業者へ比較検討者を流す悪徳比較サイトの存在に要注意

  • 2017/08/9
  • リスク
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

人間として生を受けた以上、先人たちが作り出した貨幣社会の輪廻から逃れる事は不可能です。

人には悩みが付き物ですが、お金の悩みは老若男女関係なく、誰もが陥る可能性があることで有り、有名な実業家が落ちぶれていく様子ほど滑稽な姿はありません。

過去にテレビで放送されていた「マネーの虎」という番組に出演されていた社長たちの”今”を調べると、なおさら実感します。

クレジットカード現金化の情報を知らない事は損である

裕福な家庭に生まれた方が、経済的な悩みを抱えた事なく不自由に育つ確率は高いと言えます。

平均的収入の家庭に生まれた子供たちがいざ社会人として世に放たれた場合には、そのほとんどが肩身の狭い生活からスタートしなければなりません。

お金に困っている者の心理として、自分ではどうしようも無い状況だから悩みを抱えているのですから、自分の問題のはずであるのにも関わらず、何等かの第三者機関や他人を介して解決できないか模索します。

金策の手段は多岐に渡りますが、直接業者に申込みをするよりも、下調べする事が基本的な行動ですよね。

しかし、その消費者心理を悪用し、広告報酬を業者から受け取る事を目的とした比較サイトの存在が当たり前の様に運営をされている事をご存知でしょうか?

業者や比較サイトのタブーとも言える悪徳な手口について暴露していきます。

人の弱みを食い物にしている悪徳クレジットカード現金化比較サイト

比較サイトはクレジットカード現金化に限らずあらゆる商品やサービスにおけるプロモーション手段の一つです。

その為、業者の中には、「代理店募集」「アフィリエイター募集」などと募っている一般企業は数多くあります。

クレジットカード現金化比較サイトの中には「大枠●●万円」「掲載のお問い合わせはコチラ」などと、掲載料を条件にして紹介をしている比較サイトがあります。

これはお金を渡せば、優良店ではなくても掲載ができる仕組みですから、ランキングが頻繁に変わる比較サイトほど、その傾向が強いと当サイトでは睨んでいます。

ランキング形式や優良悪徳の判断なんてすべてサイト運営者次第ということです。

ただでさえ利用を躊躇する金策なのに、業者を利用することが不安だから頼る思いで閲覧した比較サイト自体が、悪徳で有る場合には、その中でいくら調べようが上手く「手のひらで転がされている」という表現がピッタリです。

ぱっと見ただけでは、優良な比較サイトか否かを判断する事は難しいものです。

悪徳比較サイトと優良比較サイトの判断方法

悪意のある情報の判断方法として、まずサービスを一方的に肯定しているか否かを確認し、1つの記事以外にも発信される情報量と、記事内容の濃さので簡単に判断することが出来ます。

やたらとサービスを絶賛し、リスクとなる要素については掲載が無いとすれば、かなりその確率は高いでしょう。

閲覧者をクレジットカード現金化させる為の「意欲をソソる文面」が中心で、人間は自分にとって都合の良い内容ほど鵜呑みにしますので、デメリットよりもメリットの方が頭に入ってくるのは仕方が無いことかもしれません。

日本国内では自然災害が頻発していますが、最後に自分を守るのは行政でも家族でも無く、自分自身の事前準備と行動が被害を軽減したり防ぐ事が出来ます。

話しが逸れましたが、クレジットカード現金化を利用してもしなくても、他の金策を実行するにしても、情報の精査を行う事は自分自身の責任であり、利用する事で生じるトラブルも当然想定して何事も心構えを持っておくことが大切です。

クレジットカード現金化業者は全て同じである

subeteonaji

ランキング順位を付けている比較サイトの中には、総合ランキングで表示すれば良いモノの、項目を増やしてあらゆる要素で順位決定をしていることがあります。

これは、広告枠を増やして掲載料を募る事が目的で有り、決して消費者の視点から付けられた順位ではないのです。

実際に「日曜日営業で比較」とする順位決定要素を用いている、とある比較サイトを例にご紹介しましょう。

「日曜日に利用するならココ!!」と某クレジットカード現金化業者が第1位になっています。

これだけを見ると、日曜日に営業している業者でナンバーワンと言う印象が有りますよね?

しかし、実際にはランキング圏外である業者に問い合わせをすると、日曜日でも営業をしているというだけではなく、そちらの方が好条件で優遇しているという事態に遭遇しました。

・・・これでは一体何のランキングなのか、比較検討者からすれば支離滅裂ですね。

そのような比較サイトほど、サービスに関するコラムやメリット・デメリットのいずれも情報を発信されていない事が多く、ただ単純にランキング決定要素を作って業者を並べている傾向が有り、中にはランキングも無しに業者の紹介だけが並んでいるところもあります。

どこを辿ってもクレジットカード現金化業者なので、業者を紹介する事に関しては良いのですが、それ以上に与信枠を換金する事に対しての注意が一切ない比較サイトの存在は気を付けなければならない事です。


  • 「振り込まれない」
  • 事前説明に言葉が足りなくて「換金後にやっぱりキャンセルしたい」
  • 「支払う事が出来なくてやらなければ良かった」

悪徳比較サイトが発信する情報に騙されて、上記の様に後悔する可能性があるという事です。

決済完了後に悪徳業者の手口に気が付くこともあるでしょうし、キャンセルを請け負ってくれる業者ならまだしも、キャンセルが出来ないと言い張る悪徳店員も実際にいます。(体験済み)

それでも我々消費者は比較サイトから情報を仕入れなければならない

クレジットカード現金化業者への問い合わせに勇気がいるだけでなく、比較サイトを閲覧する時にも気をつける必要があるのが現状です。

こうした情報について、比較検討者の方に知っていただくために長年調査をしている当サイトはもっと面倒臭いです(笑)

国民生活センターや消費者庁、銀行などの金融機関といった公的組織から発信される情報は、換金する事に対するメリットについて紹介される事は皆無です。

「利用しないで欲しい」と考えるのであれば、メリットなんて紹介しなくても良いからです。

業者のホームページは、逆にクレジットカード現金化を躊躇している方も背中を押すような言葉しか並べられていませんので、「利用して欲しい」と考えるのですからマイナスな内容は掲載しません。

比較検討者の方はそれを踏まえた上で換金する事のメリットについて興味を抱くもので、良くも悪くもトータルの情報を確認する為には・・・やはり比較サイトを見るしか方法はありません。

悪徳クレジットカード現金化比較サイトのまとめ

消費者が気が付かないような情報を提供するのが比較サイトの役目ですから、業者からの掲載料の儲けがあれば良いなんて考え方で運営されている比較サイトは少なからず存在しています。

利用者は一体どのタイミングでこうしたリスクについて知る機会が与えられるのでしょうか・・・前述したように取引完了後に知る、なんて事があれば、そもそも比較サイトの存在価値は有りません。

良い事も悪い事もあるのが世の中であり、不条理な事もあるでしょう。

しかし、求めているものに対して不誠実な対応をする者がいるのが事実です。

クレジットカード現金化に関するトラブルが減っているとは言え、全く無く0件であるという事では有りませんから、消費者として出来る情報の仕入れによる悪徳業者への対策は怠ってはなりません。

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)
    ⭐️⭐️⭐️⭐️
    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。
  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ
    ⭐️⭐️⭐️
    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。