クレジットカード現金化をすると債務整理ができなくなる?

  • 2017/04/12
  • リスク
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 西沢

借りたものは返さないといけない、これは世間一般の常識です。本であれ、車であれ、期日などの約束を決めて貸し借りしますよね。

もし、期日になっても返さなかったりすると、約束を破ったことになります。

友達に借りていたものであれば、友達からの信用はガタ落ちでしょうし、場合によると訴えられるかもしれません。

お金を借りる場合でも期日までに返さなければいけませんが、しかし、どうしてもお金が返せない場合、債務整理という手段があります。

債務整理とは、債務の返済に困っている人に対して、法的に借金を整理できる制度です。

しかし、クレジットカード現金化を考えている人は聞いたことがあるかもしれませんが、「このサービスを利用すると債務整理ができなくなるかもしれない」という話があります。

結論から言ってしまえば、利用したことが発行元の会社に把握されている場合は債務整理できない可能性が高いです。

もしクレジットカード現金化を利用していて債務整理しようとするとどうなるか、考えていきます。

債務整理にも種類がある

債務整理と大雑把に言いましたが、その中にも種類があり、大きく3つに分けられます。

クレジットカード現金化を利用した場合でのそれぞれのケースを考えてみましょう。

  • 任意整理

    任意整理とは、債権者と債務者が直接任意で交渉することです。クレジットカード現金化をした場合は、債権者は発行元の会社になるので、裁判所を通さずに発行元の会社と交渉することになります。

    ショッピング枠を利用しているので、当然その買い物の内容を聞かれるでしょう。

    ここで利用がバレてしまうと任意整理は難しくなりますが、では、言わなければいいのかというと、そうでもありません。

    任意整理をする場合、発行元の会社が買った商品の引き揚げを求める場合があります。

    日用品など、価値が低い商品は引き揚げの対象になることは少ないですが、車や家電製品は引き揚げ対象になり得ます。

    買取方式を利用した場合、購入した商品はすでに売却しており、引き揚げるものがありません。

    つまり、換金目的にショッピング枠を使ったとみなされてしまうのです。

    キャッシュバック方式を利用した場合でも、商品に価値がないものと判断されると利用を疑われる可能性があります。

    引き揚げされた商品に価値がないと、引き揚げをする意味がなく、商品で弁済することができなくなってしまうからです。

    その場合、何のために価値がない商品を購入したのか、という話になってしまうために、利用が把握されてしまいます。

  • 個人再生

    個人再生をする場合は、裁判所に申し立てをして手続きを行いますが、この際、裁判所は買い物の内容などを確認して個人再生を認めるか否かを判断し、認められると、返済は減額されます。

    ギャンブルや極端な浪費については認められていませんが、クレジットカード現金化についても同じことが言えます。

    そもそも発行元の会社との規約には違反しているので、裁判官の印象は確実に悪いでしょう。

    任意整理にも書いたように、買い物の内容を確認するのでバレない可能性は低いです。

  • 自己破産

    借金をすべてなしにできる、債務整理の中でも支払い能力が全くない場合の最後の手段ですが、この場合は、個人再生同様に裁判所に申し立てを行います。

    借金がなくなりますが、家、車、貯金などの財産がすべて差し押さえられます。

    裁判所から支払い能力が無いと認定されると手続きできますが、免責不許可事由に該当する行為を行っていると自己破産できません。

    免責不許可事由とは、借金を支払う責務を免れる許可ができない事柄を指しますが、借金の理由が自身の怠慢や快楽のためという場合に該当します。

    ギャンブルや極端な浪費が該当しますが、クレジットカード現金化も当てはまります。

    発行元の会社との規約に違反するので、悪質な手段で現金を手に入れたとみなされる可能性が高いです。

    個人再生同様に買い物の内容を確認されるので、バレないということは難しそうです。

クレジットカード現金化をするか、債務整理をするか

利用する理由の1つとして、借金を返す為という人も多いかと思います。

借りたお金は返さないといけない、とはいえ、借金という債務を支払う為にまた債務を背負うのは自転車操業であり、いずれかは債務が支払えなくなり破綻することはわかっているはずです。

借金をどうにかしたいと考えている人であれば、クレジットカード現金化はまず止めたほうがいいです、いざというときに債務整理できなくなります。

そもそも、借金を返すための利用はあまりおすすめできる方法ではありません。

このサービスは借金とは違い審査が必要ないためにすぐに現金を用意することができますが、必ず手数料がかかり、借金が返せたとしても債務の合計は増えてしまいます。

そこから発行元の会社への支払いに切り替わったとしても、支払いをすればショッピング枠は復活していくので、そこでまた支払いに困ったらクレジットカード現金化をして・・・と、最後は支払いができなくなってしまうでしょう。

そうなれば債務整理を、と考えると・・・上記で説明したように債務整理すらできなくなってしまいます。

借金で困って利用しようと考えている人は、一度踏みとどまることを強く勧めます。


借金をしておらず、クレジットカード現金化を考えている人、利用している人であれば、まずは自分の状況を確認し必要かどうかを判断します。

常習している人に特に気を付けてもらいたいのが、手元に現金がない→クレジットカード現金化をすればいい、という短絡的な考えは非常に危険だということです。

このサービスは債務が増えるという点で、無計画に利用すると支払いに困ることが予見できるサービスです。

手に入れた現金の使い道が借金の返済でなくとも、支払いに困れば債務整理を考えることがあるかもしれません。

どうしても利用する場合は、いくら必要で、どうやって発行元の会社への支払いをして返していくか、業者はどこを使うかなどの計画を立てましょう。

闇雲に利用を考えていると悪徳業者に騙されてしまい、多重債務者に陥る危険性が高くなります。

優良業者であれば利用に対するアドバイスもしてくれますし、第一に利用がバレる危険性もありません。

債務整理をしなければならないような状況になる前に、まずは自分の日々の生活を1から見直し、借金やクレジットカード現金化をしない選択から考えることが一番重要かもしれませんね。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選