債務者でもクレジットカード現金化が出来る可能性がある

債務者でもクレジットカード現金化が出来る可能性がある

多重債務者でもクレジットカードは持っていたら・・・

多重債務者と呼ばれ、お金を貸す側から見ても注意を要する人物ですが現行の貸金業法が改正された時期が約5年前ほどになりますが、目的と致しまして多重債務者を減らすことと金利に制限を掛ける事によって業界再編の動きとなりました。

たしかに多重債務者はこれまでの条件で借りる事が出来なくなり、新規で申し込みにおきましても同様に新基準での条件ですから借りれるはずがありません。

さらにこれまでの業者に対する金利を一定額を過払い金と言い、それの返金請求に伴う手続き報酬を士業の方々がビジネスチャンスとした事により、ラジオやTVCMなどで積極的なプロモーションが確認されていました。

その規制内容を総量規制と表現されていますが、これの影響を受けない貸金業者の存在があることをご存知でしょうか?それは金融機関参加の貸金業者です。

元々約60%から始まった金利の設定が、今現在ではその半分まで抑えられておりますが、世界的にみると消費者金融としましても低金利で運営されているのが実際のところであり、国内で利益を得られない貸金業者は外国に進出しており日系企業もあります。

今現在、その施行内容が時を経過して効果を上げている反面で、世の中には多重債務者と呼ばれる人がいますが、一社だけではなく複数の会社からお金を借りているような人です。

低金利な貸金業者は審査が厳しくなる事により、消費者目線からすれば金利が低くなってよいという表面的な捉え方が広く浸透した一方で、条件が厳しくなった事で借入を受ける幅が狭まった事についてはあまり知られていません。

しかも借入先のその先、信用情報を管轄する機関におきまして、個人情報が管理されている事により、会社を変えたところで早々審査に受かる可能性も決して高くはないでしょう。

本来、お金を欲している人の中でも最低限、お金を借りても必ず返済出来る経済環境が備わっている人が信用のある人です。

単純にお金が無いという理由だけで誰もが融資してくれるほど世間は甘くありません。

クレジットカード現金化は、審査が不要なので、多重債務者でも利用出来る可能性が有ります。

しかし与信枠の残高が存在し、利用できる条件の二つが揃えば通常通りのクレジットカード決済が出来る状態にあるのですから、実質上換金をする事は可能となってしまいます。

sukuinote

多重債務者にとって唯一の救いの手となり得るのか?

キャッシングやカードローンには審査がありますが、貸金業者からお金を借りる場合は、必ず総量規制がありますので、年収の3分の1以上の借入を行うことができません。

多重債務者は複数の会社からお金を借りている状態の人を指してそう呼んでいますが、すでに年収の3分の1以上の借入額になっていることが多く、それ以上お金を借りることができないケースが多くなります。

そんなときに、審査不要で利用できるクレジットカード現金化が多重債務者の唯一の救いの手になるのかと言いますとそうではありません。

もし自己破産などの債務整理を行ったことがないとしたら、1枚くらいはクレジットカードを持っているはずです。

クレジットカードに付帯するキャッシング枠もすでに利用しているなら、借りている金額も当然借入額に算入されます。

残るはショッピング枠・・・こちらは、キャッシングではないため、ショッピング目的での利用と同様の使い方が出来る手軽さ故にクレジットカード現金化が利用されるというワケです。

もちろん、すでに与信枠があるという時点である意味では審査をクリアしていますので、理論上は利用限度額目いっぱいまでお金を借りることができます。

クレジットカード現金化にはさまざまなモノやサービス、業者を仲介するなど多様化しており、換金行為を特定・断定することが複雑で難しいのか今のところ違法ではなく、発行元各社が禁止ということで留まっているようです。

商品の購入となんら変わりないため規制しにくい面が有りながらも、融資として集客していた古物商や都道府県知事に認可された貸金業者が架空の取引を用いて行っていたなど、まったく何も無いワケでもありません。

摘発される事例も有りますが、利用者における事例はWeb上では現在確認が出来ません。

換金を希望する者が罰せられていないという実情に、逆に多重債務者にとっては救世主にも思えてきますね?しかし、これは表面上だけと疑い、当事者にならなければ分からぬ問題が潜んでいる事は覚悟しなければなりません。

いろいろな問題があるにせよ実際に換金を利用している人は多いのか、電子ギフト券のように新たなる媒介物が出てきた事で業者も増えましたが、結局は時間経過と共に数が減っており行政のサポートや金融機関の新たな貸出条件なども年々新しくなってきています。

常態化すると、さすがに債務整理に追い込まれる事は明白ですし、すでに債務者で尚且つクレジットカード現金化を希望している時点ですでに首が回っていない事をよく考えるべきで、まずは自分ひとりで抱え込まずに相談する事から始めましょう。

-クレジットカード現金化

執筆者:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化はリボ払いできる?

クレジットカードの支払い方法には一括払いの他にも分割払いやボーナス払いがありますが、リボ払いを選べば毎月の返済額が一定になるために支払いがしやすくなります。 リボ払いは一見便利な支払い方法ですが、払っ …

クレジットカード現金化はメールだけでもできる?

インターネット上の業者でサービスを受ける場合には、そのサービスの内容などの説明を受ける際や実際に金額のやり取りを行う際の連絡手段に電話とメールとでのやり取りが必要になってきます。 しかしながら、業者と …

クレジットカード現金化の即日振込を受ける為の知識とは

目次1 クレジットカード現金化で即日で無い業者もあります2 クレジットカード現金化業者の多くは即日で終わる クレジットカード現金化で即日で無い業者もあります すでにクレジットカード現金化を調べ始めてい …

クレジットカード現金化業者が現れては消えていく理由

クレジットカード現金化の優良店比較DXはラーメンが好きです。毎日、とはいきませんが、週に3~4回はラーメンを食べに行きます。 先日、昔足しげく通ったラーメン屋に久々に出向いてみると、なんと閉店している …

クレジットカード現金化の優良店と評判になる基準とは?

世間一般的に『優良店』というと、サービスがいいお店のことを優良店だと認識していると思います。 他のお店と比較して、それよりもサービスが勝っているということで『優良店』だといえる、そういうことですね。 …