クレジットカード現金化における悪徳業者の特徴とは?

  • 2017/03/6
  • リスク
  • クレジットカード現金化比較DX 編集部

クレジットカード現金化業者の悪徳と言われる所以には、いくつかの特徴が挙げられます。

毎年逮捕される業者がいますが、比較サイトで掲載されない無名の店舗がほとんどであり、各業者に問い合わせる事自体は実際にクレジットカード現金化をしなくても誰でも出来る事ですから、比較して検討する事は大切です。

「変だな」と感じたら要注意

いくらネット上の口コミやランキングでは上位でも、実際問題として申込みした人がどのように感じるかは別です。

2011年に全国で初めて検挙者が現れてから、この仕組みではダメでこっちは良いなど都市伝説的な扱いでクレジットカード現金化業者も売り文句に買い文句という具合に宣伝がされています。

それは比較サイトにも言える事で、例えば未成年を業者に誘導する比較サイトも確認しています。

さらに、口コミを投稿できるコメント欄が自分が書いた内容と全く異なる内容をプログラミングで出力させているなど、体験談を運営者が自作しているとしか考えられない内容もあります。

換金する仕組みや還元する仕組み、返金する仕組みなど、媒介物は異なれどその方法は大きく分類しても片手で足りる位ですが、優良店を装った悪徳違法業者には要注意する必要があり、ではどのような営業手口があるのか編集部でまとめてみました。

古物商団体はショッピング枠現金化を禁止している

古物商が販売している品物を、クレジットカードのショッピング枠で決済して購入し、買取を行っていたり質草として担保にすることは法律で厳しく禁止されています。

この仕組みを理解していようがしてなかろうが、利用者はクレジットカード会員規約違反として退会処分&ブラックリストになる可能性があります。

また、この仕組みを利用し融資している業者については、貸金業法違反で逮捕された事が実例としてあります。

買取式を用いているクレジットカード現金化業者の多くは、古物営業法に違反して許可番号の掲載をしていません。

もし、問い合わせの際に買取式の業者である事は分かった場合には、一度電話を切りまして許可番号を確認してみてはいかがでしょうか?

「なぜ、掲載する必要があるものを掲載しないんですか?」

と尋ねる必要は一切ありません。

掲載していない時点で古物営業法を厳守していない業者が優良である訳がありません。

また、許可番号を偽って掲載している場合も考えられますが、各都道府県の公安委員会から許可が発行されますので、番号の前に必ず都道府県の記載が確認できるはずです。

管轄先に許可番号と商号について確認する事も悪徳業者を判断する手段の一つになります。

基本的には古物商の免許はあくまでも営業許可を与えているだけであって、それを良いお店ですと認めたものでは無い事を理解しておきましょう。

手続きが簡単過ぎる

簡単な事は良い事かもしれませんが、簡単過ぎるのは怪しむべきであります。

本人確認書類といわれている運転免許証、各健康保険証、パスポートなどがありますが、古物営業法上によるとこれらを用い本人確認をする事が義務付けられておりますので、これらが必要ないと本来取引する事が出来ないようになっています。

これは、盗品だった場合には入手経路を示す重要な証拠になりますし、それが何等かの不正な手段で持ち込みされたもので有った場合、関係各所に開示する必要があるからなんですね。

近年で買取業絡みで有名な事件では、東京都中野区の店舗でブリキの「鉄人28号」が万引きされ、他の買取業者に転売されていた例があります。(結構、各所で報道されましたね)

実際に台帳へ取引内容について記録する必要がありますので、これが要らないと言う事はそもそも許可を取得していないか、関係無く買取を行う悪質業者の可能性が否定できません。

無理な買取を迫られていませんか?

これは近年流行っている手口とされ、クレジットカード現金化のみならず、媒介物として世間一般的なブランド品や金、プラチナなどの取り扱いをしている業者でも行われているようです。

突然自宅に営業マンが押し掛けるのが、事の始まりです。

「●●を買い取ります」などと言ったり、どこから情報を仕入れるのか存じませんが突然の電話営業でも執拗で強引に迫ってきたり、挙句の果てには買い取るまで止めないなど、自分の意志とは関係が無いのに買取をされてしまったなどの場合には、「押し買い」であるとして、法律で規制しています。

クレジットカード現金化業者による買取の強要については目立っておりませんが、「別の方法がある」として、融資の流れで家電の買取やブランド品の購入を促す闇金(ヤミ金)がいる事を、国民生活センターのホームページ上で公表されています。

電話で訪問する事に同意し、半ば強引に取引をしてしまいますと、同意を得た上での訪問買取として認められてしまいますので、電話勧誘には簡単に応じず、相手の情報を聞き出して本当に信頼できる業者なのか、時間をかけて検討してください。

支払いの取り立てに遭っていませんか?

通常、質屋では買取ったモノや質草にされた品物については催促やその他有効期限を連絡するような事は一切ありません。

期限を過ぎたことで利息等の取り立てをしている店舗については違法です。

その他買取業者についても同様で、全て取引完了後に何か手続き後に要求される事は通常はありませんので、おかしな要求には注意をしてください。

クレジットカード現金化における悪徳業者の手口は、比較DXでも別記事で詳しくご紹介しています。

クレジットカード現金化における悪徳業者の手口は?

クレジットカードの支払いは、発行元から請求されて発行元に支払いをしますので、これを悪徳業者にまで請求される事は二重に要求されているという事になります。

何でも媒介物として機能するわけでは無い

これもまた近年目立っている手法の一つで、特に年金を担保にお金を渡している手口が有名です。

年金を担保として利用する事自体が違法とされていますので、特にシニア世代には要注意していただきたいのですが、唯一認められているのは独立行政法人である福祉医療機構による年金担保融資制度のみです。

クレジットカード現金化業者の中にも、現在携帯電話のキャリア決済換金やAmazonギフト券買取など、取り扱う商品や業態を複数用意して営業している事が珍しく無くなってきたため、何が我々消費者にとってリスクになるのか、まだまだ比較サイトもこうした情報に追いついていませんので、注意が必要です。

安易にランキングを信じないのも一つ

これまでに挙げた事例は、古物商を営む全ての事業者に言える事であり、買取の仕組みを取っているクレジットカード現金化業者に当てはまることです。

ここ最近になって比較サイトが増えたため、当編集部以外でも容易に情報を仕入れる事が可能ですが、特にランキング化されたサイトでは、あくまでもその管理者の基準で有る事が多い為、本当に1位なのか疑いの目を持って確かめる事が必要とされます。

消費者にとっての目線であるかは確認のしようが無いですし、広告掲載料金を募っている比較口コミサイトも現にネット上で確認が出来ますから、わざと逆に下位から問い合わせをしていけば明らかになるでしょう。

買取に限っては商品購入後の売り先に関して言えば、その店舗以外にも取扱いがある可能性も頭に入れておくべきですが、利用した後に気付いてしまえば後の祭り、利用するのも手続きするのも簡単ですが、店舗選びには情報をかき集める事に対し十分に尽力を。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選