クレジットカード現金化後に自己破産できる?

借りたものは返さなくてはいけないのは世の中の常識ですが、どうあがいても返せない状況になれば、自己破産という社会のセーフティネットがあります。

しかし、自己破産というセーフティネットを使うともちろん社会的信用はなくなりますし、なぜ自己破産をするくらいまで債務ができたのかという理由も注視されます。

クレジットカード現金化を使うと自己破産できなくなる?

ショッピング枠を使って買い物をすれば、当然そのあとに発行元の会社へ一括、分割、リボ払いなどで支払いをしなくてはなりませんが、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するということで、通常の買い物と同様に発行元の会社への支払いという債務が発生します。

借金でも現金を借りれば返さなくてはいけない、つまり債務が発生しますが、この金策も借金も、現金を作る際に債務が発生するという点では同じことであると言えます。

この債務がどうしても支払えなくなった際に、自己破産という手段で債務の支払いから解放されることが可能です。

自己破産は債務整理の1つの手段ですが、裁判所に申し立てをして、債務の支払い能力がないと判断されれば、債務の支払い責任を免れることができる、つまり免責許可がでるのです。

しかし、自己破産を裁判所に申し立てしても、免責許可が下りない場合があり、ただ破産申請をしただけということになってしまうケースがあります。

自己破産は破産法という法律で管理されていますが、破産法の中では、免責不許可事由に該当する行為をしていれば、債務の免責はできないとしています。

この免責不許可事由に該当する行為としては、ギャンブルや浪費が理由になる借金などがありますが、クレジットカード現金化も免責不許可事由になります。

つまり、自己破産の申請をして債務の免責を受けようとしても、クレジットカード現金化をしたことによる債務であれば免責不許可事由に該当していることになるので、自己破産をしても債務が帳消しにならない可能性があるのです。

債務が発生する現金入手方法としては借金とクレジットカード現金化は同じなはずですが、なぜこの金策は自己破産における免責不許可事由に該当するのでしょうか?

クレジットカード現金化が自己破産の免責不許可事由になる理由は?

この金策がなぜ自己破産の免責不許可事由になるかというと、それは発行元の会社との規約違反になる理由と関係があります。

発行元の会社との規約違反になる行為ですが、これは債権者である発行元の会社を騙して金品を不当に得る行為になるからです。

購入した商品は、その商品の支払いが終わるまでは発行元の会社のモノですが、これを勝手に売却して現金を手に入れたとなると、発行元の会社から金品をだまし取ったとみなされてしまうのです。

クレジットカード現金化においては、購入した商品がそのまま購入した値段で売れることはないので、必然的に手にできる現金は少なくなり、支払いができなくなることが予見されます。

そのため、発行元の会社はこの金策を不正利用としており、規約違反行為としているのです。

もちろん、支払いができないとわかっていながらクレジットカードを使うことは、発行元の会社を騙している、つまり詐欺を働いているということになります。

自己破産は単に債務者のためだけにあるものではなく、債権者の利益を守る意味でも存在し、自己破産で免責不許可事由があるのは、債権者が不当に不利益を被ることを防ぐためであります。

クレジットカード現金化は発行元の会社に不当に不利益を招くものだと認定できるために、自己破産の免責不許可事由に該当するのです。

しかし、免責不許可事由だから直ちに免責不許可になる、ということはありません。

自己破産は裁判所に申請を行いますが、免責が下りるかどうかは裁判所の裁量によるところであり、クレジットカード現金化を利用するに至った事情を説明すれば裁量免責となる場合もあります。

生活のためにやむを得なく利用してしまった、ということであれば裁量免責が下りる可能性がありますが、これが浪費やギャンブルなど、目的が悪質とみなされれば当然免責されないでしょう。

ショッピング枠を使えば必ず支払いをしなければなりませんが、自己破産で支払いを踏み倒すことを見越して利用しても、支払いを踏み倒す目的の利用だとみなされれば当然免責されません。

クレジットカード現金化を利用する際は、自己破産をする羽目になるまで利用することはご法度です。

支払いをしっかりと行い、計画的な利用を心がけましょう。

クレジットカード現金化の前に自己破産を考える?

この金策は自己破産で債務の免責許可が下りない可能性が高いということを上記で述べましたが、そもそも自己破産にまで行きつくのであれば、初めから利用せずに、その前に自己破産するべきでしょう。

クレジットカード現金化という金策を使う理由は人それぞれではありますが、中には借金を複数かかえる多重債務の返済をするために利用するという人もいるのではないでしょうか?

返済をするためにはお金が必要であり、しかしどうしても手元にお金がないという場合において返済を優先するということがあります。

確かに、借りたものは返さなくてはなりませんし、返済が遅れれば遅延した分の利息も加わる可能性があるために、どうにかできるならどんな手段を使っても返済しなければならない、という心理状況になるのも無理はありません。

お金は生活の根源を支えるものですが、借金をすれば心身への負担は大きく、早く解決するならばどういった手でも使うという考えもありではあります。

返さなくてはならないものをしっかりと返そうとする心意気は立派かもしれませんが、しかしその場しのぎだけで軽率な行動をとってしまうと、あとでより大きな問題になりかねないのです。

クレジットカード現金化でお金を用意して借金の返済に充てれば、確かに一時的には返済したことになるために気持ちが楽になるかもしれません。

しかし、利用すれば当然新しい債務が発生したことになり、その債務額は手数料が含まれておりますので、手に入った金額、つまり返済した金額よりも大きい債務が発生したことになります。

債務を債務で返済すればそれは自転車操業ということになりますし、返済した金額よりも大きい債務が発生すればいつか支払いができなくなることは目に見えてわかるはずです。

このような事態を避けるためにも、債務をなんとかしようと考えているならばまず先に債務整理や自己破産することを考えてもいいのではないでしょうか?

確かに、自己破産を申し出れば資産となるものは没収されたり、信用情報機関に金融事故情報として記録が残り、最低5年は俗にいうブラックリストに載ることになり、新たな借り入れや、クレジットカードの入会ができなくなるでしょう。

しかし、自己破産をして債務の免責許可が下りるということは、債務がなくなるということですので、これ以上債務を増やしたくない、という場合には有効なものになります。

この免責許可を得るためにも、不許可事由に該当することは避けるべきです。

特に債務を債務で返すことになるクレジットカード現金化は自己破産の免責不許可事由になるだけではなく、債務がより大きくなりますので、問題もより大きくなることでしょう。

まずは自己破産を先に考えることは決して後に苦になることではありません。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選