クレジットカード現金化の必要書類まとめ

クレジットカード現金化の必要書類まとめ

本人確認の用意をする女性
申し込みをすればすぐに現金を手にする事が出来る!

そんなキャッシュカード感覚でクレジットカード現金化を利用できると思ったら大間違いです。

利用するときは、どこの業者に申し込みをしても、必ず業者から用意するものについて説明を受けますので、ご紹介します。

クレジットカード現金化業者で実際に必要なもの

代表的な"用意するもの"
①顔写真付き身分証明証自動車運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート。
②送金先金融機関口座基本的に現在はどこの金融機関でも大丈夫。
③クレジットカード国際ブランド、カード会社によって業者が対応できないこともある。
④自分の顔の画像(自撮り)基本的に求められます。

携帯電話のカメラ機能を用いますので、現物を郵送したり、手渡しをする必要はありません。

これらは一度提出しておくと、同じ業者を利用したときは再提出は原則的に不要。
※ただし、なにか情報が変わることがあればその都度申し出る必要があります。

申し込みした人とクレジットカードの名義人が一致しているか確認するための手順です。

わざとボカしたり、見えにくいようにして送っても、再送を促されるだけですので、潔く応じましょう。

「友達の名義or家族の名義を利用し、振り込み先は自分の口座に振り込みができるところはありませんか?」

たまにこのようなお問い合わせをいただくのですが、他人のクレジットカードを使うこと自体が認められていません。

本人確認が不要で取引ができる業者はありませんので諦めてください。

クレジットカード現金化で必要書類が求められる背景を理解しましょう

クレジットカード現金化で必要書類が求められる背景を理解しましょう
必要書類について調べる人の多くは、クレジットカード現金化業者に対してなぜ個人情報を伝える必要があるの?と疑問を持つかたが少なくありません。

一般的な貸金業者とは一線を画す金策であり、これまで違法な業者が実際に存在していたことも事実。

これらのネガティブな情報は、業者が自分で自分の業界の首を締めているようなものですが、長年真面目に営業を続けている業者がいることもまた事実です。

営業年数を評価の対象としてみる比較サイトもあるくらいで、当サイトでも実際の取引内容に加味してランキングの決定要因に考えているのですが、必要書類という大切な情報を送るわけですから、利用者を確認することなく利用させている業者こそ危ないと考えるほうが健全です。

必要書類が不要で還元率・換金率を高くします!

これに魅力を感じてしまうあなたは危険です。

クレジットカードの名義人と申し込みした人が一致しない、あるいは不正に利用したがっている人も、簡易に利用できる業者を探しているかもしれませんが、そのような行為をクレジットカード現金化業者も受け入れてくれると思うのは大間違いですよ。

本人確認の重要性
→本人確認は嫌だと考えている人はコチラ

買取方式・Amazonギフト券現金化業者のクレジットカード現金化はより注意!

クレジットカード現金化業者が採用する換金の仕組みが、買取方式あるいはAmazonギフト券現金化を採用する業者では特に注意を向けていただきたい。

キャッシュバック方式であれば、おそらく業者によって提携および運営されている販売者から商品を購入することになりますが、買取方式とAmazonギフト券現金化の場合、決済情報がクレジットカード現金化業者とはまったく無関係の第三者となる場合があります。

キャッシュバック方式と同様に、商品を媒介して換金を実現する仕組みには変わりがありません。

しかし、商品購入時に支持されるショップが、ブランド品やAmazonギフト券の場合、利用後に後悔してキャンセルしようとした時に、不可能となる可能性が非常に高いからです。

Amazonギフト券Eメールタイプを一つの例として考えましょう。

決済するのはAmazonアカウント内での手続きとなりますから、コードを業者に渡せばお金を振込んでもらえるという仕組みにより、渡したコードが登録されてしまったら、もう二度と返してもらう事ができなくなります。

単純に発行済のEメールタイプを取引しているのでは無く、購入時の送付先メールアドレスに、「クレジットカード現金化業者から指定されるメールアドレス」の入力が必須だからです。

これらは当サイトで考察される可能性の話であり、あくまで一例ですから、利用される前にキャンセルについて確認を取りましょう。

これは申し込んだ先のお店で確認する他ありませんが、やはりグレーと言われるだけありこうしたコトを知れば知るほど利用する事が怖いと言いますか、慎重にならなければいけないと改めて考えていただければ幸いです。

なぜクレジットカード現金化に知識が必要なの?

kankinritsuhashinyoushinai

つい消費者が気にする比較項目として、お店のページに表記している換金率・還元率に注目されがちです。

心理として「どうせ使うなら少しでも好条件に優遇してくれるところを・・・」というのが当たり前ですが、こうした心情を手に取るように悪徳業者は実際に取引する事の無い100%に極めて近い数字を表記する傾向にあります。

私の体験上、ほぼすべての業者が高換金率であることを確認出来ますが、詳しい内容を知る為に手続きを踏んでみますとすべての謎が解き明かされる瞬間が訪れるのですが、表記通りの手続きを実現する業者は皆無でした。

私もすべてのお店を網羅しているワケではありませんが、とくに印象的だった業者は店員がまるで輩口調でしゃべる対応でしたね。

口コミを投稿できる比較サイトでスグにココだな、と見つけられるかもしれませんが、同じクレジットカード現金化を目的とした業態であっても接客態度はかなり違います

いずれ換金率・還元率が書いてあることと異なるのであれば、接客対応もよくしっかり説明責任をはたしてくれるところこそが本当の優良店と言えます。

優良とは接客対応のことを指すことが一般的であり、とくに報酬目的で運営されている比較サイトでも、優良業者の紹介としながら悪徳業者だったということもありますので、掲載される内容が真実な情報なのか、問い合わせして答えを照らし合わせるようにしてみてください。

換金率・還元率以外の要素について知る事も必要です

換金率・還元率では無く、実際の取引金額を必ず確認してください。

悪徳業者の代表的手口の中で、最初の手続きの際に電話口では高換金率を出しておきながら、手順が進みいざ決済をするという段階で聞いた金額が、最初に提示された換金率・還元率と異なるということはかなり経験されるかもしれません。

これは同一グループで営業されている為に、同じ接客対応であるということで、クレジットカード現金化ってこういうものなのか、と勘違いしてそのまま利用してしまう方も中にはいらっしゃるでしょう。

多くは比較サイトに掲載されているお店のほとんどが同一経営者ですと、この輪廻から外れる事が出来ません。

だから比較サイト選びも慎重になる必要があります。

とくに知識については、店員から説明される事はありませんが、セールストークに対抗する為の知識ですから必要不可欠です。

当サイトをご覧になっていただいているように、突き詰めればかなりの数になってしまいますので、

もっともクレジットカード現金化業者やその他貸金業者等のお世話にならない事が一番です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

年金受給者を標的にしたクレジットカード現金化業者に要注意!

注意喚起をするサイトがあるのにも関わらず、決して多く無いであろう需要にも関わらずクレジットカード現金化業者は運営を続けています。 現金で無ければ支払いが不可能な商品やサービスは、21世紀に入ってからも …

クレジットカード現金化をする前に確認・準備しておく事とは?

『クレジットカード現金化』にたどり着く人は、なんらかの理由で現金が手元に必要な人であると思われます。 現金が必要といっても、急ぎで現金が必要な人、急ぎではないけど確実に現金が欲しい人、さまざまなケース …

no image

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式とは?

クレジットカード現金化、と言っても、その手法、手順はさまざまであり、利用者は、何を買うのか、どのくらいの時間がかかるのか気になることと思います。 業者はさまざまですが、手法は大きく分けて2つあり、ひと …

クレジットカード現金化は土日祝日でも可能?

一般的なサービス業を営むお店であれば、土日祝日関係なく年中無休で営業をしているところが多くみかけられられますが、これは利用者の都合を考えた上で、土日祝日に利益が出ることが考えれるからであるでしょう。 …

クレジットカード現金化 利用停止の検索結果

クレジットカード現金化と利用停止の関係について

クレジットカード現金化を試みたときに、想定される不安な事項は1つではありません。 タイトルにある利用停止もその一つですが、それで済む事はないはず。 ※画像は実際にgoogleの検索窓でキーワードを入力 …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

優良比較サイト2選