クレジットカードで現金引き出しする事は可能ですか?

現金調達方法を比較している方にとって、クレジットカードで現金引き出しが出来れば良いなと考えている方は私だけではないはず。

比較DXのこの記事をご覧になっている方も、現金を引き出す方法を調べているのではないでしょうか?

クレジットカードには2つの与信枠がある事を思い出しましょう!

クレジットカードで現金引き出しする方法はありますが、複数のパターンで実現できる可能性があります。

付属される2つの与信枠とは、キャッシング枠とショッピング枠。

上記2つの与信枠をそれぞれ活用する形になりますが、一般的な現金引き出し方法はコンビニのATMでクレジットカードを挿入し、キャッシング枠から現金を引き出す方法です。

ここで注意していただきたい事があるのですが、クレジットカードの契約状況、与信枠残高の上限は人によって違うということです。

前者の契約状況につきましては、2つの与信枠残高がそれぞれ独立している場合、もしくは合算されて上限金額が決まっている事が挙げられ、発行時にキャッシング枠を付けなかった方は発行元に連絡する必要があります。

どのクレジットカード会社のクレジットカードでも、裏面に電話番号が記載されておりますので簡単に手続きを行う事が可能です。

一方で、ショッピング枠につきましてはATMから現金を引き出す事は出来ません。

ご自身の収入が限度額決定要素の重要項目です!

クレジットカードを作成する際に、ご自身の経済環境について記載する項目があった事を覚えていますか?

通常、消費者金融では収入を証明する為の書類を提出したりするように、利用目的が家を買うとか、車を買うとか、高額なローン契約と比べますと少額になりますので、クレジットカードの場合には書類を用意したという方は少ないでしょう。

もちろん、高額の限度額を希望している方はまた別途にクレジットカード会社から案内をされる事になりますが、基本的に前述したように、収入や資産がその希望額に見合わなければ却下されるのがオチです。

ショッピング枠であれば、旅行のようなレジャーを目的とした場合につきまして、一時的に限度額を上げてくれる事があるようですが、キャッシング枠につきましても同様に対応してくれる可能性があります。

ショッピング枠で引き出す方法は簡単だけど悪徳な手口も

ショッピング枠で引き出す方法とは、クレジットカード現金化という方法が挙げられます。

「とにかく手元に手に入るのであれば、手段は問わない!」という方でなければ、このクレジットカード現金化に辿り着くことは無いでしょう。

利用者の多くは、与信枠の換金が目的で申し込む方が多いのですが、困っている状況にある人はいかに乗り切るかと言う事に視点が行きがちで、目の前に「お金」というエサが有ると優良・悪徳など関係なく、甘い言葉に踊らされてしまいます。

情報が錯綜するサービスですから収拾選択は自己責任で有る為に、比較サイトの利用無くしては利用が出来ませんね。

古物許可証を所持しているから大丈夫と謳う店舗もありますが、インターネットオークションや通販サイトで古物の取り扱いをしている全ての業者が優良店になってしまいますので、矛盾している、誤った理解を植え付けようとしていると意識してください。

このようなサービスの特性から、クレジットカード現金化業界では「悪」とされる背景もあり、今回編集部ではネットで公開されている情報をリサーチと編集員の体験談を基に、それぞれまとめてみました。

品物を買取る間際になって・・・

店舗への申込みから説明を受けた際に、納得できた見積もりで手続きを進めてくれたはずが間際になって手数料を引いた価格で買取りするというものです。

店員から指定された商品を例えば30万円としまして、28万円でやりますと言うことで、高額な電化製品を購入。

当然、自らが使うモノでも無く買取をしてもらう為の購入ですし、梱包を外すと金額が下がると釘を刺されたので、そのまま指定された住所に発送。

到達の確認の連絡が有り、「検品に手数料が掛かる」「商品に傷が付いていた」「型番が新しくなり、相場が変わった」などと、実際には18万円が買取価格とされてしまったなど。

この場合、商品発送前より既に契約される事になっているのか、返品が出来る品物なのか、買取のキャンセルを申し出る事は可能かという事を確認しておく必要性が有り、クレジットカード会社に電話すると伝えてみてください。

もし、取引の中で書面でのやり取りが含まれる場合には、読みにくい小さな文字で契約書の条項の中に業者が有利な形で書かれている可能性があり、その際には法的手段で対応する他はないでしょう。

各種相談窓口や弁護士に相談する事により、明らかに詐欺的な要素が強ければ悪徳業者も手の打ちようが無いはずであり、契約そのものを無効にする事も可能でしょう。

また、買取をするお店は日本にその1店舗だけではありませんので、他に手続きして貰ったり、自分自身でオークション等を活用することで結果的クレジットカード現金化を成立させる事は出来ます。

納得いかないからキャンセルを伝えると・・・

手続きの説明を受けている最中、取引の内容や提示された見積額に納得がいかず、店員に「やっぱいいです」と伝えると「キャンセルが出来ません」と言われたり、実際に与信枠の手続き後、手元に振り込まれている、いないに関わらずキャンセルを申込みをすると、「契約違約金(キャンセル料)が掛かる」と言われるケースです。

違約金が掛かる事は予め告知されていれば一考ですが、いきなり発生する事を告げられてその義務が発生する事は通常では考えられませんよね。

この脅しに委縮してしまって条件の飲む事は絶対にダメであり、強い姿勢を持って拒否しましょう。

警察に相談する、クレジットカード会社に相談すると伝えると相手も諦めが付くのでは無いでしょうか。

ムムッ!!言っていた換金率じゃないだろうが!

これは悪徳業者の常習手段とされ、店員から伝えられていた換金率では無く、それよりも低い金額が勝手に振り込まれる手口です。

この場合、書面で残される、つまり記憶媒体に残される事を悪徳業者は非常に嫌いますので、基本的に電話対応で手続きが進みます。

業界全体の信用問題にも繋がってしまう、最低な営業対応であり、苦情を伝えようとしてもコールはなるが誰も取らない、相手が出たとしても担当が居ないから分からないと言われ、真摯に向き合って話す姿勢は微塵もありません。

このタイプの悪徳業者の場合、口コミを使って宣伝をされている事が目立ち、誰もが書き込めるような質問サイトや掲示板などで数多くの通信機器を使ってステマをする事で比較検討中の消費者を騙そうとしています。

この悪徳手段から守るためには換金率云々では無く、見積額がいくらなのを聞き出すことが対策と言えます。

zenbujanai

でも全部がこのような手口では無いようです

今時こんなにeasyに手続きが出来て、金策が可能なシステムは無いのではないでしょうか?実際に営業を続けているという事は需要の高さの裏返しでもあります。

ショッピングして還元を受けたり、購入した物を換金する仕組みは紛らわしい審査と呼ばれるモノは一切無く、当日中に手続きが完了できるというスピードと都合に合わせた支払い方法の選択は貸金業者では出来ません。

自分自身が換金目的でクレジットカードを使いました、と言わなければ周囲の人たちに金策したことは内密にする事が出来ます。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選