クレジットカードで金券を買う方法について

クレジットカードで金券を買う方法について

クレジットカードで換金
クレジットカード現金化をする方法と言えば、昔から決まって金券を購入し、チケットショップに持ち込む方法が知られていました。

次第にこの換金方法について社会的な認知とカード会社の実態把握より、換金目的での購入を検知することは昔よりも容易になっていることと思いますが、2018年現在でも活用できる仕組みがあるのか調べてみました。

2018年07月現在、クレジットカードで金券を購入できる業者一覧

クレジットカードと金券類

インターネット上で、クレジットカードで金券が購入できる業者を一覧にしてまとめました。
金券を購入しても使い道が無いこと、あくまで事業として営んでいることを確認しているところをまとめたものです。
今回実際に利用して体験していませんので、とくに二次販売系の業者につきましては要注意してください。
掲載する業者が優良なのか悪徳なのかはわかりません。

2018年07月現在、クレジットカードで金券を購入できる業者一覧
公式販売系
店名公式サイトへのリンク
三井住友カード株式会社公式サイトへ
クレジットカードで購入するときは必ず販売してくれるということはなく、審査があることに注意。
株式会社ジェーシービー公式サイトへ
JCBカード・銀行振込の決済手段に限り、24時間いつでも購入できます。
三菱UFJニコス株式会社公式サイトへ
高額注文の場合、FAXで対応の案内があるようです。
ユーシーカード株式会社公式サイトへ
UCカード・現金での決済手段となっており、基本的に自社発行に限定することはどこも同じですね。
二次販売系
店名古物商許可番号公式サイトへのリンク
金券ねっと東京都公安委員会
第304391105509号
公式サイトへ
あらゆる金券を商品一覧に掲載していますが、中心はJCBギフトカード・百貨店商品券の様子。
金券and福岡県公安委員会
第901011310031号
公式サイトへ
百貨店商品券の発行元を多数取り揃えており、要望があれば応えるとのことです。
syouhinken.com確認できず公式サイトへ
古物商の許可について確認できる記載がありません。公式販売ではないので違法である可能性も?
グリーンギフト東京都公安委員会
第306691604296号
公式サイトへ
新券のみ扱い、中古品より利用価値が高いことを強調していますが、額面に記載されている利用金額は変わりませんのでご注意を。
チケットダッシュ東京都公安委員会
第306691604296号
公式サイトへ
会社概要の内容から、上記のグリーンギフトと同じ組織が運営しています。
イーチケット(e-ticket)東京都公安委員会許可
第304360809151号
公式サイトへ
航空券でもeチケットと呼ばれるものがありますが、イーチケットでは航空券の取り扱いはありません。
商品券サービス福岡県公安委員会
第901011610017号
公式サイトへ
商品価格に手数料はないようですが、その分価格が高く設定されている様子。
クレジットカード商品券.com愛知県公安委員会
第541031501100号
公式サイトへ
JCBギフトカードを取り扱っているようです。公式で購入するよりも高い値段で販売されています。
公式販売販売終了済み
ロイヤルチェックアメリカン・エキスプレス・ギフトクーポンDCギフトカード
ニコスギフトカードミリオンギフトカードUFJギフトカード
KCギフトカード

これより下記の記事は、クレジットカードと金券の関係性からみたクレジットカード現金化の可能性と背景について考察した内容です。

すでに何年もの間、このサイトを運営してきた中で、その動向を当時より俯瞰してきました。

過去に、クレジットカード決済で金券を販売していた金券ねっとが閉店

野々村議員の謝罪会見を真似する男性

「うわーん!!」

と、泣いて世間に恥を晒して辞職した地方議員さんを覚えていますか?

クレジットカード現金化ではないですが、政治資金という国・国民から与えられた与信を領収書の偽造や切手の購入などで、自分の懐に貯め込んでいる事が大きな話題になりましたね。

クレジットカードで金券を購入する方の主な目的

  • 個人
  • 生活費・学費・旅費・ギャンブル・私利私欲など

  • 経営者・個人事業主
  • 事業資金

個人では、知人にお願いをする事で人付き合いの関係が悪くなりますし、会社に前借することも組織の中で信用を失う事につながる恐れもあるでしょう。

法人であれば、従業員の生活もかかっていますから責任重大です。

既存のクレジットカード現金化業者ではなく、クレジットカードで金券が購入できるところを探して、自分で売却したいと考える方がいるからこそ、二次販売のような業者が今もなお営業しているのでしょう。

上記の表で掲載している「金券ねっと」は、何年も前からクレジットカードで金券を購入できる店として営業していましたが、数年前に当時利用していたPayPalという決済会社から、利用停止処分を受けて休業していました。(別記事:ついにPAyPalが本気を出した件)

昔は二次販売系の業者が、どこの決済会社を利用しているのか簡単に見られる仕組みでしたが、今では露出されない傾向にあります。

流行りの金券は「Amazonギフト券Eメールタイプ」

Amazon

Amazonギフト券を媒介物としたクレジットカード現金化業者の始まりは、「konozama.co」が始まりだったと記憶しています。

その後、続々と買取業者が誕生した背景には「amaten」と呼ばれるAmazonギフト券Eメールタイプを専門とした市場の誕生が大きかったようです。

この記事は2014年に初回投稿されたものですが、時の経過とともにAmazonギフト券を再販売する業者が増え始めました。

買い取ったギフト券を、通常の額面よりも安く販売する業者が販売しているのです。

ここに盲点が!

Amazonギフト券現金化業者の数は、従来型の業者と同等とも言えるくらいに増えており、各種PRの成果か需要を得ている様子。
商品が世界的企業が発行するギフト券だけあって、これまでクレジットカード現金化を認知していなかった人にもウケがいいようです。

買取市場として有名なamatenのユーザー出品数を見れば、それは一目瞭然。

クレジットカード現金化業者が利用者から買い取ったギフト番号を大量に出品されていると推測されます。

amatenはあくまで仲介所としての位置付けを謳っておりますが、これも建前だけでしょう。

Amazonの対応「Amazonギフト券のご購入に関する注意」

Amazonギフト券のご購入に関する注意

Amazonとしても静観しているワケでは無いようで、上記の画像はAmazonギフト券現金化業者に注意することを告知している、2018年07月現在の情報です。

買取業務を行う者に対する警告は現状Amazonの公式だけでなく、各所で記載されています。

某店舗からのタレコミを編集部で手に入れましたが、amaten自身がクレジットカード現金化業者に出品をしてくれないかと営業をしているとのことでした。

この記事は2chの関連スレッドにて紹介されているようですが、当時はそのような仲介市場から定期的に営業メールが届いたそうです。

注意

今では利用するにあたり、SMS認証や身分証明の情報提示が今現在では必要となっています。
新興業種であること、これまでに規制やトラブルの前例が無かったためか、少し前まではそのようなセキュリティが一切存在しませんでした。

利用者の増加とともにトラブル防止の一環で強化したものの、逆に利用者の数が減ってしまったタイミングでこのような広報をされていたようです。

他にもamatenをまねた市場サイトがいくつか存在していますが、セキュリティ内容もさまざまである事と運営元の情報に関してはあまり開示されていない事もあり、決して信用バッチリなんて言えたものではありません。

ちょうど2014年辺りからでしょうか…前述した「konozama.co」は完全にamatenへ移行をし、それまで盛況だったAmazonギフト券買取業者は縮小。(今は別法人が営業をしている様子)

当時、Amazonギフト券現金化業者の数は決して多くありませんでした。

従来のクレジットカード現金化業者や古物営業許可を持たずにAmazonギフト券を買取するなどの様子はありましたが、今では専門業者が買取を台頭している様子です。

AmazonにAmazonギフト券現金化の現状について聞いてみた!

Amszonカスタマーセンターに電話で調査

近年電子ギフト券を騙し取る詐欺の手口が社会問題化しています。

ちなみに、業者に対する逮捕についてはクレジットカード現金化における検挙&逮捕関連ニュースでまとめています。

換金できる場所の出現によって、詐欺師たちのインフラの一つとして利用されており、関与していないながらも換金によって手数料を得ている構図です。

電子ギフト券の発行元でもっとも有名なAmazonに、このような目的の為にギフト券が使われている現状についてAmazonのカスタマーセンターに直接電話で問い合わせたところ…
「社内機密情報になるためお答えする事が出来ない」という回答を得ました。

事情を把握している事は間違いないようですが、Amazonギフト券が売れれば利益になっている構図からか腰が重い問題のようですね。

一連の動きはすべて最近の出来事ですので、今後がより注目していきたいと思います。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化業者の違いを調べる男性

クレジットカード現金化業者は実店舗も無店舗も変わりません

サービスを受ける際には、目の前にいる人と実際に会って話を聞いて、目の前で取引したほうが明確で安心できる取引ができますが、インターネットが普及した現在ではネット上で完結するサービスも増えてきました。 サ …

クレジットカード現金化はキャンペーン時期が狙い目?

突然ですが、みなさん、新しい季節の到来は何で感じますか?大体の答えは気候の変化ですよね。 気候が変わると、着るものも変わりますので、冬から春になる今日この頃ですが、そろそろ春物の服が欲しくなってきませ …

クレジットカード現金化 知恵袋

ふとした疑問を気軽に他人へ質問や相談ができる無料のQ&Aサイトの存在は、今や当たり前の存在として認知されています。 とくにyahoo知恵袋は有名で、あらゆるキーワードで検索を掛けますと比較的す …

クレジットカード現金化で還元率(換金率)を上げる裏ワザ

クレジットカード現金化をする際に一番気になるのが還元率(換金率)ですよね。 還元率とは、ショッピング枠を使った際にどのくらい現金が戻ってくるのかという比率のことです。 たとえば、10万円の商品をショッ …

クレジットカード現金化に向いている人、向いていない人

「今すぐ、即日で現金が欲しい!」 もはや現代人の共通の悩みですが、借金をすることに抵抗があったり、そもそも借金をし過ぎて審査が通らないということもあったりしますよね。 そんなときに、クレジットカードを …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

Amazonギフト券現金化業者一覧

あ行
か行
な行
は行
ま行

優良比較サイト2選