クレジットカード現金化比較サイトは、あえてランキング下位から

クレジットカード現金化比較サイトは、あえてランキング下位から

クレジットカード現金化業者を掲載している比較サイトのほとんどは、店舗を持たないタイプの業者の掲載に偏っています。

それだけでなく、ランキングに掲載される業者が比較サイトが異なると順位も違うということもありますが、この順位の違いが生まれる背景について調査しました。

比較サイトの情報を鵜呑みにしてきた方や、疑問を抱いていた人の答えになると思います。

クレジットカード現金化比較サイトの下位は酷評されている!?

比較サイトを閲覧しますと、消費者心理として上位以外は興味が湧かないということがあります。

オススメを見えれば優良店を探す効率が上がる・・・はずですが、そもそもその比較サイトのランキングをなぜ信用してしまうのでしょうか?

見るところが違えば順位も違うだけでなく、発信される情報が業者をベタ誉めしたり、他の比較サイトでは評判がよいのに、とある比較サイトでは悪い口コミが書かれている場合もあります。

「ランキング」という仕組みから、なんらかの項目で優劣を決めなければ順位が決まるものではありませんので、特定業者をオススメしたい時は他社を悪く評価しなければ成り立たないのでしょう。

クレジットカード現金化比較サイトの現状について知ろう

現在、クレジットカード現金化をご利用中の方は、ネット上で取引出来るお店ですか?

それとも足を実際に運んで手続きを行うお店でしょうか?

これから正に申込みを比較検討中の方についても、どちらを利用しようとお考えでしょうか。

検索窓で「クレジットカード現金化」「クレジット現金化」などと検索をしてみると誰でも確認をする事が出来ますが、ほとんどの表示結果はネットで行う仕組みのお店が圧倒的な数を占めていることが分かります。

実店舗については、検索結果のページを何ページも進まないと目にする事が出来ないくらい、ネットで申込みをするクレジットカード現金化業者に押されている様子です。

比較サイトが報酬を出して他人に記事を書かしている

お店のホームページはもちろん、当クレジットカード現金化優良店比較DXのような「比較サイト」と呼ばれるページも多く存在していますね。

とくにそのようなサイトは、お店をランキング形式にして紹介されていたり、実際に利用した方と思われる口コミや体験談が並べられているとされ、一見はすごく信頼出来る印象を受ける内容となっています。

しかし、このタイプの比較サイトに限って口コミや体験談を投稿できるフォームが存在しなかったり、問い合わせ先の記述も確認出来ず、一体どうやって利用者からの情報を募っているのかわからないところが有ります。

常にこの業界を調べていると、たまに面白い情報を見る事ができます。

記事を数百円の報酬を出してクラウドソーシングのサイトで募集をしているのです。

記事だけではありません。

比較サイトを運営しているのですが、検索順位を上げてくれる人の募集など、1サイトだけでなく複数サイトが募集をかけている事を確認しました。(もちろん当サイトではすべての記事はオリジナルで記述しています)

掲載料を募っているクレジットカード現金化比較サイト

中には書き込みが出来るフォームは有るけれど、実際に投稿のボタンを押しても反映されない、または書いた内容と違う内容が表示されたり、書いた内容が後から消されるという場合もあります。

とくにお店を批判的に論じた口コミや体験談は消されやすい対象とされており、明らかにステマっぽい投稿に関しては連続した投稿、スパムと認められない場合には消されずに掲載されている事が多いようです。

これらの行為が行われている背景には、比較サイト管理者が広告料金を募って掲載を募集している背景があります。

クレジットカード現金化は、フリーペーパーや雑誌などの各種紙媒体を始め、大手メディアサイトやリスティング広告などのWebページでは掲載基準に抵触する案件として多くの場合には、広告主側でNGとして扱われています。

あまり世間的な認知度が低い事が頷くのではないでしょうか?出会い系サイトや近年流行のポイントサイト、ギャンブル系についても同様に規制対象として扱われやすいようです。

その為か、広告料金を募って掲載依頼を待つ比較サイトが存在し、報酬を得るために実際の取引内容なんて知ったこっちゃないけど高いお金を払ってくれた順番でランキングは決めていると、堂々と募集要項を掲載しているところが有ります。

クレジットカード現金化業者はランキング下位の方がよいかも!?

kaigaii

業者を比較する事はもはや当たり前になってきていますが、これからは比較サイトを比較することがより安全な換金方法と言える時が来ているのかもしれませんね。

とくに新進気鋭のAmazonギフト券の換金に付きましては、業者の数が多く明らかに広告であると感じるサイト構造やリスティング広告と言われる誰もがお金を払って掲載出来る有名広告に載せている事がありますので、意図的に作成された広告文には十分に気を付けてください。

前述したように世の中に認知してもらう為の手段が無い訳ですから、こうした方法で露出されている事については納得が出来ます。

掲載順位は金払いのよい所が1位・・・ということはそれだけ儲けが有る=換金率が悪いもしくは本当に人気店である、という事が考えられますが、別に申し込んだ先で必ず利用をしなければならない、なんて強制力は存在しません。

しかし、掲載料金を募っていた場合には、お店の数が多ければ多いほど広告主側が儲けを得ていると考えられますので、明らかに10も20も確認される比較サイトの閲覧は「戻る」を押すか「閉じる」を押してもよいかもしれないということです。

中にはお店側で掲載してくれる方を募っている場合もあり、在宅ワークなどと称し報酬を出して記事を書いてもらう比較サイトまで有ります。

クレジットカード現金化比較サイトの評判だけで決めないでください

どんなに検索結果が上位表示されているところだから安心である保証が無いのですから、まずは目についたページを開き、情報量が豊富で有るか否か、掲載数が絞られているところだけに絞り込み、各ランキングの下位から順番に申込みをしてみてください。

いろんな事を研ぎ澄ましてみて、こうした逆転の発想で物事を考えてみますと、この仮定はたしかにあり得る話ではないでしょうか?

最終的に1位のクレジットカード現金化業者がどのような換金率で、1位に相応しい店員の対応であるかどうか、これが一番比較方法としてBESTではないでしょうか?

そもそも口コミや体験談のそのものを疑った方がよいのかもしれませんね・・・誰だって実はこんな金策しています、なんて自ら話しても何の自慢話にはなりませんし。

国民生活センターが発表すす相談件数は軒並み減少傾向ですが、それでも0件では無いですから、これまで通りサービス自体の利用はもちろんのこと、慎重に比較するように注意してください。

それでもクレジットカード現金化比較サイトで評価されない業者は酷い

意外とどの比較サイトでも平均的に評価される業者は、やはり総じて換金率や対応もよい印象があります。

調査上、何十サイトもの比較サイトを閲覧していますが、業者の存在は確認できても比較サイトではまったく評価の対象とはならない残念な業者があります。

そのような業者は換金率云々以前の問題で、接客対応に難があるのが共通していて、威圧的であったり、比較する側からの質問に対して煙たがって返答に応じないという特徴がありました。

また、換金率について大幅に異なるという印象がありませんでしたが、曖昧な表現や明らかに誤魔化しそうとしている、換金方法の仕組みに違法性がありそうなど、あまり見かけ無い業者ほど怪しい雰囲気が感じられました。

それでも、一昔前の比較サイトよりも現在の比較サイトの方が情報量が豊富であり、なぜその順位なのか明確に記述する表示が増えています。

-クレジットカード現金化

執筆者:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化に年齢制限はある?

世の中のサービスには年齢によって制限が設けられるモノがあり、それは法律や年齢に対する社会情勢、サービスの内容によって変わってくるものではあります。 とくにお金に関することは成人しているかどうかや、収入 …

クレジットカード現金化はボーナス払いできる?

ボーナス・・・いい言葉ですね。 企業にもよりますが、利益を出している会社は従業員に月の給料とは別に賞与としてボーナスを支給しています。大体ボーナスの時期としては夏と冬が一般的ですね。 ボーナスの額とし …

公安委員会は認めているのか?

謳い文句に許可店を謳うクレジットカード現金化業者の存在目次1 謳い文句に許可店を謳うクレジットカード現金化業者の存在2 誰でも申請出来る3 なぜ買取業に許可が要るのか 急な出費になんて枕詞でおなじみの …

クレジットカード現金化の手数料とは?

どんなサービスにおいても、サービスの運営目的は利益を得ることです。 銀行であれば振込手数料、コンビニATM手数料という形で、不動産などであれば、仲介手数料など、営業をする上でどうしても手数料というのが …

クレジットカード現金化の上限額とは?

食事は腹八分で医者いらず、何事にも限度があり、その上限いっぱいになるよりは手前で止めたほうが理想的ではあります。 殊に、お金に関することでを上限を見誤ると失敗しやすいということがあります。 クレジット …