クレジットカード現金化を比較検討している方に

クレジットカード現金化を比較検討している方に

最小限主義という考え方をオススメします

みなさんは「ミニマリズム」という言葉を耳にしたことは御座いませんでしょうか?

これは、最小限に抑えられた中で最大限の成果を求めるという仕組みで、「意味や目的が存在しないものは一切排除する」という思考です。

手に溢れたモノを残さず、必要最低限というくくりの中で生きていくスタイルを送る人々を、「ミニマリスト」と呼びます。

「まあこんな堅っくるしく言いまわさなくても、節約と同じじゃない」

と思った方、実はミニマリズム≠節約となりまして、勘違いされやすい内容では有り、決して貧乏とかそういう概念でも無く、抽象的な表現ではありますのでさまざまな想像が働くのですが、ミニマリストとは常にシンプルを求め、それが金銭的な結果として節約につながる事を指しています。

「節約を目的にしているのであれば、節約家(セーバー)」「倹約を目的にしているのであれば、倹約家(エコノミスト)」

本来の意では、モデルルームの展示会や不動産販売のショールームなどで紹介されているような、外国人の邸宅を思い浮かべてしまう生活感の無い空間を理想とする事で、安いモノを使い続けて何回も買いなおすよりも、高くてもよいモノを選んで長く使い続けた方が、結果的に安く済むことに繋がりますし、高いモノを使用しているという高揚感もある、というもの。

生きていく上で欠かせない生活費の金額は各々ですが、ムダなモノにはお金を掛ける必要はありません。

でも、ムリしてはストレスが溜まる一方ですから、ストレスになる事無く生活をしていく為の最低必要金額はいくらなのかを知っておくことが重要です。

なりたい自分を描くこと。

これが分かっていれば、その収入をどうするかを考えればよいのですから、仕事の働き方やお金の使い方に至るまでシンプルに収まります。

たとえば、生活費が30万円必要だからフルタイムで働ける正社員でないとムリだけど、11万円で生活を送れるからアルバイトやパート、派遣社員でも問題無く、労働に掛ける時間を省くことが出来ます。

モノに捕らわれている環境を捨てる事で、依存していたすべての事象から解放されるわけですから、これほどの快感はないでしょうね。

クレジットカード現金化の利用を比較検討している方の中で、とくに私利私欲の為に考えていた人にとっては、煩悩を捨てる事が出来ればアレコレと悩む必要も無く、手数料が必ず乗っかってくるこのサービスを利用しなくても済みます。

肝心な事は選択をする事であり、余計な出費や身の丈に合っていない品の購入は、お金と自分に対して失礼な行為です。

sugasugashiiiii

物事を単純に置き換えれば余計なモノは生まれない

金策を検討している方、お金に対する執着が無くなった自分を想像する事は出来ますか?

少額のお金で生きていける事が分かっているので、人生に対する不安が無くなり自身が付きますし、なにしろ将来の事を不安に思う損得勘定も不要です。

「持っておくとよいな」と精神的な安心を思うモノは要りません。

とくに自分に甘い人にオススメですが、自宅から一歩外を出れば、お金を使わなければ入れないところばかりでしょう?外出する時にお財布を持たずにすれば、強制的に出費を抑える事が出来ます。

コレに似たような事を私自身が実践している事があり、有ればついつい引き出してしまうキャッシュカードを持ち歩かないようにしています。

クレジットカード現金化においても、ムダに多く見積もりをせず最少金額に留めておくとよいでしょう。

このようなライフスタイルを心掛けてさえいれば繰り返し利用する事も無いでしょうし、自然とお金も貯まっていきますが、これらが息苦しいと感じてしまう人は、次の様な貯金方法はいかがでしょうか?


  1. 交通費貯金
  2. 電車やバス、タクシーを利用して行くところを、歩きor自転車に置き換える。

    片道だけでも十分に効果が有るんです、片道料金¥240円として月に25日間利用した計算にすると、1か月で¥6,000、1年間でなんと¥72,000ですよ!これはデカイ。

  3. 嗜好品貯金
  4. タバコやお酒を消費したつもりで貯金をしてみませんか?これは難易度が高めですが、1回あたりの出費も大きいですからね!

    ゴールデンバットというタバコが1箱¥210円で一番安いのですが、1日1箱吸う人が我慢を続けると年間¥76,650浮くわけですが、よく消費されているタバコはその2倍の価格・・・ということは、¥153,300も貯金できます。

  5. 臨時収入
  6. とくにパチンコや競馬等、ギャンブルで得た利益は「あぶく銭」と呼ばれるように本来手にする事の出来ないお金ですから、次のギャンブル資金にしないようスグにATMに預けに行き、無かったことにしましょう(笑)

  7. 応援貯金
  8. スポーツの勝ち負けを賭博のネタに業として行う事は法律違反になってしまいますから、自分の中でルールを決めれば大丈夫です。

    競技は何でも良く、応援しているチームや個人の勝ち負けでお金を動かす仕組みで、買っても増えませんが負けが込んでプールされたお金から払い戻すと、あら本格的。

    年間試合数の多いプロ野球やサッカーのリーグ戦がオススメです。


世間知らずは損をします

金策を考える中で、まず簡単に出来る事と言えば資産の換金でしょう。

資産の種類にはさまざまな呼び名が有りますが、大まかな括りで考えますと現金資産もしくは固定資産に分けられまして、現金資産はずばりお金のことを指しておりますが、固定資産を細かく見ていったときに、無形や有形、有価証券や償却資産などさまざまです。

このような不要な物や資産を換金する事が、金銭的なリスクを一番抑える事が出来る唯一の金策で有る事は間違いありません。

とくにぜいたく品、とくに車や不動産など、所有しているだけで支払わなければいけない義務が有る物については、金銭的な面をよく考えてみると売却したほうが賢い場合が多いのではないでしょうか?金額もそれなりに高価でしょうし。

しかし、そのような媒介物が無い場合にはカードローンや消費者金融、クレジットカード現金化など、元々手にする事が出来ないはずの方法で半ば強引に作り出す手段を利用するしかありません。

保有する資産からの調達では無い方法に関しては、サービス提供者に対してどうしても手数料が発生してしまいます。

だからこそ、「どうしても」というよっぽどの状態では無い限り、お世話になろうとすることは辞めた方がよいと言われる所以はこういうことなんです。

もう二進も三進もいかないんだ!という状態でこの記事をご覧になって頂いている方にはタイムリーな記事ではありませんが、その手前にいる人、スグには関連サービスを使う気は無いけど気にはなっている、という人に関しては少し倹約に繋がる情報を今回まとめてみました。

民間サービスでは無く、国が国民の生活をどう考えているのかという事を知るだけで、どのように生活をしていかなければいけないのか事前に想定が出来ますから、お財布の締まりも変わりますし、リスクヘッジとして多少なりとも役に立つはずです。

消費税増税の緩和策が2015年度より減ります

政府は、昨年2014年12月に子育て世帯に対する給付金として、対象とする児童一人当たり10,000円を支給する政策を今年は行わない方針が発表されました。

同様に低所得者向けにも給付されていましたが、こちらは継続して行われるものの減額する事が決まりました。

高年齢層には、年金の給付金額が平均寿命等の因果、その時の社会情勢によって変動する、「マクロ経済スライド」なるものが4月より施行されますので、物価は上昇するけれど、今まで以上支給額が増える見込みも無く減る一方です。

世間は消費税ばかりに目を向けがちですが、相続税の改正もなかなかですよ。

課税対象条件の枠組みが広がったことに加え、相続税の最高税率が50%⇒55%になりますので、消費税の金額以上に大きな金額になる事はいうまでも有りません。

つまり、固定資産を相続しても相続資金が無ければ一気に破産する構図で、資産は持っているけど現金を生み出しているモノかどうか所有する上でしっかりと管理しなければなりません。

税率UPに伴っていろんな給付金が誕生している

給付項目のすべてが無くなったわけではありません。

まあこうした給付金の条件は、ごく限られた対象者に絞られているので、誰もが給付を受けられるということではありませんが、これから何かの購買行動や人生の節目ともいえる高額な買い物と言われるような物については、継続的に行う事が見込まれているようです。


  • すまい給付金
  • 利用する人の収入の状況によって給付額が変わるのですが、住宅購入時における給付措置です。

    2015年1月現在の消費税率8%という条件では、年収510万円以下の方が給付対象となり最大限度額は¥300,000で、10月以降に予定されている10%時には、年収775万円以下と対象者が拡大され、最大限度額は¥500,000も貰える制度です。(2015年1月現在、10%に関する措置はまだ正式決定されていない)

  • エコカー減税
  • 従来より行われている行政サービスの一環であり、ご存知の方も多いのではないかと思います。

    これは給付金というよりも、軽減また免除されるものであり、「本来支払うはずのお金を払わなくていいよ」という仕組みです。

    実は2014年度が最終施行年度だったのですが、年末に与党が2年間延長する事を決めました背景には、引き続き増税が見込まれる中で関連業界への影響を減らすために講じた法案ですから、国の政策に乗らないのは損でしょうね。


その他、失業や求職中の資格取得経費などの支援は、増税後も金額が変わる事はありませんが、引き続き施行されています。

手数料が発生する民間サービスのキャンペーンでは無く、国が行っているキャンペーンですから、これほど目に見えて得をする政策に乗る事が倹約に繋がりますが、これらの内容はかなり限定的な用途になっていますので、やはり根本的には普段の生活・経済環境の中でやり繰りを大事にする事が一番です。

言われなくても~、と思うところではあり、基本中の基本ですが一日一日の積み重ね、これがなかなか出来ない人も克服をしなければ、私利私欲に溺れて自ら首を絞めているようなものです。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

no image

Amazonギフト券Eメールタイプの悪用

目次1 古物商許可ナシでも堂々営業2 違法に近い事は間違いない 古物商許可ナシでも堂々営業 クレジットカード現金化を目的とした手段は現金化業者への申込みがベターで、業者間の比較をして申込みをする事だっ …

クレジットカード現金化のよくあるQ&Aを紹介!

「クレジットカード現金化する」と一言に言っても、はじめて利用する人は「現金が手に入る」ということだけしかわからず、何がなんだかまったくわからないという人も多いのではないでしょうか? そこで、ここでは、 …

クレジットカード現金化をJCBギフトカードでできる?

みなさんはクレジットカードで金券類を購入したことがありますか? 金券類、と一言にいっても、百貨店やスーパーの商品券や、新幹線のチケットも金券として扱われます。 基本的に、新幹線のチケットや金券類を買う …

クレジットカード現金化のメリットとは?

みなさんは、クレジットカード現金化のメリット、よくご存じですか? よくよく調べなければこの金策のメリットをうまく利用できるということを知らないで利用しようとしている人も多いのではないでしょうか。 普通 …

クレジットカード現金化における審査とは?

目次1 業者によっては審査不要と謳う事もある2 手数料に関わる業者の存在2.1 審査が甘い「流通系」2.2 クレジットカード現金化業者も厳しい!?「金融機関系」2.3 ローン関連で名高い「信販系」2. …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

Amazonギフト券現金化業者一覧

あ行
か行
な行
は行
ま行

優良比較サイト2選