クレジットカード現金化を効率よく使うためには?

クレジットカード現金化は急な入用でも即日で現金が手に入るとして即効性がある金策だと考えられますが、そのメリットを最大で受けるためには効率がいいかどうかということを一考する必要があります。

業者側でキャンペーンを行っているときであれば換金率が高い取引が可能かもしれませんが、自身の状況に照らし合わせて効率がいいかどうかを考えるといいかもしれません。

『クレジットカード現金化を効率よく使う』とは?

有料のサービスを受ける際はサービス料や手数料などの料金がかかりますが、その料金を支払ってまで受けるサービスということであればそのサービス自体の効率がいいということを期待するはずです。

クレジットカード現金化においても、業者を利用する場合には手数料がパーセントでかかりますが、手数料を払うからには効率よく使いたいと思うのではないでしょうか?

ここで考えたいのは、『効率よく使う』とはどういう意味なのかということです。

効率よく使う、と一言にいっても、換金率が高ければいいのか、早ければいいのか、金額が高いほうがいいのか、低いほうがいいのかなどその選択肢は人それぞれあり、状況に応じて違いはします。

そのため、効率よく使うということを認識しておく必要があるのです。

クレジットカード現金化において効率がいいということは、まず換金率が高いほうがいいということが考えられます。

業者を利用する上ではより手数料が安いところを使うに越したことはなく、同じ金額を決済するならば手元に入る現金が多いところを使いたいというのが利用者の心理です。

2つ目に、利用者が必要な時に即時即日で利用ができる状態であるということですが、効率よく使うためには使いたいときにすぐに利用できる業者が好ましく、入金が遅いと意味がなくなってしまうような取引はなるべく避けたいはずです。

そのため、初めての利用であれば申し込みから入金まで1時間以内、同じ業者で利用するならば10~30分以内で取引できれば効率がいい取引ができるということになります。

3つ目に、リスクが少ない取引ができるかどうかということであり、いくら換金率が高く早い取引ができても、クレジットカードが利用停止になってしまえば効率がいいとはいえません。

そのため、なるべくリスクの少ない方法で利用できる業者を選ぶべきであり、利用停止になるような方法を避けてこそ効率よく利用できるということになります。

以上の3つをまとめると、換金率がよく、即時即日で入金され、リスクの少ないクレジットカード現金化であれば効率がいいということになるでしょう。

ここまでは利用を前提にした効率のよさということを考えましたが、利用をなるべく控えるという意味でも効率がいいかどうかとうことを考えることもできます。

利用を控えて効率をよくする、とはどのようなことなのでしょうか?

クレジットカード現金化を控えて効率をよくする?

使えば手数料がパーセントでかかるということで、支払いの際には必ず手元にした額面以上の支払いをしなけえばなりませんので、利用は余程切羽詰まった状況でない限りはしないほうがいいということではあります。

たとえ業者で期間限定の換金率アップキャンペーンを行っている状況であっても、現金に困っていないのなら使わないほうが効率がいいはずです。

「キャンペーンやってるし、とりあえず余分に利用しておこう」という考えの人もいるかとは思いますが、いくらキャンペーンで換金率が高かろうと利用した分に関しては必ず手数料が発生していますので、なるべく必要最小限の金額で取引したほうがいいでしょう。

1つ、極端な提案としては、複数の業者に登録をしておき、自分が必要になったときにキャンペーンを行っている業者で利用をするという手段があります。

キャンペーンを行っていない業者に対しても比較で相見積もりを出してもらえばさらに高い換金率で取引が可能になるかもしれません。

また、クレジットカード現金化を効率よく使うためには、現金がどうしてもすぐに必要でなければ使わないということが必要です。

時間があるならば働いた分の賃金で用意するべきであり、日々の節約などでなんとかなるのであれば使わないほうがいいはずです。

日常的に利用している状況であれば、まず資金繰り的に見て収支があっていない状況であると考えられますので、その場合は一旦利用を止めて支払いのみに専念するべきです。

日常的に利用している状態では常に支払い残高があるということであり、利用できるショッピング枠も小さいと考えられます。

クレジットカード現金化で大きな金額を用意しようと思えば利用するショッピング枠も大きくはなりますので、大きな金額が必要になることを見越して利用を控えるということも効率よく使うための策ではあるでしょう。

効率よく使うためには事前に支払いを含めた計画を立てることが重要ですので、まずは現金が必要かどうか確かめることから始めましょう。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選



クレジットカード現金化の優良店を比較検討している方へ


全てが悪徳を目的にしているとも言えませんが、このような業者に限らず、ネットを利用する上で気を付けなければならない広告表示や、店員の対応につきましても詐欺を行う悪徳業者が存在する事も確かです。

より具体的に、どんな方がクレジットカード現金化の詐欺に遭遇しやすいのかを挙げさせていただき、より安心に比較する参考になれば幸いです。


既に借金や債務を抱えている


これは消費者金融はもちろん、知人友人の誰かより既に融資・借金をしている状況の方です。

既にこの状況ですと、債務がある状態で「また貸してくれ」と言ってもまかり通るはずは誰が考えても分かる事ですねよね?しかし、このような状況でもクレジットカードを所有しており、なおかつ与信枠に残高があればクレジットカード現金化を選択肢としてカウントする事が出来ます。

借金の選択肢が狭まっているのですから、与信枠を換金出来る事を知れば見境無しに比較する事無く申込みをしてしまいがち。

既に資金繰りが回っていない状況でクレジットカード現金化をする事で、翌月の請求日以降の支払いサイクルはより厳しい環境を招くことになりますが、タダでさえ予見できるこうした出来事のほかに、もし申込み先が詐欺業者でしたら「お金を受け取る事も出来ずに、支払いだけが残される」ことも否定出来ません。


支払期日に余裕が無い方


お金の悩みが無ければクレジットカード現金化とは無縁で居られたことでしょう。

生きている以上、誰もが何らかの被害に遭う可能性は0%ではありませんが、特に追い込まれて冷静な判断が難しくなっている方が非常に危険です。

例えば「今日の●●時までには支払いを済ませなければならない」、「●●日間後には別の支払項目もある」など、現金が用意できれば何かを引き換えにでも行動を起こしてしまいそうな状況では、既に適切な選択肢を選ぶことが出来なくなっている恐れがあります。

支払うことが第一に頭にあるので、諸条件に関してはまた後に考えるという理由により、現金を手にする為には多少の悪条件すらも気にせず同意することでしょう。

とりあえず現金が手に入り、無事に支払いが終わったとしても、よく考えてみればもっと条件の良いお店が有り、実は悪徳業者を利用していた事に気付いても、その当時は考えることが出来なかったと妥協するしかなくなってしまいます。

時間に追われる中で冷静でいる事・・・一番難しい状況ですが、出来るだけ損をしない為にも心掛ける必要を感じますね。


誰にも打ち明ける事が出来ない方


これは必要な金額が少額であればあるほど、貸してもらえる確率は大きいからです。

特に高額ほど相談する事が難しく、社会的立場やこれまで積み上げていた信頼関係を崩壊させるリスクも潜んでおり、どうしても相談せずに事を終わらせたいと考える方が居て当然です。

会社経営者や専業主婦など、お金を管理する人が抱えやすい悩みであり、バレずに金策が出来る方法としてのクレジットカード現金化の選択になりますが、相談相手が居ないから業者に申し込む、つまり相談相手が業者だけになるわけですから、詐欺業者の手口に乗っかり易いと言えます。


今回は3つの属性を挙げさせていただきましたが、一つでも当てはまる状況下にある場合には「私は騙される可能性がある」という自覚を持ってください。

当然申込みを行う前に、そのクレジットカード現金化業者がどのような評判があるのか比較する判断力を見失わないようにしましょう。