クレジットカード現金化業者を検索する方へ

クレジットカード現金化業者を使わない

利用する事を前提に比較するのではなく、申し込みをしないという事も一つの選択です。

この仕組みを悪用して融資行為をする者が逮捕されている為に世間的な印象としては「悪い」のが当然という見方が根強くあります。

このクレジットカード現金化サービスを利用された経験のある方であれば、仕組みや概要について既にご利用店舗から説明のアナウンスがあったことと思いますが、「クレジットカード現金化行為」については発行元の会社が禁止事項としているものの、現行法上では明確な記述は存在しない為、実質合法とされています。

購入した商品を買い取って貰うお店は当たり前に存在し、割賦払い等の返済が終わらない限り所有権が発行元にあるとされるのが決まり事の解釈ですが、飲食品や日用品を購入し、そして消費してしまえば所有権もあったものではありませんよね。

このように購入した商品について発行元が完璧に管理していることもなく、「買ったものをどうしようが勝手でしょ」が通じてしまっている事もクレジットカード現金化が無くならない一つの要素ではないでしょうか。

実際に利用する人々は悩み事がある人たちですので、冷静な判断が出来ないのか、それとも私利私欲に冒されているのか自分の所得状況や経済状況を考えないで目先の物事しか頭に無い為に、利用後に後悔される方もいらっしゃるようです。

このような背景には、悪質悪徳業者の店員による言葉巧みな対応が有るのではないでしょうか?少なくとも業者側は申込みした人に利用してもらわなければ商売として利益になりません。

つまり、メリットの説明はするけどデメリットの説明をして利用する気を無くさないように対応を取っていることからトラブルになると考えられるのではないでしょうか?少なくとも、優良とされるクレジットカード現金化業者は申込みした人の事を考えた対応を取りますので、利用する必要が無い人を無理やり利用させるような事はまず無いでしょう。

また、勘違いしやすいポイントの一つとして「クレジットカードそのものを売買すること」と勘違いされている方もいらっしゃるようですが、そもそもクレジットカードは貴方に対して発行していますので、他人が使うこと自体認めません。

クレジットカード現金化の仕組みは利用の仕方によっては自転車操業状態に陥ってしまう要素がありますので、各機関で利用を控える喚起を行っているワケですがクレジットカード現金化に関わらず、クレジットカードを通したお買い物全てにおいて言える事ですので、勘違いが生まれやすいんですね。

与えられた与信枠は貴方もモノでは無く「クレジットカード会社のモノ」ですので、与えられた与信枠で沢山ショッピングをすると支払いに困ってしまう事と同じなのです。

「クレジットカード発行会社=貸金業」と見ても過言では無いでしょうし、紙幣社会の概念が覆される近年の目新しい産業ですので、クレジットカードに関するトラブルは絶え間無く発生しています。

クレジットカード現金化を利用する際には、独断で業者を選択するよりも比較サイトや口コミを通して利用することが必要条件で、実際に逮捕された業者は、数多くある比較サイトの中で優良と紹介された店舗名では無い事が確認されます。

また、自分で換金に漕ぎ着けようと模索する方もいますが、餅は餅屋ではありませんが停止になるリスクヘッジの意味合いでクレジットカード現金化業者をあえて選択するというのも一考です。

kinsenkankakuganai

クレジットカード現金化は健全な金銭感覚が無い人の末路か

他の方法を模索した上でこの金策に手を染める方もそうでない方も、申し込みに至るまでの経緯は人それぞれでしょう。

どのような理由であれ、当人において他に頼るところが無くクレジットカード現金化業者に行き着いたのかもしれないように、最後は自分自身で判断をしなければなりませんが、実はやり残している自力策があるかもしれません。

それに特化した情報がありましたので、下記にご紹介します。


クレジットカード以外の現金化手段はありますか?

クレジットカード現金化以外での金策まとめ


上記のショッピング枠現金化比較サイトですが、自分自身で取り組める資金調達方法が掲載されており、人や業者に頼らずに乗り切る方法についてご参考になるのではないでしょうか?支払いに追われるくらいなら、多少労力を押してでも行う価値はありそうですね。

また、単純に生活費に使いたいというご希望であれば、今時たいていのライフラインではクレジットカード決済に対応していますので、現金を使わないで日々を過ごすという事は実質的に可能です。

kikoenai

サービス提供者はもとより、利用者の需要で成り立っている

クレジットカード現金化業者は利用者需要が有るから運営が成り立っていおり、事実上win-winの関係が構築されていると推測出来ます。

「そうしたい」、「何かと引き換えに行いたい」、そんな願望のある利用者さえいなければ利益を上げることは不可能であり、運営する意味が無いという事は利用者が居なくなればおのずと閉店していくことになるでしょう。

生活センターの前年度相談数から比較してみても件数が減っているように、実際に一昔前と比べても営業店舗数も減少していますので利用者数はどんどん少なくなっている事が見て取れます。

昔からベターな方法として、金券を媒介して現金を手に入れる方法が有りましたが少なくとも国内では公式サイト以外から特定ギフト券しか購入が出来ませんし、その他でクレジットカード決済できる店舗は存在せず、ペイパルという国際的決済サービスを導入しているサイトもありましたが、2014年12月をもってペイパルのアカウント停止処分を食らって営業停止状態になっています。

1店舗や2店舗のみならず、当サイトで確認しているペイパルを利用した業者が全てに制裁が加わっていますので「商品券を販売していた業者はすでに把握していて一網打尽にした」という線が濃厚でしょう。

この業者の運営年数もそこまで長くはありませんし年々と新しい手段も生まれていますが、それ以上に各関連団体の対策が進んでいるとも言えます。

システムメンテナンスという名目で停止されていますが、当然利用者にも何らかの通知が行っているはずで、何分狭い産業ですからなかなか表立った情報が出てきませんが、古物商を所有しながらこのような事態になっているとなると同じ古物商名義では営業が難しいでしょうから、名義を変えて新たに運営するか他の外国の決済サービスを導入するのでしょうか?今後の展開が注目されます。

実際にICチップ式のクレジットカード発行の普及とそれに伴う対応決済端末の義務化が推進されており、特に東京オリンピックも控えている事からクレジットカード犯罪を滅したいという表れを感じます。

媒介するモノを変える事で実質的にクレジットカード現金化が出来る手段は幾らでも存在し、近年では回転率の良い商品としてAmazonギフト券がクレジットカード現金化業者でも取り扱われるようになりました。

前述の様な出来事が有りましたので、もうクレジットカード現金化目的で商品券を購入できるのはAmazonギフト券Eメールタイプに限られてきています。

クレジットカード現金化自体に違法とする法律を設けられておらず、関係団体&関連企業が定める規約の範囲内で、つまり先程例に挙げましたペイパルの対応の様に周辺のサービス会社次第という事でしょうか?いよいよAmazonギフト券のクレジットカード現金化も長くは続かなさそうですね。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選