クレジットカード現金化のデメリット

即日ですぐ手元に現金が欲しい人にとって、クレジットカード現金化はメリットが沢山あり、非常に便利なサービスであることから、多くの人が利用するようになりました。

最近では消費者金融よりも先に、最初にこの金策を考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、おいしい話ばかりではありません。

世の中にはメリットもあればデメリットもある、この金策にもデメリットはあり、いいことばかりではないです。

の利用者が多くなり、サービスが世の中の目につくことで考えられるデメリットが存在します。

クレジットカード現金化は発行元の会社との利用規約に違反するというデメリットがある

そもそもの話ですが、クレジットカード現金化は発行元の会社との利用規約には違反しますので、利用していることが発覚すると利用停止になってしまうかもしれないというデメリットがあります。

最近、まずこれを認識していない利用者がいるのではないかと思います。

キャッシング枠とショッピング枠がありますが、発行元の会社としては、現金が必要であればキャッシング枠を利用することを前提としています。

ショッピング枠はあくまで、買い物をする為の枠なので、換金目的に付与されたものではありません。

もし、利用したことが発行元の会社にバレると、以下のペナルティが課される危険性があります。

  • 利用金額の一括請求
  • 利用停止
  • 強制退会

さらに言えば、このようなペナルティは事故情報として信用情報会社に載ることも考えられます。そうすると、新しいクレジットカードが作れなくなったり、ローンを組むことや、融資を受けることが難しくなります。

クレジットカード現金化業者には悪徳業者が存在するというデメリットがある

これが一番厄介かもしれませんが、業者の中には『悪徳業者』と呼ばれる業者が存在するというデメリットがあります。

消費者金融にも闇金などの悪徳業者は存在しますが、グレーゾーンなサービスなので、業界内に悪徳業者が潜みやすく、消費者金融よりも詐欺にあう危険性が高いです。

悪徳業者の行うこととして、下記の事例などがあります。

  • 入金まで大幅な時間がかかる
  • 入金がされない
  • 言われた金額よりも少ない金額が入金された
  • 手数料と称して、ぼったくりの金額が引かれる
  • 還元率(換金率)が以上に低い
  • 個人情報を流出させている

法律違反ではありませんので、乱暴に言ってしまうと、発行元の会社に利用していることがバレさえしなければ通常の買い物と一緒の扱いになります。

たとえ悪徳業者が入金を行わなかったとしても、『なにかしらの商品を買った』という取引は変わらないのです。

悪徳業者に騙された利用者は、発行元の会社との規約違反に当たることをしているので、被害を申し出ようにもできません。

ペナルティを課されるかもしれないのに、「クレジットカード現金化で騙された」なんて言える訳がありませんよね。

また、悪徳業者に訴えたとしても、逆に「規約違反行為を発行元の会社にバラす」と脅してくる悪質極まりない業者も存在するようです。

クレジットカード現金化を無計画に利用すると多重債務に陥るかもしれないというデメリットがある

クレジットカード現金化は借金とは異なりますが、買い物をした支払い(債務)があるという点では一緒です。

クレジットカード現金化は、通常の買い物と一緒ですが、無計画な利用をしていると多重債務に陥ってしまう可能性があるというデメリットがあります。

ショッピング枠があれば誰でも利用できるので、借金よりも気軽に即日で現金が手に入ります。

その気軽さ故に、必要な現金以上に利用を重ねてしまいがちです。

さらに、支払いが長期にわたると、業者への手数料に加え、発行元の会社へ支払う利息(金利手数料)が膨大になってしまいます。

便利なサービスが、知らぬ間に身の破滅を招いてしまうのです。

クレジットカード現金化は100%の換金はできないデメリットがある

デメリットというよりは当たり前のことですが、業者を挟むとどうしても手数料がかかります。

業者は多少なりとも利益目的で営業しているはずなので、手数料がかからないところはありません。

ボランティアでやっているとすれば別ですが、そんなところがあったらみんなそこを使いますよね。

利用者はどうしても還元率が気になりますが、悪徳業者はそれを見越して初めの話では高還元率を謳ってきます

その結果、言われていた金額と大幅に違う、ということが起こるのです。

仮に、異常に高い還元率を実現している業者があったとしても、個人情報の売買で採算をとっているとしたらどうでしょうか、デメリットというよりは、手数料以上のリスクが無限大になっていきます。

クレジットカード現金化のデメリットまとめ

即日で現金が手に入るというメリットもありますが、デメリットもあることがわかったと思います。

しかし、これらのクレジットカード現金化のデメリットがわかっていれば、どういったことに気を付ければいいかもわかるはずです。

  • 発行元の会社にバレない方法を使う
  • 悪徳業者をさける
  • 計画的な利用をする
  • 悪徳業者の謳う高還元率に踊らされない

優良業者であれば、これらの注意点を丁寧に説明して、自分に合った利用方法を提示してくれるはずです。

利用を考える際は、くれぐれも悪徳業者の甘い言葉に騙されないようにしましょう。


クレジットカード現金化のデメリットを理解しないまま利用を考えると、上記のようなデメリットの対策すら立てることができないということになってしまいます。

デメリットで一番失敗しやすいのが、還元率で他社比較をしようと躍起になってしまうことです。

還元率ばかりを重視してしまうと、上記で紹介したデメリット対策がすべて水の泡になってしまいます。

還元率が高いと、それだけ換金性が高い商品を購入することになって発行元の会社に利用がバレてしまったり、バレたせいで一括請求が来て計画的支払いができなくなったり、悪徳業者に騙されやすくなったりと、壊滅的な状況になってしまうかもしれません。

優良業者を使う際でも、必ずしもデメリットがないとはいいきれず、利用者にとってよりよいサービスを提供するためには少ないながらも手数料が掛かるということをしっかりと認識して利用ができればいいでしょう。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選