携帯電話料金現金化(キャリア決済現金化)とは?

  • 2017/05/19
  • リスク
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

携帯電話料金(キャリア決済)で現金調達ができる!?

与信枠の換金と言いますと、クレジットカード現金化がイメージとして代表されてしまいがちですが、この「現金化」には様々な媒介物を通すことで可能になる仕組みの総称を言います。

最近目にする現金化の仕組みとして、定年退職者や高齢リタイア組に対しての金融商品、【リバースモーゲージ】なるものが出てきております。

時代の傾向と致しまして、子供たちに不動産資産を残すというよりも各々が築き上げる人生のスキームや個性を主張する時代となっている事から、自分たちの為の資産管理が出来るとして注目を集めている仕組みであり、自宅を担保に亡くなるまで融資を受けられる商品です。

少子高齢社会ですから、老後の資金繰りを準備出来る人ばかりでは無く定年後も働き口を探すという、長生きしても生き辛い世の中です。

社会問題をテーマにしたサービスが続々出てきている中の1つとしてこれもまた一例になりますが、このようにクレジットカードだけでなくあらゆるものが利用され金策に繋ぐサービスが注目を集めています。

クレジットカード現金化に関連して近年Amazomnギフト券の換金・現金化が芽を出し始めていますが、携帯電話料金の現金化という手口がネットで利用者を募っているのを目にするようになりましたので、今回は「携帯電話料金現金化」について考察しました。

jitsuhasukoaring

携帯電話も信用情報期間が関係している

お金を工面しようと考えますと、各社における審査という壁を越えなければなりません。

消費者金融や金融機関のカードローンや融資、クレジットカードを発行する時に信用情報機関での参照、ショッピングローンを組む時の信販会社による審査など、ローンを組むときには必然です。

実は意外と知られていないのですが、携帯電話を購入する際によく「本体代0円」という謳い文句がありますが、事業者が定めたプランへの加入を条件とし、なおかつ分割払いをするということが条件になっているようで、今の時代本体代だけで3~4万、高ければ5万円を超える機種ばかりだからか、分割払いを指定する人の姿を携帯ショップへ行くと見る事が出来ます。

ここで注意していただきたいのは、信用情報機関と信販会社の情報管理は別物になりますので、俗にブラックと言われるような方は信用情報機関での事故記録であることの方が多く、信販会社側で管理している情報次第では携帯の契約やショッピングローンを組める人が実際にいます。

その場で一括払い出来れば問題は無いのですが、この分割指定時に事業者と提携する信販会社に審査を通した上で可能かどうか判断されており、過去に幾度も延滞や利用停止処分を受けたような方が申込みをしても契約が出来ないという事になります。

このように一人一台、物心が付いてから一生肌身離さず持ち続けるという、今の時代当たり前の様に利用している携帯電話の存在ですが、意外と信用管理がされている事が理解できると思います。

スコアリングの上で手にした携帯電話ですから、月々の利用料金も自分で支払える金額分で有る事は当たり前ですが、どれだけ高額な金額になっても、その金額に制限金額など無く使える仕様になっているのです。

seikyuuuchiwake

電話代だけじゃない!請求内容の内訳

携帯電話が出始めたころは、ショルダーフォンと呼ばれ重さは3kgもありました。

その後CメールやEメール、ガラケー専用OSの登場によりインターネットの世界へ足を踏み入れるようになり、次第にPCサイトと同じもの見れるようにガラケー専用サイトは廃れていきます。

ちょうどガラケー仕様のサイトが続々出てきた辺りから「コンテンツ」の概念が生まれ、今のアプリへと繋がる事になるのですが、サービス使用料として月額課金型コンテンツの普及により、現金ではなく携帯電話料金と同様に請求できる仕組みが確立されました。

クレジットカードや電子マネーでもないのに「携帯電話キャリア」という与信の存在を利用したキャッシュレス決済です。

キャリアとはau、docomo、softbank、willcomのような電話回線事業者の事を指しますが、このような事業者と消費者が契約をしていることで、サービス提供側はクレジットカードの様に一度立て替えてくれる事により未回収のリスクを防ぐ事が出来ます。

この仕組みは今でも変わらず、これを応用し現金化する事を業として請け負う者が現れ出したのです。

確かにこの方法はクレジットカードを必要としていませんので、携帯電話があれば誰でも現金化が出来るという非常にハードルが低い内容ではありますが、分割やリボ払いで支払いが出来る仕組みがありません。

つまり、課金した分は翌月すべて一括払いで支払う必要があるということ。

業者もキャリア決済が出来る媒介物を用意していると推測されますが、どの業者もその媒介物に限らず全体的に換金率の相場が低いようですので、余程苦しい経済状況で無い限りは見送った方が良い金策の方法と言えます。

携帯電話料金現金化(キャリア決済)よりもなるべく正規の貸金業者が良い

携帯電話料金現金化(キャリア決済)やクレジットカード現金化による金策方法は、いくら法の隙間を掻い潜れた取引であっても問題視されている事には変わりません。

消費者金融やその他金融機関、助成機関からの融資を受ける事にも言えるのですが、なんせ一度第三者に頼ってしまえば、それが業者で有れば尚更この状況を打破する事は非常に難しく、「第三者なら幾らでもお金を引っ張る事が出来る」という甘ったれた考え方が身に染みて、業者との電話連絡や無人機へ足を運ぶことなど、人生において無駄なこの輪廻から抜け出すには強い決意が必要です。

本来お金に困っているのであれば、プライドなんか捨てて身内や知人に正直に悩みを打ち明けてみる事が一番良いと考えられますが、そこで相手に勘当や嫌われたりしても、自業自得の事象なワケですし、そう思われたくないから話さないと言うのも、同情の余地が無い言い訳です。

しかし、これらをやり切った上で選択肢が無く第三者に頼らざるを得ないという場合は少し話が変わってきます。

本来なら携帯電話料金現金化(キャリア決済現金化)やクレジットカード現金化よりも、正規と呼ばれる貸金業を選択する事がマストな方法と言われています。

こちら全て断られているという方はちょっと困った話になってしまいますが、なぜ正規の利用を各注意喚起ページや比較サイトで勧められているのか、金融機関から融資を受ける事について記述していきます。

ikou

消費者金融から銀行系カードローンの解釈へ移行

これまでに借入をする際に注意すべきこととしては、求める金額と収入のバランスが上限金額を定める要因とされている点です。

これは一昔前に暴利を貪るヤミ金や、貸金業界の健全性をより高める為の法律として、消費者に対しては年収1/3が上限、これまで認められていた上限金利の引き下げとこれまでの実績に適用し、過払い請求が認めるという内容で、当然これまで運営していた貸金業者は軒並み潰れました。

しかし、この法改正の内容で一部の業者や運営業態を保護する名目が盛り込まれており、金融機関が提供するサービスに関してはその限りでは無いと言う点です。

つまり、消費者金融が銀行傘下に取り込まれたこれまでの「消費者金融」が銀行系カードローンとして生まれ変わったことにより、これまでの屋号名はブランド、ブランディング的な要素が含まれている為に分かり辛いのですが、運営する法人についてはしっかりと銀行名が記述されている事は誰でも確認が出来ます。

貸金業参入への敷居が高くなったことにより、これまでテレビCMを利用した宣伝は数多くの貸金業者で利用されてきましたが、今では銀行傘下に収まった銀行系カードローンのみが生き残っており、これまでに同様に賑わいを見せていた当時の法人は表には出てこなくなっています。

総量規制による影響ばかりが先走って世の中に知り渡ったために、銀行系カードローンなら影響は皆無であるコトについての認知の広がりは、ここ最近でようやくといった状況で今でも有名タレントを起用して見ない日は無い、という具合にテレビCMで攻勢を強めています。

その一方で、携帯電話料金現金化(キャリア決済現金化)やクレジットカード現金化はメディア関係者の自主規制が敷かれ、サービスの露出が無く、特に利用した事が無く困っている状況にある、まさに利用者属性に近い方に対してのアプローチが出来ない状況にあり、これは社会の賜物が成した成果であると言えます。

kinri

携帯電話料金現金化(キャリア決済現金化)は総じて手数料が高い

携帯電話料金現金化業者やクレジットカード現金化業者は、これまでショッピング枠を利用した場合における金利は消費者金融よりも安いという表現を用いており、これは今でも業者のサイトを見ると確認出来るのですが、これはあくまでも利用した金額を一括払いで支払い終える事が出来た場合での話です。

当然、一括払いですから金利・年利等に換算しても0%ですが、多くの利用者は換金を目的に利用する者ばかりです。

一括で支払いが出来る人なんて少数であることが予測され、その場合割賦払いの選択となりますが、分割もリボも選択したところで、分割も回数を重ねればリボと変わらぬ金利が膨らみますし、リボは抵抗があるから分割にしたいという思考も情弱の証と言っても過言ではありません。

世界的に見ても日本の貸金業者が定める金利は低く、世界はもっと高い数字が認められている事から、特にアジア圏へ日本の貸金業者の進出が行われている事も事実です。

また、携帯電話料金現金化業者やクレジットカード現金化業者は利用者から直接的な金銭収入や返済が無い為に利用者に取ってこれから待ち受ける返済に関する案内は、審査がある正規と比べて杜撰なところが多く、その点正規では申込み者から返済をさせる事が前提の取引になりますので、少々鬱陶しいくらいに様々な提案を持ち掛けることでしょう。

審査も無く鬱陶しい営業や提案も無く、自由に使えるお金が工面できるという携帯電話料金現金化やクレジットカード現金化は簡単に利用は出来てしまうことは確かですが、「今が良ければ良い」では無く、これからの人生の方が長いのですから、先々の事を考えた選択を金策のみならず心掛けていかなければ、また負の歴史は繰り返されるコトになります。

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)
    ⭐️⭐️⭐️⭐️
    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。
  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ
    ⭐️⭐️⭐️
    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。