クレジットカード現金化する必要が無い支払い項目まとめ

クレジットカード現金化する必要が無い支払い項目まとめ

クレジットカード現金化業者を利用せずに済むかも

2020年に56年ぶりの開催となる東京オリンピックの開催が決定されたことにより、訪日外客の利便性向上を目的に為替の手間を省くキャッシュレス化が国の課題として普及に努めています。

実は日本よりも海外の方がクレジットカードをより利用されている生活実態があります。

現金でなくても与信枠の決済であれば、発行元の会社が円建てやドル建てなどの為替手続きを自動で変換してくれるため、ワザワザ現金を持ち歩く必要も無く、たった一枚の磁気カードがあれば言葉の通じにくい環境でも安心して手続きが可能だからという理由のようです。

国内でも、一人一台の通信端末を所有している時代でインターネットで買い物をする事に抵抗感を感じている人も少なくなってきたのではないでしょうか?クレジットカードを所有していなくても、国際ブランドが付属されたプリペイドカードやプラットフォーム内で利用できる仮想通貨や電子マネーを発行する会社も増えています。

今回、クレジットカード決済が可能な意外と知られていないモノについて編集部で徹底調査しました。

クレジットカード現金化を比較検討していた方は要確認です!

chuukosha

中古車

高額な商品かつ換金性の高い商品の取引を嫌う発行会社が多い中で、中古車ネット通販サイト「ロペシティ」が導入。

独立系通販サイトでは日本初の試みとなっており、なんと分割払い・リボ払い・ボーナス払いの選択も可能との事ですが、ラインナップは外車が中心であり、100万円前後がメイン・・・むむっ!与信枠がそれなりに無いと購入できません!!でも決済金額に対するポイントもたっぷり付きそう!!!

与信枠が有るという事は高収入の証明ですから、事業者としてもショッピングローンで取りこぼすリスクよりもよいということでしょうかね?閲覧していたら車欲しくなってきました・・・誰か買ってください~(泣)

chintai

賃貸

こちらは徐々に認知され始めているため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

賃貸情報比較サイトにおいてもクレジットカード払いに特化している情報のみを掲載するところもあり、月々必ず発生している出費が決済できるとなりますと、月家賃10万円の物件であれば、おおよその発行会社の平均還元率に基づいて考えると更新月までの間に約24000円分のポイント還元を受けられます。

もちろん月々の支払だけでなく、まとまった請求額が発生する初期費用や更新料についても利用可能ですので、本来では存在しなかったモノを得る事が出来る訳ですから、使わない手はありませんね!

すべての物件が対象では無く、あくまでもオーナーや管理会社次第になりますので事前に確認しましょう。

zeikin

税金

限られた自治体に籍がある方が対象です。

2015年5月の段階では、東京都・兵庫県姫路市がインターネットを利用したキャッシュレス決済に対応しており、その税の項目は自動車税、固定資産税、個人事業税、市民税に県民税などなど・・・首都がこの仕組みを取り入れた事により、全国で広まっていく傾向にあります。

東京都では2011年度より開始したサービスも初年度は2.9%の利用率が2014年度では5.7%まで上昇しているとのことで、100万円未満の税額が対象となっています。

納税は国民の「義務」であり、これもまた支払いを逃れる事が出来ない出費項目ですから、永年に渡ってポイント還元を受けられる仕組みと言えます。

iryouhi

医療費

民間では拡充が進んでいないもの、国立系や労災病院、大学病院等、比較的規模の大きい医療機関では利用できるところが数多くすでに存在しています。

病名や保険の加入非加入によって、負担する費用は各々ですから最寄のかかりつけ医院にあらかじめ問い合わせをしておくと慌てずに済みますね。

何とも勿体ない話なんですが、クレジットカード現金化を利用する方の事由として医療費の支払いも一つとして挙げられますので、あえて取扱がある病院を選択する事で回避出来るはずです。

私利私欲の金策はダメ、ゼッタイ。

近年新たなビジネスモデルの創出を試みるケースが増えています。

このように民間においても商材によっては、手数料を代行会社に支払いをする事を嫌う事業者や発行元が加盟する団体がNGとする商材があるなど、利用できる業者は増えてもその業種の広がりは乏しいと言わざるを得ない状況が続いていましたが、裾野が広がっています。

元々無かった現金を生み出す方法として、金策を検討されますがどの方法においても損をする事は有っても得する事は皆無です。

その金策の矛先として、私利私欲の煩悩の為に利用する者はお馬鹿さんと言えます。

とくにギャンブル目的で申込みをする事に関しては、いくらお金は天下の周り物とは言えそれを手にする為に相応の労働力や時間が必ず掛かるモノであり、自分で自分の首を絞める典型的パターンですから、それを自分の意思で選択することは廃人同然です。

クレジットカードの利用はますます便利になっていく一方ですが、逆に滞納するようなことが有れば、マイナンバー制度の施行(2015年10月~)も絡み、金融事故記録に対する信用情報の管理はますます厳しくなることでしょう。

まだまだある!

前半部では、中古車・賃貸・税金・医療費が現金で無くてもイケるとご紹介しました。

その後当編集部で世の中のキャッシュレス化について調べていたところ、さらなる決済方法の仕組みや取扱い物がありましたので、需要があるかどうか疑問なモノばかりですが番外編といいましょうか、patr2としてまとめました。

まずは変わった決済方法についてご紹介。

oshiride

おパンティーでキャッシュレス!?

日本での普及はありませんが、よりキャッシュレス文化の強い海外ではさらなる進化を遂げています。

なんとパンツにキャッシュレス機能を備え付けた「Smart ePants」という下着(?)が生まれており、余程突拍子の悪い出来事さえなければ盗まれたり紛失する心配もないという優れもの(??)であり、まさに肌身離さず携帯できる最強の個人情報保護方法かもしれません。

・・・洗えるのかな?不具合が有ったらやっぱ脱いじゃうのかな?

たった一回無くしただけでも大事になってしまいますから「下着に備え付ければ間違いありません」ということでしょうか?前後ろにチップが入っており、決済時にかざすことで取引が出来る仕組みに加え、同じこのパンツを着用している者同士であれば、お金のやり取りが出来ることも可能になっています。

ご丁寧に男性用と女性用がリリースされ、日本円で約10,000円程度で購入出来るみたいですが、股間やおしりをかざす行為が今現在の日本の買い物シーンに当てはめて考えると・・・・一般的には浸透しないと思いますが、1枚いかがでしょうか。

※画像のホットパンツはイメージです。

kyouyuu

あっちもこっちもOKなアカウント共有サービス拡大

何かと会員登録が求められる通信販売の世界。

その中で業界をリードし、ネットショッピングサイト大手のAmazonを運営するAmazonジャパンが、さらなる事業拡大を目標に既存のアカウント情報を他の会社が展開するサービスとの紐付が出来る新サービスを始めました。

たとえば、Amazonアカウントをお持ちであれば、デリバリーポータルサイトの出前館や劇団四季のチケット購入なども簡単に出来るようになり、クレジットカード登録や配送先住所の二重入力やあちこちに個人情報をばらまく様にアカウントの作成をしなくて済むようになるというもの。

世界的な企業であり、日本国内に知らぬ人は居ないぐらいに認知されているサイトですから、通信販売というオンラインの特徴を活かしたサービスとの連携により、消費を相互に流せる仕組みで囲い込みを狙うとされています。

パンツ決済よりもはるかに現実的ですね・・・(笑)

次は仕組みでなく、取扱い物で見ていきましょう。

kankouchi

観光地の入場料

前回の記事中でも兵庫県姫路市が税金のクレジットカード払い対応を全国の自治体より先駆けて導入したことをご紹介しましたが、同市が管理する姫路城の入場料まで利用できるようにしたと4月に発表がありました。

これは海外旅行客の需要に対処したもので、外貨の両替が出来ずに入城が出来ない方までいた実態があったようで、開発費として約190万円の支出が計上されていることから力の入れ様が伝わります。

外貨を取り扱う機関が観光地では乏しい事もそうですが、日本人が観光に行ってもクレジットカードの利用を断られることは数多く、まだまだ現金払いが主流であることに歪めません。

姫路城以外にもあらゆる観光スポットでクレジットカードが利用できる環境は、2020年の東京オリンピック開催に向けてさらに加速することでしょうね。

keiba

ギャンブル

パチンコをはじめとする民間運営のギャンブルでは不可能ですが、公営とされるギャンブルでは違法とされません。

国内の競馬はJRA(日本中央競馬会)と地方競馬全国協会(NAR)で構成され、インターネット上での投票はそれぞれが管理されていましたが、今は両者自由に投票が出来る仕組みになっている事に加え、競馬会と提携しているカード会社であれば公営ギャンブルが利用できます。

その他競輪、競艇も同様に利用できるようですが、それぞれ提携している会社が異なるようです。


  • 競馬
  • UC・JCB・三井住友

  • 競輪
  • JCB・オリコカード・VISA・Master Card

  • 競艇
  • UC・JCB


利用できないブランドがあるので注意しましょう!遊びの為にクレジットカード現金化を利用しようとしていた方にとっては吉報ではないでしょうか?

公営ギャンブルとは言わず「公営競技」なんて柔らかく名称付けられますが、国が認めれば違法では無いのであれば、パチンコの三点方式はどうなんでしょうね?事実上クレジットカード現金化の仕組みとなんら変わりない仕組みですから、見て見ぬふりをしている団体との癒着がしばしば噂されてしまうのも納得。

「利用拡大」と響きはよいけれど

キャッシュレス文化は便利でよい事と認識されますが、同時に個人情報漏えい問題に繋がるリスクを企業も消費者も持ち合わせている事についてはあまり公けにされていません。

事実上企業がそのような問題を起こしてニュースに挙がる事は年に1回や2回のお祭り以上の件数が有る訳で、それ以外にも不正利用を企む者が潜んでいる事を考えると、相応するインフラ環境の構築が万全とは言えない社会です。

被害に遭わぬ為の予防策として、まずは己がしっかりと意識することを忘れないように付き合っていきましょう。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

no image

クレジットカード現金化の手順

目次1 よくわからないからまとめてみた2 クレジットカード現金化業者の選定から3 クレジットカード現金化比較サイトを見定める4 問い合わせをする5 内容を聞く6 商品の取引7 入金確認8 クレジットカ …

クレジットカード現金化に相場はあるのか?

審査なしで、即日で現金が手に入るサービスといえば、クレジットカード現金化です。 なので、たとえブラックリストに載ったことがある人でもクレジットカードのショッピング枠があればクレジットカード現金化を利用 …

クレジットカード現金化のよくあるQ&Aを紹介!

「クレジットカード現金化する」と一言に言っても、はじめて利用する人は「現金が手に入る」ということだけしかわからず、何がなんだかまったくわからないという人も多いのではないでしょうか? そこで、ここでは、 …

クレジットカード現金化に向いている人、向いていない人

「今すぐ、即日で現金が欲しい!」 もはや現代人の共通の悩みですが、借金をすることに抵抗があったり、そもそも借金をし過ぎて審査が通らないということもあったりしますよね。 そんなときに、クレジットカードを …

クレジットカード現金化は土日祝日でも可能?

一般的なサービス業を営むお店であれば、土日祝日関係なく年中無休で営業をしているところが多くみかけられられますが、これは利用者の都合を考えた上で、土日祝日に利益が出ることが考えれるからであるでしょう。 …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

Amazonギフト券現金化業者一覧

あ行
か行
な行
は行
ま行

優良比較サイト2選