クレジットカード現金化の下限額とは?

クレジットカード現金化の下限額とは?

「あと2000円でいいから貸して・・・!」とはいつもお金に困っている私の友人の口癖ですが、成人してから2000円すら手元に持っていないとなると不憫を通り越してあきれてしまいます。

お金に困っている人は、もちろん大きな金額を借りることはできないので、少額でもいいから、という形でお金を借りようとする傾向にあるようです。

クレジットカード現金化に下限額はある?

先の話でクレジットカード現金化には上限額がないという話をしましたが、そうするとこの逆に、下限額があるのか気になると思います。


クレジットカード現金化はショッピング枠をお金に換えるということであり、上限額は、使えるショッピング枠があればあるだけ使えます。

極端な話をすると、上限額がないようなクレジットカード(俗にいう戦闘機も買えるようなもの)では文字通りいくらでもできるかもしれません。

しかし、そんなものを持っている人が万が一でも利用することはないでしょうから、絵空事の話ではあります。


私たち一小市民として利用を考えるならば、下限額があるのかということが気になりますね。

普通に生活を送っていく上で、気付いたらお財布にお金がなかった、ということは多々あるかと思いますが、次の給料日まであと2日だけどお金が必要だという人が、10万円のお金を作ろうと思うことはないはずですので、少額の利用でいいという場合にはなるべく下限の金額で取引をしたいと考えるはずです。

理由としては、業者を利用する場合には必ず手数料がパーセントでかかることになりますので、利用者はなるべく必要最低限の金額で取引したほうがいいということが挙げられます。

たとえば、必要最低限の金額が5万円だったとして、余裕をもって10万円手元にくる取引をした場合に、5万円が余ってしまえばその5万円分の手数料がムダになってしまうということになります。

そのため、少額であれば下限の金額がどれくらいであるか気にする必要があるのです。

ここで、業者を利用する場合、もちろん業者によって下限額はあります。

まず、下限額として、業者で1万円単位未満、つまり千円単位で対応してくれるところはほぼありません。

これは業者の利益にかかわることではありますが、もちろん業者側は営業をする上で必要経費というものがあり、これが下限額に関わってきます。

この必要経費が利益を上回る対応をすることは赤字になるということですので、ほとんどの業者は下限額が千円単位の対応では赤字になる仕組みだということでしょう。

また、業者にとっては、下限に近い金額である少額の利用者よりも大きな金額で利用してくれる大口の利用者からのほうが大きい利益をとることができますので、必然的に下限に近い少額の利用者と多額の利用者の優先度は多額の利用者を優先して対応することが考えられます。

下限額はクレジットカード現金化業者にもよりますが、3万円からという業者が多いようです。

それぞれの業者が設定する下限額以下の金額になると、還元率が下がることもあるようなので、業者を利用する場合は申し込みの際に下限額を確認したほうがよさそうです。

クレジットカード現金化を自分で行うなら下限額はない?

上記では業者で行う際に下限額があることを述べましたが、自分で行う場合、方法によっては下限額がないと言えるでしょう。

自分で行う場合、手法としては購入した商品を転売することでお金を手に入れるという方法になりますが、その購入する商品の値段によってクレジットカード現金化の下限額も変わるということになります。

たとえば、5000円の商品を購入してそれが3000円で売れれば、3000円がお金として手に入ることになります。

業者で下限額が3000円の対応をしているところはまずありませんので、自分で行う方法を使えばその下限額は商品によって自由です。

しかし、下限がないといっても、少額のクレジットカード現金化を自分で行う際には下限以外にも注意しなければならないことがあります。

まず、購入する商品によって還元率も危険性もまったく違うということです。

上記の例の場合、5000円で購入した商品を3000円で売るということは差額こそ2000円ですが還元率に換算すると60%になってしまいますし、商品によってはそれ以下の還元率になってしまいますので、下限云々の話ではなくなってしまいます。

還元率を高くしようとすれば下限額に関係なく必然的に換金性が高い商品を購入しようとするかもしれませんが、目に見えて換金性が高い商品の購入は発行元の会社から警告がくる可能性が高く、リスクが伴うことが考えられます。

また、購入した商品を売るということは、最近流行りのフリマアプリでもなんでもいいのですが、時間と手間がかかるということでもあります。

下限額を気にして自分で行うという場合、その時間と手間があるくらいならば、時給1000円で数時間働いたほうがまだましということにもなりかねません。

結局のところ、業者の下限額という制限を無視できるということで、少額のクレジットカード現金化を自分で行うに当たっては、できないことはありませんが還元率や時間と手間などの条件が悪くなるので、下限がなかったとしても決して利用者の都合のいいものではないでしょう。

千円単位の少額でもお金が欲しい、という状況になる前に、余裕があるときに緊急用のへそくりを作っておくことが望ましいのかもしれません。

下限額が一番低いクレジットカード現金化業者はどこ?

自分で行う方法については下限額はないという話をしましたが、どうしても時間と手間がかかるということで、その場合には改めて業者を利用することを考える人もいるはずです。

先ほど業者の下限額の平均は3万円という話をしましたが、これ以下の下限額で取引を行っている業者ももちろん存在します。

優良店では下限額が手元に1万円からの対応を行っているところも存在し、下限額である少額の取引であっても還元率が低くなってしまうということはないでしょう。

また、Amazonギフト券現金化業者の中には額面が5000円のものでも買取を行っているところも存在するために、実質的に下限額が千円単位の取引も可能ではあるでしょう。

しかしながら、下限額で少額の取引を行う場合でも気を付けなければいけないことがあります。

下限額を気にする人の中で、残り少ない枠をすべて使い切って利用したいという人もいるかとは思いますが、枠をすべて使い切る使い方はあまりオススメできる方法ではありません。

枠を使い切るという使い方をすれば発行元の会社に怪しまれる危険性があり、最悪利用停止というになりかねません。

これは支払いをしなかった場合でも同じ結果になりますが、そこまで少額のお金に困っている人がその後の支払いができるのか甚だ疑問ではあります。

どんなに少額でも支払いができなければ自身のクレヒスに傷がつくことになり、再び使えるようになったとしても何かしらの制限を受ける可能性が高くなります。

とくに、Amazonギフト券の購入で枠をすべて使うことになれば発行元からの連絡も来やすくなるため、下限額を気にするよりも利用をするかどうか自体を考えたほうがいいでしょう。

クレジットカード現金化は下限額に近い少額の利用が望ましいものの、少額すぎる場合には利用しないことを視野に入れることも大切です。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化する必要が無い支払い項目まとめ

目次1 クレジットカード現金化業者を利用せずに済むかも1.1 中古車1.2 賃貸1.3 税金1.4 医療費1.5 私利私欲の金策はダメ、ゼッタイ。2 まだまだある!2.1 おパンティーでキャッシュレス …

クレジットカード現金化業者の違いを調べる男性

クレジットカード現金化業者は実店舗も無店舗も変わりません

サービスを受ける際には、目の前にいる人と実際に会って話を聞いて、目の前で取引したほうが明確で安心できる取引ができますが、インターネットが普及した現在ではネット上で完結するサービスも増えてきました。 サ …

クレジットカード現金化は本人確認が必須

ごく当たり前のことを最初に言いますが、クレジットカードは基本的に名義人の名前が刻印されており、その名義人のみが使用することを許されています。 どこの発行元の会社の規約にも書いてありますが、所有権は換金 …

クレジットカード現金化に一時増枠を利用する?

「お金がない!」というときに、審査もなく即日で現金が手に入るクレジットカード現金化ですが、もちろん利用する際にはショッピング枠がないと利用できません。 クレジットカード現金化は、クレジットカードを持っ …

クレジットカード現金化の買取方式とは?

クレジットカード現金化は、大きく分けて2つの方式がありますが、ひとつは、ここで説明する買取方式という方法です。 方法としてはキャッシュバック方式と買取方式がありますが、方式の違いによって手順やかかる時 …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

Amazonギフト券現金化業者一覧

あ行
か行
な行
は行
ま行

優良比較サイト2選