クレジットカード現金化をする前に確認・準備しておく事とは?

『クレジットカード現金化』にたどり着く人は、何らかの理由で現金が手元に必要な人であると思われます。

現金が必要といっても、急ぎで現金が必要な人、急ぎではないけど確実に現金が欲しい人、様々なケースがありますよね。

借金をする場合は審査が必要ですが、この金策では審査がなく手続きも簡単で即日お金を手に入れることができますが、業者を利用する場合には申し込みをして業者が指定する流れに沿って手続きをする必要があります。

おそらく、初めて利用をする人にとってその手続きの内容は未知ではありますし、何を用意すればいいのかわからなければ申し込みをすることすら億劫である状態ではあるかと思われます。

そこで、ここではクレジットカード現金化をする前の確認・準備しておくことを紹介します。

この確認と準備ができていれば、少しは心と時間の余裕ができ、申し込みから入金まで比較的にスムーズにできますし、もしかしたら自分には必要ではないかもしれない、ということも考えることができます。

ケースバイケースといいますか、人によって本当に必要かどうかというのは最終的には自分の判断になりますが、事前に確認することや準備するものなどの情報を取り入れることで必要かどうかということも判断できるはずです。

では、何を確認して準備すればいいのでしょうか?

クレジットカードの種類を確認する

クレジットカード、と一言にいっても、VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERSなど国際ブランドがあり、さらにそこから、クレディセゾン、セディナなどの信販系、楽天、イオンなどの流通系、三井住友などの銀行系など、発行元の会社も様々です。

通常のお買い物でも、お店によって使えるカード・使えないカードがありますが、同じように、クレジットカード現金化でも業者によって使えるもの、使えないものがあります。

さらに、業者によっては国際ブランドや発行元になる会社で手数料が違うところがあり、例えばですが、ほとんどの業者はJCBの手数料は高いといいます。

自分が持っているクレジットカードの種類がわかっていれば、どの業者で使えるのか・使えないのかが把握しやすいので、業者選びがスムーズになります、改めて自分が持っているものを確認してみましょう。

※補足※クレジットカードに似ているカードとして、デビットカードというものがあります。

デビットカードにも、VISA、JCBのブランドが付いていますが、デビットカードで利用することはできません。

デビットカードは、口座から買い物金額が直接支払われ、ショッピング枠が付与されているわけではないので、注意しましょう。

また、au WALLETなどに代表されるプリペイドカード式のものは業者によって使えるところがまちまちですので、業者に申し込みをする際に確認してみましょう。

ショッピング枠を確認する

クレジットカード現金化は、『ショッピング枠』を現金に換えるというサービスです。

どの業者を利用するにせよ、一旦クレジットカードで買い物をしなくてはいけないので、ショッピング枠を超える取引はできません。

例えば、10万円の買い物に対して、30万円手元に入ることはありえませんので、ショッピング枠を使った10万円の買い物に対して、業者の手数料が差し引かれた金額が現金として手元に入るという取引です。

つまり、ショッピング枠が全くないと、現金に換える対象がないということになりますので、利用できないということになります。

また、枠があると思っていても、公共料金の引き落としなどで思っていたよりも枠が残っていなかった、ということも起こりえます。

業者に申込みをする前に、今どのくらいショッピング枠が使えるのか把握するといいでしょう。

※補足※ショッピング枠ももちろんですが、クレジットカードがちゃんと使えるのかも確認しましょう。

支払いが遅れていると使えなくなりますし、また、有効期限が切れているものは使えませんよね。

ショッピング枠と一緒に、状態を確認するようにしましょう。

支払方法を確認する

クレジットカードで買い物をした際は、発行元の会社への支払をしますが、これはクレジットカード現金化をした際も同じです。

支払方法は、一括払い、分割払い、リボ払いなどありますが、自分にとって無理のない支払方法を確認しましょう。

また、ショッピング枠の分割枠、リボ枠がないのに、分割払、リボ払にすることはできませんので、ショッピング枠の内訳も確認するようにしましょう。

支払いは必ずしなくてはなりませんので、無暗に利用すれば支払いができなくなる可能性もあります、しっかりとした支払い計画を立てるという意味でも自分に合った支払い方法を選択しましょう。

※補足※
支払い方法にボーナス払いを考えている人もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化ではボーナス払いを選ぶことはできません。

詳しくは、『クレジットカード現金化はボーナス払いはできる?』をご覧ください。

欲しい金額・いつまでに必要かを明確にする

利用する上で、必要な現金がいくらか、いつまでに必要かを明確にすると、計画が立てやすいといえますが、これはなぜかというと、業者によって、還元率・申込から入金までの時間が異なるからです。

また、必要な金額は最低限の金額で考えることが必要であり、これはなぜかというと、業者を利用する場合にかかる手数料はパーセントでかかるため、金額が大きくなればかかる手数料も大きくなるからです。

なるべくであれば必要最小限の取引を行い、足りなくなったときにまた利用するという方法をとるといいかもしれません。

焦って申込みをした先が悪徳業者であれば、騙されてしまう危険性がありますので、ひとまず、自分の状況を確認し、冷静に業者を選ぶ余裕を持ちましょう。

クレジットカード現金化が本当に必要か改めて考える

クレジットカード現金化を考えている人の中には、どうしても現金が必要ということに焦ってしまい、する必要がないのに利用してしまう人もいるのではないでしょうか。

お金が手元にない場合、その不安から冷静さが失われて正常な判断をすることが困難になってしまうケースも考えられます。

例えば、クレジットカードで買えるものを、現金で買おうとしている、生活の不安から、利用して現金を手元に置く、といったことが考えられます。

冷静に考えればわかることですが、クレジットカードで買えるものはカードで買った方がいいですし、現金が手に入っても使うことがなければ意味がなく、後の支払いでは手元に入った金額よりも多い支払いをしなければなりませんので、その手数料の分損をするだけです。

また、時間に猶予があるならば、他の方法を考えることもできます。

クレジットカード現金化は簡単に手元に現金が手にできてしまうため安易に利用を考えてしまいますが、今一度本当に自分に必要なサービスなのかを確かめるといいかもしれません。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選