クレジットカード現金化における審査とは?

クレジットカード現金化における審査とは?

業者によっては審査不要と謳う事もある

金策を検討している方に取ってはどうしても気にかけてしまう審査。

ついつい消費者金融のような貸金業を連想させる言葉ではありますが、審査不要を売り文句にしている業者があれば、これを使わない業者もあるようですが、この件について実際に問い合わせをしてみますと「貸金業や闇金融と勘違いしてしまうお客様がいらっしゃるから」との事でした。

クレジットカード現金化業者によって、その与信枠換金方法は異なっているものとされており、実際に問い合わせをする事でわかる事でありますが、工程や接客対応もさまざまでありますが、どこに申し込んで利用するのかは比較検討者次第ではあります。

しかし、結局のところ100%以上の換金率を求めるのは、事業者の視点から考えればムリで有る事は容易に想像が付く事であり、その差が利益とされている事も考えますと、悪徳で利益優先であるところはあの手この手で少しでも引き下げようと手数料を作る訳です。

tesuuryounikakawaru

手数料に関わる業者の存在

とくに各比較サイトの中でも紹介されている手数料の項目に「クレジットカードの提携先ブランド」による違いや「発行元の会社」による違いで変わるという口実があります。

代表的な例で言えば、JCBやAMEXがあちこちで換金しにくいと書かれており、逆にこのような場合でも請け負えますと宣伝している広告や強みとしている業者も有り、一つの材料として取引項目の中でも留意点として扱われている事が分かります。

さらに発行元の会社をベースに考察してみますと、クレジットカードを取り扱う企業の数は約500社前後とも言われており、各々が申込み者の信用情報機関への照らし合わせをしながらスコアリングをし、合否を決めています。

とは言いましても相手は人間ですから、企業ブランド維持のために上流階級しか取得できない、利益を求めているから比較的ハードルを低く見積もるなど、会社単位で我々消費者がもつそのイメージは作られ、発行元の会社についてもさまざまな業態との連携を目的に、銀行関連であったり、小売業関連であったり、消費者金融関連の業態を持っているなど、ブランド以外でグループ分けされています。

今回は、そのグループ単位によってクレジットカード現金化のハードルについて考察してみましょう。

審査が甘い「流通系」

なぜクレカで流通なのかと言いますと、本業が別にあり、そのサービスとの結びつきで利用客を集めている傾向があるからです。

たとえば、普段行くコンビニや百貨店やスーパーでも、店頭にて申込みを募っている広告を目にされたことがあると思いますが、世の中にはそのような小売店や量販店を営む会社がありますので、その数と比例して流通系カードの発行も多いということです。

自社サービスを利用してもらう促進ツールとして、ポイント還元率を優遇したり、会員専用セールを開催するルミネカードなんか有名処となっており、消費の促進が目的で有る事から主婦層や若年層の利用も見込める為に、審査基準も比較的緩いと言われているグループです。

クレジットカード現金化業者も厳しい!?「金融機関系」

ズバリ銀行系です。

当然セキュリティに関しては口に出していうまでも無く、所有するメリットとして挙げられるのは安心と信頼です。

本業が銀行で何十年も運営されていることを含め、流通系と比べて付属されるサービスの優遇は悪いもののそれを上回る前述のメリットは、お金に代えられないという認識ですね。

利用規約上でも各社禁止している換金目的についてもチェックが厳しいようで、クレジットカード現金化業者にこの種類を持っていますというと嫌われるかもしれません(笑)

ローン関連で名高い「信販系」

消費者金融ではありません。

消費者金融系ではアコムが発行しているクレカが唯一であり、日本一審査が緩いとよく紹介されています。

しかし、ここでいう信販系とは車や医療、学生向け融資やショッピングクレジットなどの信販事業を本業として営んでいるグループであり、その内容から銀行系に近く、審査や管理も割と厳しめと言われています。

ジャックスやオリコ、ライフが有名ですね。

電子マネーとの連携「交通系」

SuicaやETCなどがセットになって紹介されている事が多く、若年からシニアまで幅広い対象であることから比較的甘いと言われます。

関連サービスを長く利用すると優遇されるのはどの会社も同じであるように、アルバイトやパートの方でも交通サービスは利用しますので、非常に身近な会社が発行していますので想像もしやすいのではないでしょうか?

電子マネーとの連携「独立系」

NTT関連がこれに該当し、申込み間口が狭いことで有名でセキュリティもしっかりしています。

SBI、リクルートやTS3(トヨタファイナンス)など。

安定した収入と高校生を除いた18歳以上が条件であるなど、発行を募る広告も割と控えめでこのグループは種類が少ないとされています。

セキュリティの高さが基準か

ネット上で掲載されている情報と照らし合わせても、セキュリティの高さがクレジットカード現金化業者に嫌われていると結論付けられていることから、利用規約上の観点からも複数枚を所有している場合にはコレを基準に申込みをすることが退会処分等のリスクを軽減することが出来ます。

しかし、換金目的での利用は共通して嫌われている事をお忘れなく。

クレジットカードの審査を通過するためには?

記事前半部では、クレジットカード現金化における審査について記述しましたが、後半部からはクレジットカードの審査について考察します。

どんなクレジットカード発行元の会社でも、「審査が通りやすい」「他社よりもウチがよい」等、その条件の比較や審査内容の違いについては表立って記載しているところはありません。

どこもその内容については非公開で有る事が常であり、利用者を獲得する為に強い謳い文句を使っての広告については、直接会社から仕掛ける事が難しいのか、とくにクレジットカード案件についてはアフィリエイトと呼ばれる手法が主流です。

第三者に宣伝して貰う事で、直接謳っていないよと体裁をかませる事が出来ますので、盛んに広告出稿がなされており、審査が緩い、甘い、厳しくないなどの言葉遣いが見られた場合、そのほとんどが報酬目的での掲載になっています。

今回はどのクレジットカードが審査が通りやすいのか、ブランドはどこがよいのかなど、特定して業者をランキング化したり、紹介する事はせずに単純に申込み時における通過確立を高める為の手段をまとめてみました。

まずはブランドを見ましょう

カード会社=VISA、MASTER・・・ということでは無く、これは利用希望へ発行する為にライセンスを契約しているということでありますので、簡潔にしますと、「ブランド⇒発行元⇒我々利用者」という流れで自分たちの手元に届いています。

何処が何処と契約しているかは軽視しない方がよいとされており、とくに強い希望が無ければ、世界各国でメジャーとされているVISA or MASTER のどちらかを選択してください。

それ以外のJCBやAMEX、Dinersは審査基準が厳しいとされており、私も比較的緩いとされるカードと、厳しいとされるカードの申込み手続きの経験があるのですが、送られてくる書類の数を含め、本人確認や申請元住所の確認が徹底されている印象を受けました。

同じ会社でも複数のブランドが用意されている事が多々あり、ブランドによって審査内容が同じ・違うという情報を表に出していない
為に、断定する事は難しいのですが、比較してみるととくにMASTERがよいとネット上ではチラホラ口コミが挙がっています。

申込み先を決定する為の比較方法は、店頭での勧誘も行われておりますが、一括して検討出来るネット上のポータルサイトが一番お勧めです。

tetsudukiyade

申込み先を決めたら手続きですな

名義人の個人情報を入力項目に綴っていくわけですが、経済状況についても記載を求められます。

Dinersに関しては、事前に通過の可能性に関して確認出来るコンテンツがあり、経済的スコアリングが低いと「難しい」と判定されますが、やんわりと評価文が出ますので、少し希望があるのかなと勘違いするかも。

入力する情報がそのままスコアリング対象になる訳なんですが、実は携帯電話番号よりも固定電話番号の方がよいとされています。

これは、本当にその人がその住所で暮らしているのか、常に連絡が取れる環境であるかという観点からのもので、固定電話と携帯電話番号の両方を記載する事がBESTです。

私自身、手続き時に連絡が来るような事は一切有りませんでしたし、携帯電話番号のみの入力で発行された経験はありますので、固定電話番号をもつ人が年々減っている背景が有りますから、割と寛容されてきているという口コミもありますが、所持している方は包み隠さず記載したほうがよいとされます。

任意項目はすべて埋めましょう

申込み時に、身分証明書の発行番号を記入する項目が有る場合、身元がはっきりしている人とそうでない人では、誰が考えても信用の強弱は変わりますので、「自分をさらけ出すのはな・・・」と思ってしまいますが、発行元の会社からの信用で与信枠が与えられますし、初回設定限度額も変わりますから、キッチリと書きましょう。

また、その中でも当事者の方なら気まずい思いをすると思いますが、今現在の借り入れ状況を記入する欄が必ずあります。

0円ならば問題が無いですが、本来はあるのにそれを隠そうとしても正直ムダです。(多少のズレは許容範囲)

これは信用情報機関で参照をすればすぐにバレる項目ですから、申込みをする際には出来るだけ支払いを済ませるか、払い込んでおくとマイナス要因を少しでも減らすことが出来るでしょう。

逆に、実際の借り入れ額よりも多く書いても当然よい事は無く、逆に信用情報機関で掲載が出来ないような闇金融を利用しているではないかとマイナス要因にしかなりません。

キャンペーンや新カード誕生時はねらい目

これらの利用者に対する告知というのは、まさに提供側として利用者をかき集める事を目的に打ったものです。

とくに新たにクレジットカードを発行する業務が開始された場合には、一時的に留保金を貯める目的に審査基準を一時的に落とすことが多いようです。

とくに「クレジットカードであれば何でもOK」とこだわりが一切無い人や、どうも審査が通らない人にとってはねらい目でしょう。

しかし、すでになんらか1枚所有している状態で、2枚目を考えていた人にとっては、1枚目と2枚目で合算された情報が基準になりますので、例え2枚目が手に入ったとしても、限度額が低い状態で発行される事がよくあります。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化業者の違いを調べる男性

クレジットカード現金化業者は実店舗も無店舗も変わりません

サービスを受ける際には、目の前にいる人と実際に会って話を聞いて、目の前で取引したほうが明確で安心できる取引ができますが、インターネットが普及した現在ではネット上で完結するサービスも増えてきました。 サ …

no image

クレジットカード現金化の即日は金融機関が肝

目次1 クレジットカード現金化における即日の背景を考えてみる2 各メガバンクと主要ネットバンクからの比較3 手続き内容に左右される即日3.1 番外:金融機関の振込手数料は高いの? クレジットカード現金 …

カードでお金とは、クレジットカード現金化のことです!

街中を出歩いていると、カードでお金と書かれた広告を見た事があるのでは無いでしょうか? 私が見た事のある場面 マンションの屋上広告にデカデカと 繁華街の自動販売機にシールやマグネットで貼られている 空き …

クレジットカード現金化の即日振込を受ける為の知識とは

目次1 クレジットカード現金化で即日で無い業者もあります2 クレジットカード現金化業者の多くは即日で終わる クレジットカード現金化で即日で無い業者もあります すでにクレジットカード現金化を調べ始めてい …

逮捕されたクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化における検挙&逮捕関連ニュース

比較サイトでは掲載されることの無い検挙&逮捕関連ニュース。 これから利用を考える比較検討者が、業者に申し込みさせる上で「換金をしたい」という気持ちを「利用しない」という判断に結びつけたく無い意図が見え …