クレジットカードでお金借りるには?どうしたらいいの?

クレジットカード現金化でしたらスグ現金が手元に入ります

「今すぐでなければダメ!」

そんなわがままな人にオススメしたいクレジットカード現金化の便利なサービス。

間際になって困る前に、何とかしときなさいと第三者目線から言われても可笑しくはないのですが、当の本人にとってはこれからの行いが未来を決定づける分かれ目です。

当編集部でも優良店と位置付けされている業者を掲載しておりますが、その他にも関連した情報を掲載している中で、クレジット関連の検索ワードにおいて人気に挙げられる一つ「クレジットカード お金借りる」という事について考察をしていきます。

クレジットカードを担保にする事では有りません!

クレジットカード現金化による金策は手間がかからず短時間で終わりますので、注意事項についてココで解説していきます。

特に見出しにあるようにクレジットカードを担保にした借り入れと勘違いされやすいのですが、クレジットカード現金化自体は借金や融資とは全く異なるモノです。

発行時の手続きの事を思い出してみてください。

何か、担保と位置付けるモノを提出したりしていませんよね?世間一般的な消費者金融でもどうような手続きで有る事から、クレジットカードや消費者金融は無担保型融資と呼ばれるものになり、銀行では担保に対して融資を行いますので、比較的低金利と言われています。

つまり、クレジットカードを利用しているだけで、世間一般的な買い物の手続きと同じように使用します。

「買い物=借金、融資」ではありませんから、「お金を借りる」と言う事では無い事が明らかです。

融資とは違いますので、「貸金業者に出向きたくない」「消費者金融にはお世話になりたくない」「知人たちに知られたり迷惑を掛けたくない」「そもそも相談できる相手が居ない」「人と顔を合わせたくない」という方には正にベストな手段と言えます。

実際に店舗に構えている業者も存在しており、繁華街の中や割と賑わっている駅前などに所在している事が多く、住まいによっては移動の時間や交通費を考えるとメリットが少なく感じられますが、今流行中なのは全てインターネットで完結が出来る無店舗型のクレジットカード現金化業者でしょう。

日本全国どこに居てもインターネットは繋がっていますので、住まいが例え離島であっても急な金策が可能になっており、スムーズに手続きさえ出来れば時間は1時間も掛かる事は無いとされています。

サービスの多様化が進む現代社会ですから、今の時代は困ったら消費者金融が全てという考え方は少し古いのかもしれませんね。

しかし、忘れてはいけないのが「ショッピング枠の利用可能額次第」という事。

クレジットカードを所有しているから何とかなるでしょ、と甘い考えで利用してはならず、自分自身の個人情報ですから記載されている電話番号に連絡をして必ず把握する事を忘れずに。

債務整理中、もしくは自己破産でもイケちゃうの?

ikechau

これから背負っている債務について、何か法的手続きを行おうとしている方の中で「結局整理するならクレジットカード現金化をしておこうか」と究極な乞食精神を持つ方がたまにいらっしゃるようです。

債務整理、民事再生、自己破産の総称を債務整理と言いますが、どれか手続きが完了してしまえば今後クレジットカードを発行する事は難しくなるでしょう。

その前に、所持しているモノを利用した気持ちは察する事は出来ますが、クレジットカード現金化を利用したことで債務整理が出来なくなる可能性ある事をご存知でしょうか?

これはギャンブルや嗜好品の浪費など、身勝手なお金の使い方をした場合も該当されるのですが、明らかに本人の過失によるものについては、債務が免責不許可の扱いを受けて、整理する対象にはならない事もあるのです。

そんな中で、これら法的手続きを検討している最中にクレジットカードを利用すれば、払えない事が分かっていたにも関わらず踏み倒しをする事を目的とした使い方に対しては、発行元の会社より「横領罪・詐欺罪」のいずれかに該当するリスクもあるわけです。

債務整理を検討中、手続き中、整理後間近の方につきましては、申込みを辞めた方が良いでしょう。

「借りる」でない事は分かったぜ、法律的にはどうなんだい?

dounandai

関連する省庁や団体では注意喚起を目的としたキャンペーンサイトを作り、広報活動を行われています。

しかし、明確にクレジットカード現金化は違法と断言するものではありませんので、少しややこしい話になってくるのですが、その背景については下記の法律が関係してくるようです。

「不当景品類及び不当表示防止法」


  1. 共同懸賞
  2. 街中の商店街やショッピングモールのような複数の店舗で参加される懸賞の事を指し、参加数次第で主催の位置付けは異なりますが、景品の最高額は300,000円で、懸賞に関連する売上想定総額の3%までとされています。

  3. クローズド・オープン懸賞型
  4. クローズドとは「応募者の中から抽選で」という縛りを儲けた場合で、景品の最高額は取引額の20倍まで、かつ100,000円以下、売上想定総額の2パーセント以下となっています。

    オープンとは雑誌やテレビなどの応募者プレゼント的なアレのことで、誰にでも開かれた懸賞の事を指しており、平成18年までは景品最高額は1,000,000円でしたが撤廃されて、今ではその上限は有りませんから、実際に「●●億円プレゼント!」と疑いたくなるような懸賞も事実上可能です。

  5. もれなく型
  6. 商品購入者や入会してくれたら景品が有りますという内容で、上記のように上限金額が定まっていますが例外も認められておりますので、その上限は条件次第で対象外とされており「販売上、仕使用上必要」「割引券や現金還元、ポイント還元」「見本などの宣伝サービス」「記念品」などが当てはまります。


クレジットカード現金化に関連するのはもれなく型と言われておりまあすので、合法であると言わざるを得ない為に強い広報が出来ないのではないかと推測することが出来ます。

クレジットカード現金化は支払いが出来る事が前提であれば利用価値があります

お金を借りるタイミングでは、なかなか返すタイミングについて明確な計画をしている方は多くはないですよね。

実際に私もクレジットカードでお金を借りたり、カードローンに手を出したこともありますが、漠然に「何とか返せる、大丈夫でしょ」という気軽な気持ちで手を出したことを覚えています。

結局、こうした業者にすがる他手段が無いワケですから、ある意味では開き直っていたのだと思います。

確かにクレジットカード現金化によって助かった経験をしている以上、この換金方法を提供する業者の全てが悪徳であると言える立場にはありませんが、それでも収入証明書の提出が不要など個人情報における経済環境上の審査が無いという事は、自分自身の行い次第になりますがメリットとして考える事も出来ます。

クレジットカード現金化はクレジットカードでお金を借りるという事では無いながら、使用する与信枠は信用を元にした発行元からの借り物です。

支払いが滞れば借りる事と同等に損害遅延金が請求されますし、信用情報も返済しない限り負の歴史を積み重ねてしまいブラックリストになり兼ねません。

クレジットカード現金化のスピードは他には無いものがありますが、デメリットとなる懸念事項は借りる事と変わらない事を認識し、いずれにしても期日にはしっかりと返済する事を絶対に守ってください。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選



クレジットカード現金化の優良店を比較検討している方へ


全てが悪徳を目的にしているとも言えませんが、このような業者に限らず、ネットを利用する上で気を付けなければならない広告表示や、店員の対応につきましても詐欺を行う悪徳業者が存在する事も確かです。

より具体的に、どんな方がクレジットカード現金化の詐欺に遭遇しやすいのかを挙げさせていただき、より安心に比較する参考になれば幸いです。


既に借金や債務を抱えている


これは消費者金融はもちろん、知人友人の誰かより既に融資・借金をしている状況の方です。

既にこの状況ですと、債務がある状態で「また貸してくれ」と言ってもまかり通るはずは誰が考えても分かる事ですねよね?しかし、このような状況でもクレジットカードを所有しており、なおかつ与信枠に残高があればクレジットカード現金化を選択肢としてカウントする事が出来ます。

借金の選択肢が狭まっているのですから、与信枠を換金出来る事を知れば見境無しに比較する事無く申込みをしてしまいがち。

既に資金繰りが回っていない状況でクレジットカード現金化をする事で、翌月の請求日以降の支払いサイクルはより厳しい環境を招くことになりますが、タダでさえ予見できるこうした出来事のほかに、もし申込み先が詐欺業者でしたら「お金を受け取る事も出来ずに、支払いだけが残される」ことも否定出来ません。


支払期日に余裕が無い方


お金の悩みが無ければクレジットカード現金化とは無縁で居られたことでしょう。

生きている以上、誰もが何らかの被害に遭う可能性は0%ではありませんが、特に追い込まれて冷静な判断が難しくなっている方が非常に危険です。

例えば「今日の●●時までには支払いを済ませなければならない」、「●●日間後には別の支払項目もある」など、現金が用意できれば何かを引き換えにでも行動を起こしてしまいそうな状況では、既に適切な選択肢を選ぶことが出来なくなっている恐れがあります。

支払うことが第一に頭にあるので、諸条件に関してはまた後に考えるという理由により、現金を手にする為には多少の悪条件すらも気にせず同意することでしょう。

とりあえず現金が手に入り、無事に支払いが終わったとしても、よく考えてみればもっと条件の良いお店が有り、実は悪徳業者を利用していた事に気付いても、その当時は考えることが出来なかったと妥協するしかなくなってしまいます。

時間に追われる中で冷静でいる事・・・一番難しい状況ですが、出来るだけ損をしない為にも心掛ける必要を感じますね。


誰にも打ち明ける事が出来ない方


これは必要な金額が少額であればあるほど、貸してもらえる確率は大きいからです。

特に高額ほど相談する事が難しく、社会的立場やこれまで積み上げていた信頼関係を崩壊させるリスクも潜んでおり、どうしても相談せずに事を終わらせたいと考える方が居て当然です。

会社経営者や専業主婦など、お金を管理する人が抱えやすい悩みであり、バレずに金策が出来る方法としてのクレジットカード現金化の選択になりますが、相談相手が居ないから業者に申し込む、つまり相談相手が業者だけになるわけですから、詐欺業者の手口に乗っかり易いと言えます。


今回は3つの属性を挙げさせていただきましたが、一つでも当てはまる状況下にある場合には「私は騙される可能性がある」という自覚を持ってください。

当然申込みを行う前に、そのクレジットカード現金化業者がどのような評判があるのか比較する判断力を見失わないようにしましょう。