クレジットカード現金化のキャンセルについて

クレジットカード現金化のキャンセルについて

クレジットカード現金化におけるキャンセルには、いくつかのパターンに分ける事ができます。

換金の手段としてのキャンセル、もしくは換金の手続きを辞めたい場合のいずれかであり、それぞれについて当記事でご紹介します。

日常生活の中での返品・返金・キャンセル

本来は目にする事の出来ない発行元の会社より与えられる与信枠。

申込み時の経済環境により定められた上限金額内であれば「立て替えておくから買い物していいよ~」という具合に我々所有者がキャッシュレスで購買行動が出来る訳です。

ショッピングに関しましてクレジットカード決済を選択できるところにつきましては、購入ボタンを押す前にキャンセルや返品を受け付けない旨や商品の特性上を理由にキャンセルを受け付けない場合もありますよね。


  1. 事前に承諾を求められる場合
  2. これはクレジットカード決済時における代行会社への手数料が発生する事により、消費者には価格転嫁させることが出来ない、商品価格は現金払いとは変わりなく処理しますということ業者側の負担を軽減する為に余計な取引を生まない為に事前承認を取っていると判断されます。

    世間一般的なショッピング以外にも税金の支払いや家賃まで幅広く対応している時代になりましたが、たとえば旅行代金につきましては旅行会社が事前に取引先に依頼していた業務のキャンセルが効かない為に、予定日に近い日付での申し出か、予定日より遠い日付での申し出であるかによってキャンセル手数料が発生することが一般的です。

    旅行に関するキャンセルにつきましては基本的に現金で返金されることは無く、申込みをしてからすぐに処理される事はありませんのでキャンセル料金だけが決済されるようになっていますが、通常のショッピングであれば納品書やレシート、領収書等の購入時に渡された明細書を提示する事が常識です。

    「ここで買ったんだから返金処理してくれ」

    なんて何も無しに言い放つことは誰でも出来てしまいますからね、あまりにそれは非常識な身の振る舞いですしおすし。

  3. 商品の特性に理解を求められる場合
  4. クレジットカード現金化の媒介物として取扱いが多くなったAmazonギフト券のEメールタイプにつきまして、購入後のキャンセルに関する取扱いについて確認をしたところ、購入後にアカウントへ補充された後はもちろんですが、補充される前の段階のいずれにしても購入のキャンセルは不可能ですとのことでした。

    アカウントに補充された残高で買い物⇒商品の返品に伴う残高戻し、は可能となっており、アカウント内でチャージ、payputできる仕組みになっていますので、補充されたアカウントからも現金で返金出来る可能性は0%ということです。

    他にも生鮮食品やペット等の生きもののネット販売についてもクレジットカード決済が可能であるとことが多いのですが、利用者自身の都合によるキャンセルは不可としており、商品に欠陥が有った場合のみ、事業者の送料負担で代替え品と交換するところが多いようです。


根本的に通常の取引の中でクレジットカード現金化を試みる事は、相手方にとっても迷惑な話であるだけで出来ない事が分かりますが、それを事実上可能とし、受け入れる業者もネット上で存在することを確認しております。

与信枠の換金方法は1つや2つ処では無く、多種多様の手段がネット上で情報を確認する事が出来ます。

クレジットカード現金化の方法としての返品・返金・キャンセル

クレジットカード現金化の中で、ごく少数の手段を取り入れている専門業者が存在しています。

キャンセルという仕組みを使うのですが、通常決済完了後から振込の流れが一般的な方法ですから、決済を取り消しをするという事でしょうか?そうなると業者側がお金を振込んでいるだけで売上を手にする事が出来ません。

キャンセル式クレジットカード現金化ではどのようにして業者は利益を上げているのか、体裁としてどのような名目で振り込まれているのか・・・興味ありませんか?少し調べてみました。


  1. 実は決済は取り消されない
  2. 業者が振込をした後に取り立てるということでも無く、決済取り消しでは無く現金返金をするというのが概要です。

  3. 振り込まれないケースもある
  4. 取り消しされないという事は、商品を購入した仕組みですから業者としては商品を売ったということで振込をする事がオカシイという言い訳が成り立ちます。

  5. 決済会社からすでに目を付けられている
  6. PayPal決済を利用する事が多かったのですが、今現在ではすべて処分され、残るは海外決済を利用する業者とAmazonギフト券を使う米屋が残っています。


同じクレジットカード現金化でも、用いられる手法が異なるだけでさまざまな事が考えられる訳です。

一昔前にこの手順は流行っており、とくにちょっと知識を付けた一個人の方が開業していた傾向が有りましたが、総じて前述の様に決済代行会社にバレて処分を受けていました。

キャンセル式を取り入れる業者がひと段落したかと思いきや、ピクスケという業者が突如現れ、盛大にステマを行った挙句アカウント停止されたという派手な散り方をされていました。

他の方法を選択しているお店と比べますと、あくまで商品販売をしているお店として構えなければいけないため、関連キーワードで広告掲載をする事が無いようですが、出向先が無い為に先ほどのような工作活動に躍起になっていたことと推測できます。

いまだに唯一生き残っているキャンセル式業者は、米や生鮮食品を揃え、決済手段としてAmazonギフト券を送らせてから、客に返品申込みをさせる、そしてギフト券をそのまま返すのでは無く現金を送金するという内容ですが、これについてホームページレンタルービス元に確認を取ったところ、対応を考えるという返答でした。

kyanserushiki

純粋にクレジットカード現金化の換金手続きをキャンセルしたい

消費者庁に掲載されているクレジットカード現金化に関するトラブルの例として、「キャンセルが出来ない」ということが挙げられています。

互いに理解し納得した上で手続きがなされるべきですから、申込み者が理解出来ないor説明が無いことによるトラブルか、前述した媒介物を口実に取引を続行させようとしている、のどれかでは無いかと編集部では考えられます。

また、事前に告知している業者も存在すると他の比較サイトで情報が確認出来ましたので、単純に利用者の過失である事も考えられるでしょう。

しかし、換金目的での利用がそもそも問題視されている事には変わりないですから、利用しない方が世間的にもよいとされています。

また、より悪徳な業者ですと申込みをしただけなのにキャンセルが出来ないというケースがあるようで、このまま手続きを止める場合には違約金を求められるというあり得ない話もあるそうですが、これはムリ矢理取引させようと仕向けているだけであり、悪質で有る事に間違いはありませんのでハッキリとお断りしましょう。

重要なのは断固とした発言と心構えであり、利用する見込みがないと相手に思わせれば二度とそのような事を言ってくることはありません。

優良と判断することの出来る基準は、このキャンセルの対応が出来るかどうかという事もありますが、これは事業者に負担をさせる事ですのでその対応が悪かったり、申込みをした人の立場を考えた対応で無いと感じるか感じないかが一つの基準になるでしょう。

キャンセルで返金を行うクレジットカード現金化業者は、取り消しの手前に利用者の購買行動があるわけですから、応じなければ通常の購入方法となんら変わらないということを知ってか知らずか、返金に応じないという業者も存在するようですので利用を控えた方が賢明ではないでしょうか。

kankin_shikumi

換金という仕組みが世の中にある以上は無くならない

クレジットカード現金化における取引の根本にあるのは「換金」です。

読んで字の如く、お金で無いモノをお金に換えるのですが、お金で無いモノはお金で買うモノですから、所有権が移り変わる事でそこに換金率の差を設ける事で業としてなす古物営業、為替取引もそれに近いものがありますね。

所有権という権利が換金する事で中抜きできる仕組みが有る為に、うまく法の隙間を通した方法さえ用意があれば、クレジットカード現金化のように堂々とホームページや店舗を開いて業を営む事は、怖いお兄さんでなくても誰でも出来る仕組みなのです。、

しかし、それを個人で行うにはそれ相応の手間と労力が必要になります。

それを考えると、「時間を買った」と解釈し、潔く専門業者へ申込みをすることが一番ベターな換金方法と言えますが、大元となる換金対象、”与信枠”を発行するクレカ会社は、最終的に換金をする為の利用方法を禁止する意向を、利用規約という形で明確に示しています。

それでも換金性の高い商品と言われるブランド品や貴金属類の購入は取扱い対象の範疇であり、実際にその取引自体を規制することが無いので、購入した商品を転売・売却をすることは出来ますし、その行為をクレカ会社が管理することも不可能です。

クレジットカードホルダーが利用後に訪れる支払日までは、購入した品物の所有権は発行元にあるのが通説ですが、実際に手に取ってみることが出来ない有体性の無い電子コンテンツの購入も取引の対象ですから、その解釈はすでに曖昧になってきています。

実際に滞ってしまった場合については、督促状はもちろん、信用情報機関を介してさまざまな処分が待ち受けており、それこそ裁判所を通じた手続きまでに発展する可能性だってあります。

利用明細で何の債務が超過した原因となったのか調べ上げられるのですが、その際、クレジットカード現金化をしたことによる超過であると発覚した場合には、利用者が発行元に対して詐欺を行ったということで、本人はついつい魔が指したなんて言い訳をしても、その罪が無効になる事も無く、情状酌量の余地無しとして、債務整理の免責も下りず本当に首を吊る状況になってしまうかもしれません。

近年では、現金の代物として電子マネーや電子ギフト券、仮想通貨などさまざまなサービスがあります。

それもクレジットカードで購入したり、間接的に入手する仕組みが出来ることにより、規制対象として目が付けられやすかった、これまでの「換金性の高い商品」に対する定義も広くなっているにも関わらず、これを媒介した詐欺や犯罪が相次いで発生しており、対策が急ピッチで進められています。

稲中 努

自己紹介:クレジットカード現金化の優良店比較DX編集長。
未成年を集客している比較サイトに嫌気を感じ、2014年から運営を開始。
近年、記事をコピーされたり、クラウドソーシングで参考サイトとして記事購入に使われていますが、一切の関係はありません。
文章や画像の無断盗用・転載は著作権侵害です。

-クレジットカード現金化

執筆者:稲中 努

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ

    詳細はこちら

    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)

    詳細はこちら

    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。

関連記事

クレジットカード現金化と景品表示法の関係とは?

「これを飲めば絶対に10kg痩せる!!」なんていう広告を見たことありませんか?ありますよね。 世の中にはさまざまな広告がありふれており、その中でも「これって本当なの?」と疑問に思う広告もあります。 と …

クレジットカード現金化に一時増枠を利用する?

「お金がない!」というときに、審査もなく即日で現金が手に入るクレジットカード現金化ですが、もちろん利用する際にはショッピング枠がないと利用できません。 クレジットカード現金化は、クレジットカードを持っ …

クレジットカード現金化を効率よく使うためには?

クレジットカード現金化は急な入用でも即日で現金が手に入るとして即効性がある金策だと考えられますが、そのメリットを最大で受けるためには効率がいいかどうかということを一考する必要があります。 業者側でキャ …

クレジットカード現金化比較サイトは、あえてランキング下位から

クレジットカード現金化業者を掲載している比較サイトのほとんどは、店舗を持たないタイプの業者の掲載に偏っています。 それだけでなく、ランキングに掲載される業者が比較サイトが異なると順位も違うということも …

クレジットカード現金化後に自己破産できる?

借りたものは返さなくてはいけないのは世の中の常識ですが、どうあがいても返せない状況になれば、自己破産という社会のセーフティネットがあります。 しかし、自己破産というセーフティネットを使うともちろん社会 …

  • クレジットカード現金化に関するコラム
  • マネーに関するコラム
  • リスクに関するコラム

トピックス

News Ranking

Amazonギフト券現金化業者一覧

あ行
か行
な行
は行
ま行

優良比較サイト2選