【即金】即日でお金を得る方法【ブラック】

  • 2017/01/19
  • マネー
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

情報化社会によって便利になったのは本当か

当クレジットカード現金化の優良店比較DXを閲覧されている方の多くは、クレジットカード現金化を検討中の方で有ったり、利用用途に問わず何らかの資金繰りに困っている状況の中で、お越しいただいているかと思います。

クレジットカード現金化業者をお探しの方はコチラへ

しかし、何か調べようと思った時に活用するインターネットの世界では、真面目なコンテンツ以外にも広告を目的としたコンテンツが数多く乱立しています。

例えば、上記のようにお金に関する広告は特に数多く存在し、「借りられない」と検索をすると、その検索結果のほとんどがアフィリエイトと言いまして、「サービスを宣伝する代わりに利用者が現れた人数に対して報酬を受け取る」事を目的に作成されたモノであり、本当に利用価値のある情報が有るページに行く着くには、手間が要ります。

クレジットカード現金化関連よりも、特に消費者金融系の広告がほとんどの割合を占めていると考えられています。

大手消費者金融であれば、テレビコマーシャルや中吊り広告など大きな予算を掛けて集客が可能ですが、中小の業者はこのようなアフィリエイトを利用して募っている事が非常に目立ちます。

もちろん「借りられない」というキーワード以外にも、報酬を目的としたアフィリエイトサイトがあり少し例に出しますと、「ブラックでも借りかれる」「即日融資」「無審査」…などなど、実際に検索していただければスグに分かると思います。

アフィリエイトサイトの特徴に関して、共通して言えることは「甘い言葉を利用している」に尽きます。

検索する人が、そのような願望を抱いて検索する心理を突いた方法ですので、予め貸金業の利用を促す為に引いた導線の上で我々消費者は踊らされてしまっているわけです。

貸金業者は公安委員会より免許を与えられた上で営業をする事が義務付けられているように、好き勝手乱立しているアフィリエイトサイトにも何らかの登録制度が無ければ、今後も同じように実用性の低い情報ばかりを目にする事になってしまうのではないでしょうか。

切羽詰ったときにやる事、本当に有益な情報を得ようとするのであれば、公的な機関に相談したり可能であれば身内に相談する事から始めた方が安心かと思います。

このような事を調べていく内に「インターネットの検索結果が全て正しい事では無い」という事を知った編集部の担当者の中で、インターネットが嫌いになり、スマホから通話だけのガラケーに買い替えたという者まで現れました。

現に私もほとんどインターネットをしません。

okanegahitsuyou

お金が必要な方に向けられる情報や方法には注意しましょう

もしその状況にある方でクレジットカードを所有している方につきましては、一つの打開策として比較DXに掲載されているクレジットカード現金化業者から申し込みをしてみてはいかがでしょうか?

クレジットカード現金化であれば消費者金融で審査に落ちた方でも問題なく受付対象になりますし、収入証明書や身分証明書等の用意についきましては、申し込みの段階で必要とされませんので、手間を要する事はありません。

また、クレジットカード現金化におきましては段々と偏った情報を掲載する比較サイトが減少しているものの、融資、あるいは表題の様にお金に困った人向けに発信されている情報や比較サイトはアフィリエイターで汚染されているのが現状です。

「今すぐお金を借りたい」「お金を借りたい」「お金が無い」などと検索しますと、沢山の情報があるように見えるはずです。

しかし、それらはいずれもプロミスやレイク等の銀行系カードローンに申し込みを誘導させる為の広告にしかすぎず、具体的な打開策は申し込みをする事だと促すという一方通行に構造化されています。

比較DXではこうした金融サービスに申し込む前の段階、つまり自分自身で取り組める事について紹介をしています。


金策今すぐお金を作る方法とは?

ミニマリストになりませんか?

お金が貯まる習慣について


世間一般的なカードローンにつきましては年利や料率は横一線と言える状況であり、業者によっては「新規のご利用で金利0円」のキャンペーンが最近目立っておりますが、魅力的で恩恵が大きいサービスはこのキャンペーンくらいしかありません。

クレジットカード現金化もカードローンも手数料は掛かります

どちらにしても業として成り立っている以上、利用者から利益を上げなければサービスの提供を続けていくことは出来ません。

現金とはこの世で生きる人間として必要不可欠なツールですから、それを商売としている以上、利用者に求める規約や決まり事があって当然の事です。

お金が無い、しかもブラックであれば猶更、審査が緩かったり金策においてハードルが低い”何か”を探してネットサーフィンされたところで、世間の人が無償に近い形で援助してくれる人や業者など存在しません。

kangaeru

借りられないとき、本当に考えるべき事とは?

公共機関と言っても、何でもかんでも消費者の味方であると言う事はありません。

全て消費者の言いなりになってしまっては、サービスを提供する側は法に沿って営業していたとしても運営し続ける事が出来なくなってしまいます。

下記に主な公共機関を記載してみますが、サービス提供者にとっても公共機関でありますので、あくまでも中立的な立場で物事を請け負うのが公共機関の役目になっていますから、借金したら「相談すれば万事解決~♪」なんてことは一切有りませんのでご注意ください。


  • 公益財団法人 日本クレジットカウンセリング協会
  • 専門家の視点から進むべき道を示してくれる案内所的な協会です。

  • 独立行政法人 国民生活センター
  • 実際の窓口が全国に点在していますが、受付するだけで有って実務的な相談相手は弁護士さんか司法書士さんです。

  • 独立行政法人 日本司法支援センター 法テラス
  • 法に沿った内容の相談が出来ますが、回数や時間が限られています。

  • 日本貸金業協会
  • 貸金業団体の自主規制機関で、浪費癖が心配であれば申告すると全ての貸金業の貸付を自粛することが出来る制度があります。

  • 警察
  • 違法の取り立てなどに遭った時に相談しましょう。


上記でご紹介しているところは、お金を貸してくれたり、貸してくれるところを紹介するモノではありませんし、根本的な解決の為に自分が抱えている案件を処理してくれるというドラえもん的な役割でもありません。

さらに、それぞれ役割や実務内容が異なってきますので、相談内容によってはたらい回しにされてしまう事もあるかもしれませんので、相談したい事がどの機関が果たしているのか予め準備しておくとスムーズです。

このようなところに相談するまでも無いということであれば、クレジットカード現金化も一考ではあると思いますが、基本的にもう後が無いという状況下で相談を始めるのはとても遅すぎますし、法にのっとた範囲内で運営されている業者の元で利用しているのあれば、非は消費者に少なからず有りますので解決は難しいかもしれません。

いずれにしても早ければ早いほど選択の幅は有りますし、深刻化せずに済んだ話も深刻になってしまう可能性があります。

たいがい相談しても行く末は2通り、「助言と相談で終了」「債務整理へ」のどちらかですから、債務整理となった際には当然金融事故扱いになってしまう事は致し方ない犠牲です。

当サイトでは、クレジットカード現金化の優良店比較DXとして一部の優良店を紹介していますが、そのような事を加味した上で自分自身にとって最適な選択肢を導くことの参考にしていただけますと幸いです。

推奨したいクレジットカード現金化比較サイト2選