クレジットカード現金化業者以外にも儲かっている所とは

クレジットカード現金化業者以外にも儲かっている所とは

便利な事だけはわかるけど

クレジットカードのショッピング枠現金化では、その字の如く「クレジットカード」である事が絶対条件です。

しかし、このようなサービスって誰でもそんなこと知っていますかね?

グレーな現金入手方法で有るが故に、このサービスを業とする店舗は優良店もあれば悪質悪徳なところもあり、年に1回位の割合でニュースに挙がるくらいで、ヤミ金やその他融資投資詐欺と比べると絶対数として、業者の数や利用者はもともと少ないと考えられます。

この仕組みはクレジットカード現金化業者と申込み希望者の双方において、Win-Win(両得)の形態となっているため、問題に上がる事自体がそもそも無いことも考えられますが、無店舗型と実店舗型の両方に言える事なのですが、いざ手続きが進むと最初に言っていた条件と違っている事もあるようで、そのような不誠実な対応をする店舗の利用がトラブルの発端となるようです。

私自身、元質屋の従業員でしたのでいろんなお客様を見てきたのですが、もちろんクレジットカード現金化を目的とした方も来店が有りました。

当時、駅前に店舗を構えていましたので女性客が大多数でしたが、頻繁にリピートしてくださる方がチラホラ、よくよく話を聞くとブランド品を購入して持ってきているとか、そのような方々は店によって足元を見られてしまい、買取率を下げるところもありましたね。

在庫と販売の兼ね合い、つまり需要と供給の存在が買取価格を決定つける要因ですが、買い取った商品を再販売する際の値段との差額がその買取業者の粗利になるのですから、少なくとも赤字にならず、その依頼者からどれだけ低い値段で買い取る事が出来るかが店員の営業テクニックです。

これはあくまでリサイクル業に関してのことであり、クレジットカード現金化業者も中には古物許可を得て営業している事をアピールしているお店もありますが、あくまでも換金に扱ぎつけるための手段にしか過ぎない事と考えていいのかもしれません。

このように、クレジットカード現金化によって利用者はお金を手にするメリットと買い取る側のメリットが生まれるワケですが、それ以上に儲けを出しているのが実はカード会社なのです。

  1. クレジットカード決済を利用できるようにする為の加盟店手数料
  2. これは利用先の店舗が負担することになるモノで、たまに「クレジットカード決済は●%プラスされます」なんてお店を見たことはありませんか?決済手数料の高い業種や、薄利多売のビジネスモデルの業者に多く見られます。

    利用者の見えないところで掛かっているお金が存在していたのです。

  3. カードホルダーの利用金額によって得られる金利
  4. 与信枠を発行元の会社から与えられているのですが、その支払い方法は指で数える程度しか無い中で、代表される「一括払い」「分割払い」「リボ払い」。

    一括払いと、分割払いでは2回までは金利は掛かりませんが、それ以降の回数とリボ払いについては定められた利率に基づいて利息が発生します。

    よく、リボリボとテレビコマーシャルでやっていますが、この利益を得たいが為の広告に過ぎませんので、表向きはキレイに見えますが、裏を返せばやっていることは貸金業の広告と一緒です。

    実際に2006年度に寄せられたリボ払いに関する国民生活センターの相談件数が、2015年度には4倍以上にまで膨れ上がっているとしてメディアで記事になるくらいに問題視され始めています。

  5. 会員って何?みたいな年会費
  6. もちろん無料のクレジットカードもありますが、ステータスや付属するサービス内容が充実している事によって掛かる事が多いです。

    当然、クレジットカードを頻繁に使う人や特典をうまく活用できる人にとってはこの上ないサービスなのですが、経済環境は常に安定を保証されていませんので収入が少なくなったりしたときには潔く解約する事をお勧めします。

    これすごいですよ、持っているだけでお金が掛かっているんですから。

    身の丈に合った選択をしなければ、ただのお金をあげているだけですよ。

どんな業者で利用してもカード会社は利益を得ることが出来ますし、人々は便利になったサービスに「飼いならされている」というのが現代人でしょう。

さらには現金では無いが現金に相当するものとして「ポイント付与」をする企業が相次いでおり、キャンペーンなどと称して特定期間や特定サービスを利用すると〇〇倍になるなんてことを目にする事がありますが、それは企業側が購買を催促するキャンペーンという名の営業方法であり、選好の逆転をさせる為のデザインや広告文になっています。

お金の引き換えに沢山の事が可能になり、手に入れる事も出来ますが、お金はもちろんお金に取って変わるものについても、湯水の如く湧いて出てくる人なんて極々少数の人間ですから、計画的に使わなければお金に苦しめられることになるでしょう。

sonnakotonaiyo

すべてのサービスは無料ではない

クレジットカード現金化業者を比較しても、手数料が無料のところは存在しません。

これは断言できますし、閲覧中の方が業者に電話して見ればすぐにわかる事ですし。

たしかに業者間での換金率は同一経営者でもない限りは異なるはずですが、基本的に換金を希望するお客さんがそこに申し込みをしないと売り上げに繋がりませんので、あまりにも低い換金率で行われている事は数少ないと推測されます。

当然、その業者が最初から詐欺目的でいるならば、最初はよい事を言っておきながら実際には手数料という名目で詐取したり、とくにAmazonギフト券で問題になっているようですが振り込まれないということ例も口コミから確認することが出来ます。

我々一消費者が購買する事で企業は利益を生み出し収入を得るということの繰り返しですので、消費者に利益が生み出されることは無く、「消費者は消費者」ということが世の中の縮図ですから、サービスを提供する側や関連するところに利益がもたらされるのは当然の事で、クレジットカード現金化は非常にその事が目に見えて分かり易い業態であるでしょう。

「求めている者が居るから提供する者が要る」ということ。

この手のサービスに申込みをしようとしている時点で「時すでに遅し」かもしれません。

さらに換金を希望したことによって発生したトラブルにおける責任を取引した業者に押しつける事は出来ず、とくに所有者に定められている利用規約に抵触する可能性が高い事からとくに責任があるとする見方が一般的にあります。

得た現金を何にお使いになるのでしょうか?各々の状況まで私は分かりませんが、よくよく考えると我慢できる出費の可能性も「無きにしも非ず」ということもあるのでは。

なかなか周知が進んでいないようですが、これまで現金決済が主流とされてきた家賃や国税、医療費関係もクレジットカード決済で支払う事が可能になっている時代で、未対応業種は無いと言えます。

時々、当クレジットカード現金化比較DXにおいて「店を使わずに出来ないか」という質問が寄せられてきます。

街中のスーパーは原価のまんま売りますか?コンビニはスーパー以上の価格を上乗せますが、それでも利用者が居て全国に所在するのはなぜですか?あなたは何事も素直になれないひねくれ者ではないでしょうか。

余計なお世話かも知れませんし、人によっては煙たがられる意見かもしれませんが、誰だって手数料を取られるのは嫌でしょうが、この考えを持ちながら生活する事は不可能、何も買えませんし何も得る事は無いでしょう。

このような事実を踏まえた上で利用しているか利用しないかはあなた次第です。

-クレジットカード現金化
-

執筆者:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化と景品表示法の関係とは?

「これを飲めば絶対に10kg痩せる!!」なんていう広告を見たことありませんか?ありますよね。 世の中にはさまざまな広告がありふれており、その中でも「これって本当なの?」と疑問に思う広告もあります。 と …

クレジットカードでお金借りるには?どうしたらいいの?

目次1 クレジットカード現金化でしたらスグ現金が手元に入ります2 クレジットカードを担保にする事では有りません!3 債務整理中、もしくは自己破産でもイケちゃうの?4 「借りる」でない事は分かったぜ、法 …

クレジットカード現金化はゴールデンウィークでも利用できる?

ゴールデンウィークは日本における大型連休の1つですが、季節的にもレジャーや観光、旅行など出費がかさむことが予想できます。 ゴールデンウィークでの出費において、クレジットカード払いできるものであれば支払 …

クレジットカード現金化する必要が無い支払い項目まとめ

目次1 クレジットカード現金化業者を利用せずに済むかも1.1 中古車1.2 賃貸1.3 税金1.4 医療費1.5 私利私欲の金策はダメ、ゼッタイ。2 まだまだある!2.1 おパンティーでキャッシュレス …

クレジットカード現金化の手数料とは?

どんなサービスにおいても、サービスの運営目的は利益を得ることです。 銀行であれば振込手数料、コンビニATM手数料という形で、不動産などであれば、仲介手数料など、営業をする上でどうしても手数料というのが …