オススメすることもありません。

換金を目的とした使い方はいいことでない、これを悪用し、本人がクレジットカード現金化を希望したのに、現金が振り込まれてから「身に覚えがない」と言い張るかたもいるというのは驚きです。

業者を悪用できる?

商品の売買にともなう売却代金としての振り込み、特典としてのキャッシュバックとして振り込みを行なっているので、カードの請求を知らんぷりすることはできません。

これが単純にカード決済とお金が振り込まれるだけの取引なら、カード決済後も知らんぷりをしてカード会社に「身に覚えがない」と言って、お金を取れそうなもんですが。

しかし、商品がある以上、合法的な取引で商品の取引と金銭の取引が行われ、クレジットカード現金化業者も抗弁に対して再抗弁を述べることができるので、やましい考えは辞めたほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化業者は本人確認に協力的でない人はお断り

クレジットカード現金化業者にも、このようなリスクを抱えていながら営業をしているので、本人確認に協力的でない人はお断りしているとのこと。

業者もトラブルを避けたいことを理解すれば、本人確認にも協力できますが、これでも本人確認という工程に納得できない人は、クレジットカード現金化を検討することは辞めたほうがいいと思います。

家族間でも、特殊な事例にも対応できると教えてくれた業者がありましたのでご紹介します。

自分は持っていないけど、家族が持っていて、了解は得ているので利用できないか?というパターンです。

このパターンの場合、業者によっては以下の要件が揃えば、交渉の余地もあるとのことでした。

  • クレジットカードの名義人と了承を得ていることが確認できる
  • 利用しようとしている人の本人確認と、クレジットカードの名義人の本人確認

すべての業者が対応しているわけではなく、このパターンでは利用できないと断れられる業者もありますので、申し込む前に確認することをオススメします。

本人確認がないところは危険!?クレジットカード現金化業者を選ぶ基準になる!

クレジットカード現金化の優良業者を選ぶ基準にもなる

ここまで本人確認について解説しましたが、本人確認はクレジットカードの名義人業者の双方において重要な工程と説明しました。

業者の中には本人確認なしでもできる・家族のクレジットカードでも(無断で)使える、などというところがありますが、そんな杜撰な営業をしているところはまず間違いなく悪徳業者でしょう。

悪徳業者の中には電話番号やアドレスなどの一部の情報だけでも収集して売るというリスト屋と呼ばれる輩がいます。

仮に家族に無断で使えたとしても、もし家族の情報が他の悪徳業者、たとえばヤミ金業者やオレオレ詐欺などの集団にリストが流れていたとしたら…そのリスクは無限大になっていきます。

とくにホームページを構えていないで、SNS・掲示板でクレジットカード現金化の利用者を募集している業者とはコンタクトを取らないほうが身のためです。

悪徳業者であれば、中途半端な本人確認でも利用できるかもしれません。

しかし、その手間を惜しむと情報が流れたり、その後の二次被害について広がる恐れも秘めているのです。

逆に言えば、本人確認をしっかりと行っている業者なら申し込み先の候補に挙げられることができます。

個人情報を流出させるようなことがあれば、長年に渡って営業を続けることはできないでしょうから、本人確認をしていることは、比較対象の最低条件として考えるべきです。

気になった業者がある際は、本人確認をしっかり行っているか確認し、個人情報の取り扱いはどうしているか聞いてみるとよいでしょう。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

逮捕されたクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化における検挙&逮捕関連ニュース

比較サイトでは掲載されることの無い検挙&逮捕関連ニュース。 これから利用を考える比較検討者が、業者に申し込みさせる上で「換金をしたい」という気持ちを「利用しない」という判断に結びつけたく無い意図が見え …

クレジットカード現金化 即日対応の業者は?

クレジットカード現金化は即日が当たり前!!

「クレジットカード現金化_即日」と検索をしますと、即日対応ができる業者を紹介している比較サイトが目につきます。 これではまるで、即日で対応している業者は限られているという印象を受けますが、これは悪徳比 …

no image

クレジットカード現金化の入金が早い業者はどこ?

「急に手元にまとまったお金が必要・・・カードローンの審査はおそらく通らないし・・・時間がかかるし・・・」 こんなときに、クレジットカードを持っていてショッピング枠に余裕があれば、クレジットカード現金化 …

地域別でクレジットカード現金化業者を探す時は要注意!

最近、都道府県別に所在するクレジットカード現金化業者をまとめたとする比較サイトが散文されています。 しかし、多くの場合は無店舗型の業者を紹介するケースが多く、特定地域で探している比較検討者にとって検索 …

ショッピング枠現金化のすべて

ショッピング枠現金化のすべて

ショッピング枠現金化を検索中のみなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。 当サイトの記事をすべて執筆している、稲中(いななか)と申します。 わたしは業者では無いので、お金をお渡しすることは …