Amazonギフト券現金化とは?

Amazonギフト券現金化とは?

Amazonギフト券とは、Amazon Gift Cards Japan株式会社が発行しています。

多くの方がご存知である通販サイトとしてのAmazonはAmazonジャパン合同会社が運営しており、法人の形態として別であるものの、グループ会社であることはいうまでもなく、所在地も「〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1」で同じです。

そして、現金化とはなんらかのモノをお金に換える事です。

Amazonギフト券現金化と表記するWebサイトでは、これを事業とする業者・もしくは業者を紹介している比較サイトのいずれかが中心です。

こんな広告文を見たことはありませんか?

Amazonギフト券を買取します!
ただいま91%でaギフト券を買取
aギフト券ネットで即日現金化

Amazonギフトを「aギフト」と省略して表記される理由には、広告出稿上の制限文字数の範囲内で作成する必要があり、閲覧者を煽る文言を組み込む事を目的としていたり、Amazonギフト券と明記しない事で何のギフト券を扱っているのか表向きに分かりづらくしている意図があります。(後者については後ほど詳しく)

Amazonギフト券現金化の仕組み

業者に買取依頼仲介サイトに依頼業者の場合
業者指定のアドレスを指定しコードを送る出品者登録の上で出品買取りをしたコードを出品
業者買取誰かが入札し、落札の決定誰かが入札し、落札の決定
現金化完了

簡略して上記の表にまとめました。

時系列からも読み取れるように、業者に買取依頼した場合についても、買取った業者も現金化する必要があることは明白です。

とくに仲介サイトとして機能している市場サイトの出品状況を見ると、やたらと出品数の多いアカウントがありますが、一個人が出品する量や金額では無く、業として出品されていると推測されるアカウントが幾つも存在します。

取引は匿名性が有り、発送元と受け取り先という配送の手段が無く、電子データのみのやり取りになります。

出品者と購入者の所在や連絡先を互いに知ることなく取引ができてしまう事は、通常のオークションや売買取引では考えられない事ですよね。

業者に買取依頼をする場合、すでに購入済みで手元にあるコードを送ることについては嫌われる傾向が有ります。

これは届いた相手にしかコードの羅列を知らない状況でないと、買取業者も再登録されてしまえば無意味に買取代金を支払っただけになることを危惧していることが理由として挙げられます。

ギフト券という定義で唯一クレジットカードで購入できるAmazonギフト券

王様的位置付けにされていた金券類も今や昔の話となりつつあります。

一昔前、今現在までインターネットの発達する前の過去時代では、クレジットカード現金化を行うなら新幹線の回数券がベターとされていました。

新規業者の参入や法の合間を潜り抜ける仕組みを作って表向きは健全を装う業者も出現するようになりました。

しかし、実際に店舗を構えて営業しているところにお話しをお伺いしますと、新幹線の線路が通っている地域では細々と続けられている店舗があるものの、回数券を媒介物とした手段につきましては手詰まり状態だ、というご回答をいただくことが出来ました。

実際に実店舗型から無店舗型への切り替えや兼業を進めているようで、その際の媒介物としてAmazonギフト券Eメールタイプが扱われている事が多いようです。

無店舗型の業者で扱われていたこのギフトコード形式。

実店舗型を兼務する業者についても手段として採用されている業者も確認しており、宣伝する訳ではありませんので店名は伏せますが、最寄駅名を晒して営業をしています。

とくにギフト券や金券類を手口としていたところが軒並み規制が強まっている背景からか、公式オンラインストア等での購入についても金額制限やask形式にしているなど、一定の配慮が設けられているところが非常に多くなった事を実感できるのではないでしょうか?

対面が出来る出来ないについては、もはや利用決定要因にはならなくなっていると言えます。

インターネットは信用できない、アナログな情報源こそがすべてであるという見方も有りましたが、これだけ老若男女、人種を超えて利用されている世界ですから、手に取って確認することが出来ないオンラインでの商品売買についても、随分寛容視されているという印象を受けるのは私だけではないはずです。

買い取られた後のAmazonギフト券は、Amazonが認めていない事業者が売買をしている!

Amazon ギフト券のご購入に関する注意

Amazon ギフト券のご購入に関する注意

Amazonギフト券を転売サイトから購入しないでください
下記をはじめとする、Amazon.co.jp が承認していない転売サイトにおいて、詐欺など不正取得の可能性のあるAmazonギフト券が販売されている事例が多数報告されています。
 ・amaten  https://amaten.com/
 ・アマオク! https://amaoku.jp/
 ・giftissue http://giftissue.com/

Amazon.co.jp では、細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)、および無効化を随時行っております。そのため、未承認のサイトから Amazon ギフト券を購入された場合、お手持ちの Amazon ギフト券が予告なく使用できなくなる場合があります。当サイトが承認していない転売サイトからのご購入は、お控えいただきますようお願いいたします。

不正行為防止とお客様の安全なお買い物のため、ご理解とご協力をお願いします。

【その他の未承認サイトの例】
ギフトレ (https://gifttrade.jp)
amaqlo (https://amaqlo.com/)
ギフル     (https://giftapple.jp/)
あるじゃん (http://arujan.biz/)
新栄ギフト  (http://www.shinei-gift.com/)
アマ市場   (https://amaichiba.com/)
プリペ    (https://puripe.net/)
ギフトバンク  (http://www.syoppingwaku-genkinka.net/)
ギフトダイレクト (http://www.gift-direct.com/)
べテルギフト (https://beterugift.jp/)
ギフト券取引所 (https://www.nerdcoreforlife.com/)

近年クレジットカード現金化の媒介物として検挙された例が少ないとして、業者の恰好の的にされているAmazonギフト券。

2017年に業者の中から逮捕者が出ました。→サイト内記事Amazonギフト券現金化業者は逮捕されています

実はこれ・・・発行元であるAmazon側ではこうした取引を未然に防ぐために、制限の細則要件として盛り込まれています。

が、

それを無視する形でこれを第三者の立場で取引を仲介する市場であったり、再販売を目的にした業者や買取を募るサイトが軒並み誕生しています。

古物営業許可証を持っている持っていないに関わらず、発行元が禁じているわけですから、少なくともAmazonとしては軽視できない立場にあることはいうまでもありません。

表向きに見解については出されていないものの、質問系サイトではこの譲渡や転売に関してはよいイメージで議論されているとは言えない印象です。

従来のようなAmazonギフト券現金化業者とは異なる見た目のクレジットカード現金化業者の中にも、話を聞いてみたらEメールタイプを指定した額で購入するように指南するということがあります。

そもそも古物商許可なんて書いていない運営者も確認出来ますので、細かいところまで気を付けなければなりません。

Amazonギフト券現金化だから高換金率というわけでは無い!

本来このサービスの利用者を募る事を禁じているはずである、検索結果上部に表示されるリスティングと呼ばれる広告枠。

クレジットカード現金化と同じであることが明らかで有りながら、金券類の取り扱いと称しているのでしょうか・・・?、四六時中、広告表示を確認する事が出来ます。

Amazonギフト券を取引する業者の数が増えたことと、月日の経過によりクレジットカード現金化目的で利用されている事が浸透されてきたと感じています。

各情報サイトでもこの仕組みによる業者の比較サイトが次々と誕生されている中で、これを媒介物とする業者の口コミも確認が出来るようになりました。

悪い口コミ
  • 金券類に消費税は課税されないにも関わらず額面の8%を差し引く悪徳買取業者
  • 本来の振込手数料が数百円の金額で済むはずが過剰と受け取れる手数料を要求される
  • など、結局は業として運営されている以上、昔からよくある手口が行われている実態が確認出来るような口コミもあります。

    クレジットカード現金化と同じ!利用しない方がよい事も変わりません

    まあ色々書いてますけど、結局どんな方法であっても”同じこと”利用しない事が一番Bestな選択です。

    一時的なしのぎ、一回限りどうしてもということであれば有効かもしれませんが、繰り返し申込みをしてしまうような結果に招く可能性の確率も0%とは言えません。

    表向きの種類を変えたとしても最終的にショッピング枠を換金する訳ですから、問題視されている事には変わりありません。

    Amazonギフト券Eメール自体が金券の意味を成さないとも主張をする買取業者もありますし、世間的な見方はさまざまであるものの、これを断定する法はありません。

    ましてや、Amazonという今や誰もが知っている世界的企業のブランド力に加え、購入の仕組みが非常に簡単であることからロンダリング目的に利用することも事実上可能になってしまうのではないでしょうか。

    業者選びも大切かもしれませんが、そもそも利用すること自体に慎重になる事を念頭に検討するべきではないでしょうか。

    -クレジットカード現金化

    執筆者:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

    優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

    • ゴールドラッシュ

      ゴールドラッシュ

      詳細はこちら

      2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

    • Life (旧店名:現金化のらいふ)

      Life (旧店名:現金化のらいふ)

      詳細はこちら

      当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

    関連記事

    no image

    クレジットカード現金化におけるリスク要素

    目次1 パチンコ屋が堂々と営業しているイメージで2 クレジットカード現金化は危ない?2.1 カード会社も野放しにしている訳では無い パチンコ屋が堂々と営業しているイメージで 法的な解釈としては、発行元 …

    地域別でクレジットカード現金化業者を探す時は要注意!

    最近、都道府県別に所在するクレジットカード現金化業者をまとめたとする比較サイトが散文されています。 しかし、多くの場合は無店舗型の業者を紹介するケースが多く、特定地域で探している比較検討者にとって検索 …

    2017年12月現在で営業をしている店舗型の業者一覧

    この記事では、定期的に店舗型の営業状態を確認し、更新や閉店の状況について一覧にしたものです。 2017年12月現在までに、クレジットカード現金化を専門とする事業者の数は減少傾向にあります。 昔はネット …

    クレジットカード現金化で悪徳業者は本当に存在するのか?

    時代劇を見ていると、悪代官が悪い顔をして悪巧みしているようなシーンをよく見るとは思いますが、あれはあくまで時代劇の中の話です。 しかし、現代の日本においても悪巧みをして世の中の人々からお金を騙し取ろう …

    クレジットカード現金化は土日祝日でも利用できる?

    即日で現金が手に入るクレジットカード現金化ですが、本当に即日で現金が手に入るのか、土日祝日はムリなのではないかという疑問が湧くのは当然あると思います。 土日祝日などの一般的に休日とされる日の業者の営業 …