クレジットカード現金化の手順

よく分からないからまとめてみた

何も知らない状況にいるとしても、換金に対するイメージとしては「換金=買取」の印象が強いのではないでしょうか?ゲーム製品や本、その他楽器から何からリサイクルショップのような古物商営業許可店が買い取ってくれるお店は沢山あるからです。

それではクレジットカード現金化は、そのものを買い取って貰うという事?名義人の刻印が有りながらも他の誰かに転売されてしまうのか?いえ、クレジットカード現金化業者が掲載する情報はどれも当てはまりません。

むしろより酷い犯罪に巻き込まれる可能性を疑うべきで、それはクレジットカード現金化業者では無いということです。

このクレジットカード現金化業界の中で、主流とされている手段は主に二通り存在する事をご存知でしょうか?その方式につきまして、ショッピング枠優良店案内所という比較サイトで詳しく記述されています。

ショッピング枠優良店案内所~買取式とは~

ショッピング枠優良店案内所~還元式とは~

各比較サイトや口コミサイトでは、業者に関するスコアリングは行われていますが、具体的な手段について掲載されているサイトについてはあまり見る事が出来ません。

今回は現在クレジットカード現金化の手段の一つである「買取式」の流れについてまとめました。

クレジットカード現金化業者の選定から

クレジットカード現金化業者を何社も利用したい人なんて誰も居ないでしょうし、もし2回目以降の利用も検討しているようであれば嫌でも末永い付き合いになる事でしょうから、初めの店舗選びは非常に重要な事ですから比較サイトでの情報収集は怠らないようにしましょう。

目次にある項目にてそれぞれまとめていますので、実際に辿る順序を上から追ってください。

クレジットカード現金化比較サイトを見定める

これは初回記事投稿時では無かった項目になりますので追記という形になります。

近年googleのアルゴリズムによってテキストが無いサイト、つまり情報量が少ないと評価されない仕組みになってきており、そこで決して比較検討者に対して有益では無い情報であっても検索結果で上位になるケースがあり、故意に誤った情報を流して申し込みを促すケースがあるようです。

参考:ショッピング枠現金化は未成年(学生含む)も実行できる?

つまり、クレジットカード現金化業者を比較する前の段階から気を付ける必要があり、比較サイトを比較するサイトはありませんのでなるべく多くの比較サイトを閲覧して情報をかき集める事が望ましいでしょう。

問い合わせをする

自分自身で見出したクレジットカード現金化業者にいよいよ申込みをするのですが、ここで注意したいのは、いきなり個人情報の入力を求められる業者です。

メールアドレスや電話番号も個人情報の一つではありますが、それ以上に個人を特定することの一つである「金融機関口座情報」「クレジットカード情報の入力」「勤務先もしくは自宅の住所」等、まだ利用をする事を完全に決めたわけでも無いのに初回の申込みフォームで記入を求められるような店舗は後々のトラブルになる可能性がありますので見送りましょう。

また、申し込み前に事前に電話で問い合わせた上でその項目があるフォームのあるクレジットカード現金化業者に申し込みをする際には、比較DXでも導入していますがhttpの後ろにsが付いていませんか?これは通信を暗号化するもので第三者から情報を読み取られたり、その他情報漏えい防止を担う仕組みです。

個人情報を扱うわけですから、そのような項目を求められるのであればそれに見合う対応を取らなければクレジットカード現金化業者として不誠実ではないでしょうか。

内容を聞く

こちらが検討している予算の希望を店員に伝えて流れについての説明を受ける事になりますが、詳しいクレジットカード決済の内容については各店舗全て同じと言うワケでは無いようです。

ここで「いつ入金がありそうか」「不安に感じている事」など聞いてみましょう!大抵ここで対応の良し悪しが分かりますが、相当粗悪な対応で有れば店員が男性でも女性でも関係無く「何かおかしい」と気付く事になりますので利用しない事をオススメします。

商品の取引

買取式と言う事は、一度商品を購入した物を業者に渡す作業が発生します。

考え方としては質屋さんをイメージすると理解しやすいのではないでしょうか?しかし、買取式の場合は業者から提示された見積以外に、利用者が業者に発送をする際の配送料が別途掛かる事が予想されます。

この時の負担する送料の発生につきましては換金率に含まれていない事が多いので注意してください。

入金確認

クレジットカード現金化業者もしくは買取業者に媒介商品が到着するとその業者から買取金額が送金されることになります。

対面の場合には当然即時即日で受け取れますが、無店舗型の場合には日にちを要しますので、送る際には書留で送るなどして番号追跡から状況を確かめる事が出来れば入金のタイミングについておおよそ検討がつくでしょう。

買取式のデメリットになってしまうのですが、この商品取引の受け渡しに時間を要する必要が有る為に、即日即時の対応を求めている場合は還元式のクレジットカード現金化業者の選択がオススメです。

還元式については、ショッピング枠現金化優良店案内所さんが詳しく記載していましたので、ぜひご参考にしてください。

ショッピング枠現金化の手順について

nandesuka

クレジットカード現金化業者から連絡が来ない場合

クレジットカード現金化業者の申込みフォームから、氏名や連絡先を記入すると普通であれば告知している時間帯で数時間以内に折り返しが有るはずです。

申込み時の入力項目がやたら多い店舗や少ない店舗もありますが、記入項目が少ないところの方が余計な情報を記入せずに済みますので
安心でしょう。

たとえその店舗で受け付けが密集しているような状況で2~3時間滞る事はあっても、半日程掛かる場合は忘れていたか、既に連絡が入っていたか、そもそも自分自身で記入間違いや記入漏れをしていたかのどれかでしょう。

お店から申込みに対して返しが無いと不安に思っている方も多いと思いますが、利益に繋がりませんのでまず無いと考えてください。

申込みからある程度の時間が過ぎても先方から連絡が来ない場合は、多くのクレジットカード現金化業者ではフリーダイヤルが用意されていますのでこちらから情報が送信が出来ているかアポをとりましょう。

スタッフ対応時間外の申込みに対しては、申し込まれた順番で対応していますので我々が希望している時間で対応する事が難しい場合もあるようです。

特に買取式のクレジットカード現金化は時間が掛かるという側面が有名です。

どうしても手っ取り早くお願いしたいと言う事であれば、他にも店舗は有りますのでいっそ乗り換えてみる事も良いでしょうし、時間差で最初のところから連絡が入ったとしてもちゃんとお断りの理由を述べれば後で迷惑な営業が掛かってくる心配もないでしょう。

もちろん乗り換えた先で納得できない事を感じたらキャンセルをしてくださいね。

買取式で営業されている店舗は、古物商許可証を所持していることが予想されます。

これ無しには買取業を営む事自体が法律違反であるからです。

貸金業以外にも、古物商は媒介物を担保にお金を貸し出す事が認められていますので、偽装質屋としても営業している店舗の存在も否定が出来ませんから買取式の店舗を選択した際は古物営業法に対してどのような認識の元で運営がされているのか絶対に確認してください。

推奨したいクレジットカード現金化比較サイト2選