サイトマップ

当サイトのスタンス:クレジットカード現金化によってお金が増える事はありませんよ!

多くのクレジットカード現金化の比較サイトや店舗ホームページを閲覧してみると、明らかに消費者金融よりも良いと受け取れるような言葉の数々を目にする事があります。

そして共通してメリットとして挙げられる点は、消費者金融の金利と比べて割賦払い時における金利が低いことと、一括で支払う事が出来れば金利は発生しないという観点から見た場合です。

つまり、肝心の換金率が存在することは含まれていない場合、通常の買い物をショッピング枠で行っているという前提の元で営業している業者より買取代金を受け取る仕組みなので、そもそも金策という手段を目的にした販売方法では無い、だからこそ「換金率を金利として当てはめて考えるのはナンセンスです」という意味ではないでしょうか?

金利として計上される場合には貸金業者と判断することが出来ますが、クレジットカード現金化の業者がこうした表現を使用する事はまずありません。

「クレジットカード現金化の優良店比較DX」のサイトマップ

どんな金策でも、最終目的は同じ「現金を手にする事」

消費者金融を利用するにしても、クレジットカード現金化を利用するにしても、経済的な悩みを抱えていない方が申込みをする事はまずあり得ませんよね?

まさか趣味が借金をすること、なんて人は居ないでしょう。

経済的な悩みというのは、「手元で使える現金が無い」という共通事由です。

これは、既に各支払いを終えた後での状況であるのか、これから支払いをする為の現金なのか、どちらもお金が無い事は同じですが、後者の方が取引先に頭を下げ融通を効かせる事が出来るかもしれないという希望が有り、前者の方が精神的に厳しい状況に追い込まれているのかもしれません。

そんな時は頭の中で考える事の全てが雁字搦めになって、普段なら冷静に対処できるコトも覚束なくなってくるのではないでしょうか?編集員も借金をした経験が有りますので、その当時者であった者として痛い程に理解できます。

私は幸い換金できる資産、車を所有していましたので、幾らかはこれで賄えた経緯もありますが、乗っていた物を手放すことは仕方ないですが本当に心苦しいものがありました。

お金が関わってくるサービスとなりますと、あまり世間体的にもイメージがよろしくない業種ですが、人が求めている以上、サービス業として成立されるもので、人間が生み出した貨幣社会という生き方の選択がある以上はこれからの未来においても、一生無くなることはないのかも・・・。

それでも、何かを買い取ったり中古品、未使用品を販売するリサイクルの考え方が年々強くなっている中で物を換金する仕組みは、パチンコの金景品の換金が認められている三点方式の理論が有る以上は無くなることはないでしょう。

貸金業者もクレジットカード現金化業者、どちらも利用しない方が良いに決まっている

一番最初に記述した通り、その目的は同じですが利用しない方が良い事も共通しています。

消費者金融を利用したコトの有る方は経験があるかもしれませんが、今現在、固定収入が無ければ審査を受けるまでに値せず、勤務先を記入する事を求められます。

これは申込み者が確実に勤務しているという証拠と保証を確実なものにするために、実際に「●●さんは居ますか」という電話確認を必ず行っているからであり、職業によっては普段電話など来ない会社も有りますので、そのような電話がまれに来ること自体が同じ会社の人たちに不振に思われる原因となることと、消費者金融を利用することで在籍確認が実施されること自体も世間的にあまりに有名です。

「この人・・・借金しているんじゃないか」
幾ら業者が匿名または誤魔化して適当に名乗られたところで、このように思われてしまう可能性は0%にはなりません。

金利手数料はもちろん、借金をしたことの履歴は信用情報機関と呼ばれる第三者機関で管理されますので、高額なローンを組む際の審査に影響されることもありますので決して踏み倒してやろうなんて考え無い事です。

既にクレジットカード発行申し込み時に審査を受け、認められた上で発行されているショッピング枠で有り、与えられた中でショッピングをしようがキャッシングを利用しようが関係無く自由に使えるものです。

それ故に在籍確認などする事も無く、無審査と謳われる一つの理由になっているのかもしれません。

このショッピング枠というのは発行元が独自に定めた限度額であり、所有者の経済環境を見据えた上での設定ですが、過剰に与えてしまう事もあるのか、支払いが滞る人が実際にいらっしゃいます。

支払い方法を常に一括払いで清算していれば問題が無いものの、分割・リボと呼ばれる割賦払いで支払いを積み重ねていくことでその利子も積み重なり、結果的に総支払額が多額になってしまうのです。

利用額に応じてポイントを発行しているだけでは、発行元が儲かる訳無い事は分かりますよね?

こうした金利がクレジットカード会社の大きな利益に繋がっている仕組みとなっており、クレジットカード現金化をしようがしまいが、使い過ぎることで収支バランスが取れなくなる恐れが考えられます。