クレジットカードによる納税ができる

  • 2015/04/10
  • マネー
  • クレジットカード現金化の優良店比較DX編集部 稲中

国が利用拡充に動いています

東京オリンピックに向けて、外国人観光客増加を見越し経済産業省ではキャッシュレス決済を推進する活動がされています。

押し寄せる為替業務を軽減する事と、ATMなどで出し入れする手間を軽減する事、さらに買物弱者と呼ばれる方の利便性を良くする事、クレジットカード決済に紐付いた購買行動のビックデータを取り入れ活用する事、徴収の効率化などが目的とされ、幅広い業種や職種で多大な効果をもたらすであろうと期待されている政策です。

当然国家主導で取り組みをしただけでは無理な話ですので、官民一体として計画されています。

  • 日本のモノで無くてもイインデス
  • クレジットカードに付属されるキャッシング枠がありますよね?

    これが国内の銀行やコンビニのATMでも引き出すことの出来るようにすると計画されており、日本で発行されていないモノが国内で利用できるようになる、また日本人が外国に行ったときにもその技術が応用される結果になれば嬉しい話ですよね。

    また、店がクレジットカード払いが出来るのか店頭にPOPが有る店と無い店が有りますが、外国人から見ると分からず戸惑う事があるとのこと。

  • 導入していない業者に対する促進
  • 決済に伴う手数料が必ず発生しますので、毛嫌いする事業主は大勢います。

    特に古くから存在する、現金商売が主導だった地方観光地や街中の商店街に向けて、地域振興を目的に支給されている補助金を利用するなど、決済端末が普及するように運動がされています。

  • マイナンバー・マイポータル制度の確立実現へ
  • 皆さんはネットショッピングはされますでしょうか?

    利用をされた方ならご存知かと思いますが、利用者各々にはアカウントが付与され、クレジットカード番号の登録や住所などの情報変更が有った場合には自ら手を加えるように、そのIDやPSは自ら管理されることになります。

    その上にシステム管理者が携わるわけですが、これを国が行い個人情報の徹底した管理と積極的な納付を進める為に、税金をクレジットカード決済出来る仕組みを続々と始める自治体が増えています。

    現金払い、口座振替で支払いをしている方にとっては願っても無い機会がやってきたのではないでしょうか?私もその一人ですが、金額もまとまりますし、ポイント還元を考えるとこれを利用しないのは損でしょうね。

上記の様に、国が動いたことで様々な因果が生まれますが、想定されている事が実際そうなるのかは時が訪れなければ分からないのではないでしょう。

なぜならば電子データで管理されているとは言え、所詮人間が作り出した産物である以上、まだ予見できないような、何かと話題になる個人情報管理の問題提起や悪意ある流出事件もひょっとするとあるかもしれません。

creditcardgenkinkaha

クレジットカード現金化は・・・?

そもそも認知する機会はそう有りませんから、余程貸金業者で貸し渋りが無い限りは今後も狭い産業でしょう。

このようにキャッシュレス文化を浸透させていく動きですから、国内では自ずと発行元の会社が増え利用者も増加の一途にありますが、日本では利用率が低いデビットカード・プリペイド式カードが、欧米諸国ではクレジットカードよりも好まれて利用する傾向があります。

近年、自社事業との連携と国際ブランドの提携でau WALLETやSNSサイトや巨大ショッピングサイトが手掛ける独自通貨(電子マネー)を現金と代替えするサービスが浸透してきておりますので、日本においても同様な動きになるのではないでしょうか。

大手企業が独占状況を占める新しい電子マネーたちですが、今後さらなるビジネスマッチングがこの動きに拍車を掛けることは言うまでもありません。

お金を何かに変えて対価を生み出す仕組みであることから、マネーロンダリング的要素の利用用途も模索される事でしょうから、従来のクレジットカード現金化とは違った換金手段も出てくるでしょうし、今現在実際にAmazonギフト券Eメールタイプがその代表例となっています。

かと言って、そのような決済手段では生み出すことの出来ないステータスや特典の優位性は変わりませんのでクレカの存在は無くなる事は無いでしょう。

特に一昔前には道路に張り出されていた、許可の無いであろうビラ広告も違法と見なされるようになり、ネットによる事業者情報の確認や口コミの閲覧等、情報伝達手段が簡潔されていますので、そう簡単には悪巧みを働く悪徳業者が淘汰されていく一方で、手口の巧妙化も危惧しなればなりません。

国民の所得は下がる一方で、少子高齢化の進む時代ですから自ずと定年退職を考えるような年齢に差し掛かっても、ずっと働いていかなければ生活が出来ない貧困から、高齢者のクレジットカード現金化の利用や新しい貧困ビジネスも生まれそうですね。

公的賃貸も先進諸国に比べて低い保有率ですので、これからの若者に大きくのしかかってくる国の借金と社会問題ばかりですから、先進サービスの発達だけが先行して肝心な問題の解決には結びつかないと編集部では考えます。

優良店比較調査済み業者スコア表における業者2選

  • Life (旧店名:現金化のらいふ)

    Life (旧店名:現金化のらいふ)
    ⭐️⭐️⭐️⭐️
    当サイト、「クレジットカード現金化の優良店比較DX」で現在第1位としてランクインをしています。
  • ゴールドラッシュ

    ゴールドラッシュ
    ⭐️⭐️⭐️
    2013年初頭より換金率の高い業者として頭角を表しており、これまでの勢力図を塗り替えてきたお店で、今現在でもその人気の高さが伺えます。