換金率の高いところを選ぶために考える事とは?

  1. リスク

換金率の高いところを選ぶために考える事とは?

出来るだけ多くという願望を叶える為に

2016年の段階で最新のクレジットカード現金化業者に関する犯罪がネットニュースを駆け巡ったのは東京都内の服飾店における売買の仕組みに関する事でした。

その中身はお客に衣類を購入してもらい、その場で買い取るという仕組みのようで古物商法に違反したとのことでしたが、店側の言い分からするとこれは仕入れとしていたのでしょうか?このような方法は過去の情報を調べてもこれまでになかった仕組みでした。

さらに、過去にはアダルトサイトの利用料金の未納に併せた手口や無価値な玩具を販売していたなどの事例がある中で、どのような仕組みで運営されているのかは存じませんがたしかに今もなお現存しています。

検索結果の深いページでは、過去に更新されていた比較サイト等の情報を掘り起こして確認する事が出来ますが、過去の情報に掲載されているお店のほとんどが閉店をしているという状況で、少なくとも同一店名で末永く営業している会社はほんの一握りです。

一時期は某大手ネット掲示板や各種メディアにて見かけませんでしたか?今でも外に看板を出している様子もありますが、間違いなく広告規制の厳しい中で縮小している市場であり、このご時世ですから何か悪事があればすぐにバレて拡散されてしまいます。

各事件等を受けて社会的に厳しい環境の風当たりを受けながらも少なくとも現存しているということは、少なからず優良業者というものはあると想定されることにより、数々のランキングサイトを目にしますが結局どの会社にしたらいいか戸惑う人が多い中、そうした比較サイト同士でもかなり評価が割れています。

それぞれの視点から考察して記述はされていますが、その情報の真意のほどは閲覧者が確認するほかなく、さらに同一人物が複数の業者あるいは比較サイトを運営していることも実際に可能になっているのですから、「出来るだけ数多くの比較サイトに掲載されているから」という理由では選択の決定打にしない方がよいと言えます。

さらに最近では、メディアが発信される情報に関する話題がありましたよね?球団を所有するような大企業が運営していた各媒体の記事においてまったく持って事実的根拠の無い情報を公に後悔していたことで世間を賑わしました。

SEOと呼ばれる現代ではなくてはならない検索に人為的技術介入が施されることによってなるべく多くの人に見てもらう=集客に繋げるということなのですが、こうした技術の発達によってまったく記事やコンテンツの少ないサイトは順位が落とされており、ユーザーにとって有益であろうと判断された順位で現在表示されています。

mewomiharu

消費者も情報には目を見張らなければならない

掲示板以外の場所でもコメントや口コミを投稿できる機会もありますし、実際にクレジットカード現金化を利用する前に他人のレビューを見て吟味することがすぐにできるような世の中です。

当サイトで確認している業者のほぼ100%で即日~おおよそ1週間の期間で振込みを受けられるようで、それ以上、たとえば2週間~1か月以上も入金を待たされるということは無いようです。(購入した商品の流れが業者に買い取って貰う仕組みだと受け取りと発送の作業があります。)

これだけ見れば「良さげだな~」と思うかもしれません、しかしさらに事細かく記載事項や説明を聞くとキャンセルに関する規定は各業者に異なりが見られ、たとえば手続きが進んでからのキャンセルは不可とするお店もあれば、取引完了後における取り消しは一切できない、または特定期間中は受けつけるとするところが有ったりと、表面的な記載内容は横一線だったのに手続きが進むと急に対応を変えたり、頂いた印象を屑替えされることだってあります。

とくにすべてオンラインで完結するということは電話対応とメール対応が中心ですから、相手のうまい営業トークに乗せられてしまう恐れも。

実際に私が経験したことの一つですが、最初に「これくらい手元に欲しい」と伝えた上で提示された金額に納得しなかったので、電話を切ろうとしたら新たな金額を提示してきました。

新たに提示された金額は私が最初に手元に欲しい金額より多く、その分必要な購入額も上がったのですがこれを相手はまるでそれがお得になったかのように話してくるのです。

といいますのも、数字こそ違えど計算するとどちらも同じ換金率で、つまり数字を変えてお客の言い分を受け入れたかのように見せている手口で、とくに電話をしていては話に夢中で冷静に計算が出来ない事をよい事に、換金をオススメするという内容でした。

そのような情報リテラシーが求められる中で、うそか誠かは確認しようがないですが古物商営業許可番号を掲載している業者も増え始めており、しかも営業許可を受けたことを優良の証としてアピール材料に応用しているケースも確認できます。

何も知らない人はそのまま「優良なんだね」と理解してしまいそうではないでしょうか?これも実はうまい事言っているだけで、古物商営業許可を得ているだけでその仕事内容を隅から隅まで公安委員会がチェックしているということではなく、あくまで許可にしか過ぎない存在である事に気づかなければなりません。

-リスク

執筆者:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

Amazonギフト券現金化業者は逮捕されています

今日までAmazonギフト券を利用した詐欺については、定期的に報道がありましたので、Amazonギフト券が詐欺に使われている事については有名かと思います。 しかし今回2017年10月に、当サイトで確認 …

クレジットカード現金化はキャンセルできる?

サービスを受けたり、商品を購入する際には、サービスや商品の内容、金額など、自分の納得のいく内容であってはじめて購入する意思を持って購入の手続きを行い、サービスや商品の内容に不満があれば当然購入をキャン …

無職OK!お金借りれるキャッシング・カードローン・消費者金融とは?

残念ながら有りません目次1 残念ながら有りません2 すべての貸金業者で「安定した収入のある方」が必要最低限の項目 ここは潔く、もう諦めましょう。 期待させるような記事タイトルをつけて申し訳ないのですが …

あまり知られていない古物営業法違反

BOOKOFFや家電量販店などで、ネット上の価格相場調査を行った上で再販売・転売などを行う「せどり」なんて言葉を聞いたことのある方も多いと思います。 中古品の販売や買取を業として営む為には、古物営業法 …

高額レトルトカレーの謎

2015年にAmazonをはじめ、あらゆるショッピングサイトにて特定商品と抱き合わせでJCBギフト券を付帯して販売するという手口がバズりました。 この利用規約の隙間を突いたずる賢い手口について、その時 …