未成年がクレジットカード現金化をすることはできますか?

未成年がクレジットカード現金化をすることはできますか?

平成27年の6月に公職選挙法が改正され、選挙権が18歳まで引き下げられたのは記憶に新しいですが、国際連合においても、下記のように定義されます。

児童とは、18歳未満のすべての者をいう。ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達したものを除く。(ユニセフ)

18歳以上は子供でないとしているのが世界基準。

日本では公職選挙法に引き続き、民法が改正され、これまでの「20歳以上が大人」から「18歳以上が大人」になることが可決、成立しました。

2018年06月13日に民法改正で成人年齢が引き下げが決定!

国会議事堂

142年ぶりに解釈が変わる

1876年「太政官布告」で満20歳と成立してから、142年ぶりに変わるのですから、クレジットカード現金化と未成年についてだけでなく、民事上における大人の解釈が変わります。
2022年04月01日より施行されるため、いま現在は準備・移行期間ということです。

2018年07月更新:改正が決まって間もなく切り替わることはありませんが、将来的にそうなることが決まっていることから、周知の意味も込めて再度追記しています。大人に対する定義以外にも改正されていますが、ここでは焦点を絞ってご紹介します。(2018年07月現在、少年法についてはまだ審議中です。)

2022年04月01日を迎えるまでは20歳以上が成人であることに変わりはないのです。

この記事を閲覧されている方は、未成年の方が多いかと推測していますが、未成年ができる金策は残念ですが何もありません。

それでも将来は未成年と関わりを持って生きていくのですから、何も関係がないことはなく、改正によって変わることを知っておくとタメになるはずです。

20歳以上から18歳以上が成年扱いになると??
変わる
18歳から◯◯
変わらない
◯◯は20歳以上から

  • クレジットカードを所有することができる

  • ローンを組める

  • パチンコが遊べるようになる…など


  • お酒・タバコ

  • 公営ギャンブル

  • 養子縁組により養子をとること…など

比較サイトの中には、下記の様な広告文を掲載されていることがあります。

  1. 未成年でもクレジットカード現金化を利用することができる
  2. 18歳・19歳でも受付をしている業者はこちら
  3. 民法改正によって18歳以上からクレジットカード現金化ができるようになった

すでに先ほどの表を見ていただいている方であれば、その比較サイトの情報が間違っていることに気付くことができるでしょう。

①・②については、数年前と比較して淘汰されているものの、③の情報を掲載している比較サイトと、③を誤信・悪意のいずれであっても未成年が利用できる業者は危険です。

これから下記に長々と、クレジットカード現金化と未成年の関係についてご紹介していきます。

クレジットカード現金化は未成年でもできる?

よくある質問として、『未成年はクレジットカード現金化を利用することができるのか』があります。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、未成年の場合ではキャッシング枠を利用することはできません。

高校生を除く18歳以上はクレジットカードを持てますが、申し込み・発行条件を見ると、『18歳以上(高校生を除く)』と記載されていることが確認できます。

ただし、18・19歳の場合は未成年ですから、法定代理人であろう親権者の同意が求められます。たとえ未成年が高収入を得ているとしても、これは法律で決められていることです。

大学生や専門学生といった学生であれば、学生カードなどの種類があるように、未成年に対してのクレジットカード発行は少し特殊であると言えるでしょう。

なぜ未成年の親の同意が必要なのか、法律で決められているからということもありますが、それは支払い遅れや滞納という何かしらのトラブルになった際に、最後の砦として親がいることで信用を確保する為です。

基本的に未成年(とくに学生)であれば、安定した収入を得ている訳ではないので、社会的信用はほぼないといってもいいでしょう。

その信用の担保として「保護者の同意」を条件に未成年にクレジットカードを発行しています。

キャッシング枠は即日で現金の借り入れができる枠ではあり、未成年であってもお金が急に必要になることがあると思いますが、一般の消費者金融や審判会社などでは未成年に対してお金を貸してくれるところはまずないでしょう。

消費者金融が未成年にお金を貸さない理由

民法上の未成年

本人がなにを言っても、経験・判断能力が未熟であると判断されるのです。
たとえば、未成年がお金を借りて全部使ってしまっても、親の同意がなかった時点でその契約は始めからなかったのものとして契約はさかのぼって無効

学生ローンなども親の同意が必要になる為、急な出費や親に内緒でお金を手にしたいという人が、未成年でもクレジットカード現金化できるのか、という質問をするのだと思います。

貸金業者から借金をする場合には法定代理人の同意も審査に入る一方で、クレジットカード現金化には審査が不必要。

未成年が「親の許可なしで金策できるのでは?」と考えるのも当然ですね。
たとえ学生カードであっても、ショッピング枠が付与されていれば立派なクレジットカードですから、

「未成年を断る」と明記する業者は少ない

お金の無い状況に陥るのは、年齢や性別に関係なく誰にでも起こり得ることです。

とくに収入の少ない若者やシニア世代、とくにシニア世代に関しましては「これまで現役時代に貯蓄をしてこなかった」、「年金の支払いをしなかった為に働き続けなければならない」という自業自得と言える過去の身の振る舞いから招く契機もあります。

若者に関しましては、社会人に成り立ての頃から一人前の給料を手に入れることはどんなによい学歴であっても、外資系企業など余程よい企業に就職することができなければ、贅沢や余裕のある生活を手に入れることはできません。

実は未成年でも高校生を除く18歳以上であればクレジットカードの発行を申し込みすることができます。

  • 学生専用プランのクレジットカード
  • 在校生・OBだけが所有することができる条件もあり、その希少価値と学校側へもたらされる利益を学校の為に使って欲しい、学校関係者しか持てないというプライスレスが受けている様子。

  • 勤務先の会社が社員の福利厚生の一貫で持たせる
  • 個人事業主・大中小と企業の規模間を問わず申し込みすることができ、申し込み時に社名を表すアルファベットが打刻できる。(とくに指定が無いと「BUSINESS」と打刻)

  • 家族カードの発行
  • 前述した法人名義と同じように、所有する人の名義がクレジットカードには記載されるものの、支払い・引き落としは申し込みをした時の名義人(たとえば親)。

このように条件さえ噛み合えば、未成年者でも所有することは事実上可能なので、クレジットカード現金化も利用できることが予想できます。

業者が判断する項目
  1. ショッピング枠の残高が希望予算分残っているクレジットカードの所持
  2. 持っていないと門前払い、残高が無くても無意味。

  3. 身分証明書等で、本人確認が可能
  4. 他人が利用しようとしていないか、偽造や不正取得されたモノが使われていないかの確認。

多くの業者でに目にする共通点は上記の2つです。

業者によっては、「特定の国際ブランドに対応ができない」・「即日がムリ」など、その一つとして「未成年者の利用制限」も挙げられます。とくに買取式を用いているクレジットカード現金化業者では、請け負うことができない理由は明白です。

古物商営業許可を取得していることにより、古物商業界の規則として未成年者からの依頼は、「保護者の許可を求める」・「もしくは一緒になって申し込みをしてもらう」という方法であれば可能です。

が、クレジットカード現金化にいたっては親子揃って子供の名義で利用する親なんて…いるはずもありません。

そのため、還元式と呼ばれる通常のショッピングと同じ取引で換金できる仕組みであれば、商品取引の観点から見れば問題無く利用できます。

これは実際に可能か、当編集部で未成年として申し込み・問い合わせを試みました。

還元式なら未成年でも…?

ダメでした。どのお店でも断られました。
おそらく利用後のトラブルに関して責任の所在が未成年者の保護者に及ぶことで、取引を熟知していない保護者が知ったことで面倒くさくなることを危惧している、つまり業者側の都合で断っていると推測することができました。

「クレジットカード現金化と未成年」をまとめると、未成年は業者から断られる

結論

未成年はクレジットカード現金化を利用することができません。
大半の業者は未成年の利用を断っている理由として、「未成年は利用後のトラブルが起きやすい」と予測できるからです。

クレジットカードは使った分を支払う必要があるワケですが、これはクレジットカード現金化業者を利用した請求でも同じこと。

立替払いをしてくれたカード会社に対し、支払うことができない場合には利用停止になって当然です。

未成年者は、とくに学生であれば親からの経済的な援助を受けていることが多いかと思いますが、支払いに困った場合は最終的には親を頼る他にありません。

そこでクレジットカード現金化の利用が発覚すれば、親としては黙ってはいないでしょうし、業者としては、保護者と発行元の会社を相手にいざこざが起こることだけは避けたいはずです。

業者は上記のトラブルを避けるために未成年の利用を断っています。

まともに営業をしている業者であれば、未成年であろうとなかろうと、クレジットカード利用分の支払い能力に問題がありそうな利用者は断るはずです。

未成年の利用でもOKという業者を、分け隔てなく誰でも利用ができる優良店と解釈しないでください。

できるというところはまず悪徳業者の可能性が高く、たとえば、できるといいながら情報だけを送らせて、その情報を売るという詐欺・違法な手段で金を儲ける業者がいます。

クレジットカード現金化の比較サイトの中には、未成年でも利用可能と受け取りかねない文言で業者を紹介しているところがあります。いい加減な比較サイトでは、広告費目的で未成年の利用ができると適当なことを書いているので要注意してください。

未成年の方は勤労によって得る収入を大切に

18・19歳は未成年でありながら、クレジットカードを持てるという大人の一歩手前の状態です。

クレジットカードをもつということは、即ち大人であるということではありません、利用した分をしっかりと自分の稼ぎで支払えるからこそ大人であると言えるのです。

当たり前ですが、お金が必要なら働かなくてはなりません。

これは未成年に限ったことではなく、クレジットカード現金化を利用する上でショッピング枠を使うということは、債務が発生していることになるワケで、収入がある中で利用しなければ債務地獄が待っていることは目に見えています。

未成年、とくに学生の内は、アルバイトなどの労働でお金を稼ぎ、社会の仕組みを学びましょう。

クレジットカード現金化業者でお世話にならないための知識として覚えて、人と比較することなく身の丈にあった経済環境を維持してください。

未成年者の方がお金を必要とする状況は、学生であれば仕送りやアルバイトで工面する・奨学金を利用することで学生としての必要最低限の生活を送る事は可能です。

そもそも勉強することが学生における「仕事」であり、実際にそうやって今までの学生達は過ごしてきたわけですから、何の苦労も無く生活を送る事ができない、社会に出る前のちょっとした予習と理解しましょう。

未成年の中で、学生でなく社会に出た方は就職をされていない方もいらっしゃるかもしれませんが、働かなければ生活を送る事はできませんし、学歴や職歴が浅く仕事に対する技術や経験が浅いうちから高収入を得る事は不可能と言っても過言ではありません。

就職し、クレジットカードを持っているからクレジットカード現金化を利用しようと、例え未成年でも実行する事が出来たとしても、その支払いを少ない収入の中でやり繰りしていかなくていけない状況にはたして耐えることは出来るでしょうか?

多感な時期に債務付けになる生活は、その後の人生の為にもお世辞にもよいこととは言えません。

「クレジットカード現金化+未成年」と検索窓で調べてみてください。

未成年者でも、利用可能なクレジットカード現金化があるかのように謳う比較サイトやランキングサイトが存在しますよね。

これ全部、広告報酬を目的とした悪徳運営者として理解してください。

業者に申し込みが入ると、運営者は報酬を得られる仕組みとなっており、そこで利用できようが断られようが比較サイト運営者は、関係なくお金を得ているのです。

我々消費者の立場で作成されていない情報ばかりが乱立している実情を頭に入れ、未成年者は人生を棒に振らぬようコツコツと努力と節制を積み上げるしかありません。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化は無職や休職中のフリーターも大丈夫 ?

クレジットカード現金化は、あくまでも経済的に困窮されている方や正規の金策方法では取り合ってくれなかった様な方々に利用されていると言われています。 手元に現金がなく、即日でどうしても現金が必要になった時 …

メルカリでクレジットカード現金化をする為に

メルカリでクレジットカード現金化業者として出品していた方々が逮捕されました。 それでも、換金をしようとした人に対する処分等については何も報道がありません つまり、メルカリでクレジットカード現金化を利用 …

クレジットカード現金化は個人情報が流出する?

日本では2016年にマイナンバー制度が開始されましたが、マイナンバーを導入する際のリスクとしては、マイナンバーによって統合されたあらゆる個人情報が流出しないかということが懸念されています。 個人情報は …

クレジットカード現金化の手数料とは?

どんなサービスにおいても、サービスの運営目的は利益を得ることです。 銀行であれば振込手数料、コンビニATM手数料という形で、不動産などであれば、仲介手数料など、営業をする上でどうしても手数料というのが …

クレジットカード現金化で悪徳業者は本当に存在するのか?

時代劇を見ていると、悪代官が悪い顔をして悪巧みしているようなシーンをよく見るとは思いますが、あれはあくまで時代劇の中の話です。 しかし、現代の日本においても悪巧みをして世の中の人々からお金を騙し取ろう …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

Amazonギフト券現金化業者一覧

あ行
か行
な行
は行
ま行

優良比較サイト2選