換金後の支払いは通常の利用サイクルと同じ?

  • 2016/01/5
  • リスク
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

クレジットカード現金化だから特殊な支払い方法になる?

クレジットカードを既に所有されている方であれば、請求書払いor銀行引き落としにて利用した金額の清算の登録をされているかと思います。

世の中には現金払い、口座引き落とし、クレジットカード払いの支払い方法がありますが、何も銀行引き落としにすればその都度引き落としされてまとまった金額を落とされないですが、クレジットカードを固定費の支払いに当てる方が非常に多い理由の殆どが、利用額に応じたポイント還元を目的にしています。

クレジットカード現金化だからと言って、上記の様な一般的な利用の仕方以外の方法になる事も無いのですが、意外と気にされている方は多いようです。

特に換金を初めて比較検討されている方の多くが悩む項目は多岐に渡り、既に経験されている方に付きましては同一店での利用、もしくは他社への乗り換えの際につきましても予め注意すべき事項は把握されていることと思います。

各クレジットカード現金化業者に掲載されている「質問集」の中でもよく確認されるものとして、支払い方法に関する質問と回答が有るように、皆考える事は同じようです。

国内に存在する発行元、さらにはブランドから独自展開されているデザインやサービスを持った総発行種類枚数を調べても数百種類のクレカが発行されていますが、締日支払日はどれも共通して設定されてはいません。

申し込みを行う際に、つい特典やネームバリュー等の宣伝で決めてしまう方は多いですが、自分の収入が入る日にちと支出の多いタイミングのサイクルが噛み合わない契約条件の場合、まとまった金額が入り用な時に使えないという状況に陥ってしまいます。

利用する金額によって優遇されるされないの営業方針につきましては業者次第になりますが、利用額が高いほど発行元から付与されるポイントも付くのですから、こちらは金額に関わらず、おおよそ利用額の1%は還元されます。

業者が提示された条件に+1%ではありますが還元を受けており、還元式であれば購入に伴う特典としてのキャッシュバックを行っていることと同じように、現金と同等の扱いを成しているポイント還元と言うサービスも公に認められており、一概に還元する事が否定できない理由でもあります。

sentakushinashi

支払い方法の選択が出来る事はメリットなのか?

特殊な支払い方法は無いのですが、特に気を付けなければいけないのは商品を買い取りしている形式での換金方法です。

これは決済した商品の支払い完了(引き落とし)される前に買い取りしてもらう事ですから、本来であれば所有権の存在は発行元の会社に存在することと、買い取られた商品の扱い次第の兼ね合いもあり、複雑な工程を歩みます。

買い取りをした業者としても、それを換金しなければ現金は手に入らないのですから、キャンセルをしたい、やっぱり辞めたいとなっても契約自体の巻き戻しが非常に困難です。

少なくとも換金すればするほど良い事は無いのがクレジットカード現金化ですから、これをメリットとするならば今現在手元で扱えるお金が本当に無い時くらいでしょう。

業者の中で特に謳い文句の色が濃いところによっては、支払い方法の選択肢の存在をメリットとして挙げているところがありますが、比較DXでは特にメリットとは言えないと考えます。

結局のところどうしても選択しなければならないという究極の場合には、一括払いが基本的な選択になりますが、既に換金を求める状況を考えれば、換金希望者の多くは割賦払いを選択されているのが予想されます。

メリットとして挙げられるこの項目は、選択肢がほかに無いからこそ選ばざるを得ないだけであってこれを魅力的とする店員の対応には十分に気を付ける必要があると言えます。

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)
    ⭐️⭐️⭐️⭐️
    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。
  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ
    ⭐️⭐️⭐️
    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。