クレジットカード現金化の注意点とは?

クレジットカード現金化業者の多くは、いかに自分たちの店舗で利用してもらうかに焦点を当てたコンテンツ作成がなされているので、注意点が事細かに掲載されている事は数少ない状況です。

クレジットカード現金化の注意点については、比較DXをはじめその他比較サイトや行政のサイト、業界団体の公式ホームページ等で注意点について述べられています。

クレジットカード現金化は注意する事があります

そもそもクレジットカード現金化なんて利用したって、トータル的に考えても申込みをしない方が良いです。

最初から現金が無いから行き着く事ですので、貯金が有ればクレジットカード現金化をする必要が見当たりませんよね?

これは編集部の一員である私自身がこのサービスを利用してきたからこそ言える話でありまして、経済環境が健全になった今だからこそ、なおさらそう思います。

ただ、そんな今の私だから言える訳であって、当時の自分を振り返っても、今私があの状況に戻ったら、時間が戻ったとしてもクレジットカード現金化を利用すると思います。

注意点について確認する前に、各比較サイトで見られるクレジットカード現金化のメリットについて、要点をまとめましたので把握しておきましょう。

クレジットカード換金なら休日でも簡単確実に即日現金調達OK!

クレジットカード現金化はキャッシング・借金・融資と言われる貸金業者ではありませんので、申し込みの際に収入証明書を準備したり勤務先に在籍確認の確認電話をされるなどということは一切ありません。

但し、本人確認も無いという事はなく、虚偽の申込や犯罪を未然に防ぐために、初回手続きの際には運転免許証などの本人確認資料をFAXや写メールなどで送信する必要があります。

クレジットカード現金化は申込から振込までネット完結で済み、わざわざ時間と労力をかけて店舗に出向かなくても即日で現金を手元に得る事が出来ます。

北海道にお住まいの方でも、大阪や京都に出張中の方であっても、今おられる場所からお手持ちのネット端末で最短5分で簡単・確実に現金調達ができる利便性の高さが売りです。

急な出費の際の強い味方となる事から、国内に数百存在すると言われているクレジットカード現金化業者の中から、実際に利用してみたり、初心者でも安全安心に利用できると判断した業者だけを厳選し、ランキング形式で掲載してます。

注意点とメリットは表裏一体にありまして、クレジットカード現金化のメリットは本当にメリットなのだろうかでも詳しく記述しています。

クレジットカード現金化は注意点を比較サイトで把握する

上記の様なメリットの紹介につきましては、既に他の比較際サイトや業者の説明として、ご存知の方は多いと思いますが、メリットを紹介しながら注意点について記述しますと、ちょっと矛盾した内容を感じてしまいますね。

あくまでトータル的に考えた時の発想であり、もうちょっとで収入が入るから繋ぎを目的とした使い方や、元々収入は安定していてまとまったお金が必要であり、その後の引き落としについても問題無い、というような例であれば、正直メリットとして携える事が可能と感じます。

しかし、収入が無いから「クレジットカード現金化を当てにするんだ!」、「引き落としの支払いもなるようになれ!」では、当然待ち受けている「支払日」という名の扉は地獄の入り口という事でしょうね。

関連団体では「絶対にダメ」なんて注意喚起のキャンペーンや特設サイトを設けており、利用を検討中の人たちに対してサービスに起因するキーワードの検索結果の中で比較サイトと呼ばれるところに混じって目にする事があります。

当然クレジットカード会社がこの換金目的での利用を禁じている中で、法律では規制されていない背景から従来の店舗を始め、つい最近では進化(?)してAmazonギフト券を媒介物にした方法、さらにメガ進化(?)した形でその媒介物を取引する事の出来る市場まで誕生しています。

ちょっとカッコつけた言い方をすれば、B to Cの取引からC to Cでクレジットカード現金化が可能になっているという可笑しな現実です。

たぶん、与信枠換金の定義があいまいと言いますか、購入した商品は買った人がどう扱っているかなんて、常に隣で監視する位しないと繋がりなんて分かるはずもありませんし、法の厳密な施行が難しいのではないでしょうか。

ただ、Amazonギフト券につきましてはすべて1枚1枚に番号が有るはずですから、頑張れば換金目的で利用されているのか分かりそうな気もしなくも無いですが・・・。

売れれば売れればで、当然Amazonでしか使えないギフト券ですから、まぁ利益に繋がるので暗黙の了解をしているのでしょうか?

もともと規約上でも換金については認めていないとされていますし、これだけ世界的な企業ですからAmazonギフト券を取り扱うクレジットカード現金化業者を一網打尽にする事もこうした取引を締め出す一考かと思います。

nukedase

負のサイクルから抜け出す

何が良くて悪いのか、その人の利用用途によってこの現金調達方法は人を選ぶと考えます。

世間一般的な買い物と同じ決済方法であり、そもそも与えられている与信枠は本来発行元の会社より、信用のスコアリングをされて決定されていると考えますと、収入が無い、働いていないという身勝手な考えを持つ人間でなければ、余程の事が無い限りはそんなに困った事態にはなりにくいのかなと推測出来ます。

実際に、いろんな商法に関する相談件数を公表している生活センターのページでは、他の案件と比べてクレジットカード現金化の年間数の数は非常に低い数字で有る事が確認されます。

あくまで「一時的な救済手段」にしかならないと理解すれば、自ずと繰り返し利用する事も無く済むのではないか、どうしても利用しなければダメなのであれば、それで終わりにするなど、強い気持ちと自分への戒めとして忘れない事が負のサイクルを抜け出す為に必要です。

比較検討中の方へ

何はともあれ、最終的に利用を決断するのは自分です。

人間は楽を求めてしまう生き物ですが、利用するという思いよりも、その状況は利用しないという思いにベクトルを持っていますか?


  • 本当に利用しなければ解決できない事なのか
  • 我慢できる事なのか
  • 時間が解決しないのだろうか

店員さんに相談することも一つの選択ですが、悪徳業者であれば利用をさせようと強引な接客態度がやゴマをする様な対応を見せる事もありますので注意してください。

後の祭りとならぬように、特に買取タイプのクレジットカード現金化業者の場合、品物を担保として、預かる形で取引する質屋とは違います。

その為、「一度品物の売買取引が成立するとキャンセルが難しい」、「キャンセル料が発生する」などのトラブルに発展する事もあると、国民生活センターで相談事例として掲載があります。

たとえ実際に店舗があって対面する仕組みでも、ネットだけで出来るところでも、どんな店舗や手段を行うにしても共通して言える事ですから、店舗選びの選択には十分な比較を持って申込みをしてください。

編集部でも優良と位置付けたサイトを紹介していますが、出来るだけ最新の情報を手に入れるよう努めているものの、頻繁にサービスを試してみる事は出来ませんので、悪徳業者にしろ優良業者にしろ、ぜひ体験談をお寄せいただければと思います。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選