買取のクレジットカード現金化は三店方式

買取のクレジットカード現金化は三店方式

カジノ法案立案によってパチンコにおける三点方式について注目が集まるが

東京オリンピックと相まって世界的に注目されているであろう日本のカジノ法案。

すでに日本では公営ギャンブルが認められている中で、あくまで遊技と位置付けられながら金景品との交換を介して現金化する事が出来るパチンコの三点方式についても同時に注目されています。

パチンコは大衆娯楽なんて言われますが、遊技されたことのある方はご経験されている事かも知れませんが負けるときは5万あるいは10万円以上負ける事もありますよね?この金額が大衆娯楽の遊びか?ということに加え、当たり確率や釘の不正の横行から全国で一斉にパチンコに関する規制が強まったことも記憶に新しいのではないでしょうか。

だいぶクレジットカード現金化から話がそれてしまっていますが、買取をショッピング枠の換金手段に利用している業者は古物営業法に関わってくることになると推測できます。

この古物営業法はパチンコで言えばパチンコ店が金景品を交換し、それをパチンコ店が買取をしたら違法賭博になりますので何故かいつも近くに窓口を構えている交換所と呼ばれる、あくまで第三者が買取をしています。

クレジットカード現金化でも同様に、これは当サイトでの考察ですが商品を販売する事業者とは別に買取用の事業者を別に設けていると考えられ、パチンコの三点方式と同様に第三者を設置する事で換金に結びつけているスキームが今でもなお買取型の業者が絶えていない理由でしょう。

何かと三点方式に焦点が集まりがちですが、パチンコの換金時における総額の金額が1万円を超える事って結構ありませんか?その時に身分証明書の提示をお願いされたことってありませんよね?実は古物営業法では1万円を超える場合には必ず帳簿に取引者を記録する義務があるのです。

が、これをうまく交わすために金景品(特殊景品)を小出しに出すことで一個当たりの単価を下げて取引すれば抜け道になるようになっており、同様にクレジットカード現金化におきましても私自身が潜入して換金した事がありますが、取引明細には業者によって選別選択された商品を購入したことにされていました。

本来であれば購入する意思も無い商品を買ったことにして、パチンコであれば換金が目的での特殊景品の受け取りをして、そして第三者に対して商品を買い取って貰ったという体裁はまさにパチンコと同じ。

あくまでも第三者、換金を目的としていないという建前があれば、クレジットカード現金化の仕組みはパチンコが存在する限り無くなる事はないでしょう。

taihosareta

買取方式で逮捕されたクレジットカード現金化業者とは?

それでは古物商を取得した業者は無敵なのかと言いますと決してそんな事は無く、営業許可を受けながら逮捕されている例があります。

2014年に「Pmo」(店名:ブライト)の代表者および従業員が多重債務者や経営がうまく行っていない人たちの名簿を購入し、買取を装い融資をさせていたというもので、代表者の名前を調べたところ今もなおAmazonギフト券買取業者として営業をしています。(他に決済代行業、福島の除染作業員の斡旋をやっているようで電話番号が共通のものが掲載されています)

装ったということで実務的に利用者が商品を選択で出来なかったり、売却先で査定をしていなかった、購入先と売却先が同じであった事などが問題になったのでしょうか・・・実際にまったく別件ではありますが、天商という店名の店舗で、アメ横で10年以上運営されていたとされる業者も自社で販売した商品を買い戻すという手口で検挙されています。

店舗を各地に展開している業者もありますが、そのようなお店では自社で販売する事は無く最寄りのみどりの窓口やブランド品店での商品を買い取る事に徹している為に今でも営業を続けられていると思われます。

同じ換金であっても手続きの違いで180°違うのですから、これらを比較検討している方がこうした内容を知る機会は業者の説明ぐらいではないでしょうか?しかし、その内容次第では不足する可能性があります。

これまでに商品購入による還元や先程の買取のような換金手段であろうが、その内容に関わらず違法性が認められる場合には逮捕される対象のようですので、これまでにAmazonギフト券を使ったクレジットカード現金化につきましてはそのような話題は上がりませんが、実際にAmazonギフト券を換金したり販売したりするお店はネットや店舗でありますので、今後話題になる可能性は高いのではないでしょうか。

換金を希望した人の違法性についてはあまり注目されていないようですが、発行元が定める規則に違反するとして停止処分になる恐れは高いのですから、クレジットカード現金化をしない事が一番です。

携帯キャリア決済による換金を扱う業者が俄かに増えているようですが、こちらも同様にキャリア側で本来の使い方とかけ離れている行為としキャリア側から業者を処分しているとのことで、万能な金策など無く、お金が無くなる前にお金が無くならないようにする事に一生懸命にならなければならないのです。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化のキャンセルについて

クレジットカード現金化におけるキャンセルには、いくつかのパターンに分ける事ができます。 換金の手段としてのキャンセル、もしくは換金の手続きを辞めたい場合のいずれかであり、それぞれについて当記事でご紹介 …

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式とは?

クレジットカード現金化、と言っても、その手法、手順はさまざまであり、利用者は、何を買うのか、どのくらいの時間がかかるのか気になることと思います。 業者はさまざまですが、手法は大きく分けて2つあり、ひと …

no image

クレジットカード現金化におけるリスク要素

目次1 パチンコ屋が堂々と営業しているイメージで2 クレジットカード現金化は危ない?2.1 カード会社も野放しにしている訳では無い パチンコ屋が堂々と営業しているイメージで 法的な解釈としては、発行元 …

クレジットカード現金化はリボ払いできる?

クレジットカードの支払い方法には一括払いの他にも分割払いやボーナス払いがありますが、リボ払いを選べば毎月の返済額が一定になるために支払いがしやすくなります。 リボ払いは一見便利な支払い方法ですが、払っ …

クレジットカード現金化は本人確認が必須

ごく当たり前のことを最初に言いますが、クレジットカードは基本的に名義人の名前が刻印されており、その名義人のみが使用することを許されています。 どこの発行元の会社の規約にも書いてありますが、所有権は換金 …