クレジットカード現金化と総量規制の関係

2010年に貸金業法が改正され、『総量規制』という制度が始まりました。消費者金融や信販会社などからの借入残高の合計が年収の3分の1まで制限されるという内容です。

元々は、『貸金業の規制等に関する法律』という名前の法律で、改正に伴って『貸金業法』となりました。

この改正でグレーゾーン金利などの廃止が行われましたが、今でもグレーゾーン金利による過払い金請求のCMをよく見ると思います。

貸金業法は借り手の保護を推進するとともに、貸し手側の規制が厳しくなり、その規制によって借り手側も易々と借入をすることができなくなりました。

総量規制もその1つで、借り手側の返済能力を超える借入を抑える為の制度です。

総量規制の中身としては、貸金業者が個人に貸付を行う場合に、信用情報会社に登録された信用情報を確認して返済能力があるかどうかを調査する義務が課されました。

また、貸付金額が50万円以上or借入残高が他社との合計で100万円以上の場合には貸金業者に年収を知らせる資料の提出が義務付けられました。

この総量規制により、多重債務者の新たな借入が難しくなったことによって、他の方法で現金を手に入れるやり方が注目されました。

その1つがクレジットカード現金化です。

キャッシング枠とショッピング枠があり、このうちキャッシング枠は総量規制の対象になっていますが、ショッピング枠はこの総量規制の対象外になります。

貸金業者は新たな貸付を行うときに借り手の信用情報を確認しなければなりませんが、キャッシング枠の信用情報とショッピング枠の信用情報は別扱いになっています。

これは、キャッシング枠は貸金業法で管理されているものですが、ショッピング枠は割賦販売法という法律で管理されているものだからです。

なので、ショッピング枠を利用するクレジットカード現金化は総量規制の対象外ということになるのです。

クレジットカード現金化は貸金業ではない

あくまでショッピング枠を使って行うものですので、ショッピング枠で買い物をしたことに対するキャッシュバック方式であったり、買い物をした商品を業者が買い取る買取方式であったりと、買い物をして現金を手に入れるという方法です。

業者はあくまで商品を媒介して即日で現金を手に入れる方法であり、お金を貸してはいない形式なので、貸金業には当たりません。

ただし、悪徳業者などはいい加減な手続きをすることによって貸金業に当たる方法で行っているところも存在します。

クレジットカード現金化に当たって商品を全く介さずに手続きを行ったり、商品を選ばせない、還元率が低すぎるところなどは、商品取引の実態がなく、実質的に見ればお金を貸しているとみなされて、違法に貸金業を営んでいるとみなされます。

このような違法な営業を行う悪徳業者には十分注意しなければなりません。

違法なサービスに関わっているとなると、発行元の会社から自分の利用にも目を付けられる結果を招いてしまいます。

クレジットカード現金化以外に、銀行系の貸付も総量規制の対象外

クレジットカード現金化以外で総量規制の対象外になる金策があります。

消費者金融の貸付は総量規制の対象になりますが、実は銀行系の貸付は総量規制の対象外になります。

例えば、三菱東京UFJカードローン、三井住友銀行カードローンなど、大手銀行のカードローンは総量規制の対象外です。

銀行系は総量規制の対象外ですが、アコム、プロミスなどは銀行系フィナンシャル・グループの一員でありながらも貸金業者として登録されているので、これは総量規制の対象になります。

勘違いされやすいのがレイクですが、レイクは新生銀行カードローンの名称であり、銀行が行う貸付なので総量規制の対象外です。レイクという名前の貸金業者ではないので、勘違いしないようにしましょう。

なぜ銀行系の貸付は総量規制の対象外か、その一因は、消費者金融が貸金業法に該当しますが、銀行は銀行法に当てはまるからでしょう。

しかしながら、銀行系の貸付も金利は消費者金融とさほど変わりはありません。銀行が政府から優遇されているとみなされてもおかしくはないでしょう。

総量規制の関係でヤミ金を利用する前にクレジットカード現金化を考える

総量規制で借入に制限がかけられ、借り手側は保護される立場になったかと言えばそうでもないと言ったところが現状です。

総量規制で借入に制限をかけられたとしても、多重債務に陥る人が存在し、その人たちがヤミ金へ駆け込むことが多くなったのです。

銀行系のカードローンは総量規制の対象外といっても、返済能力が低いとみなされる多重債務者に新規で貸し付けてくれるところはほとんどないでしょうし、また、住宅ローンなども総量規制の対象外ですが、この住宅ローンに困った人が新たに貸付してくれるところ探し、ヤミ金を利用してしまうケースもあります。

ヤミ金は審査もなしに簡単に即日でお金を貸してくれるかもしれませんが、違法な手段でお金を貸しているところには絶対に罠があります。

それは金利だけでなく、個人情報や今後の自分の人生までもが犠牲になる可能性が高いです。

総量規制で新たな借入ができないという人は、ヤミ金でなくクレジットカード現金化を考えてはどうでしょうか。

即日で現金が手に入る上に、総量規制には該当もしない金策です。

さらにいうならば、借金をしているという履歴が残らないために、総量規制で決められた金額以上の現金が手元に入るということになるのです。

ヤミ金は法律的に見ても、営業許可を取っていなかったり、違法な金利で貸付を行ったりと、完全な違法行為を行っていますが、クレジットカード現金化は発行元の会社との規約には違反するものの、商品を取引するという過程をきちんと経ている業者は違法行為は行っておりません。

しかし、総量規制が始まりクレジットカード現金化を利用する人が増えたことによって、利用者を騙そうとする悪徳業者も増えてきました。

いい加減な取引を行い違法な営業を続ける悪徳業者も存在します。

利用する際は、必ず取引内容が商品を媒介とする実質的な取引があるかどうか、つまり違法な取引を行っていないかどうかを確認し、優良業者かどうかを見極めて利用しましょう。


総量規制の関係で新たに借金ができない人は、少額でもいいから即日で現金が必要だという人が多いかと思います。

例えば、業者は基本的に手元に入る金額が最低で3~5万円からというところが多く、それ以下になると還元率が下がる業者も存在します。

しかし、優良業者であれば、手元に入る金額が最低1万円からでも対応しており、還元率が下がることもありません。

総量規制で困っている人にとって、利用するにしても必要以上に債務を増やさないようにすることは大切なことです。

クレジットカード現金化を考える際は、低い金額でも還元率が下がることのない優良業者を選ぶようにするといいでしょう。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選