クレジットカード現金化の上限額とは?

クレジットカード現金化の上限額とは?

食事は腹八分で医者いらず、何事にも限度があり、その上限いっぱいになるよりは手前で止めたほうが理想的ではあります。

殊に、お金に関することでを上限を見誤ると失敗しやすいということがあります。

クレジットカード現金化には上限額がない?

クレジットカード現金化を行おうとする際に、「一体いくらまでお金が作れるのか?」という疑問をもつ人もいるのではないでしょうか。

そもそも、この疑問をもつ人は仕組み自体をよく理解していないのかな、とも思います。

通常の借金であれば、借金できる上限額は利用者の職業・収入などの審査を経て、その利用者の信用の度合いで決められるので、たとえ300万円必要な人であっても100万円までの信用しかない人は、上限額が100万円ということになるでしょう。

クレジットカード現金化においては、そもそも借金とは違い、審査も必要もなく、業者が利用を制限することもありません。

業者に利用を制限されるという場合は、利用者が未成年である場合や、業者との間で何かしらのトラブルを起こしている場合、決済時に明らかに発行元の会社との間でトラブルが起きることが予見できる場合などではあるでしょう。

では、利用をする上で上限額というものはないのでしょうか?

これは、仕組みを理解していればわかることですが、「現金化」という名のとおり、ショッピング枠をお金に換えるという資金調達方法なので、ショッピング枠自体が利用できる上限額になっているのです。

このショッピング枠の上限額は、クレジットカードの申し込みをした段階で、発行元となる会社による審査を経て与えられる枠の金額であり、その枠の上限範囲内ならば利用ができるので、審査も必要なく手元にお金が手に入ります。

たとえば、10万円手元にお金が必要な人が、そのショッピング枠の利用できる上限額まで残りが3万円ならば、手元10万円は上限額を超えているので利用できないということになります。

しかし、手元に3万円必要でショッピング枠が上限額まで残り3万円という人は、手元に上限額までの3万円が入るかというと、そういうわけにもいきません。

クレジットカード現金化を行う際には、ショッピング枠の残りがそのまますべてお金になる、つまり換金率100%の取引はほぼ不可能であり、業者を利用することになれば当然業者への手数料もかかりますので、上限額が手元にできる金額ではないということです。

つまり、手元にできる金額は、ショッピング枠の上限額をいっぱいまで使ったとしても、『ショッピング枠の上限額>手元にできる金額』という式になります。

借金では、『利用上限額=手元にできる金額』ですが、ショッピング枠を上限額いっぱいまで使っても、手元に入る金額は少なくなることを覚えておきましょう。

クレジットカード現金化には明確な利用上限額がないけれど

クレジットカード現金化は、ショッピング枠の上限まで利用することができるということは、利用者によってその上限は各々違うということになります。

業者としては、自分たちが回収する債務ではなく、発行元の会社が債務を回収するので、直接利用者の年収などを審査をする必要もなく、利用してもらえればしてもらうほど利益がでるので、利用金額に上限を定めることもありません。

つまり、利用者はショッピング枠の上限に達するまで延々と利用することができるということであり、ショッピング枠の上限額が大きければ大きいほど利用できる上限額も大きくなるということです。

しかし、クレジットカード現金化には利用上限額がないということは一見メリットのようにも見えますが、デメリットもあります。

それは、利用者自身が利用した分のショッピング枠の支払いができるかどうかを判断しなくてはならないということです。

もちろん、借金であっても返済ができるかどうかは自分次第ですが、借金の場合法律で決められた審査を経て貸付上限額を決めるので、その審査自体厳しいものになり得るものの、この審査は借り手が返済に困らないようにするためにあります。

業界においては、上記のような上限額を設定するという自浄作用とも呼べる審査がないことによって、利用者自身がショッピング枠の返済ができるかどうかを判断するしかなく、考えなしに利用を続けると、自分で自分の首を絞めることになりかねない状態になってしまいます。

支払いが遅れたり、支払いができないということであれば当然利用停止になりますし、支払いの延滞や利用停止はクレヒスと呼ばれる利用履歴に悪い情報として残ってしまいますので、信用情報に傷がつくということにもなります。

その場合発行元の会社が何かしらの制限を課すことも考えられ、ショッピング枠の上限額が減らされたり、有効期限が切れても契約が更新されなかったり、場合によっては強制解約されるかもしれません。

そのため、利用をする上では上限金額はありませんが、自身が支払いできる上限額を予め自身で設定し、計画を立てて利用する必要があるのです。

残念ながら、業者で、利用者のショッピング枠の上限を気にして営業している業者はまずいませんし、「上限額いっぱいになると大変だから利用を止めといたほうがいいのでは・・・」なんて諭してくれる人道的なスタッフがいるとは考えにくいです。

むしろ目の前の利益しか考えない業者であれば上限額まで使わせることを目的に、「高額利用者キャンペーン!」などと銘打って利用者を誘うでしょう。

その時に支払いまでを見据えた利用ができればいいのですが、目先のお金に冷静な判断がつかなくなることも多く、とくに金策に困っている状態で申し込みをしている状態であればなおさらであることは間違いありません。

クレジットカード現金化の利用は上限がないものの、利用をすればすべて自己責任です、くれぐれも使いすぎで支払いができない、なんてことにはならないようにしましょう。

上限を自分で決める

上記で上限がないことは必ずしもいいことではないという話をしましたが、それならば自分自身で利用上限を決めることが対策の1つになると考えられるでしょう。

通常での買い物でも同じことですが、上限まで利用しなくとも利用すれば支払いは必ずしなければならず、分割払いにせよリボ払いにせよ、自身が支払いやすい支払方法で行うことになりますが、支払いを先延ばしにするという目的で分割やリボ払いを無計画で利用していたのでは話になりません。

手元にお金がなくても早急に用意できるという点でメリットが多い金策であっても、その後の支払いのことまで考えて利用している人は案外少ないのではないかと思われます。

クレジットカード現金化は支払いを完遂するまでが利用であり、お金が手に入っただけでは終わりでないことを認識して利用しなければなりません。

そのため、自身が上限を決めることで過剰な利用を防ぐことができるはずですが、上限を決める方法としては、まず自身の収入の予定を考えることから始めてみるといいでしょう。

生活をするためや支払いをするためのお金は降ってきたり湧いたりすることはありませんので、必ず稼いだお金が収入ということになります。

その収入と支出のバランスを見て、支払いができる金額を算出してどのくらいの利用をすればどのくらいの支払い期間になるかということも含めて上限を考えることができます。

もっとも、収入と支出のバランスを見て貯金することができることが一番いいことではありますが、余裕があれば分割やリボ払いにした分をまとめて支払いすることから始めてみてもいいでしょう。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者1選

関連記事

no image

クレジットカード現金化と景品表示法の関係とは?

「これを飲めば絶対に10kg痩せる!!」なんていう広告を見たことありませんか?ありますよね。 世の中にはさまざまな広告がありふれており、その中でも「これって本当なの?」と疑問に思う広告もあります。 と …

クレジットカード現金化をする前に確認・準備しておく事とは?

『クレジットカード現金化』にたどり着く人は、なんらかの理由で現金が手元に必要な人であると思われます。 現金が必要といっても、急ぎで現金が必要な人、急ぎではないけど確実に現金が欲しい人、さまざまなケース …

クレジットカード現金化は専業主婦に向いてる?

家庭を支えるのは何も一家の大黒柱である稼ぎ頭の夫だけではなく、日常生活における家計を担う専業主婦もそうであるはずです。 生活をするためには現金が必要であり、食費や光熱費、子供の教育資金や各種保険、貯金 …

クレジットカード現金化業者を検索する方へ

目次1 クレジットカード現金化業者を使わない2 クレジットカード現金化は健全な金銭感覚が無い人の末路か3 サービス提供者はもとより、利用者の需要で成り立っている クレジットカード現金化業者を使わない …

クレジットカード現金化はゴールデンウィークでも利用できる?

ゴールデンウィークは日本における大型連休の1つですが、季節的にもレジャーや観光、旅行など出費がかさむことが予想できます。 ゴールデンウィークでの出費において、クレジットカード払いできるものであれば支払 …