クレジットカード現金化に向いている人、向いていない人

「今すぐ、即日で現金が欲しい!」

もはや現代人の共通の悩みですが、借金をすることに抵抗があったり、そもそも借金をし過ぎて審査が通らないということもあったりしますよね。

そんなときに、クレジットカードを持っていれば、ショッピング枠を利用してクレジットカード現金化することで、即日で現金を手に入れることができます。

このクレジットカード現金化ですが、借金とは違い審査も在籍確認もなく、借金の総量規制にも該当しないことから規制が掛からずに非常に簡単に行うことができ、気軽に利用することができますが、使い方によってはクレジットカード現金化に向いている人、向いていない人と別れます。

では、クレジットカード現金化に向いている人、向いていない人とはどのような人なのでしょうか。

クレジットカード現金化に向いている人とは?

個々人の状況によって最適な金策は無数にあり、金策と一言にいっても時間がかかってもいい状況だったり、即日で必要ということであったり、また方法が限られているという場合もあります。

クレジットカード現金化にはクレジットカード現金化なりのメリットがあり、そのメリットを最大限に享受できる人が向いているということになるでしょう。

  • 今すぐにでも現金が必要な人

    人生というのは本当にままならないもので、現金で困るようなことには絶対になるまいと思っていても急に現金が必要になることもあります。

    そういうときに限って頼れる人もおらず、途方に暮れてしまうでしょう。

    借り入れをしようと思っても、借り入れでは審査や手間などで時間的に間に合わないということも少なくありません。

    昔に比べれば、申し込みから融資までの時間が短縮されるようになっていますが、それでも間に合わないくらいの急ぎのときには役に立ちません。

    また、借金や融資でも審査に通らなければ現金を借りることはできませんので、確約された金策ではないことを考えれば、急いでいても意味のないことになってしまいます。

    とにかく急いでいるし、即日で今すぐにでも確実に現金が必要だという人は、まさにクレジットカード現金化に向いているといえるでしょう。

    というよりも、頼れる人もおらず、借り入れでは間に合わない、確実に現金が欲しいのであれば、もうクレジットカード現金化しかありません。

    クレジットカード現金化の優良業者であれば即日対応は当たり前であり、うまくいけば申し込んでから20分と経たないうちに即日で現金をゲットすることができるかもしれません。

  • ブラックリストに載っている人

    借り入れなどの話をするときには必ずといっていいほど、ブラックリストという言葉が出てきます。

    実際にブラックリストというリストが存在するわけではないのですが、個人の信用情報機関に金融事故があったと登録されてしまうことをブラックリストに載ると表現します。

    金融事故とは、いわゆる自己破産などの債務整理を行った場合に付けられる情報で、債務の支払いに関して何かしら問題があったという情報を信用情報機関に登録することでその機関に加盟している会社が審査などでチェックできるようになっています。

    ブラックリストに載っている状態というのは、金融業界全体に「この人は要注意人物ですよ~貸しちゃダメですよ~」と知らされているようなものであり、当然貸したものが返ってこないとみなされていれば借り入れはできませんし、仮に申し込みをしたところで絶対に審査で落とされてしまうでしょう。

    しかしながら、ブラックリストに載った人でも現金が必要になる場面というのは出てくるはずです。

    ブラックリストに載っているからと諦めなければいけないのかというと、そういうわけではありません。

    クレジットカードのショッピング枠が使える状態であれば、クレジットカード現金化という方法が残っています。

    ブラックリストに載ったとしても持てるクレジットカードはありますし、何にせよクレジットカード現金化を利用する際は審査がなく、まさか業者は信用情報機関に加盟しているはずもないので、信用情報を確認することもありません。

    このようにブラックリストに載っている人もクレジットカード現金化に向いているといえるでしょう。

クレジットカード現金化に向いていない人とは?

即日ですぐに利用できるとして利便性が高い金策ですが、必ずしもメリットばかりではないことを確認しておかなければいけません。

むしろ利用する状況によってはデメリットの方が大きくなる場合は、クレジットカード現金化に向いていない、ということになるでしょう。

  • まとまった現金を求めている人

    まとまった現金が必要になって、クレジットカード現金化を考えているという人もいるかもしれません。

    しかしながら、そもそもクレジットカード現金化というのはまとまった現金を求めている人には向いていません。

    というのも、クレジットカード現金化というのは短時間で現金を手に入れることができるのですが、どうしても手数料がかかります。

    この手数料は%でかかるので、欲しい金額が大きいとその分手数料も大きくなってしまうのです。

    もちろん、場合によってはある程度のまとまった現金を作ることもできるのですが、せっかくクレジットカード現金化を利用したのに手数料がかかってほしい金額に届いていない!なんてことが起きてしまう可能性があります。

    最初からまとまった現金を求めている人は、クレジットカード現金化には向いていません。

    まとまった現金が必要ということであれば、銀行の融資やおまとめローンなど、他の方法を探したほうがいいでしょう。

  • クレジットカードを絶対に失いたくない人

    クレジットカードは本当に便利なものであり、今やネット通販や日頃の買い物など、生活の必需品になっている人も多いはずです。

    喉から手が出るほどほしいけど一括では買えないものも、クレジットカードでの分割払い、リボ払いがあるからこそ購入できるのです。

    これまで生きてきて、クレジットカードがあったおかげで助かったという人は多いのではないでしょうか。

    クレジットカードの利便性を十分に理解した上で、これまでクレジットカードの恩恵を享受してきた人にとってクレジットカードを手放すというのは、とてもつらいことになるでしょう。

    極端な話をすれば、クレジットカードのない人生なんて考えられないという人はクレジットカード現金化に向いていません。

    というのも、クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約には違反する行為ですので、クレジットカード会社に知られてしまうとが利用停止になってしまうかもしれません。

    そのため、クレジットカードを絶対に失いたくないという人はそもそもクレジットカード現金化に向いていないのです。

    クレジットカードを失いたくないのであれば、クレジットカード現金化を利用しないことです。

向いている向いていない以前に、利用する必要がないのにただ単純にショッピング枠が余っていてもったいないから利用を考えているという人もいるかとは思います。

しかし、利用すれば当然支払いがあるために、そもそも支払いを踏み倒すつもりで使うということはもってのほかです。

クレジットカード現金化をして支払いを踏み倒そうとする人こそ、一番向いていない人であると言えるでしょう。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選