クレジットカード現金化には円安の影響はある?

  • 2017/05/11
  • マネー
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

朝のニュースでは春の値上げについて話題となっています。

従来より春は新年度を迎える季節とされており、新社会人の誕生や大手企業も決算期を超す事が多い事を含めて、経済状況が大きく変動する季節とされており、多くの企業で決算期、ならびに新年度を迎えていますが、クレジットカード現金化においても影響はあるのでしょうか。

円安によって物価は上がりますが、クレジットカード現金化への影響は?

春闘なんて言葉もある季節ですが、その恩恵を受けるのは労働組合の基盤が有る大手企業に集中しているため、株価だけ見れば景気回復ですが、庶民に取っては何ら関係の無い話です。

むしろ支出に影響を与え、特に急激な円安により、日常生活に関連するもの全てに関連する出来事までに至っており、特に庶民生活に直結する食費や生活費を圧迫する事になります。

バターが無い、なんて話もあるよう乳製品全般の値上げや、海外からの輸入が主な入手経路にある燃料やコーヒーなどの原産物が値上げの対象とされており、そのふり幅は異なるものの2017年4月より施行されます「消費税10%時代」に向けた価格転嫁も見据えて設定しているようです。

飲食店などでは適正な価格で販売出来ないとのことで、終了する品目もあるとか。

クレジットカード現金化業者においても、2014年の増税時には軒並み換金率に影響を及ぼす店舗もあったのではないかと考えられますが、将来的に10%になると、よりサービス提供者の利幅は無くなりますので、さらなる影響が懸念されます。

金券類購入時はクレジットカード現金化でも非課税です

消費税増税は全国民が負担を強いられる事になりますので、皆さんが普段消費しているものに対して課税される仕組みですから、経済環境に関わらず平等に負担する仕組みです。

そんな中、増税の煽りを受ける事無く取引できる品物が有るのですが、皆様はご存知でしょうか?

国税庁においても以下の項目については、正式に認められています。

hikazei

赤字の項目は特にクレジットカード現金化の対象物として取引されている媒介物が含まれており、主な取引内容については「商品券のPaypal決済」(※現在は不可?)「Amazonギフト券Eメールタイプ現金化」に代表される手口です。

これに課税してしまいますと、最終的に金券を使用した際に生じる消費税額が二重課税になってしまいますので、これを予め予防するための措置として決められています。

横領やマネーロンダリングにも関わる仕組みで、その他の項目と異なり比較的容易に取引されやすい項目ということもあり、購入時の課税も無いですが販売者も納税する必要が無い為に、課税から逃れ利益を出来るだけ確保する目的で、非課税である媒介物を選んでいると考えられます。

きたる将来的な増税を考えますと、Amazonギフト券現金化の仕組みが未だに摘発されていない事を良い事に、現在主流とされる還元型=換金型の構造が、換金型>還元型の方が圧倒的に運営スタイルが変わっていくのではないでしょうか。

それでも値上げしないクレジットカード現金化業者の企業努力

実はこれだけ世間が値上げ&増税に対して悲鳴を上げている中で、据え置きを選択する企業もあります。

据え置くと言う事は、サービスを受ける側の負担が増すことは無く業者側で負担する事になるのですが、その概要について考えてみましたが、企業努力という言葉しか出てきません。

今年度の値上げについて言えば、円安の影響を受けないところからの輸入、元々プライベートブランドとして販売しているものでメーカーや卸売店の影響を受けない、価格転嫁させないように経費を抑える、そもそも利益率を低くする(あまり考えられませんが)など、消費者目線に基づいた企業努力をする会社こそ、優良な企業ではないでしょうか?

クレジットカード現金化業者においても同様な事が言えますが、今現在運営が確認出来るAmazonギフト券買取業者の中でも消費税と称し、利益をぼったくる業者があると口コミを確認しました。

その業者の言い分はこういうものと紹介されています・・・「消費税必要です。取らないと脱税になる」。

最もらしい事を言いますので、困っている状況下&手続き完了は目の前という場面では、惰性で進めてしまう方が多いのでしょう。

こうした取引が合法的な手段であるとしても不当な説明による取引の実態については、消費者契約法の条項の一つである「不実告知」にあたりますので、キャンセルをする事が出来ますし、業者側を告発する事が出来ます。

しかし検挙されていない事の背景を考えてみますと、購入が換金目的である事を逆手にとり、泣き寝入りになってしまう事を知っている上でこのような悪態を付いているんでしょうね。

kankeinaihazu

クレジットカード現金化には円安の影響は無い

消費者側ではその値上がりの詳細を掴む事が難しいですので、どのような業種や商品やサービスであれ、その確率は0%ではないでしょう。

これまでに書き綴ってきた事を含めましても、世間が値上げだ値上げだと騒いでいる中に紛れ込んで、世論に便乗し手数料をぼったくる手口には要注意です。

媒介物が円安の影響を受ける商品であれば話が変わる可能性がありますが、基本的にそのような媒介物を扱う店舗は殆ど有りません。

何らかの動きが現れるのは、やはり2017年4月前後でしょうか。

クレジットカード現金化は新社会人にはおすすめできない

新社会人を迎えていきなり裕福になれる事はありません。

2007年頃から全国にある大学定員数の総数よりも進学を希望する者の数が少なくなり、贅沢にも好みで学校を選ぶような事をしなければ、誰もが入学出来ると言われています。

これを「大学全入時代」と呼ぶそうですが、大卒だから良いという評価をされる時代では無くなってきている表れではないでしょうか。

可能であれば自分自身も親御さんも大卒の最終学歴を望む方が大勢であると思いますが、成長するにつれてお金が掛かるようになり、それに輪を掛けて大学の費用を捻出するとなると、入学先によって異なるものその学費はまとまった金額になるでしょう。

実家より離れれば一世帯としての生活費も必要ですし、20歳を超えてきますとそれまでは無かった年金や税金の支払いが義務として生じますので、決して安い金額ではありません。

そんな中、進学の意思は有るものの経済的環境を理由に学業を諦めてもらわぬように、奨学金の制度が日本にはあります。

本来は無利子で貸し出されていたのですが、1984年に関連法案が改正されて貸金業でよくある学生ローンと同じであると指摘を受ける有利子での奨学金制度が誕生したことにより、優秀だけど経済的困窮に喘ぐ学生を救済するための仕組みが、いつしか誰でも受け取れるサービスになったことが利用者を多く生んでいる原因です。

私の知人にもこの制度を利用して進学をした方がいますが、卒業後は毎月決められた金額を10数年後の完済を目標に返済しているとの事で、社会に出てからも先立つモノはお金ですので、金銭に苦労しながら生活しています。

借りたお金は返すのが常識かと思いますが、この奨学金を変換できない人が後を絶たない様で貸金業者と同じような回収部隊まで用意するなど、消費者金融と何ら変わらない様相を呈しています。

さくらが美しく映える明るい季節の幕開けですが、新調されたばかりのスーツをまとった方の中には奨学金で悩み葛藤する生活を送る人が出てくる事を考えると奨学金そのものの在り方に疑問を持つのは私だけではないはずです。

働き出しますと、今まで以上にまとまった収入が入りますがまとまった支出も増え、前年度は学生生活を送っていたため各種支払が免除されていたかと思いますが、これからは支払っていかなければいけない事を考えても金銭管理は若いうちから意識しなければなりません。

特にこの季節、何かと出費が発生する時期ですから金融業界も繁盛月であるそうで、クレジットカード現金化にしても出費がかさむ季節に利用者が集まるとも言われてます。

hinkonhechousen

脱・クレジットカード現金化への挑戦

生まれ育った環境によって子の将来が決まると言われています。

中には例外はありますが、良い生活や良い学生生活を送りたければ裕福な家庭に生まれる事は条件として避けられず、体裁では子供が学業を選択する事は自由であるものの、家庭の違いでハンデとボーナスが存在し、それを個で屑が覆すことは不可能に近いでしょう。

今の時代、「世襲」しなければ自分が歩む道や後世がゆとりある生活を営むためには必要不可欠です。

さらに財を貯め込んでいるものは、貧困層を商売相手にする事が儲かるという原理においても生活保護費を担保に宿泊させる「囲い屋」もその一つです住み込み派遣労働者、消費者金融や有利子奨学金、クレジットカード現金化など、特にお金に関するサービスに関してはその色が強く映ります。

生活保護の不正受給が問題視されていますが、利用したものを正確に把握する事を目的にプリペイド式カードを渡すモデルを大阪では試験的に実施されており、低所得者が増える一方で低所得者を管理するというなんともやるせない社会になりそうです。

そのような状況を招く為のリスク要因を持たない事が将来に渡って安定した生活を送る為の方法です。

いくら収入が有っても貯金が出来ない人も世間にはいらっしゃいます。

「収入>支出」このバランスが成り立っていれば低所得であっても貯金が出来ますので、特に固定支出を下げる事から始めましょう。

車を購入したり不動産のローンを組むことで、永続的な負債を抱えるわけですが、車はいつか壊れ新型が出れば購入時の価値は失われますし、地代に関してもいつも同じ価格で有る保証はありません。

今現在安定した収入が有ったとしても、将来を保証する事は一切ありませんので高額な借金は組まない事、多少の我慢が出来るのであれば欲しいモノを我慢したり、むやみにクレジットカード現金化や消費者金融に申込みをしない事、ギャンブルは絶対にしない事を心がけてください。

あくまでも一時的なしのぎにしかならず、根本的に金策という手段がもともとの自身の収入によって生み出すお金ではありませんので、それを当てに解決した安心していしまうのが人間の心情ですから、一時的で済むならまだしも、次の利用に繋がってしまっては自転車操業のスタートです。

何事もスタートが大切です、最初はしんどいのは誰もが同じ、めげずに1円でも多くお金を余らしていく事を大切にしてください。

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)
    ⭐️⭐️⭐️⭐️
    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。
  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ
    ⭐️⭐️⭐️
    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。