クレジットカード現金化に年齢制限はある?

世の中のサービスには年齢によって制限が設けられるモノがあり、それは法律や年齢に対する社会情勢、サービスの内容によって変わってくるものではあります。

特にお金に関することは成人しているかどうかや、収入があるかどうかというところで年齢が深く関わってくると考えられますので、明確な決まりがなくとも暗黙の了解で年齢制限がされていることもあるでしょう。

クレジットカード現金化には年齢制限の上限下限はある?

クレジットカード現金化を行う最低条件としては、クレジットカードを持っているかいないかということになりますが、それに加えて成人しているかどうかという条件が挙げられますので、ある程度年齢が条件の1つになっていることが考えられます。

クレジットカードを持つためにはまず発行元となるところへの入会手続きを行わなければなりませんが、入会条件としては最低でも高校生を除く18歳以上ということになりますので、高校生を含めた18歳以下は問答無用で入会することはできません。

つまり、高校生を含めた18歳以下は持てないということになりますので、クレジットカード現金化の年齢制限の下限は18歳、ということになるかというと、それも違います。

詳しくは『クレジットカード現金化と未成年』でご紹介していますが、大抵の業者では断られてしまうために未成年はクレジットカード現金化を利用することはできません。

つまり、クレジットカード現金化の年齢制限の下限は成人である20歳ということになり、20歳以上であれば利用可能ということになります。

では、その逆に年齢制限の上限というものはあるのでしょうか?

クレジットカードを持つことができる年齢で考えれば、先ほどは発行元の入会条件の下限年齢が最低でも高校生を除く18歳以上ということでしたが、上限年齢は明確には決まっていません。

明確に入会可能な上限年齢を決めているのはアコムACマスターカードくらいで、69歳が上限年齢になっています。

明確に決まっていないとはいえ、他の発行元でもおおよそ高齢になってくれば入会に対する審査は厳しくなります。

しかしながら、高齢になる以前から入会していれば使い続けることができますし、支払いを続けていれば発行元からの信用もある状態ではあるでしょう。

クレジットカード現金化業者としては成人以上であれば年齢制限に上限を設けているところはありませんので、高齢者でも利用可能であり、すぐに現金を用意することができるでしょう。

高齢者の場合、消費者金融や銀行から借金をしようとしても亡くなってしまうリスクが高いことから断られる可能性があり、そのため暗黙の年齢制限があることが考えられ、現金が必要でも借りれないということが考えられます。

その場合に、年齢制限の上限がないクレジットカード現金化であれば審査もありませんので、高齢者でも利用が可能ということになります。

業者側では年齢制限に上限はありませんが、高齢者が利用する場合には注意しておきたいことがあります。

クレジットカード現金化を高齢者が利用する場合

店舗型の業者の場合はその場所へ赴く必要があり、高齢者の場合移動が負担にもなりやすいことや、田舎ではできないことが考えられますが、無店舗型を選べば自宅にいながら利用できるというメリットがあります。

しかしながら、無店舗型の場合は電話とメールでのやりとりが必要なために、クレジットカード現金化に年齢制限はありませんが高齢者にとっては少し手続きが煩雑だと思われるのではないでしょうか?

高齢者が利用する場合においても、手続きの手順や内容は変わりませんので、ネット上の無店舗型の業者とのコンタクトには電話とメールでのやりとりが必須になります。

特に、メールでのやりとりに関していえば、本人確認のために身分証などの写真をとってメールで送らなければなりませんので、この手続きができなければ利用はできないということになってしまいます。

第三者に手伝ってもらう、としても必ずしも利用に理解が得られるとは限りませんし、業者としても他人の不正利用を防ぐために第三者の介入に関しては慎重にならざるを得ませんので、なるべくであれば自力で行う必要があります。

クレジットカード現金化に上限となる年齢制限がなくとも、高齢者が利用するには少しハードルが高いとは考えられるのです。

しかしながら、逆に言えばこれらの手続きを自力でできるのであれば簡単に利用することが可能ということでもあります。

普段からメールなどを使う機会が多ければ手続きも面倒には感じないでしょうし、わからないという場合でも利用する前に使い方を調べておけばいいはずです。

年齢制限が全く関係ないであろう30~50歳ほどの人でも、手続きができなければ利用は難しいということにはなりますので、年齢に関係なく事前に準備できることを確認した上でクレジットカード現金化業者に申し込みをすれば、スムーズな取引が可能になるでしょう。

推奨したいクレジットカード現金化比較サイト2選