クレジットカードカード現金化の支払い方法は?

  • 2017/04/17
  • リスク
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

クレジットカード現金化の支払い方法について、業者のホームページ上ではアバウトに掲載されているだけで、本当に大丈夫なものか不安に感じた事はありませんか?

支払い方法で懸念される事項をまとめましたので、少々長いですがご参考になれば幸いです。

現金化でも支払い義務が有るのは自分自身!

クレジットカード現金化業者の利用においては、キャッシング枠では無くショッピング枠の与信を利用する仕組みですから、支払い方法には選択肢があります。

いくらキャッシングの金利よりもショッピング枠の金利が安い事は間違いありません。

しかし、換金率が100%と仮定された場合の話で有り、決済金額と手元に残る金額の差額から考えますと必ずしもお得とは言えない事が分かりますね?

業者も手数料が掛かるようで丸々利益とする事は出来ないでしょうけど、消費者の観点からすればコレは知る由も無く関係が無い事です。

それでも現金が必要とされる方が多いのか、いまだにこの手のサービスは金券ショップやブランド品、Amazonギフト券などの媒介物を利用し、表向きの業態は健全な形を装って運営されているところが多く、結局何が良くて悪いんだか分かりにくいサービスですね。

どの業者も共通して、大多数の割合で電話での直接取引を求められる対応が多いのですが、これは各店舗、店員によって対応が雲泥の差とも言える内容で、中にはとても威圧的な表現や感情を感じ取れる話し方もいらっしゃるのか、他比較系サイトでは「接客ランキング」なるものまで掲載されています。

この良し悪しは分かりませんが、クレジットカードの使い方が詳しくない人が利用した時に何らかのトラブルに巻き込まれたり、意図していない結果を招くことになり兼ねませんので、相手方に不安に思っている事や些細な事と考えている点も遠慮なく聞いてみると判断が容易です。

また、クレジットカードそのものは自分自身の名義で有り、業者のモノでは有りません。

一括では支払いが出来ない状況にも関わらず、店員に促されるまま手続きを行い現金を手にしたのは束の間、引き落とし日には綺麗サッパリ引き落としされて困ってしまったという状況も情報に疎い方ならあり得る話ではないでしょうか?


  • 一括払い
  • 次回の引き落とし日に一回で支払う仕組み。

  • 分割払い
  • 回数に分ける形ですが、対応してくれたりしてくれなかったり、クレジットカード現金化に関わらず買い物先や飲食店でも応じないところもありま

  • リボ払い
  • 支払い金額を一定額に出来ますが、消費者側で1円単位まで決められるという事ではなく、利用額に応じてあらかじめ支払い金額プランが発行元から用意されていることがほとんど。

  • ボーナス払い
  • ボーナスが出る会社も今は少ないのではないでしょうか?それに予定されていたボーナスが無くなる可能性もありますし、金額が保障されている事も無いでしょうから、この方法を当てにする方は少ないのでは。


本来知っておかなければいけない事が欠落していては、発行されたものが行う義務「自己管理」を怠っていることと同じですから、所有している以上は必要最低限の知識は覚えておきたいものです。

otoshianaga

健全な支払い方法?一括払いでもご注意を!

金銭面的に一番手数料が掛からない決済方法は一括払いと言われています。

約30日間ほどの利用日をひとまとめにして請求額が確定されるワケですから、まとまった金額を分割やリボ払いにしますと、また翌月も同額程度の利用をした際には、これもまた支払いを分ける手段を講じることになりますから、過去の負債を次々と積み重ねる事になるからです。

ひょっとすると、たった一回の選択がカード破産に繋がる事も危惧され、審査が比較的緩いとされるリボ払い専用クレジットカードまで誕生していますので、表向きはまともな印象を受ける会社であっても、サービス内容をよく確認した上で所持していない事は大変恐ろしい事です。

しかし、通常の現金取引とは全く同じで無い仕組みですから、一括払いに関しても割賦販売法で定められている細則があります。

クレジットカード現金化を利用される方であれば、特に留意しておくべきコト。


  • 割賦販売法の対象外
  • 支払い方法につきましては、各クレジットカード会社が定める規約とその規約より上位に位置される割賦販売法の基で定義付けされています。

    割賦販売法では、消費者が支払いの抗弁が可能とされる権利を「抗弁権」と言いますが、一括払いは対象外とされています。


つまり、一括払いのまま請求が確定された項目については、消費者が反論する余地が無いということで、購入した商品やサービスに何等かの不備が有っても取り消しをする事が出来ないということ、保護が出来ないということ。

これはネットショッピングが一般的な認知を獲得してきた近年において、トラブルの中でも目立つ内容として年々の相談件数が増加し現在注目されている事柄となっています。

だから利用明細はしっかり確認する事が大切な理由で、「あとで支払い方法を変更しようと考えていた項目をつい忘れてしまって」という理由から請求内容確定後の変更が出来ることはないでしょう。

東京オリンピック開催に伴って進む、世の中のキャッシュレス化。

近い将来は一括払いに関しても消費者保護を明確とした法改正があるかもしれません。

それは後先考えた上での申し込みですか?

お金の悩みは人が生きていく上で一生付き合っていかなくてはいけない、言わば持病みたいなもの。

学生であれば学費に生活費、学業に時間を取られフルタイムで働ける環境には程遠いですから、自ずと所得を増やすことは難しく、しかし社会人におきましても業績不振や休職中、療養中他何らかの理由で所得を得る事が難しい方もいるでしょう。

困る事なく生活を営める人間の数は限られており、世間でよく言われる平均年収の金額も貰っている人たちが平均を押し上げているのであって、さらに都道府県が違えばさらに格差が存在しています。

そんな日本国内ですから、お金に悩みを抱える人のほうが圧倒的な数がいるはずであり、皆が限られた収入の中でやり繰りをしているのが現実です。

クレジットカード現金化もそんな方々が何等かの理由で貯蓄が無い人たちに受けるサービスである事は容易に想像が出来ますね?

所得が少ないとしても貯蓄さえあれば自由に動かせる事の出来るお金ですから、ワザワザ外部サービスに頼る事なく切り崩す事の出来るもっとも良い”保険”です。

何事も一番最初が肝心なんて言われるように、クレジットカード現金化におきましてはどの業者に申し込みをするにしても、個人で行うにしても、またコレに関わらずどの手段で換金を実行にしても利用後の支払い計画が重要です。

換金する事によって利益を生む仕組みでは無く、ただ単純に現金で引き出すことの出来ない与信を、商品を購入する事で換金性のある商品に化し、それを何等かの手段によって現金に換える事ですよね。

現金が手に入ったからもう大丈夫、終わり、なんてことはありません。

決済した金額の支払いを終えてこそクレジットカード現金化の完結であり、支払いが出来ないのであれば結局債務の先延ばしをしている事になり、何の解決にも至らない事が想定されるからこそ誰もが積極的な利用をススメていない理由でしょう。

支払いが一日でも遅れますとその個人に対する信用は落ちますし、一日でも遅れてしまうと言いますか、大なり小なり遅延する状況は既に自転車操業もままならない最悪の経済環境です。

クレジットカード現金化業者を掲載している比較サイトが有っても換金そのものを考察した情報が少ないのがその表れです。

結局その換金に対する決断をする事は自分自身が決める事になりますから、まず換金をしない事・他の工面策の検討を念頭にしてモノを考えてみてはいかがでしょうか?

当たり前のことを当たり前にこなす継続性が安定を築きます。

kagami

現状を見つめ直すキッカケにもなります

人はその時に負い目を感じないと踏ん切りが付かないと言いますか、これまでに向き合ってきた考え方をすぐに切り替えて行動に移すことは非常に難しいのではないでしょうか。

困った環境になってから初めて築くこと、「あの時こうしたり、ああして置けば良かった」などと思い返してもやり直しが効きませんよね?

そうなって初めて反省を心で唱える方もいらっしゃると思います。

お金の使い方をこれまで変える事は、ストレスの逃がし方として出費していた事もあるでしょうから大きなストレスになります。


  1. よく言われるのが家賃の安いところに引っ越す
  2. 2年に1回の更新が有る事を考えると、現状の家賃より30%は落としたいですね。

  3. 外食は禁物
  4. 飲料水は自宅で作り、お酒は無論×。

  5. ギャンブル・嗜好品を断つ

勝っても次の軍資金に回るギャンブルと、止めどなく溢れる趣味性の高い出費項目の削減です。


私自身もお金に困った経験が有りますが、これに徹する事でしか悩みの解消の糸口は有りません。

また、もし日常的にお時間が空いているようでしたら、治験に応募するという方法もあります。

全国または海外でも実施施設が存在し、宿泊を含む拘束時間が長ければ長いほど、報酬(あくまで謝礼ですよ)を受け取る事ができ、私もポータルサイトにて登録して案件を確認したところ、かなりの応募が殺到している様子が見れました。

しかも数千円~数万円ではなく、数十万円の報酬が記載されている案件もありますが、採決の頻度や本当に自由が利かない健康管理を徹底されてしまいますので、休職中で資格勉強に励む方にはおススメだと感じます。

このように、換金後の支払いの事を考えるとクレジットカード現金化に向かない状況、ほかの方法でも何とかなる方法や状況は自分の行動で生み出すことが出来るはずです。

一番やってはイケません!!~支払いの延滞~

「発行されましたー使いましたー払いませーん」

「知りませーん 払えませーん 踏み倒しまーす」

これがクレジットカードを所有している上で最上級でNGな利用者の行動です。

こうなってしまいますと、発行元の会社だけで済む話ではありません。

日本には何十社と超える発行会社がありますが、実は全ての会社で共有して利用者の信用情報を照会が出来る、第三者機関にその記録が保存されることになるからです。

クレジットカード現金化を注意喚起する背景には、こうした事態に陥りやすい事が懸念されるために利用者の身を案じている事、元々自分の現金で無いから臨時収入が入った感覚で使ってしまうおバカさんがいらっしゃるからです。

ただ保存されるだけでは済むはずも無く、他のクレジットカードを取得する事が出来なかったり、高額なサービス取引、例えば車やバイク、住宅やショッピングなどの信用を担保にする形の「ローン」を組むことが出来ないという状況が待ち受けています。

所有者にとって悪い事は有るけれど、良い事は一つも無い行為ですので、当記事で基礎的な事を頭に入れてください。

たった一秒、一分、一時間でも過ぎれば「延滞」です

「ちょっと遅れちゃっただけだから勘弁してよ~」

なんて泣き寝入りして許してくれるほど発行元の会社は優しくはありません。

例え過去の利用履歴が滞りなく支払いをしている、高額な利用額を毎月払い続けていたという優良顧客でも、一回の延滞を見逃す理由にはなりません。

最初にクレジットカードを受け取る際に、契約情報が同封されているように、事前に締日支払日は知らされていたはずですから、約束した日に引き落とし、または支払いが済んでいなかったら1秒も1年も変わらず、同じ「延滞」として扱われてしまう訳です。


  • 延滞したらもう終了ですかい?
  • 所有者にとっては「たった1日」と考えるでしょうが、1発で利用停止になるのか、それとも何回繰り返すと利用停止になるのかという基準と判断は、クレジットカード会社次第と言われています。

    同じクレジットカードと言えども、発行している会社は全く異なっているからです。

    もし多少の延滞を大目に見ていただいた、と言う事であっても、その履歴は「延滞」で有る事には変わりありませんので、繰り返しこのような行為をしていれば、いつ強制的な処分を下されても不思議は無い事として考えましょう。

  • 引き落とし先口座には、その締日に入れときゃいいんでしょ?
  • 支払い方法の選択として、「自宅に届く請求書払い」か、「登録先銀行口座からの引き落とし処理」のいずれかになるはずです。

    締日支払日もお持ちのクレジットカード次第になるので一概には言えませんが、共通して言える事があります。

    例えば、「25日に引き落とされるから、その日に口座に入れればOKでしょ」と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、これは延滞に繋がりかねない行為であり、余程の事情が無い限りは決して行わない方が良いです。

    引き落としをする日付は確かにその25日ですが、当日の何時に処理が行われるかなんて書いても無いし知る由もありません。

    一回処理してダメなら二回三回と処理をするのか、もしかしてお金が入っていれば引き落としているのかなど、その方法は発行元次第でしょう。

    これらの事項を確認するには、一個人の信用情報を汚すことになりますので試用も無い話ではありますが、例に挙げたように1秒たりとも過ぎれば延滞ですから、前日までに入れておけば安全です。


iiwakedameyo

延滞について、基本的に聞く耳を持ちません

諸事情によりやむなく延滞をしてしまった時には、そうなってしまったワケが避けられなかったという事もあるかもしれません。

しかし、根本的にそのような弁明をすれば「しょうがないねー許しちゃる」とは一切ならず、まかり通るとは考えないでください。

まあ元々お金が無いのは、自分自身が一番よく分かっていたと思いますが、下記のような言い訳も一切通りません。


  • 請求書が前の住所に届いていた、転送の手続きをしていなかった
  • 天気が大荒れで入金できなかったんだよ
  • 家族が倒れてそれどころじゃなかった

どのような理由で有れ、与信枠を提供しているのは発行元であり、あなたのお金ではありませんよね?

逆の立場に置き換えて考えれば容易に理解が出来ますが、震災のような大きな問題が起こらない限り、どのような理由で有っても延滞の事実をひっくり返すことは不可能です。

また、発行元より連絡が入る前に気付いたら、裏面に記載している電話番号に連絡をしてください。

結構ドライなオペレーターの対応になると思いますが、自分自身がやらかしてしまった事ですから仕方ありません。

利用退会処分を逃れ、期日までに支払う事で利用が継続される運びになりましたら、当月は延滞の履歴は付くモノの、これを初月に健全な利用履歴(クレヒス)を何か月、何年も確実に積み上げていきましょう。

1か月や半年では失った信用は取り戻せません。

推奨したいクレジットカード現金化サイト2選