クレジットカード現金化がバレない方法とは?

  • 2017/05/10
  • リスク
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 西沢

世の中には様々なサービスがありますが、サービスを受ける際に会員にならなければいけない場合は、利用規約などに同意した上でサービスを受けることが前提になっているはずです。

もし運営側に規約違反をしていることが発覚、つまりバレてしまうと会員である権利をはく奪されるのは当然のことですので、規約違反行為をしながらもサービスを受けたい会員は規約違反行為がバレない方法を模索するのも当然かもしれません。

クレジットカード現金化がバレる理由とは?

クレジットカードを持っている人であれば、入会した際に利用規約に同意したということで利用しているはずであり、その利用規約をしっかりと読むことが前提になっているはずです。

どんなサービスであっても、契約をするということは約束を守った上でサービスを受けられるということではありますから、約束を破ればサービスを受けることはできません。

利用規約を読んでいないという人はまず確認してもらいたいのですが、クレジットカードを利用する上で、ショッピング枠を現金に換える行為、つまりクレジットカード現金化は利用規約に違反する行為であります。

これはどこの会社でも同じであり、クレジットカード現金化をよしとしている会社など存在しません。

この行為がバレてしまうと、当然利用規約に違反しているということになり、契約を破ったとして強制的に解約されてしまうでしょう。

世の中には自分から約束を破った上でクレームを垂れる人が少なからず存在しますが、サービスを提供する側も自己防衛のために行っていることではありますので、文句を言っても悪いのは自分自身であります。

クレジットカード現金化が発行元であるクレジットカード会社にバレる理由としては、バレやすい方法で行ってしまったということが考えられます。

クレジットカード現金化の方法は様々ありますが、バレない方法、バレやすい方法とで2つに分けることができるでしょう。

もちろんバレやすい方法はリスクが高いということになりますが、その方法としては、換金性が高い商品を購入してそれを転売・買取してもらうという方法になります。

換金性が高いということは読んで字のごとく現金に換えやすいということではあり、その商品の購入については発行元もチェックしないわけにはいきません。

カードホルダーとしては購入する商品は何を買っても自由だろと考えるかもしれませんが、購入した商品の所有権は支払いが終わるまでは発行元にあり、それを勝手に転売して現金を手に入れることは横領行為とみなされます。

クレジットカード現金化がバレる理由は、『換金性が高い商品をクレジットカードで購入する』からです。

もっとも、新幹線の回数券やアマゾンギフト券など、そのような商品を購入しようとしても購入できないようになっている場合も多いので、バレるバレない以前に利用できないということになるでしょう。

では、逆にクレジットカード現金化がバレない方法はどんな方法なのでしょうか?

クレジットカード現金化がバレない方法ってある?

クレジットカード現金化が発行元にバレれば利用停止、強制解約が待っているということですが、そうならないようにするならばクレジットカード現金化をしないことが一番いいでしょう。

・・・といってしまえば元も子もありませんが、現金に困っている人としては是が非でも利用したい便利な金策ということで、クレジットカード現金化を利用していながらも利用停止にならない、つまりバレない方法を考えるはずです。

手っ取り早い方法としては、酒は酒屋に茶は茶屋に、ともいいますか、クレジットカード現金化はクレジットカード現金化業者に頼めばいいということになるでしょう。

そもそも、自分で行う方法がありながらなぜ業者が存在するのか、それは業者を利用すればすぐに現金が手に入るというだけではなく、利用がバレないようにしてくれる、つまり利用停止のリスクを減らしてくれるからであると考えることができます。

業者を利用する際でも何かしら商品を購入するということになりますが、その商品の購入は怪しまれないように業者側で調整しているために、バレない利用が可能になるのです。

ただし、業者もピンからキリまで、業者によって方法は変わりますし、中には換金性が高い商品を購入させて買い取るという方法で行っているところもあります。

これではせっかく業者を使ってもリスクが減ることはないでしょうし、業者を利用する分手数料を取られることになります。

バレない方法は業者を使うということですが、その業者の中でもバレない方法でクレジットカード現金化をしているところを探すことが重要になってきます。

バレない方法、といっても、利用をすれば100%怪しまれないということはなく、キャッシングをいっぱいに使っている、過去に換金性が高い商品を購入したことがあるなど、クレジットカードの利用状況に応じてもリスクは変わりますので、不安があれば業者に相談してみるといいでしょう。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選



クレジットカード現金化の優良店を比較検討している方へ


全てが悪徳を目的にしているとも言えませんが、このような業者に限らず、ネットを利用する上で気を付けなければならない広告表示や、店員の対応につきましても詐欺を行う悪徳業者が存在する事も確かです。

より具体的に、どんな方がクレジットカード現金化の詐欺に遭遇しやすいのかを挙げさせていただき、より安心に比較する参考になれば幸いです。


既に借金や債務を抱えている


これは消費者金融はもちろん、知人友人の誰かより既に融資・借金をしている状況の方です。

既にこの状況ですと、債務がある状態で「また貸してくれ」と言ってもまかり通るはずは誰が考えても分かる事ですねよね?しかし、このような状況でもクレジットカードを所有しており、なおかつ与信枠に残高があればクレジットカード現金化を選択肢としてカウントする事が出来ます。

借金の選択肢が狭まっているのですから、与信枠を換金出来る事を知れば見境無しに比較する事無く申込みをしてしまいがち。

既に資金繰りが回っていない状況でクレジットカード現金化をする事で、翌月の請求日以降の支払いサイクルはより厳しい環境を招くことになりますが、タダでさえ予見できるこうした出来事のほかに、もし申込み先が詐欺業者でしたら「お金を受け取る事も出来ずに、支払いだけが残される」ことも否定出来ません。


支払期日に余裕が無い方


お金の悩みが無ければクレジットカード現金化とは無縁で居られたことでしょう。

生きている以上、誰もが何らかの被害に遭う可能性は0%ではありませんが、特に追い込まれて冷静な判断が難しくなっている方が非常に危険です。

例えば「今日の●●時までには支払いを済ませなければならない」、「●●日間後には別の支払項目もある」など、現金が用意できれば何かを引き換えにでも行動を起こしてしまいそうな状況では、既に適切な選択肢を選ぶことが出来なくなっている恐れがあります。

支払うことが第一に頭にあるので、諸条件に関してはまた後に考えるという理由により、現金を手にする為には多少の悪条件すらも気にせず同意することでしょう。

とりあえず現金が手に入り、無事に支払いが終わったとしても、よく考えてみればもっと条件の良いお店が有り、実は悪徳業者を利用していた事に気付いても、その当時は考えることが出来なかったと妥協するしかなくなってしまいます。

時間に追われる中で冷静でいる事・・・一番難しい状況ですが、出来るだけ損をしない為にも心掛ける必要を感じますね。


誰にも打ち明ける事が出来ない方


これは必要な金額が少額であればあるほど、貸してもらえる確率は大きいからです。

特に高額ほど相談する事が難しく、社会的立場やこれまで積み上げていた信頼関係を崩壊させるリスクも潜んでおり、どうしても相談せずに事を終わらせたいと考える方が居て当然です。

会社経営者や専業主婦など、お金を管理する人が抱えやすい悩みであり、バレずに金策が出来る方法としてのクレジットカード現金化の選択になりますが、相談相手が居ないから業者に申し込む、つまり相談相手が業者だけになるわけですから、詐欺業者の手口に乗っかり易いと言えます。


今回は3つの属性を挙げさせていただきましたが、一つでも当てはまる状況下にある場合には「私は騙される可能性がある」という自覚を持ってください。

当然申込みを行う前に、そのクレジットカード現金化業者がどのような評判があるのか比較する判断力を見失わないようにしましょう。