他人名義でもクレジットカード現金化は出来るのか

クレジットカード現金化は与信枠の残高がある方のみ換金出来る仕組みです。

お金に困っている方は世の中に沢山いらっしゃる事と思いますが、いざこのサービスを利用したくても利用できる人は限られています。

他人名義でもクレジットカード現金化業者は大丈夫ですか?

お金に困っていて→クレジットカードを持っている→与信枠があって→初めて利用対象条件に合点する・・・。

単純に考えてみますと本当にこのような方々は限られた人たちであり、利用対象者の全てがこの方法に申込みをすることもありませんので、かなり狭い市場規模で有る事が伺えます。

世間的にも注意喚起をされている事が目立つ内容ですから、常にグレーと言うイメージが先行しておりますので言ってしまえば”何でもアリ”の世界では無いかとも空想しますが、これが意外にも適切に処理されているようで申し込み人と異なる他人名義での換金は業者で請け負っている様子はありません。

実際に各社のよくある質問コーナーを見てみると、総じて事前に受付をしない旨が記述されています。

基本的に名義もそうですが、振込先口座の名義人が同一でなければいけませんので、クレジットカードの名義は申込み時と同じでも振込先は他人という指定も出来ないと言う事で、「支払先に振り込んでほしい」などの要望はお断りされます。

換金の方法は幾多数多存在しておりますが、特に買取の仕組みは古物営業法に基づいた取引を行わなければ違法ですので、定められた本人確認が適切に行われる必要が事業者には求められていますので、対面であっても非対面であってもこれを面倒くさがらずに、利用者も応じる必要が有る事を理解しましょう。


  • 電子署名付きメールでの取引
  • これは一般的なメールで改ざんなどがされていない事を示す為の署名で、後にも先にも編集が出来ないようにするセキュリティを掛けた状態での取引を指し、通常のメール取引では本人確認として認められないということです。

  • 申し込みした方の印鑑証明書とその印鑑で押印された申込み書の交付

    印鑑証明書と異なる印鑑ではおかしいと言う事で、役所から発行される公的書類と同じ印鑑で有る事により、本人確認としての効力を持つということでしょうか。

  • 本人限定受取郵便・信書便で到達を確かめる
  • これはただ単純に住所の存在を確かめる目的だけでなく、簡易書留とも異なり、サインだけでなく身分証明書を提示した上で初めて本人が受け取れるという厳重な受け渡し方法での確認ですから、業者が直接確認せずとも第三者機関を通して確認をする事で認められる方法ですね。

  • 本人限定受取郵便+現金書留で支払う
  • 上記と同様に本人である事の確認が取れれば口座振込や対面での渡しでは無く、現金書留での代金受け取りも認められています。

    しかし買取金額に影響されるかどうかは判断しかねますが、簡易的な郵送方法では無いので配送料が買取金額に影響を与えるかもしれません。

  • 住民票記載の住所に簡易書留等を転送しない扱いで郵送して到達を確かめる
  • 特定記録郵便ではダメで、公的書類が示す住所に在住が確認出来れば大丈夫ということですね。

  • 住民票に記載された本人名義の口座に振り込むという契約を結ぶ
  • 役所が発行する書類が肝になっているようで、こちらも同名義の口座に振り込みをすることが決められているので、他人名義の口座に振込をする事は出来ないんですね。

  • 本人確認書類に記載されている住所で転送しない取扱いで到達を確かめ、その本人名義の口座に振り込むという契約を結ぶ
  • ここで言う本人確認書類とは、「運転免許証」や「保険者証」など一般的に知られているものを指しており、当然こちらもまた他人名義への口座で取引してはならないと言う事です。


ややこしい事ばかりですが、業者が求めている本人確認手続きに応じる事はあくまで当たり前のこととして認識しておけば大丈夫ではないでしょうか?逆に確認せずに安請負いをするお店は、そもそも営業資格を有していない可能性を疑うべきではないでしょうか。

motoduita

家族や知り合いのクレジットカードで許可を貰っているのですが

本人確認だけでもコレだけ種類が有りますと消費者の立場から守るべきコトは本人確認手続きに応じる事であり、事業者は適切にそれを実行する必要があります。

こうした本人確認が行われている事で合法の範疇で取引が続けられている要因なのでしょうか?買取の仕組みを用いてAmazonギフト券Eメールタイプやその他商品を媒介して換金を請け負っている業者は今でも多く存在してます。

結局どの方法でもクレジットカード現金化という同じ目的に集約されるのですから、今現在当たり前のように購入されている換金性の高い商品についてより一層の購入規制が布かれてもおかしくはありません。

クレジットカードにしても口座にしても、各々の信用に基づいて利用を許されているのですから、こうして考えますと他人名義の利用がいかに不都合で認められないものなのか理解出来るはずであり、例え家族のモノでも許されるコトでは無い理由にはそれぞれに与えられた信用に影響が及ぶ事を意味しています。

クレジットカード現金化業者を利用する際の必要条件まとめ

どうにかしなければならないと奔走する頃には、既に時すでに遅しという状況になってしまいます。

特にクレジットカード現金化業者のHPを閲覧しても、申し込みから完了するまでの時間についてはどこも良い印象を受ける言葉しか書いておらず、申し込んでからのトラブルを招く一因とも考えられます。

金策の手段として利用を検討する方が多いかと思いますが、最近では「余った」ギフト券の買取を謳い文句にするAmazonギフト券を用いた換金業者も登場しており、パッと見の初見では同じ与信枠の換金であるのに「この方法なら大丈夫」という誤解すら感じます。

内容は違えど申込み時に業者より要求されるモノがあります。

本人である事の確認をする為の一式なのですが、これを示すことが出来なければ申込みを断られてしまう事になるようで、その他にも利用が出来ない諸条件についてまとめました。

これらは各業者の手続き方法に基づきますので、還元方式や買取方式にキャンセル方式など、手段や取引内容もすべて同じで無いので断定した否定が出来ませんがいずれも会員規約に反する利用方法である事に変わりありませんので、基本的に利用しない事が最もオススメです。


  • 対象物はありますか?
  • そもそもクレジットカードを所有していなければ無意味です。

    「VISAとか付いている磁気カードでしょ?」という事でも無く、クレジットカードで無くてもデビットカードや電子マネーに付属されている場合も有りますので、コレが付いていれば全て大丈夫という事はありません。

    デビットであれば与信枠でなく自分の口座残高が上限金額ですし、電子マネーもチャージした分しか利用できませんので業者を利用する意味がありません。

    また、カードそのものを郵送したり手渡しを求められる業者の利用につきましては、自身の会員規約違反に加え、第三者による不正利用または偽造等される恐れが有りますので、ゼッタイに手続きを進めないようにしてください。

  • 上限を超える利用は出来ない
  • どのような状況で何に利用するのかは人の勝手では有りますが、必要な金額が高額である場合には利用できない可能性があります。

    それは、前述した肝心のクレジットカードの利用残高が不足している可能性が有るからです。

    支払いが滞る事は誰もがストレスですし、相手先にも迷惑が掛かる事ですから切羽詰まっている状況に陥っていると、約1か月後に迎える請求書・引き落とし日については考える余裕も無いかもしれません。

    だからこそ各情報サイトでも注意喚起が行われているというのが実態で、既に収入と支払いのバランスが崩れている者が健全な経済環境を取り戻す事が出来れば良いのですが、立て直す為に利用されるべきお金が私利私欲に流れる使い方をすれば破綻する事は明白でしょう。

  • 他人の所有物は利用してはいけない
  • 実際に業者に問い合わせを行い、手続きを進めてもらうにあたって本人確認が求められます。

    所によっては確認用提出物を相手に提示しなければ、問い合わせ対応を行わない業者も有りますのでご注意してください。

    当然、家族や知人のクレジットカードを利用する事はいくら承諾を貰っているとしても認められた行為では無く、カードは他人で受取先は自分というパターンも利用出来ないようです。

  • 土日や祝日といった銀行営業日に注意
  • 検索すれば出てくる業者の手続き方法にも有りますが、多くの場合で金融機関の振込対応が取られています。

    手渡しで受け取れるという事では無いので、全国各地でも利用が出来る事をメリットとされているようですが、金融機関は24時間365日営業をしているワケではありません。

    業者が指定する口座があれば同じ金融機関同士の取引により、営業時間外の取引もリアルタイムで確認する事が出来ますが、平日も15時以降の取引が翌日以降の扱いになる事についても気を付けましょう。

  • 無収入の場合には断られることも
  • 収入が無いのにクレジットカードを所有している方は、専業主婦や求職者、未成年者に学生が挙げられます。

    未成年者の利用については出来ない事を条件とする記述が確認出来ましたが、同様に決済後の支払いが出来ないと予測される上記に該当される方については断られる事も想定できます。


hikakugadaiji

他人名義でも利用できる、本人確認が無いクレジットカード現金化業者は優良ですか?

サービス自体がグレーとされ、取引内容によっては検挙される業者も居る中で店舗も数多く確認が出来ます。

当記事をご覧になっている方であれば、この見出しの答えを導き出せているはずです。

他人名義を請け負う業者があろうがなかろうが、業者を比較する事は必要不可欠です。

ネットのみならず、実際に足を運んで手続きをする事が出来る業者も繁華街の目立つところで堂々と看板を掲げていたり、屋外看板の広告枠に掲載されていたり、クレジットカード現金化ながら古物商番号を掲載して営業をする買取業者が有る事から、なぜ営業が続けられている(認められている?)のかは幾ら調べても確認が出来ません。

ただし確実に申し上げる事ができる事は、利用する事で金銭的なメリットは「一時凌ぎ」を得る事に過ぎず、これが積み重なってしまっては支払うべき請求額が膨れ上がる一方になり兼ねません。

1か月後2か月後の経済環境を想像しましょう・・・本当に申込みをする必要はありますか?

今一度ご確認を。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選