クレジットカード現金化の換金率とは?

お金が今すぐにでも欲しい人はどうにかしてお金を用意しようとしますが、モノをお金に換えることで解決する方法もあります。

モノをお金に換えることを換金行為といいますが、どうせお金に換わるならなるべく多い金額で換えてもらったほうが得ではあるはずです。

クレジットカード現金化の換金率とは?

クレジットカード現金化を行う際に最もよく聞く単語といえば、何がでてきますか?

『クレジットカード現金化』はもちろんですが、『換金率』もその1つであり、検討する上で最も重要な要素の1つです。

このサービスを利用する上での基本中の基本である換金率を知らない人はもちろんのこと、換金率を気にしているという人もおさらいの意味を込めて確認しましょう。

換金率(別名還元率)とはその名の通り、どれくらいの金額をショッピング枠で使って、どれくらいのお金に換えることができるかという率のことです。

この金策においてクレジットカードを使うというのは、クレジットカードのショッピング枠を使って何かしらの買い物をするということでありますが、その買い物の金額と換金率によって手元に入ってくるお金の額が変わりますので、換金率が一番重視されるのも無理はないでしょう。

換金率の計算式としては、

手元に入るお金の金額÷利用するショッピング枠の金額=換金率

となります。


例えば、手元に入るお金の金額が8万円のとき、実際に利用したショッピング枠の金額が10万円の場合、上記の式に当てはめると、

8万円÷10万円=80%(0.8)

となり、このときの換金率は80%ということになります。


このクレジットカード現金化の換金率の式を応用すれば、手元に入るお金の金額や利用するショッピング枠の金額も計算することができます。


例えば、手元に必要なお金の金額が5万円で、換金率が80%だとすると、

5万円÷0.8(80%)=6万2千5百円

となり、利用するショッピング枠の金額は6万2千5百円という具合に計算することができます。


もちろん、クレジットカード現金化で換金率が高ければ、利用するショッピング枠の金額に対して手元に入る金額が大きくなります。


上の例で、換金率が80%でなく90%の場合、

5万円÷0.9(90%)=約5万5千6百円

ということになり、上の例での80%の時と90%の時の差は6千9百円となります。


クレジットカード現金化で換金率が最も重要視されるのは利用するショッピング枠と手元に入るお金の差が発生するからです。

ショッピング枠を換金することですぐにお金が手に入りますが、当然ショッピング枠を使えば、その後発行元の会社への、使ったショッピング枠の支払いがあります。

換金率が高ければ希望する金額に対しての利用するショッピング枠の金額も低くなる、つまり後の支払う金額が低くなるということになりますので、利用者にとってはクレジットカード現金化の換金率は高ければ高いほどいいということになります。

利用者にとって換金率は高いほうがいいということですが、業者を利用する場合はどうなっているのでしょうか?

クレジットカード現金化業者にとっての換金率とは?

利用者の立場から考えれば、換金率が高ければその分後に支払いする金額と手元に入る金額の差額が縮まることになります。

しかし、業者の立場から考えれば、クレジットカードの換金率は低いほうがいいと考えるでしょう。

なぜかというと、クレジットカード現金化での利用するショッピング枠の金額と手元に入る金額の差額は換金率で決まりますが、この差額が業者の利益になるからです。

もちろん業者側でも手続きをする上で必要になる経費や決済手数料がかかるために差額すべてが業者の利益になるわけではないのですが、換金率で発生した差額の中には業者の利益は必ず入っています。


例えば、業者でショッピング枠10万円を使ったときの換金率が80%の場合、その差額は2万円です。

業者側で、この取引にかかる経費が1万円だとしたならば、業者の利益は2万円から1万円の経費が引かれて、残りの1万円が利益ということになります。

これが70%の場合、差額は3万円ということになりますが、経費の1万円を引いて残り2万円が利益ということになります。


ここからわかるように、換金率が低いと低い分だけ業者の利益が増えるということになります。

そのため、利用者としては是が非でも換金率を上げようとするように、業者としては是が非でも数字を下げようとします。

利用者、業者ともに重要視する換金率ですが、そのためにクレジットカード現金化業者の換金率の比較競争が絶えません。

利用者にとっては業者同士で競争が起こってくれればそれだけ換金率も高くなることが予想されるために、競争はいい結果を生むと考えることもできるかもしれませんが、手法によっては数字が高くとも利用停止になってしまうリスクが高い取引を行う業者も存在します。

その場合においてリスクに関する説明は省略されるケースが多く、換金率が高い取引をしたとしてもその後利用停止になってしまったというケースもあります。

そこで換金率に関するトラブルや換金率が高いため発生するとラブルがあることも多く、そのため一概に換金率だけで業者を比較することも危険な行為ではあります。

クレジットカード現金化の換金率はあくまで要素の1つでしかないので、その他のリスクやスピードなどの条件も併せて考えることで自分にとって最善の方法を考えるといいでしょう。

クレジットカード現金化の換金率を上げる方法とは?

利用者にとって換金率は高ければ高いほどいいということにはなりますが、それならば換金率を高くする方法を考えることも当然ではあるでしょう。

上げるためには購入する商品として換金性が高い、つまりお金に換えやすい商品を購入して転売するという方法があります。

換金性が高い商品は、『換金性の高い物品って何ですかい?』で詳しくご紹介していますが、危険性が高いことも確かではあります。

この金策は違法ではありませんがグレーゾーンな手法の金策ではありますので、すべてにおいて都合がいいというわけではなく、クレジットカード現金化の換金性が高ければそれなりの理由があり、一か八かにかけるという手段になってしまいます。

そもそも手数料のせいでクレジットカード現金化の換金率が低くなるということですが、手数料がなぜ存在するのかというと、利用停止のリスクを抑えるためでもあると考えられます。

また、あまりに高い換金率を提示する業者は、もしかするとまともな取引をする気がない悪徳業者の可能性もあり、実際に入金された金額が異なっていたり、入金されないということもあります。

そうなれば換金率が高い取引を希望して行ったとしても、むしろマイナスの結果となり、換金率どころの話ではなくなってしまうでしょう。

一番確実な方法としては、やはり優良店と呼ばれる業者に複数申し込みをして、実際に出された数字をもとに相見積もりをとって、他社にその数字を提示した上でより高く対応してくれる業者を利用する方法の他ありません。

クレジットカード現金化において換金率は重要かもしれませんが、簡単に上がることはないということではありますので、換金率を上げるためには業者を比較するなどの手間がかかることは仕方のないことではあります。

リスクなどを考慮した上で、自身が納得のいく換金率を提示してくれる業者を選びましょう。

推奨したいクレジットカード現金化比較サイト2選