クレジットカード選びの基本

  • 2016/12/9
  • マネー
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

とりあえず大杉

一昔前には考えられなかった情報伝達媒介、インターネットの存在。

携帯電話がどんどん小さくなっていき、ネットが接続出来るようになったり、カメラ機能や赤外線、多種多様なアプリケーションに音楽プレーヤー機能の搭載など目覚ましいIT業界の発達によって、そのサービス購入の為のクレジットカード決済は、現代のインターネットをする全ての者になくてはならないツールとなりました。

多くのベンチャー企業の参入によって、独自サービスとの紐付の為にクレジットカードを発行するところが増えたため、クレジットカード会社の繁栄は、独自サービスとの連携や各種サービスとの提携を利用者にとって、有益で魅力的なサービス内容で無いと利用者の普及には繋がらない事が分かります。

全てのクレジットカード会社のカードを持ち合わせる事はまず無いでしょうが、ずっと使い続けていくモノになるはずですし、どうせ所持するなら自分自身にとって意味の有る、お得な1枚を選びたいですよね?「クレジットカード」と一言で片づけてしまうのは勿体ない!

youten

じゃあ何に要点を置いたらいいのよ

会費が掛かるクレジットカードには旅行保険が付属される事が多いのですが、その他プライオリティパスなど持っているだけで利用できるサービスが提供される会社など、どれを選んでいいのか迷ってしまう時には、どのカードにも共通した特徴を比較する事が重要ですので、基本的なクレジットカードに対する考え方について押さえておきましょう。

  • ポイントの還元率
  • クレジットカードの利用額によって各会社で定められたパーセンテージのポイントが付与されるのが、基本的なクレジットカードの特徴とされています。

    このポイントは、お金と同様に利用できますので実質現金化と全く同じ事になりますが、例えば還元率が1%としますと、与信枠10,000円の利用で100円分の還元を受ける事が出来るということです。

    還元率が1%で有名な会社は楽天カードで、このポイントは独自サービスである楽天市場のショッピングに現金と同じように利用が出来ます。

    実はこの1%という数字は還元率の高い部類に入り、その他0.5%など1%未満で設定している会社も決して少なくは有りませんから、当然還元率の高いクレジットカードがお得で有る事は当たり前ですので、少しでも高いパーセンテージを提供するということが良い条件の1つとされています。

  • ボーナス還元
  • 上記で記述したように利用者の状況で付与されるポイントですが、その他にも各会社で定められた利用額に達することでボーナスポイントを還元される事もあります。

    例えば「年間100万円を超える利用でボーナス●●●ポイントの還元、さらに来年度から還元率が0.5%アップ」「年間●●万円の利用で特定会員だけのセール」など、還元率以外のサービス内容についても比較するポイントでしょう。

    ただし、利用額に応じたサービスは「貴方が年間でクレジットカード関連でどのくらいの支出をする予定か」を確認することが重要で、
    目先の特典に捕らわれて実際の利用額が到達しなければ、それは無意味な取得であると言う事です。

    このようなサービスの提供を受けるまでの金額は利用しないということで有れば、純粋にパーセンテージが高い方を所持したほうが賢いと言えます。

    水道光熱費や携帯代さらに一部では家賃の引き落としなど、生活費の支払い方法としても使う事が出来ますので、
    利用する金額を把握した上で自身と等身大のサービス内容であるかを確認しましょう。

  • 所持するだけで年会費が掛かる事も
  • 最後に確認しなければいけない年会費ですが、全てのクレジットカードが有料では無く、年会費が無料の会社もあります。

    利用額に応じて年会費をサービスするところや、年会費は掛かるけど還元率がアップしたり、その他お金には変えられないような保証サービスを提供する会社もありますので、こちらも利用額と照らし合わせてプラスになるのかマイナスになるのか判断します。

    ざっとまとめてみますと、「全ての支払い総額が少ないのであれば年会費無料のカード」「年間●●万円と高額利用額を利用するならば会費を支払っても還元率の良い、または条件次第で無料になるカード」に申込みをするのがベストです。

以上、簡単に3つにまとめました!細かい特典内容は各会社によってバラバラですのでシンプルに考察させていただきました。

私自身もクレジットカードを1枚だけ所持しているのですが、勤務時間が長く休みも余り取れない職なので、ネットショッピングやデリバリーをよくオーダーする為に楽天のクレジットカードを利用しています。

年会費が掛かるクレジットカードも有りますが、利用する場面は人それぞれ異なりますから他人のクレジットカードは気にせずに、自分自身が日常生活の中で利用するところ、お金をよく使う場所について考えるという基本的な事を主観にすると、自分自身に見合った1枚を見つける事が出来るはずです。

インターネット上ではアフィリエイト目的の広告、つまりクレジットカード会社から広告報酬を目的にした比較サイトが乱立していますので、公式ページから情報を抜き出し自分で考えを整理しましょう。

midikanaotoku

生活の中で関わりのあるサービス事業者のクレジットカードが一番!

お店の訪問先で勧誘されていることもありますが、申し込みの機会は断然インターネット上のほうが情報が豊富なこともあって人気のようですが、アフィリエイトによる誇大な説明が目に付きます。

最近、医療関連メディアwelqのように紹介される情報が問題になったように集客のためにメリットが書き並べており、本当に発行申し込みを検討している人にとっては情報の選りすぐりが難しくなっています。

皆さんは普段どこの企業のサービスにお世話になっていますか?日常生活の中で何気なく使っている企業が提供されるサービスの中で、もしその企業がクレジットカードを発行する業務を行っているのであれば、間違いなくその企業のクレジットカードを持つことのメリットは大きいでしょう。

一番初めに記載しましたが、展開されるサービスとの連携によって一般ユーザーよりも優遇を受けられますし、会員情報のアカウント管理もスッキリします。

私個人的には某ECサイトをよく利用していますので、そこのクレジットカードをあらゆる支払いの場面で現金よりも優先的に決済をしていますし、実際によく使うサイト内でアカウント情報を確認できるので便利ですよ!suicaのように電子マネーと一体型になっていたり、ルミネカードのように商品購入時に割引を受けられることもできます。

サッカーに興味がある方であればクラブ公式のクレジットカードもありますし、最近ではJRAがクレジットカードで馬券を購入できるようにしていたり、政務活動費のクレジットカード利用が検討されるなど、マニアックな方であれば鹿島神宮という神社が発行元という異色のものまで。

2017年からは国税の納付をできるシステムがリリース予定になるなど益々現金と変わらない身近な決済手段になりつつあり、現金のみだった支払い方法に多様性が生まれている事からクレジットカード現金化の需要はなくなっていくことと比較DXでは考えます。

その上で、例に挙げました支払いについて「急な出費に対して~」など支出に対してクレジットカード現金化を使う事を促す様な業者や比較サイトの情報を見た際は、その情報に惑わされることが無いように気を付けてください。

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)
    ⭐️⭐️⭐️⭐️
    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。
  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ
    ⭐️⭐️⭐️
    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。