クレジットカード現金化業者は実店舗も無店舗も変わりません

サービスを受ける際には、目の前にいる人と実際に会って話を聞いて、目の前で取引したほうが明確で安心できる取引ができますが、インターネットが普及した現在ではネット上で完結するサービスも増えてきました。

サービスの説明やわからないことがあれば電話やメールでも話を聞くことができますが、目の前でやり取りが行われないとすると不安に感じる人も多く、特にお金に関することであればなおさら余計にそう思う人もいるでしょう。

クレジットカード現金化業者には店舗型と無店舗型がある

世の中にはありとあらゆる金融サービスがありますが、お金を手に入れる手段としては社会的にグレーゾーンとされているサービスもあり、その中で、ショッピング枠を換金したいという需要は昔から存在してきました。

このクレジットカード現金化は、古くから現在に至るまで、実際に店舗を構えて営業を行う業者と、インターネットが普及してからはネット上に店舗が存在する、いわゆる無店舗型の業者が存在します。

店舗型のクレジットカード現金化業者における換金の仕組み

  1. まず利用者が店舗に行く
  2. 店舗にて業者から説明を聞く
  3. 利用者が業者から指定された商品をショッピング枠で購入してくる
  4. 店舗に持っていき業者に買い取ってもらいお金を手に入れる

買取方式が主な手法になっており、流れとしても明確であり、指定される商品としては新幹線の回数券やブランド品、金券類など、お金に換えやすい商品が指定されます。

無店舗型のクレジットカード現金化業者における換金の仕組み

  1. まず利用者が無店舗型業者のホームページから申し込む
  2. 無店舗型の業者から電話で説明を聞く
  3. 利用者が業者から指定された商品をショッピング枠で購入する
  4. 無店舗型業者から利用者の指定した入金先の銀行口座にお金を入金してもらう

無店舗型の買取方式としては、業者が指定する商品はブランド品や家電、アマゾンギフト券などがあります。

もう一つの方法としてキャッシュバック方式があり、これは業者が用意した商品を購入することでキャッシュバックとしてお金を入金してもらうという手法もあります。

クレジットカード現金化は店舗型と無店舗型どちらがいいの?

クレジットカード現金化を行う際には店舗型と無店舗型の業者が存在し、この2つのうちどちらかを選んで利用することになります。

その際に、どちらを選べばいいか、という疑問が湧くと思いますが、それぞれにメリット・デメリットが生じますので、利用者の都合に応じてどちらを選べばいいかということも変わってきます

上記で説明したように、店舗型と無店舗型の流れは実際に店舗に行くか、ネット上で完結するかという違いがあり、この違いによって利用者がどちらを選べばいいかということを考えることができます。

店舗型はお店まで行かないとクレジットカード現金化が出来ない

そもそもですが、店舗型の業者が実際に店舗を構えている場所の問題があります。

店舗がコンビニのように全国各地どこでもあって利用できるという状況であれば店舗を使いやすいと考えられますが、実際に店舗を構えている場所としては、人口が多い都市部の駅前などに限られてはしまいます。

そのため、店舗が近くにないという人、特に田舎にいる人であれば実店舗で営業を行う業者を利用することは物理的に難しくなってしまいますので、その場合の選択肢としては無店舗型であるネット上の業者を利用するということになります。

ネット上の無店舗型のクレジットカード現金化業者を利用するということであれば、条件としてはインターネットと電話がつながっていればいいので、つまりスマホ1つあれば全国各地どこでも、また自宅にいながらでも利用が可能であるということです。

出向いてまでクレジットカード現金化を利用する事のメリットとは?

「無店舗型の業者を利用したほうが圧倒的にいいのではないか」、と考える人もいるかとは思いますが、やはり実店舗を利用するメリットというのもあります。

実店舗で行う場合は目の前で取引をしてくれるので、取引自体が明確でわかりやすく安心できるというメリットがあります。

ネット上の無店舗型クレジットカード現金化業者であれば電話とメールでのやり取りになるために、いまいち安心感に欠けるという点がありますし、何より悪徳業者が存在するということが挙げられます。

無店舗型のクレジットカード現金化は情報が豊富にあります

ネット上には無店舗型業者を比較するサイトもあり、ネットでどこが優良店かを比較することもできます。

その数はあまりに膨大であり、本当に必要な情報を手に入れることができずに、比較することに手間がかかってしまうという本末転倒なことも起こってしまう可能性もあります。

近くに実店舗がない場合で、即日でお金が必要ということであればネット上の無店舗型のクレジットカード現金化業者を利用すればいいということになりますが、その際は優良店を利用すれば電話対応でもサービスの内容を明確に説明してくれます。

初めてであればなおさらですが、どんなサービスかということが気になったら無店舗型の業者に電話で問い合わせをしてみるといいでしょう。

クレジットカード現金化業者において店舗型と無店舗型は犬猿の仲

クレジットカードの現金化において、無店舗と実店舗の両方もしくはどちらか一方の手段で営業しているところを確認することが出来ます。

それぞれが担う役割と言いますか、せっかく両方存在しているワケですからメリット、デメリットや仕組みなど知っておいて損は無いでしょう。

無店舗型は当然インターネットで集客する事をしなければ利用者が居ませんが実店舗型であれば存在するだけで人目に付くため、インターネットで集客しているというよりかは、地域密着型という感じが見受けられ、各首都圏駅前にチェーン展開する業者も存在します。

その為、無店舗型のクレジットカード現金化業者の方が比較サイトや口コミの数が圧倒的に多く、無店舗型の集客力に負けてしまう為か実店舗型は無店舗型の業者を見下げる広告文を掲載しています。

店舗型も無店舗型も取引目的は同じです

両者変わらず最終的な目標は「ショッピング枠の換金」ですから、逆に店舗型の業者に対してあらぬ疑いを掛けてしまう印象すら有ります。

世の中には通販事業を行っている会社は山ほど存在しますので、店舗を構えていないから気を付けるというのはナンセンスな謳い文句ですね。

既に換金をされた方もされていない方もこの違いに違和感を抱くのではないでしょうか?

ニュースに挙がる数で言えば無店舗型の悪徳業者の方が多いですが、実店舗型の悪徳業者も問題視されていますので要は時間の問題という印象で、現に時の経過と共に相次いで実店舗型業者が逮捕されており、特に自前の店舗にて商品の販売と買取を兼業しているところが目に付いています。

しかし店舗を構えている業者はダメかというとそうでは無い様で、今でも街の看板に見掛けるお店はみどりの窓口やブランド品店で購入された物を買い取りする形でよくある質屋さんと同様の形態を取る仕組みについては今のところ問題が無いようです。

商品を買い取る場所がたまたま近くにあるとする、パチンコの換金と同様に駅前の繁華街でお店を構えている様子もまるで変わらないですね。

実際に、大分過去になる話ですが探偵ファイルでも取材されていて、結構有名なお店だった記憶がありますがヤエスチケットさんというショッピング枠現金化業者が当該サービスが問題視され始めた2011年頃に閉店をされています。

店舗内のホームページで自社の事を持ち上げて優良というのは可笑しな話で、評判や口コミの内容は店員が決めるのではなく、利用者である第三者の評価であるというのは言うまでも有りません。

想定されるクレジットカード現金化のリスクやデメリットも同じ!

「対面だから大丈夫」、「店舗型は顔を合わせることが出来る=あんしん」と言う事は何も保障になりません。

無店舗型と同様に知名度の高い業者を選ぶ必要があり、実店舗型で言えばチェーン展開されている会社を選んだ方が良いと判断が出来ます。

しかし、媒介させる品物の多くは俗に言う換金性の高い商品に偏っている傾向がありますので、利用する手前の媒介品の購入をした段階でクレジットカード会社からチェックが入ることも予想されます。

チェック自体は、ショッピング枠現金化業者を問題視するものでは無く、どちらかというと利用者の使用意識の問題を指摘するものです。

購入代金の一括請求やクレジットカード会員の強制退会の可能性も否定できませんし、その際に換金を目的とした購入である事が確認された場合には問答無用で処分されることになるでしょう。

どちらを利用するにしても犯罪行為や盗難品の取り扱い防止の為に、いくらこうしたお店だとしても身分証明が本人確認の為に必要とされてます。

貸金業の様な審査が無いとはいえ、いい加減な利用目的や自分自身の信用力を大切にされない方の申込みは断られる事になるでしょう。

どのような目的の為に検討されているのかは存じませんが、基本的に換金を希望する人たちを受け入れる姿勢で営業がされているのですから、自分自身の倫理で自滅することになるでしょうし、当然にお店を責める以前の問題です。

利用すること自体、本来であれば皆縁が無いサービスで無理して利用することも無いモノですし、業者から換金を強いる事は無く自らの希望で意志を示すことが無い限り、申込みをしなくて済むので過度な利用や利用する事を前提に考えることは控えるように気を付けましょう。

結論:どのタイプのクレジットカード現金化業者が適しているかは自分次第

dokonano

まず申し上げたいのは他に頼れる手段について考えてください。

それはクレジットカード現金化や貸金業者を使うのではなく、身内や知人、会社に相談して給与を前借するなど何かしら人の縁を頼るということです。

当然、その縁と引き換えに信用を失う事になるかもしれませんが、考えてもみてください・・・自分も言われたら喜んで応じる事はありませんよね?お金に関する困りごとは根深く深刻な事由です。

クレジットカード現金化における店舗型と実店舗型という大きな枠組みで考えたときに、上記に色々と書き綴りましたが「利用するのであればドチラが良いのか」という事を考察してみましょう。

他人のクレジットカード現金化体験談はあてにならない

お店のこと云々よりも、利用者である我々がどこに住んでいるのかが実は重要です。

「そもそも自宅近くに店舗型のクレジットカード現金化業者が無い」あるいは「知っているけど遠くて交通費が掛かる」等、このような環境であれば時間よ余計なお金が掛かりますから無論で無店舗型の選択になるでしょう。

このサービスのメリットは貸金業の様な所定の審査が存在しない事によるスピードが一番になりますので、これを満たせない事はそもそも理に適っていないと判断できるからです。

実店舗型でも換金、還元方法が異なる場合が有り、店舗だけで完結出来るところもあれば、家電量販店での購入や駅窓口での切符購入などが有りますので、手間が有る事を考えるとその換金手段にメリットを感じる事は無いでしょう。

無店舗型は、その実店舗型の弱点を補う事が出来ますが手渡しが不可能ですから、各店舗で複数の金融機関を準備していたとしても全ての銀行を用意する無店舗型の業者は存在しない事を確認していますので、土日祝日のクレジットカード現金化は実店舗型の方が良い事もあります。

また、顔を合わせる合わせないに関しても、対面する事に安心感を覚える人も居るでしょうし、会いたくない人もいるでしょうから「おあいこ」かと思います。

ネットの中ではクレジットカード現金化業者による自演行為がひどい

何といっても還元率、換金率が一番気になるところ。

当然、実店舗型・無店舗型の両者に悪徳業者が全く無いと否定する事が出来ませんし、マスメディア上で話題になるときは大概悪いニュースの時しか無いので、インターネット上の比較サイトや口コミを調べる事が一番手っ取り早くて確実な方法でしょう。

中には自分自身で何らかの商品やサービスを購入して換金に繋げようとする手段を模索している情報が検索上で見受けられますが、安全で安心という保証は既に換金を目的として利用している以上無いモノである事を忘れないでください。

業者が安心安全をアピールするために「あんしん・安心」という言葉をそのまま店名にしているケースがありますが、そもそもそれが安心出来ないということでクレジットカードが停止になったら責任を取るという事でしょうか?

そんな事があるワケありませんね。

しかし、ランキングサイトでピックアップされている店舗の多くは、全国対応で時間を取らない無店舗型の方が人気を集めているようです。
実店舗型よりもニーズが高く、実店舗型での対応が酷くて乗り換えるという口コミも寄せられています。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選