2019年08月最新のクレジットカード現金化情報

クレジットカード現金化DX

優良店舗の比較や口コミを調査。
仕組みから違法性まで幅広く発信中!評判や評価を効率よく手に入れてください。

クレジットカード現金化業者利用審査診断

今すぐCHECK
女性

クレジットカード現金化
DX

女性

優良店舗の比較や口コミを調査。
仕組みから違法性まで幅広く発信中!評判や評価を効率よく手に入れてください。

クレジットカード現金化業者利用審査診断

今すぐCHECK

クレジットカード現金化の概要

クレジットカード現金化とは

クレジットカードに付属されるキャッシング枠とショッピング枠のうち、ショッピング枠の残高を利用して、現金として引き出すことのできない残高を現金化すること。

クレジットカード現金化を利用する前に、私たちはネットで検索してよりよい条件で利用できる業者を探します。
そこで私たちは、こんな謳い文句を見ることになるのです。
  • 【還元率98%以上】クレカ現金化 | 口コミも実績も1位の優良店とは
  • 18万人に選ばれたクレカ現金化は
  • ガチでみんなが選ぶクレカ現金化

このような言葉を安易に受け取ってしまっては、クレジットカード現金化の落とし穴にハマってしまったも同然!!

業者が違えば換金率・還元率が異なったり、悪徳店員の巧みな話術に言いくるめられてしまい、電話で伝えられていたパーセンテージと実際の振込み金額に相違があった、やっぱりやめたいけど取り合ってくれないなどのトラブルが発生しています。

当サイトは「必ず利用するべき」と積極的に申し込みすることを促すつもりはありません。
編集者もひとりの利用者でしたので、損しないために以下の提言をします。
  1. 自分はどれくらいの金額を必要としているのか
  2. とくにはじめての場合、「多少でも多めにあれば安心」と考え見積りをお願いする傾向があります。

    どんなに決済金額が増えても、決済金額と振り込み金額の差額が逆転することはありませんので、必要最低限の予算を考える必要があるでしょう。

  3. そのお金は本当に必要なのか
  4. たとえば、振り込み期限が差し迫っている状況なら、相手に少し待ってもらえることで利用しなくてもよくなるかも。

    ほかにも、勝てる見込みのないパチンコ・スロットのために比較検討されているのであれば…問答無用ではないですか?(かくゆうわたしもパチンコのためでしたから…)

  5. 評価されていない業者は避ける
  6. 近年のクレジットカード現金化業者は、新店舗の誕生と閉店を繰り返しており、高い評価が与えられる業者の数は決して多くありません。

    そして、評価を集める理由はもちろん、評価されない理由もありますが、後者については比較サイトで掲載されにくい傾向があります。

優良店ランキング
→入賞した業者一覧(7社)

クレジットカード現金化における、換金率と還元率の違い

換金率

換金率とは、Aから商品を購入したBが、Cに商品を売却するという仕組みで、現金化の目的を達成する買取式と呼ばれる方法を採用している業者が使用しています。

還元率

還元率とは、Aから商品を購入したBが、Aから商品と現金の特典を得るという仕組みで、現金化の目的を達成する還元式(キャッシュバック)と呼ばれる方法を採用している業者が使用しています。

換金方法の違いによって、取引される決済金額や得られる金額が変わることはありません。

悪徳な対応の場合ですと他店の換金方法を悪く言い、自店を棚に上げるなどの傾向がありますので、情報収集の上で問い合わせをしましょう。

クレジットカード現金化優良店ランキング

Life

ランキング第1位
店名Life
営業時間09:00~21:00
最大時の還元率・換金率97.8%
当サイトの評価Lifeの詳細情報を確認する

ゴールドラッシュ
ランキング第2位
店名ゴールドラッシュ
最大時の還元率・換金率98.8%
営業時間09:00~21:00
当サイトの評価ゴールドラッシュの詳細情報を確認する

ひまわりギフト
ランキング第3位
店名ひまわりギフト
最大時の還元率・換金率96%
営業時間09:00~20:00
当サイトの評価ひまわりギフトの詳細情報を確認する

ギフトクレジット
ランキング第4位
店名ギフトクレジット
営業時間09:00~21:00
最大時の還元率・換金率92%
当サイトの評価ギフトクレジットの詳細情報を確認する

スマイルギフト
ランキング第5位
店名スマイルギフト
営業時間09:00~20:00
最大時の還元率・換金率94%
当サイトの評価スマイルギフトの詳細情報を確認する

あんしんクレジット
ランキング第6位
店名あんしんクレジット
営業時間09:00~20:00
最大時の還元率・換金率98.8%
当サイトの評価あんしんクレジットの詳細情報を確認する

24キャッシュ
ランキング第7位
店名24キャッシュ
営業時間09:00~23:00
最大時の還元率・換金率98.8%
当サイトの評価24キャッシュの詳細情報を確認する

当サイトからの重要なお知らせ
現在、都道府県別にオススメのクレジットカード現金化業者を紹介するという比較サイトがあります。
全国対応が当たり前であるにも関わらず、都道府県別に対応が変わるということはあってはならないことです。
都道府県で検索している方に向けて、なにも知らない検討者を騙す悪意のコンテンツですから、注意してください。
都市部で店舗型を構える事業者は健在なものの、ごくわずかな数であり、地方都市なら皆無に等しい状況です。

ランキング圏外
その他の現金化業者一覧(45社)

クレジットカード現金化DXの最新記事一覧

クレジットカード現金化は、意外にも長い歴史があります。

人間は自分にとって都合のよい事に対しては興味を引きやすいのですが、都合の悪い事に関しては敬遠しがち。

専門業者の宣伝を見てみると、メリットばかりが目立つことにお気付きではありませんでしょうか?

当サイトはメリットが蔓延っている現状の比較サイトに辟易し、比較検討者に対して、クレジットカード現金化の情報を余す事なく発信する事を目的としています。

出費がかさむ!対処する方法と実例の紹介。

出費が嵩むのは、生活していくなら誰しもがあることで、現に今、わたしがそんな状況です。 「クレジットカードの請求が怖い…」 「散財して、貯金が目減りする…」 「使いすぎた分、次月は節制したい…」 お給料に対して、支出が上回ってしまったのです。 高収入ではありませ…

Amazonギフト券現金化(買取)とは?

アマゾンで販売されているAmazonギフト券。 突然ですが、ここでクイズです。 ギフト券の種類には以下の種類が存在します。(順不同) どのギフト券のタイプが、現金化に使われていると思いますか? 5種類を紹介しますので、当ててみてください。 チャージタイプ アカ…

【閉鎖?】フルサポートneo

2019年現在、公式ページはエラーで表示されることができなくなったいます。 すでに利用されたことのあるかたより、ご連絡をいただき、当サイトでも実際に問い合わせをしたところ、連絡が取れない状況です。 他の業者をご検討していただいたほうが、極めて安全です。 フルサ…

クレジットカード現金化だけじゃない!現金還元と買取サービスのまとめ

クレジットカード現金化では、現金還元(キャッシュバック)と買取のふたつが主流です。 世の中で当たり前にある商取引を応用しているのが、クレジットカード現金化業者であり、同じ仕組みを用いてお得に利用できるサービスがあります。 直接の収入を得られるという裏技ではなく…

ショッピング枠現金化のすべて

ショッピング枠現金化を検索中のみなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。 当サイトの記事をすべて執筆している、稲中(いななか)と申します。 わたしは業者では無いので、お金をお渡しすることはできませんが、ショッピング枠現金化を利用して5年以上ものあい…

クレジットカード現金化のすべて

ここまで、クレジットカード現金化の概念と、優良店ランキングをご紹介しました。

ここから下は、クレジットカード現金化の方法やメリット・デメリット、お問い合わせの多い内容を集約しご紹介しますので、長文が続きます。

目次別にまとめていますので、あなたの気になる章をタップしてください。

クレジットカード現金化の比較サイトに気をつけろ!

クレジットカード現金化の比較サイトに気をつけろ!

先日、クラウドソーシングのサイトにて当サイトの記事を参考にして、記事作成依頼を募っていた内容を確認しました。(後述します)

近年こうした外注記事による中身の無い比較サイトが増えてきており、とくに既存サイトからネタ・内容をコピーする手口で、まるでそれがオリジナルコンテンツかのように騙す手口が流行中です。

ということで、注意喚起の意味を込めて悪徳比較サイトの特徴についてご紹介していきます。

クレジットカード現金化の情報を知らない事は損である

クレジットカード現金化の情報を知らない事は損である

裕福な家庭に生まれた方が、経済的な悩みを抱えた事なく不自由に育つ確率は高いと言えます。

平均的収入の家庭に生まれた子供たちがいざ社会人として世に放たれた場合には、そのほとんどが肩身の狭い生活からスタートしなければなりません。

お金に困っている者の心理として、自分ではどうしようも無い状況だから悩みを抱えているのですから、自分の問題のはずであるのにも関わらず、なんらかの第三者機関や他人を介して解決できないか模索します。

金策の手段は多岐に渡りますが、直接業者に申込みをするよりも、下調べする事が基本的な行動ですよね。

しかし、その消費者心理を悪用し、広告報酬を業者から受け取る事を目的とした比較サイトの存在が当たり前の様に運営をされている事をご存知でしょうか?

業者や比較サイトのタブーとも言える悪徳な手口について暴露していきます。

人の弱みを食い物にしている悪徳クレジットカード現金化比較サイト

人の弱みを食い物にしている悪徳クレジットカード現金化比較サイト

比較サイトはクレジットカード現金化に限らず、あらゆる商品やサービスにおけるプロモーション手段の一つです。

その為、業者の中には、「代理店募集」「アフィリエイター募集」などと募っている一般企業は数多くあります。

クレジットカード現金化比較サイトの中には「大枠●●万円」「掲載のお問い合わせはコチラ」などと、掲載料を条件にして紹介をしている比較サイトがあることはご存知でしょうか?

これはお金を渡せば、優良店ではなくても掲載ができる仕組みですから、ランキングが頻繁に変わる比較サイトほど、その傾向が強いと当サイトでは睨んでいます。

ランキング形式や優良悪徳の判断なんてすべてサイト運営者次第ということです。

ただでさえ利用を躊躇する金策なのに、業者を利用することが不安だから頼る思いで閲覧した比較サイト自体が、悪徳で有る場合には、その中でいくら調べようがうまく「手のひらで転がされている」という表現がピッタリです。

見た目を派手にし、表向きは健全な見栄えを意識しているデザインが増えていますので、ぱっと見ただけでは優良な比較サイトか否かを判断する事は難しくなってきています。

悪徳比較サイトと優良比較サイトの判断方法

悪徳比較サイトと優良比較サイトの判断方法

悪意のある情報の判断方法として、まずサービスを一方的に肯定しているか否かを確認し、1つの記事以外にも発信される情報量と、記事内容の濃さので簡単に判断することが出来ます。

やたらとサービスを絶賛し、リスクとなる要素については掲載が無いとすれば、かなりその確率は高いでしょう。

閲覧者をクレジットカード現金化させる為の「意欲をソソる文面」が中心で、人間は自分にとって都合のよい内容ほど鵜呑みにしますので、デメリットよりもメリットの方が頭に入ってくるのは仕方が無いことかもしれません。

日本国内では自然災害が頻発していますが、最後に自分を守るのは行政でも家族でも無く、自分自身の事前準備と行動が被害を軽減したり防ぐ事が出来ます。

話しが逸れましたね。

クレジットカード現金化を利用してもしなくても・他の金策を実行するにしても、情報の精査を行う事は自分自身の責任であり、利用する事で生じるトラブルも当然想定して何事も心構えを持っておくことが大切です。

クレジットカード現金化業者はすべて同じである

クレジットカード現金化業者はすべて同じである

ランキング順位を付けている比較サイトの中には、総合ランキングで表示すればよいモノの、項目を増やしてあらゆる要素で順位決定をしていることがあります。

これは、広告枠を増やして掲載料を募る事が目的で有り、決して消費者の視点から付けられた順位ではないのです。

実際に「日曜日営業で比較」とする順位決定要素を用いている、とある比較サイトを例にご紹介しましょう。

「日曜日に利用するならココ!!」と某クレジットカード現金化業者が第1位になっています。

これだけを見ると、日曜日に営業している業者でナンバーワンという印象がありますよね?

しかし、実際にはランキング圏外である業者に問い合わせをすると、日曜日でも営業をしているというだけではなく、そちらの方が好条件で優遇しているということ態に遭遇しました。

・・・これでは一体何のランキングなのか、比較検討者からすれば支離滅裂ですね。

そのような比較サイトほど、サービスに関するコラムやメリット・デメリットのいずれも情報を発信されていない事が多く、ただ単純にランキング決定要素を作って業者を並べている傾向が有り、中にはランキングも無しに業者の紹介だけが並んでいるところもあります。

どこを辿ってもクレジットカード現金化業者なので、業者を紹介する事に関してはよいのですが、それ以上に与信枠を換金する事に対しての注意が一切ない比較サイトの存在は気を付けなければならない事です。


  • 「振り込まれない」
  • 事前説明に言葉が足りなくて「換金後にやっぱりキャンセルしたい」
  • 「支払う事が出来なくてやらなければ良かった」

悪徳比較サイトが発信する情報に騙されて、上記の様に後悔する可能性があるということです。

決済完了後に悪徳業者の手口に気が付くこともあるでしょうし、キャンセルを請け負ってくれる業者ならまだしも、キャンセルが出来ないと言い張る悪徳店員も実際にいます。(体験済み)

それでも我々消費者は比較サイトから情報を仕入れなければならない

それでも我々消費者は比較サイトから情報を仕入れなければならない

クレジットカード現金化業者への問い合わせに勇気がいるだけでなく、比較サイトを閲覧する時にも気をつける必要があるのが現状です。

こうした情報について、比較検討者の方に知っていただくために長年調査をしている当サイトはもっと面倒臭いです(笑)

国民生活センターや消費者庁、銀行などの金融機関といった公的組織から発信される情報は、換金する事に対するメリットについて紹介される事は皆無です。

「利用しないで欲しい」と考えるのであれば、メリットなんて紹介するはずないでしょう。

業者のホームページは、逆にクレジットカード現金化を躊躇している方も背中を押すような言葉しか並べられていませんので、「利用して欲しい」と考えるのですからマイナスな内容は掲載しません。

比較検討者の方はそれを踏まえた上で換金する事のメリットについて興味を抱くもので、良くも悪くもトータルの情報を確認する為には・・・やはり比較サイトを見るしか方法はありません。

クレジットカード現金化比較サイト選びは慎重にしましょう

クレジットカード現金化比較サイト選びは慎重にしましょう

何事においても比較する事は大切です。

すでにクレジットカード現金化を利用した事のある方も、これから申し込みをしようと検討している方も、どのお店がよいのか・よりよい条件のお店は無いのか非常に気になる事ではありませんでしょうか?

最初に気に入って利用したお店でも次第に隣の芝が青く見える事は当たり前です。

すでに利用された方は、どのような基準や情報を基にそのお店に申込みをしたのか覚えていらっしゃいますでしょうか?

多くの人は口コミや評判が良かったという案外あっさりとした回答が返ってくるのかな、と存じますが、とくに深く考えずに申込みをして、そのまま換金して貰った方については他店への乗り換えを検討された方がよい条件である可能性があります。

業者を比較する際にポイントとされる項目は以下です。

  • 店員の対応は丁寧であるか
  • どんなに店構えが良くても本質の部分は対応に現れますので、換金率どうこうよりも重視される傾向にあります。

  • 口コミや評判はよいか
  • 事前に悪評を知る事で比較対象から削除する事が出来ますし、ワザワザそれに挑む理由はありません。

  • 即日で対応できるか
  • 結局必要な時に手元に無ければ意味がありませんし、営業時間が限られていると不安な事が有った場合に対応してくれません。

何かと消費者としては換金率に目の焦点が集まってしまいますが、実際に手続きが進むと予想を下回る金額になる事がなぜか多いのではないでしょうか?

あくまでも見込み客を集める為の広告として使われているので、よく「最大」と表記されるのはこの為です。

業者を比較するだけでも大変です。

先ほどのように広告、つまりどの比較サイトから情報を得て知識をつけるのかということが実は非常に重要な事で有り、広告報酬目的で運営されている比較サイトを通した申込みは、悪徳業者への道のりを歩む事になり兼ねません。

クレジットカード現金化はただでさえイメージが悪いサービスなのに、申込みをするまでにさまざまな障壁が有り、情弱と呼ばれる方にとってはハードルが高すぎるのが実情です。

だからこそ、業者を比較する前に比較サイトを比較しなければ優良店への道のりを選択する事が出来ないと考えるべきでしょう。

比較サイトを見るときに注意する項目は以下です。

  • デメリットが書いていない
  • さまざまな機関や士業の方々が注意喚起しているにも関わらず、メリットだけしか情報が無いところは大変危険ですよね。

  • ランキング化されていない
  • ランキング化されていれば自ずと掲載されている業者は少数ですが、ランキング化されていないところはたくさんのお店が掲載できるようになっています・・・つまりそれだけ広告枠を販売する為のスペースとして設けられている可能性が高いと推測されます。

  • 掲載枠のお問い合わせ・・・?
  • 堂々と業者からの出稿を募っている比較サイトが有り、中にはご丁寧に料金表が確認出来るところもあります・・・比較になっていませんね。

申し込みをする前に考えるべきことが有り過ぎ!というのが正直な印象では無いでしょうか?

気付いた時に「すでに遅し」では後悔をするだけであり、事前に知識という予防策を張っておくことの必要性を感じます。

参考という名のリライティング対象になっている当サイト

参考という名のリライティング対象になっている当サイト

クレジットカード現金化という世間一般的にニッチなサービスであるからこそ、知っている人が少なければ利用する人も多くはありません。

しかし上記のように、お金を出してでも記事執筆の依頼がしたい人物が世の中にはいるもので、プロフィール欄を見ますとインターネットメディア業を営んでいる方のようです。

つまり、当サイトを見ながら誰かが書いた記事が、このアカウントに関連する比較サイトに今どこかで記事が掲載されているということ。

長年に渡って業者の開業から衰退まで俯瞰して見てきましたが、とうとう参考サイトとして取り上げられるようになったのかと感慨深いものすら感じてしまいますが…それはさておき。

このように、比較サイトが実際に調べたのではなく、誰かに書いてもらっている記事や既存のネタをパクって掲載している比較サイトがあるということも知っていただればと思います。

クレジットカード現金化はマイナーな存在

クレジットカード現金化はマイナーな存在
クレジットカード現金化という存在は、収支バランスの取れた健全な経済環境で生活を送っていれば遭遇することの無い金策です。

普通だったら街頭広告やニュースなどを見て、おぼろげに「へぇ~こんなのあるんだ」ぐらいの認知度でしょう。

より詳細を知る為にはクレジットカード現金化・ショッピング枠現金化などとコテコテの単語を検索しない限り、すでに広告業界では出稿規制に引っ掛かる案件として、各種媒体の規約的なモノを確認すると指定されている事が確認出来ます。

とくにネット広告と言えばリスティング広告が有名ですが、クレジットカード現金化はダメでもギフト券・金券の買取と偽ってAmazonギフト券を買い取っている業者は確認出来ます。

つまり、媒介物が変われば目的がクレジットカード現金化であっても、建前として成り立つわけで集客の導線を増やしているということです。

そして、比較サイトが無ければ業者の公式サイトと注意喚起のページが残りますが、これではクレジットカード現金化を利用しようとしている人が店員に言い包められてしまいます。

詳しい知識を得るためには欠かすことが出来ないものですが、その比較サイトがこの金策のよい所悪い所の情報のバランスが取れていないと、益々悪徳業者への申込みを促進させているだけです。

しかも無店舗型の情報ばかりが豊富で実店舗型の情報はあまり挙がっていませんが、同じ換金を目的にした取引を業態としていますので、情報は共通事項として認識してください。

ポイント

クレジットカード現金化比較サイト選びがなぜ大切なのか、無防備に業者へ申込みをする事は損をする確率が高く、後に気付いては遅いんです。

これからは比較サイトを比較する事が求められます。

悪徳クレジットカード現金化比較サイトのまとめ

悪徳クレジットカード現金化比較サイトのまとめ

消費者が気が付かないような情報を提供するのが比較サイトの役目ですから、業者からの掲載料の儲けがあればよいなんて考え方で運営されている比較サイトは少なからず存在しています。

利用者は一体どのタイミングでこうしたリスクについて知る機会が与えられるのでしょうか・・・前述したように取引完了後に知る、なんて事があれば、そもそも比較サイトの存在価値はありません。

よい事も悪い事もあるのが世の中であり、不条理な事もあるでしょう。

しかし、求めているものに対して不誠実な対応をする者がいるのが事実です。

クレジットカード現金化に関するトラブルが減っているとは言え、まったく無く0件であるということではありませんから、消費者として出来る情報の仕入れによる悪徳業者への対策は怠ってはなりません。

クレジットカード現金化のメリットとは?

クレジットカード現金化のメリットとは?
よくよく調べなければこの金策のメリットをうまく利用できるということを知らないで利用しようとしている人も多いのではないでしょうか。

普通に働いていればお金が手に入りますが、それ以上に必要な場合は借金することを考えますよね。

急にお金が必要になるシーンはさまざまあり、冠婚葬祭・病気やケガでの入院・借りていたお金を急に返さなくてはいけなくなった、などなど…。

借金をする理由や状況も個人によって、短期間の借り入れでいいとか、今すぐ手元に欲しいとか、さまざまあると思います。

しかし、借金する為には消費者金融などの店舗に行ったり、審査をしたりと面倒な手続きをしなければならず、手間と時間がかかります。

審査でも職業・年収・信用情報などによって貸せるか貸せないか、貸せるとしたらどのくらい貸せるかなど、もしかすると審査に通らなかったり、希望の金額にとどかないということが考えられます。

では、借金をしたくない人・できない人はどうやってお金を手に入れたらいいのでしょうか?そこにクレジットカード現金化のメリットがあります。

クレジットカード現金化なら、面倒な審査がない

クレジットカード現金化には、面倒な審査がない

金融機関で借入をしたい場合は、まず審査がありますよね。

働いているかどうか、勤め先、年収、使い道など、いろんなことを聞かれます。そこから審査が始まり、さて審査が終わって結果がどうだったか、ダメだった・・・なんて悲しいこともあります。

たとえば、低収入の人はその分借りることができる金額も低いとか、専業主婦は勤め先がないから審査落ちたとか、事業経営者であれば、信用情報を照会されるとか。

ですが、クレジットカード現金化は、ショッピング枠があれば誰でも利用できるサービスです。

クレジットカードは主婦、学生、低収入の人でも作れるので、作ることさえできればあとは業者に申し込みするだけで利用することができます。

なぜ審査がないかというと、発行した時点で買い物をするためのショッピング枠が付与されているからです。

クレジットカード現金化はショッピング枠で買い物さえできればいいので、それ以外に必要なことはありません。

いうなれば、発行元の審査がクレジットカード現金化の審査であると考えることもできるかもしれません。

クレジットカード現金化なら、信用情報に載らない

クレジットカード現金化なら、信用情報に載らない
金融機関で借金をすると、信用情報機関にその情報が履歴として残ります。しかし、ショッピング枠の利用は借金に該当しないので、信用情報機関に載りません。つまり、クレジットカード現金化は信用情報機関に履歴がつかない方法で現金を手に入れることができるということです。

短期間の借り入れで済むのに、わざわざ借金の履歴が残るのが嫌だという人にとっては一番のメリットです。

また、利用者に事業運営者が多いのは、この信用情報機関に情報を残したくない為でしょう。

返済の滞納・自己破産などの金融事故情報があると、新たに借金することができませんが、ショッピング枠があれば利用できます。

クレジットカード現金化なら、時間がかからない

クレジットカード現金化なら、在籍確認も不要

面倒な審査がないということは、利用に時間がかからないということにもなります。

クレジットカード現金化は、即日でインターネットからの申し込みができるので、わざわざ店舗に行くこともなく、自宅でできるというのもメリットの一つです。

業者によっては申し込みから最短で数十分で確認までできるところもあります。

たとえば、急な冠婚葬祭で手持ちがない、といった場合に、一刻でも早く現金が欲しい人にとってはありがたいサービスです。

クレジットカード現金化なら、在籍確認も不要

クレジットカード現金化なら、在籍確認も不要

借金であれば、審査をする上で職場に在籍確認の連絡がくることがあります。滞納が起こると自宅に連絡が来たりと、周りに借金がバレるリスクが高いです。

とくに、専業主婦をしている人は勤め先がない為に、借金をする際、配偶者などに保証人になってもらう必要がある為、家族にもバレ安いというリスクがあります。

この金策は審査がないので、職場に連絡が来ることもありませんし、家族にバレることもありません。

クレジットカード現金化なら、支払方法が選べる

クレジットカード現金化なら、支払方法が選べる

カード会社から請求されるものであり、クレジットカード現金化業者から直接請求される仕組みではありません。

貸金業者でよくある街中のATMへ、人目を気にしながら返済をしに行く必要がないのです。

普通大きな金額の商品を買うと、分割払いやリボ払いを選択して支払いができますよね?

クレジットカード現金化においても、ショッピング枠の利用は通常の買い物として処理され、支払方法も分割・リボ・ボーナス払いなど通常の使い方と同じように、支払うことができます。

クレジットカード現金化のメリットまとめ

  • 面倒な審査がなく、時間がかからない
  • 周囲にバレない
  • 信用情報に載らない
  • 支払方法が選べる

現金が必要な人にとって、時間と手間が一番のネックですが、そのデメリットを解消するという点が一番のメリットであります。

ただし、クレジットカード現金化はメリットばかりではありません。

もちろん発行元の会社との規約には違反しますし、悪徳業者の存在も忘れてはいけません。利用する際は、業者をしっかりと見極めて、本当に納得できるところを選ぶ必要があります。

クレジットカード現金化のメリットをよく知らないまま、ただ単純に、「審査もなくお金が即日で手に入る金策なんだな!?」という認識で利用することを考えていると、メリットをうまく利用できないかもしれません。

審査がない、といっても、やはりクレジットカードがなければ話になりませんし、なおかつ今あるショッピング枠の範囲でしか利用できないので、たとえショッピング枠があるとしても枠を超えた取引はできません。

また、バレないというメリットについても、クレジットカードの利用明細の存在や、商品を受け取らなければいけないということをしっかり認識して、自分自身でうまくばれないようにしなければ意味がないことになってしまいます。

クレジットカード現金化のメリットをよく理解して利用することを考えれば、状況によっては逆にクレジットカード現金化を利用しなくても今回は大丈夫だな、と考える余裕ができます。

気軽に利用できることから、知らぬ間にショッピング枠を使い切るような利用をしてしまう人もいますが、当サイトではそのような使い方はオススメしていません。

次に、クレジットカード現金化のデメリットについてまとめましたので、ご覧ください。

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット
即日ですぐ手元に現金が欲しい人にとって、クレジットカード現金化はメリットが沢山あり、非常に便利なサービスであることから、多くの人が利用するようになりました。

最近では消費者金融よりも先に、最初にこの金策を考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、おいしい話ばかりではありません。

世の中にはメリットもあればデメリットもある、この金策にもデメリットはあり、いいことばかりではないです。

の利用者が多くなり、サービスが世の中の目につくことで考えられるデメリットが存在します。

クレジットカード現金化は発行元の会社との利用規約に違反するというデメリットがある

そもそもの話ですが、クレジットカード現金化は発行元の会社との利用規約には違反しますので、利用していることが発覚すると利用停止になってしまうかもしれないというデメリットがあります。

最近、まずこれを認識していない利用者がいるのではないかと思います。

キャッシング枠とショッピング枠がありますが、発行元の会社としては、現金が必要であればキャッシング枠を利用することを前提としています。

ショッピング枠はあくまで、買い物をする為の枠なので、換金目的に付与されたものではありません。

もし、利用したことが発行元の会社にバレると、以下のペナルティが課される危険性があります。

  • 利用金額の一括請求
  • 利用停止
  • 強制退会

さらに言えば、このようなペナルティは事故情報として信用情報会社に載ることも考えられます。そうすると、新しいクレジットカードが作れなくなったり、ローンを組むことや、融資を受けることが難しくなります。

クレジットカード現金化業者には悪徳業者が存在する

クレジットカード現金化業者には悪徳業者が存在する

これが一番厄介かもしれませんが、業者の中には『悪徳業者』と呼ばれる業者が存在するというデメリットがあります。

消費者金融にも闇金などの悪徳業者は存在しますが、グレーゾーンなサービスなので、業界内に悪徳業者が潜みやすく、消費者金融よりも詐欺にあう危険性が高いです。

悪徳業者の行うこととして、下記の事例などがあります。

  • 入金まで大幅な時間がかかる
  • 入金がされない
  • 言われた金額よりも少ない金額が入金された
  • 手数料と称して、ぼったくりの金額が引かれる
  • 還元率(換金率)が以上に低い
  • 個人情報を流出させている

法律違反ではありませんので、乱暴に言ってしまうと、発行元の会社に利用していることがバレさえしなければ通常の買い物と一緒の扱いになります。

たとえ悪徳業者が入金を行わなかったとしても、『なにかしらの商品を買った』という取引は変わらないのです。

悪徳業者に騙された利用者は、発行元の会社との規約違反に当たることをしているので、被害を申し出ようにもできません。

ペナルティを課されるかもしれないのに、「クレジットカード現金化で騙された」なんて言える訳がありませんよね。

また、悪徳業者に訴えたとしても、逆に「規約違反行為を発行元の会社にバラす」と脅してくる悪質極まりない業者も存在するようです。

クレジットカード現金化が多重債務の引き金になる恐れがある

クレジットカード現金化が多重債務の引き金になる恐れがある

クレジットカード現金化は借金とは異なりますが、買い物をした支払い(債務)があるという点では一緒です。

クレジットカード現金化は、通常の買い物と一緒ですが、無計画な利用をしていると多重債務に陥ってしまう可能性があるというデメリットがあります。

ショッピング枠があれば誰でも利用できるので、借金よりも気軽に即日で現金が手に入ります。

その気軽さ故に、必要な現金以上に利用を重ねてしまいがちです。

さらに、支払いが長期にわたると、業者への手数料に加え、発行元の会社へ支払う利息(金利手数料)が膨大になってしまいます。

便利なサービスが、知らぬ間に身の破滅を招いてしまうのです。

クレジットカード現金化では、100%の還元率・換金率は不可能

クレジットカード現金化では、100%の還元率・換金率は不可能
デメリットというよりは当たり前のことですが、業者を挟むとどうしても手数料がかかります。

業者は多少なりとも利益目的で営業しているはずなので、手数料がかからないところはありません。

ボランティアでやっているとすれば別ですが、そんなところがあったらみんなそこを使いますよね。

利用者はどうしても還元率が気になりますが、悪徳業者はそれを見越して初めの話では高還元率を謳ってきます

その結果、言われていた金額と大幅に違う、ということが起こるのです。

仮に、異常に高い還元率を実現している業者があったとしても、個人情報の売買で採算をとっているとしたらどうでしょうか、デメリットというよりは、手数料以上のリスクが無限大になっていきます。

クレジットカード現金化のデメリットまとめ

即日で現金が手に入るというメリットもありますが、デメリットもあることがわかったと思います。

しかし、これらのクレジットカード現金化のデメリットがわかっていれば、どういったことに気を付ければいいかもわかるはずです。

  • 発行元の会社にバレない方法を使う
  • 悪徳業者をさける
  • 計画的な利用をする
  • 悪徳業者の謳う高還元率に踊らされない

優良業者であれば、これらの注意点を丁寧に説明して、自分に合った利用方法を提示してくれるはずです。

利用を考える際は、くれぐれも悪徳業者の甘い言葉に騙されないようにしましょう。

クレジットカード現金化のデメリットを理解しないまま利用を考えると、上記のようなデメリットの対策すら立てることができないということになってしまいます。

デメリットで一番失敗しやすいのが、還元率で他社比較をしようと躍起になってしまうことです。

還元率ばかりを重視してしまうと、上記で紹介したデメリット対策がすべて水の泡になってしまいます。

還元率が高いと、それだけ換金性が高い商品を購入することになって発行元の会社に利用がバレてしまったり、バレたせいで一括請求が来て計画的支払いができなくなったり、悪徳業者に騙されやすくなったりと、壊滅的な状況になってしまうかもしれません。

優良業者を使う際でも、必ずしもデメリットがないとはいいきれず、利用者にとってよりよいサービスを提供するためには少ないながらも手数料が掛かるということをしっかりと認識して利用ができればいいでしょう。

自分でクレジットカード現金化する方法とは?

自分でクレジットカード現金化する方法とは?

実は近年クレジットカードで購入できる商品に幅が広がったことと、これまでの質屋や買取ショップが大々的にクレジットカード現金化に踏み込んだ形で「これを買ってくればこの価格で買い取る」という料金表をサイト上に掲載するなど、一個人でも実行できる時代がすでに来ているのです。

極論では、クレジットカード現金化は自分でも出来ます

極論では、クレジットカード現金化は自分でも出来ます
クレジットカード現金化業者そのものは、年々その業者数も減ってきております。

それは銀行系カードローンの台頭や債務を抱える人の総数が減ってきている事、連日の注意喚起による効果などにより、利用者数が減少傾向にある事と思われます。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れるという金策の1つ

審査もなく現金が手に入るので、カードローンや消費者金融からの借り入れよりも手軽にできることが大きなメリットになっています。

クレジットカード現金化というと、まずクレジットカード現金化を専門としている業者を思い浮かべるという方も多いでしょう。

たしかに最近ネット上ではクレジットカード現金化を専門としている業者も多くなっていますし、昔では悪徳業者が多かった時期もありましたが、現在では優良な業者も存在し、安心して業者を利用することができるようになりました。

しかしながら、いまだに悪徳業者がはびこっていることも否定はできず、業者にいいイメージがないという人もいると思います。

業者を使えば当然手数料がかかりますが、それは優良業者を使った場合でも変わりません。

業者が営業を行うのはボランティア目的ではなく、利益を目的として営業を行っているはずです。

上記の理由から業者には頼りたくない!という場合でも、クレジットカード現金化の方法は何も業者に頼る方法ばかりではなく、自力で行う方法もあります。

クレジットカード現金化は業者の専売特許では無い

クレジットカード現金化は業者の専売特許では無い
クレジットカード現金化というと業者を頼るものというイメージが先行している方もいるかもしれませんが、実はクレジットカード現金化というのは自分ひとりで、自力でもできるものです。

というのも、クレジットカードのショッピング枠で何かを購入して、その購入したものを売って現金を手に入れればいいのです。

普段買わないようなものをクレジットカードで購入すればカード会社にも怪しまれるかもしれませんが、普段からよく購入するものや自分のこれまでの購入歴から考えて違和感のないものであれば怪しまれることもないでしょう。

業者に頼ることがなくても、自分ひとりでクレジットカード現金化ができてしまうのです。

自分でクレジットカード現金化する事のメリット

自分でクレジットカード現金化する事のメリット
では、クレジットカード現金化を業者に頼らず自力でするメリットとしては何が考えられるでしょうか。

まずは、高い還元率でできるということが考えられます。

通常、業者を利用した場合、クレジットカード現金化というのはよくて還元率80%半ばくらいといったところでしょう。

基本的にはそれを下回る還元率になることが考えられ、使った分がそのまま現金になる還元率100%でできるわけではありません。

しかしながら、自分ひとりでやるからこそ業者以上の還元率が期待でき、それは業者に払う手数料が必要ないことから高い還元率が可能ということになるのです。

というよりも、還元率は自分の腕次第といったところでしょう。

また、もし需要の高まっているものを購入し転売できれば、購入した金額以上の現金になる可能性があります。

いわゆるプレミアがついている状態の商品を転売して利益が出る方法です。

10万円で購入したものが品薄になっていて、オークションに出したら20万円になったなんてこともあり得るのです。

もちろん、何を購入するかの見極めが重要にはなってくるのですが、「何が流行っていて」・「何が売れるのか」といったところを察知する能力に長けている方であれば、業者なんて比ではないくらいの換金方法を構築できるかもしれません。

場合によっては儲けが出てくるでしょう。

自分でクレジットカード現金化する事のデメリット

クレジットカード現金化を自力で行う場合のデメリット

自力でクレジットカード現金化をする際は高い還元率がメリットではありますが、一方でデメリットも生じます。

時間がかかる

まず自力でクレジットカード現金化をする場合のデメリットとして挙げられるのが時間に関する問題です。

というのも、クレジットカードを利用して商品を購入し、それを高く買い取ってくれる先を見つけるまでにはいうまでもなく時間がかかります。

今すぐにでも現金がほしいという方には時間がかかりすぎて、とても間に合わないでしょう。

もちろん、時間がかかるからこそ、より高く買い取ってくれるところを見つけられるという部分にもつながってくるのですが、時間が掛かるだけ掛かってもろくに買い取ってもらえないという可能性もゼロではありません。

つまり、現金が欲しい期限までに確実にできるという保証がないのです。

手間がかかる

自分でクレジットカード現金化をする場合、複数の手間がかかります。

  • クレジットカードを使って購入する商品を品定めする手間
  • 商品を購入する手間
  • 購入した商品を受け取り、より高く買い取ってくれるところを探す手間
  • 場合によっては買い取り先に郵送する手間など

考えられるだけでこれだけの手間がかかるのです。

上記で時間がかかるということを述べましたが、手間がかかった分だけ時間もかかるということでもあります。

これだけの手間をかけるだけの、高い還元率でのクレジットカード現金化が望めるのであれば問題ないでしょうが、手間のわりに合わないような還元率だった場合には本当にがっくりと肩を落とすことになるでしょう。

クレジットカードの利用停止のリスクがある

自力でクレジットカード現金化をする場合、購入する商品はできるだけ換金性の高い商品を選ぶことになるかと思います。

上記では時間と手間がかかることを説明しましたが、換金性が高い商品はその名の通り現金に換えやすいということなので、転売する際でも買取してくれるお店はたくさんあり、すぐに買取してくれるということで時間と手間が削減できることが考えられます。

しかしながら、最近ではカード会社もクレジットカード現金化に警戒しているため、換金性の高い商品の購入は目を付けれられやすくいことが有名ですね。

そのため、「こいつ、換金性が高い商品買ってる、怪しいな」と思われれば、クレジットカードが利用停止となってしまうこともあるのです。

クレジットカードが利用停止になってしまうかもしれないというリスクはクレジットカード現金化にはつきものですが、優良業者を利用する場合はそのリスクを業者が減らしてくれます。

しかしながら、自分で換金を行うことは、場合によってリスクが高まる危険性があるのです。

このように、自分でクレジットカード現金化をしようとすれば、時間・手間・リスクの負担を覚悟しなければなりません。

即日で確実に取引して現金を手に入れたい人は、業者を利用したほうがムダに時間や手間などが掛からないということになるでしょう。

また、自分で行う方法にリスクがあるということで、なるべくリスクを抑えた上で取引したいということであれば、優良業者での利用をオススメします。

業者を使うことに抵抗があるという人は、まずは業者がどのような方法で行っているかということを確認するためにも問い合わせをしてみるといいでしょう。

クレジットカード現金化が実質可能な商品


  1. 電子マネー
  2. 電子マネー

    Amazonギフト券Eメールタイプ・iTunes Card・Google Playカード・などがあり、近年でもっとも目新しい換金性が高い品物です。

    これを売買する換金所が取引を助長していることで、購入者が支払いが滞った場合には、発行されたコードが無効になり、再販売先の人が利用できないという状況もあります。

  3. ブランド品
  4. ブランド品

    昔から流行廃りはあるものの、いつの時代もぜいたく品は総じて換金率が高く、当然人気のある商品に集中するものですね。

    普段高額な商品を購入しない人がいきなり決済が挙がる事でシステムが検知するのか、知人でロレックスの時計を換金目的で購入した事がバレて利用停止になった知人がいます。

  5. 切手
  6. 切手

    購入額に制限があるものの、日本郵便のオフィシャルサイトで購入できる仕組みがあります。

    あまり公けにされておりませんので、知っている人は意外にも少ないかもしれません。

    詐欺や横領で起訴された、「ウワアアァァァーーン!」と泣き叫ぶ会見でお馴染みの、元某県議員による政治資金の資金洗浄で利用されている事の方が有名でしょう。

  7. 家電
  8. 家電

    ブランド品と同じように毎度毎度新製品が誕生し、価値観の変動が激しい項目です。

    換金目的で購入したとしても家電をクレジットカードで購入する人は世の中にたくさんいらっしゃいます。

    そういった意味合いでもっとも安全な媒介物と言えそう、実際に買取業でもよく取引される品物です。


上記のように、これまでのクレジットカード現金化業者を利用しなくても、自分自身の行動でショッピング枠を換金する事が出来る可能性が十分にある事は理解していただけたのではないでしょうか?

あくまでもこの方法に手を出したことで、利用規約で定めた「認められない利用目的」に触れている事により、いかなるトラブルも起こり得る可能性が有る事は承知しなければなりません。

幾らシラを切っても明細が残されている以上、自分の意志で決済を行っている以上、抗弁を申し立てたところで言い訳が出来るものではありません。

クレジットカード現金化は安全ですか?

クレジットカード現金化は安全ですか?
よく専門業者を利用することが危ないという注意喚起を目にする事はあります。

そもそも第三者を介する手続きにしても一個人が行う換金にしても、同じ事に変わり無いということが当人たちには見えていない事です。

これを目的に決済を行う事で決済金額と手にした金額に差額が生じる事が根本的な議論の的ですから、業者を貶すことも理解できますが消費者自身が問題の根底にあります。

業者がそもそもトラブル続きの取引を行っていれば、クレジットカード決済に関わる契約は出来ません。

クレジットカード現金化の商品を変えてもおなじ

クレジットカード現金化の商品を変えてもおなじ

今流行のAmazonギフト券につきましては決済に関わる事項はすべてAmazon側の管理下にありますから、クレジットカード現金化業者は決済に関わるトラブルを抱えるリスクが発生する事はありません。

そうした目線から、電子マネーを媒介物として取り扱う業者への申込みは、後からキャンセルする事は不可能であり、業者にとって言い逃れしやすい媒介物ということです。

自分でクレジットカード現金化をするときは安全ですか?

クレジットカード現金化の商品を変えてもおなじ
利用者にとって、自分でクレジットカード現金化をする事も業者に申し込みをする事と同様に、なんらこれまでと変わる事の無いリスクが付きまとっていると考えるべきでしょう。

そこで自分で実行する事を模索するのですが、いずれにしても換金を目的に決済をする事で全責任が自分自身に有り、追求されたところで言い逃れが出来ない環境でもあります。

業者を悪くいう事は簡単です。

関連団体が業者を介した取引について、関わりを持たぬように注意喚起しているだけでなく、自分自身で行おうとしている場合についても同様に警報を鳴らしていると考えるべきではないかと当サイトでは考えます。

これまで自分自身で実行したことによる検挙については報道されていません。

会社の資金を利用したロンダリングにつきましては検挙されているように、ショッピング枠という第三者から提供されたサービスを悪用するのですから、何か身に起こり得る可能性は十分にあります。

すべては気の持ちよう、勝手な想像で安心と安全を仮想しているだけであり、グレーな金策方法で有ること、業者を利用する事も自分ひとりでのクレジットカード現金化も変わりないのです。

クレジットカード現金化には、対面できる店舗型もある

クレジットカード現金化には、対面できる店舗型もある
何かの品物やコンテンツ、サービスなどを商品として取引されている経済活動の中で、お金そのものが商品(サービス)となっているのは金融商品しかり貸金業です。

投資と言えば聞こえがいいのですが当然そこにリスクがあるはずですが、それを表立って前書きをしてしまいますとその商品を誰も買ってくれない事になってしまいますので、何かと都合のいい表現や見た目の創意工夫が施されている事が多いです。

商材紹介のパンフレットやネットやチラシの説明文には、それをする事で「メリットしかありませんよ」「やらない手はありませんよ」と、誇大広告かと思われるような派手な宣伝を行っている場合があります。

キャッシングと異なり貸金業者ではないとされているものの、たとえば近年目立つ電子ギフト券の売買取引・仲介所の存在が有る事によって業者あるいは個人におきましても、その仕組みを考えてみればトライできてしまう現状があります。

クレジットカード現金化の基本は無店舗型

クレジットカード現金化の基本は無店舗型
総じて店舗の無い業者がネット検索における上位表示を占めておりますが、突然業者が消えたり(実際に閉鎖が相次いでいます)、最悪お金が入金されなかったりすると、泣き寝入りをするしかありません。

ネットの広告は詐欺ではないにせよ、クレジットカード現金化に関わらず大げさな印象を受ける言葉遣いが利用されており、消費者を取り込む為に興味を引かせクリックorタップさせようとしています。

現社会における通信端末の普及により、誰もが簡単に情報を知る事が出来る今日におきましては、提供されるサービスが同等ですとコモディティ化の一途→衰退しかありません。

あとはその表現を工夫するプル戦略で、どれだけ他社との差別化が図れるかが既存サービスの競争ではないかと思います。

とくにクレジットカード現金化という元々の利用者の絶対数が限られている市場と広告露出機会の少ない現状、目に触れられる表示枠には限りがある事により、閉店する業者が見受けられるのは当然の事です。

口コミによる評価評判も実際に体験してみないと、実感は湧かないものです。

あくまでも参考にし、掲載されている情報でその業者の良し悪しを判断する必要があります。

本来であれば受付店舗があればいいとは思いますが、ネットで全国各地を相手に営業している業者では来客対応を受け付けていなところがほとんどです。

そんな場合にはあえて地元で営業している業者を選び、ネットで換金する事の必要性はありませんから心配ならq店舗のある業者に足を運んで聞いてみる事も方法も一考です。

その場で現金を手にできるスピード重視の対応のできるところを選んでください。

無店舗型のクレジットカード現金化業者で注意すべきこと

無店舗型のクレジットカード現金化業者で注意すべきこと

クレジットカード現金化をはじめて利用する人は、結局口コミやネットの情報を参考にするほか術はありません。

だからこそ、店舗のある業者を訪問する事は対面して直接話し合いが出来るのですから、詐欺だと思ったらその場で通報することも可能でしょう。

中には悪徳対応もある旨が検索でヒットされるように、情報を集めれば集めるほど騙されぬように用心深くなります。

結局、換金出来ぬまま時間だけが経過していくだけ。

そもそも口コミを含めた情報は他人の意見や考え、キュレーションされたモノですから何かを頼りにする事よりも自分から行動をした方が賢明です。

自分で・店舗型・無店舗型のいずれクレジットカード現金化も同じ考え方です。

自分で・店舗型・無店舗型のいずれクレジットカード現金化も同じ考え方です。

換金目的での利用は良くないとする意見が根強いのですから、そのリスクについても降りかかるのは他でも無い自分自身です。

中には買い取り業と称しながら店舗を構えている対面出来る業者もありますが、古物商許可証の掲示は有るか許可番号を記載されているか、確認が出来るかという知識だけでも最低限押さえておきましょう。

その他には、肝心事である現金を受け取る時に待たされることは無いか、あるいは日時の具体的説明はあるかは聞き逃したり蔑ろにしないよう注意してください。

店舗に出向いて直接応対を受けたのにも関わらず店頭で受け渡しが無い対応は疑念を持って聞いてみましょう。

クレジットカード現金化の大手はありません

クレジットカード現金化の大手と紹介されて騙された男性
クレジットカード現金化では、ここは「絶対に使うな」「ここが悪徳業者だ」と、大手として紹介されることはあっても、逆のパターンは見かけることがありません。

それならば、大手の業者を探せば間違いないだろうと思うところですが、大手の存在は悪質な比較サイトが生み出した印象操作です。

大手やランキングで評判がいい業者なら、デメリットもなさそうに感じてしまいがち。

聞こえはいいのですが、たしかに5年も10年も営業しているところはあります。

が、だからと言って数多くのランキングで上位になっているかと言えば、違います。

一般の金融会社よりも手軽に利用できるという利益と同時に、デメリットとなる不利益を被る可能性は、クレジットカード現金化を目的としている限り、大手と紹介されていたとしても無くなりません。

当サイト認定優良店の条件
  • 特定の比較サイトだけでなく、多くの比較サイトで評価を集めていること
  • 還元率・換金率が比較していいのはもちろん、違法ではない取引で利用できるところ
  • 対応が丁寧であり、開き直って悪意のある説明をしないところ
当サイトでは、上記の3点が優良店として必要な最低限の条件です。
還元率・換金率以外にも、注目すべきことがあるって…知っていましたか?

クレジットカード現金化に優良店はあるのか

クレジットカード現金化に優良店はあるのか

はじめてのかたは還元率・換金率に目がいきがちです。

これだけに着目してますと、騙されます。

なぜなら、クレジットカード現金化業者の広告では、最大時の還元率・換金率の表記が掲載されるのが一般的になっているからです。

クレジットカード現金化を専門とする業者の数は、無店舗型と実店舗型を含めると、200を超える数になるでしょう。

これは、先ほど違法であろう業者の存在も含めた数です。

今でこそ無くなりましたが、かつて国民生活センターの公式ホームページで、クレジットカード現金化のトラブルに関する相談件数の推移が掲載されていました。

2011年にはじめて経営者が逮捕された時期をピークに、年々とその件数が減り、今は特集ページが削除されています。

たしかに最盛期と比べて、トラブルの数そして業者の総数が少なくなりました。

それでも、より好条件で利用できるところがないかお探しではないですか?

以前は男性のオペレーターで、非常に高圧的な態度で接客をする様子もありましたが、女性のオペレーターによる接客、丁寧な説明と明朗な見積もりの提示をする業者が増えてきています。

→対応が丁寧な優良店

しかし、残念ですがいまだに評判の悪い対応や、低い換金率・還元率であることを包み隠すために手数料の項目を増やす悪徳な対応も。

このように、業者がより多くの手数料を得るための言い回しに過ぎず、中には性別による優遇を設ける業者もあります。

このような対応について、当サイトでは優良店として認めません。

ランキング圏外の業者につきましては、他の比較サイトでは掲載しないくらい辛口の評価となっています。

そもそも、どこの業者にも高評価を与える口コミサイトが目立ちますが、それならばランキングにしていることが不自然。

このように、自分だけの優良店を見つけるためには、比較サイトでの情報収集が欠かせなくなっていると言えるでしょう。

クレジットカード現金化の怖い悪質な手口

クレジットカード現金化の怖い悪質な手口

ここまでで、違法な業者の手口について一部ご紹介しました。
  • 電話で伝えられていたパーセンテージと実際の振込み金額に相違がある
  • 借用書を交わすよう求められたり、保証金の請求
  • 商品を送らない・受け取り不要を容認するように同意を求める

優良店の反対に悪徳業者が存在し、違法な手口だけでなく、低い還元率・換金率で申し込みをしてきた人を騙す悪質な手口で営業している業者があります。

詳細につきましては、これから記述する関連記事にて細かく掲載していますので、そちらをご参照ください。

ここでは、その一部をご紹介しましょう。


取引後に入金されなく、そのまま連絡が取れなくなった事例(情報提供)

クレジットカード現金化の方法として、現在では扱われていないキャンセル式と呼ばれる業者で利用しました。

商品はネット上からダウンロードする情報商材(?)と呼ばれるもので、購入後にキャンセルを願い出ると、現金で一部を返金してくれるという業者でした。

比較サイトでは紹介されていない業者で、その時は裏技的な期待感を持って、いい意味で期待をしていました。

しかし、一向に振り込みがありません。

しつこく問い合わせをすると、返金の準備をしているとの一点張り。

商品をダウンロードする形だったので返品のしようもなく、決済の取り消しも行われないので、泣き寝入りしてしまいました。

この場合、カード決済は完了されているので、現金化業者から入金がなくても、カード会社から請求がくるということです。


申し込みをした本人も、お金欲しさの負い目があるがゆえに、潜在化してしまうことから、クレジットカード現金化に関する口コミの数は非常に少ないものです。

比較サイトに掲載されている口コミは、自作自演によるものが多く、定期的に追加されることがほとんどありません。

申し込み後の悪質な手口だけでなく、申し込み前から伏せんが存在する業者も存在しています。

たとえば、取引すると決めていないのにも関わらず、申し込みフォームに各種項目を入力するところから、住所・銀行口座の情報を事細かに入力するよう求める業者も存在するのです。

関連記事

クレジットカード現金化の比較サイトも怖い

クレジットカード現金化の比較サイトも怖い

あなたはどうやって「クレジットカード現金化」を知りましたか?

業者があること。

その仕組み。

そのほとんどは、なんらかの比較サイトから知見を得たのではないでしょうか。

少なくとも業者が発信することが極めて少なく、問い合わせの中で質疑応答に応じることが当たり前になっています。

評価されない業者の特徴
  • 現金化業者の中には、自ら優良店としてホームページに文言を掲載している業者
  • 出どころがわからない第三者調査でNo.1を自認する
  • 無料で利用できるWebサービスを悪用して自作自演

このようなものが確認できるからこそ、第三者評価は比較する上で重要。

そして今も昔も業者を利用する時は、決まって比較サイトを経由して申し込みする方法が一般的です。

しかし

ここまでで悪徳な業者・違法な手口について一部ご紹介しましたが、そのような業者も比較サイトで上位のランキングで掲載されていることがあります。

インターネットの検索結果以外では、ほとんどその存在を知ることができない資金調達方法ですが、お金が儲かるようなサービスではないにも関わらず、デメリットについて一切情報を掲載しないサイトが乱立しています。

デメリットを肯定し価値があると紹介していたり、ありもしない店名の元店員を名乗ったり、身元不明な法律家が比較サイト内で解説するという異常な事態。

過去には、未成年でも利用できる業者を紹介していた比較サイトも実際に存在しました。

その悪徳比較サイトが、当サイトが始まった直接のキッカケでもあります。

調査してきた経験から、お店の口コミや評判を気にしていると絶賛する情報だけが刷り込まれ、申し込み手順が進むと、掲載されていた情報に騙されていたと気づくはずです。

→多くの比較サイトで
評価が集まる業者

長年運営している業者と真新しい業者があるように、比較サイトもまた長年更新しているサイトと、そうではないサイトも存在します。

とくにランキングと業者しか紹介していないところは要注意!

発信されているコラムや情報から、どのようなスタンスでランキングづけをしているのかを読み解くことが必要です。

年間通して見ると、ランキング圏外の業者がいきなり入賞したり、月が変わるとその業者は見なくなったり、月極で掲載しているところもあります。

実際に当サイトでも、「月いくらで掲載してくれないか」と問い合わせがありますが、その手の内容はすべてお断りし、返事もしません。

  • 大手と紹介され、優良店と評価されても現金化は現金化
  • キャッシュバック方式も買取方式も、ショッピング枠の換金が目的。
    業者間で優劣があっても、クレジットカード現金化によるデメリットは変わりありません。

  • 支払いが滞る可能性が0%では無い
  • ショッピング枠は審査の上でカード会社から与えられていますが、必ずしも現状の収入に見合っているとは言えません。
    どのような目的で金策をされるのかはわかりませんが、ほとんどのかたが分割もしくはリボ払いを選ばざるを得ないでしょう。

  • 悪用されるかもしれない個人情報
  • 日本年金機構・政府関連団体や大手企業でさえも発生している個人情報流出の問題
    クレジットカード現金化の必要書類まとめでご紹介したように、匿名で換金を実現することは不可能です。
    誰もが知る組織がやらかした事件は大きく報道されますが、もしこのような業者で被害にあっても公になりませんので、このようなトラブルの事例は専門サイトでも実例は挙がりません。

→営業年数10年以上!
安定して評価を集める業者

大手と呼ばれるところを利用しても、安全が保証されていることもありませんし、比較サイトのさじ加減で大手と決まる。

そして、そのランキングは定期的に入れ替わり、過去に1番と紹介されていながら、いつの間にか閉店していた…なんてこともザラにあるから不思議です。

評判のいい業者だったとしても、カード会社への支払いは自分がするもの。

滞納を起こす事も十分にあり得ますし、ましてや自分で申し込みをしたのですから、それを「知りません」なんて突っぱねる事はできません。

誰もが無料で情報を手に入れることが簡単に、そして発信することも簡単にできる時代です。

クレジットカード現金化のみならず、普段利用しているあらゆるWebサービスが、印象操作を目的のもとに広告されている可能性を認識しましょう。

クレジットカード現金化の優良店・大手でも、カードローンの最大30日間金利0円に敵わない

クレジットカード現金化の優良店・大手でも、カードローンの最大30日間金利0円に敵わない
クレジットカード現金化業者ではない話ですが、よくあるカードローンを提供する消費者金融では、その業者ではじめて利用するかたに限り、最大30日間金利0円のキャンペーンを行なっているところがあります。

これは、借りた日から最大30日間、金利手数料が無料になるサービス。

その30日間の間に完済することができれば、無利子で金策をすることができます。

実際に私もクレジットカード現金化と同様に、こうした金融サービスを利用したことがありますので、こうした消費者金融とクレジットカード現金化の比較については十分に理解しています。

だからこそ、断言できる。

クレジットカード現金化業者の優良店・大手を探すことよりも、このような無利息で利用できる貸金業者のほうがお得であることは間違いありません。

これは単純に取引にかかる手数料、クレジットカード現金化による決済と振込金額の差額等、金銭的な損得だけ考えた場合の話。

そもそも消費者金融の審査が通らない人は、当然利用することはできません。

近年は、総量規制の影響により、昔よりも借りにくくなったことから、クレジットカード現金化を選択する機会が増えている傾向にあります。

貸金業者では、借りたことの履歴が残ることはもちろん、在籍確認や信用情報機関への情報照会は当然です。

このような背景から、借りたくない人や各々の事情によってクレジットカード現金化を希望する人がいることも事実。

クレジットカード現金化業者に申し込みをしたから、必ず利用しなければいけないことはありませんので、まずは参考として話を聞いてみることをオススメします。

他にも別記事にて、今すぐお金を作る方法もご紹介中!

クレジットカード現金化
→当サイト認定優良店
※厳選して7社のみ

クレジットカード現金化の優良店を見た目で決めるな!

クレジットカード現金化業者の優良店ランキング

ランキング入賞7社
→業者と評判を確認する

クレジットカード現金化に対する印象は…いかがでしょうか?

直接対面して話しかけているワケでないので、こうして更新をしていると、次のような言葉をみなさまに聞いてみたいと思いながら過ごしています。


  • クレジットカード現金化の存在について理解できましたか?
  • それじゃあ申し込みをしてみようかなと思いましたか?
  • 比較検討していたけど、やめようかと思い直しましたか?

クレジットカード現金化業者はホームページを使ってお客さんを集めています。

当たり前のことかもしれませんが、ここに我々が忘れている灯台下暗しな要素が含まれているのです。

表示される情報、つまり、クレジットカード現金化業社から発信する情報だけが比較の材料になっています。

サービスの本質はどこも変わらなくても、色やコンテンツの構成に配置といった細かいポイントを配慮し、比較している人たちに好印象を与えようと試行錯誤されているのです。

当サイトでは、業者を見る前に比較サイトで情報を得ることを勧める理由には、自分では意図しないアンカーがかけられていることを理解しましょう。

そして、クレジットカード現金化業者から発せられる、情報の誤りを探るのも有効です。

1例:創業年数

ネット上では特定ドメインから過去の状況を調べる事が出来るウェブサービスがある。(Wayback Machine など)

同一ドメインであれば、過去に掲載されていた内容と、当時行われていたキャンペーンの告知等の情報を知ることができ、おおよその運営年数を確認することも可能。

とくに、この創業年数をアピールポイントとして掲げるお店は少なくないですから、興味があるかたは確認されるとよいでしょう。

繰り返しますが、このようなアピールポイントは、すべて業者から発信される内容です。

それは、見込み客として見られている、我々消費者が少なからず持っている興味を刺激させたい意図が含まれます。

世の中にあるすべての業界、Webサイトに言えることです。

クレジットカード現金化業者だけではありません。
貸金業社・消費者金融がなるべくクリーンな印象を与えるために、有名人がコマーシャルに起用するなどの取り組みを行っています。

さすがにクレジットカード現金化業者が、同じ規模感で広告することはできませんが、逆にできることが限られているからこそ、サイトデザインはかなり凝られた内容になっています。

とくに、新しく立ち上げたばかりのお店は彩り豊かで、昔から営業している業者よりかは、理由なく見栄えだけは立派に見えるでしょう。

新しい業者とは反対に、長く運営されているお店では、いまだに一昔前のデザインで古い印象を受けるところはチラホラ見かけることがあります。

  1. 「あまり比較サイトや口コミ等で話題になっていないが、見栄えがよい業者
  2. 「情報量が豊富で、認知と評価はされているけど、見栄えがあまり良くない業者


この場合、皆さまはどちらがよいと思いますか?

本来であれば、前者の方が実績があって営業を続けられているということから、「自分以外にも使っている人がいるんだな」と予測する事が出来るので、一定の評価はたしかにありますね。

後者では、見た目はよくても取引内容が悪い恐れは払拭できませんし、実績と評価が無いので、取引してこれから起こるトラブルに巻き込まれるかもしれません。

当サイトでは、そして個人的にも、両者ともそれだけで判断できません。

人も見た目で判断してはイケナイと言われますが、こちらも問い合わせし、比較サイトの評価と取引内容の詳細を確認しなければ、良し悪しは決められません。

問い合わせ自体は何も問題なく、無料できることです。

比較サイトで書いてあったことと、直接業者から聞いてみて、納得できないならサヨウナラでよいと思います。

関連記事

クレジットカード現金化の違法性について

クレジットカード現金化の違法性
クレジットカードは、目視できないながらもお金を取引できる便利なツールです。

クレジットカードに関わる犯罪は多岐に渡りますが、クレジットカード現金化業者はこれまでに逮捕されていることが事実であり、とくにクレジットカードを渡さないと現金化できないなどと対応をする業者には注意してください。

しかし、利用者の処罰・対応について触れられた報道は当サイトが調べる限り確認ができません。

注意

しかし、「業者を利用しない」・「自分でやる」に限らず、そもそもカード会社が認めていないということを忘れてはなりません。

クレジットカード現金化に至る仕組みに違法性の可能性

違法なクレジットカード現金化業者の店員

違法性を指摘するクレジットカード現金化の仕組みについて、以下の内容が考えられます。

  • 現金を商品としている
  • 商品が無いのにお金だけが取引されている
  • 古物営業法で許可されていない売買

実態を確認することができない換金方法について、違法性の対象になっている様子であり、詳しくはクレジットカード現金化における検挙&逮捕関連ニュースの中で、過去から現在までの違法性・逮捕された業者をまとめています。

最近は安易に無数の業者を紹介する比較サイトが増えており、とても実際に利用した方の口コミとは思えない、ひどい体験談を掲載しているケースが目立っていますので騙されないように注意してください。

クレジットカード現金化に違法性が無いと考えるのが、業者の基本的なスタンスです。

しかし、実際にこの仕組みについて興味を抱く方が多い中で、違法性について記述する比較サイトが多く目立ちます。

クレジットカード現金化は隙間の中の隙間産業

一番最初の画像は皆様におなじみ深いgoogleのキャプチャー画像です。

このように、キーワードが補助される仕組みには、世間の人がそのキーワードに付属して、よく検索されるワードを検索数に応じて表示される機能です。

現在比較検討中の方も、クレジットカード現金化と聞いて最初はよい印象と悪い印象のどちらを思い浮かべましたでしょうか?

少なくとも、各関連団体で利用は控えるようにとキャンペーンを行っていますので、よいイメージを持っている方には傾かないですよね。

しかし、意外にもクレジットカード現金化の仕組みは通常の商品取引や買取業と同じ内容になっている事がほとんどですので、違法として認める線引きが付きにくい為に、過去の検挙例はそう多くの数は挙がっていません。

クレジットカード現金化業者だったとしても、取扱商品によって業種が区別される!?

とあるクレジットカード現金化業者に、強盗が入った事件が小さくメディアで取り上げられた事もありました。

その紹介の仕方として「金券ショップ」に強盗が入ったという仕方になっており、短い映像の中では間違いなくクレジットカードのショッピング枠現金化と入っていました。

今現在でも「金券ショップ_強盗」と検索しますとその店名は紹介されていませんがニュースサイトによる記事を閲覧する事が出来ます。

このサービスは誕生から10年以上に及ぶ歴史が有るとされ、今現在ほどクレジットカード自体も普及しておらず、取り扱いの業種が少なかった事もあり昔の方が換金を目的にした利用は間違いなく多かったのではないでしょうか?

このような流れから長らく需要が存在している実態があります。

クレジットカード現金化として広告はされていないものの、世の中にあるリサイクルショップや各種買取業の取引となんら変わりはありません。

何でもモノに価値がある以上、それを売買する事は当たり前に行われているわけですが、今回は過去の検挙例を見てみましょう。

全国ではじめてクレジットカード現金化業者が検挙されたのは2011年

全国ではじめてクレジットカード現金化業者が検挙されたのは2011年
このような情報も、他の比較サイトではあまり目にする事がないでしょう。

クレジットカード現金化は10年以上の市場実績があると前述しましたが、日本全国47都道府県が有る中で一番最初の検挙例はごく最近ということに驚きですね。

2011年それまで検挙される者が誰一人居なかった状況と、消費者庁の積極的な広報もこの頃から始まりましたので、口火を切る形で出資法違反で逮捕されたのは一つの見せしめだったのかな、と考えられます。

該当する店名はキャッシュバックスグループ(その他複数店舗、同一経営者)のみで、東京都台東区上野で運営されていたようです。

利用者から見て最終的に現金が受け取れる手段として利用されていたのはキャッシュバックですが、今でも携帯電話の購入やその他電化製品の購入などで取り入れられておりまったく目にする事が無い、ということはなく、クレジットカード現金化に特化している事はありません。

ポイント

キャッシュバックの仕組みは「不当景品類および不当表示防止法」のもれなく型に該当されており、販売額の10%以上が認められているために違法性は無いはずですが、なぜ逮捕に至ったのか当時の状況をよく知るサイトでは、上記のように掲載がされています。

クレジットカード現金化の違法性について注目が集まったのも2011年

この頃より総量規制も施行されて年収の1/3までが借入条件となってしまったため、この時期の国民生活センターへのクレジットカード現金化関連の相談件数は過去最高の件数になっている事が公式ページより確認が出来ます。

現在も閉店するところもあれば、新しく営業を始めるところもありますので年々その相談件数は確実に減っていますが、まったくないということはありません。

上記の画像のように、カードホルダーが到底納得する訳が無い対応ばかりで、結果的に各関連団体が動かざるを得なかったというのが経緯のようで、優良店と評価されている店舗や運営を続けている店舗からしたら非常に迷惑極まりない出来事であり、サービスを利用して生活を立て直している方が一番困る事になってしまいます。

実際に無店舗型以上に「クレジットカード現金化」と呼称して営業を続けている店舗型業者は今現在でも存在し、チェーン展開されている程に堂々と全国で営業を続けています。

クレジットカード現金化業者が出資法に抵触しなかった例もある

不思議な事に出資法違反で検挙されず、その他の容疑で話題になった店舗もありました。

一店舗のみならず、ホーミー、まごころギフト、ユニティワン、aproach、ハートステーションという複数の屋号を管理していたようで、とある口コミサイトでは、今も現存するクレジットカード現金化業者のグループ店だったとの情報もあります。

3年間で得た所得はなんと約1.3億円!!!

ちなみに福沢諭吉様を一枚一枚積み上げると、1億円は100cm=1mになると言われています。

そのうち約4千万円を脱税したとしてされており、各店舗管理者の名義で銀行口座を利用して申告をしないという悪質ぶり。

元々申告すべきものをしていないとは言え、一人や二人ではこんなショッピング枠枠あるはずがありません。

一定の利用者数がいなければこんな金額にはならないはず。

換金を強要している様子の記述も無い事から申し込みを希望する人がそれだけいるという裏付けにもなりますね。

一番興味深いのは、脱税の容疑が掛けられても、クレジットカード現金化について行っている事は知られていながらも、この容疑で検挙していないという点です。

つまり、このグループが取っていた換金手段はクレジットカード現金化は違法では無い事を表しています。

現在でも言える事ですが昔から営業を続けられている業者がある以上、逮捕される方法と逮捕されない方法があるのでは無いかと編集部では考えられ、それが何なのかは特定が出来ませんが、我々利用者の反感を買う様な営業対応や融資の一環で利用されていた場合に話題になっているという特徴がある事は感じています。

クレジットカード現金化の違法性にはいくつかの種類がある

クレジットカード現金化における違法性に関する報道をチェックしていきますと、商品の取扱内容によって掛けられる容疑が変わっている事が分かりました。

これは利用者に課せられる内容というより、事業者に対する事項になります。

種類
  • 出資法違反
  • 貸金業法違反
  • 詐欺罪
  • 脱税
  • 古物営業法違反
  • 換金方法の違いや、媒介する際に扱われる商品の内容などによって変わるようです。

    とくに、どの方法においても商品やサービスをショッピング枠で購入する過程がある事から、たとえば購入した商品は「買った事」にしたり、商品は購入したけど「売った事にする」など、取引の実態が無い方法で営業をしている店舗は違法性が強いと言えます。

    利用者においては、カード会社を騙した事に対する詐欺になり兼ねませんが、これまで利用者に関する違法性について情報が公になってい無い以上、利用規約の違反がもっとも現実的な処分かと推測できます。

    年々、クレジットカード現金化に対する違法性について判断基準が明確に

    キャッシュバックスの逮捕から今現在まで、例に挙げたケース以外にも検挙されたニュースを確認されています。

    上記2つの例のようにクレジットカード現金化とは関係の無いコンテンツサービスを結びつけるような仕組みで悪用しているケースが目立っており、たとえば「アダルトサイトの利用料とショッピング枠現金化」、「貸金業者とショッピング枠現金化」など。

    ポイント

    貸金業者の検挙については、2013年9月に世間に晒されて、それがまた正規の都道府県知事認可の業者ということで、認可業者ではじめての事で結構な話題になりました。

    しかも、最初の逮捕劇ではキャッシュバック式だった為か買取式に移行する店舗が増えた事により比較サイトにおきましても買取の換金方法のクレジットカード現金化業者が安心安全という紹介をしていた事もありましたが、買取型でも検挙されましたので、その目的に対する手段は関係が無い事が理解できます。

    実際に買取型の業者を安全とする紹介の仕方をする比較サイトも今では少なくなっている様子です。

    当時互いの方法について牽制し合う中で、買取式なら安全であると広告していた業者が非常に多かった事を記憶しています。

    今よりも昔の方が、偏向した情報が乱立していたという事です。

    買取の仕組みによるクレジットカード現金化だから違法性が無いとは言えない

    買取式ですと、2014年10月末に逮捕された業者も買取式とされており、古物商免許を取得していながら営業をされていた実態が浮き彫りになりました。

    テレビでもこの店舗の営業実態について公表されていましたが、名簿業者より資金繰りに喘いでいる個人事業主を中心としたデータを仕入れてひたすら融資の案内として電話を掛けまくっていたそうです。

    これらの事柄により、クレジットカード現金化が違法の争点では無く、営業内容が焦点として捉えられているのでは無いか、ということが編集部が見出した結論です。

    Amazonギフト券もこの買取型の中で媒介される商品として取り扱いが進んでいる様子で、決済環境はAmazonにある事、購入時におけるメールアドレスの指定で簡単に商品を送らせる事ができ、Amazonというブランド価値を利用できるという業者目線から考え得る利便性の高さもその背景にありそうです。

    その他にも、違法性に関連して逮捕事例についてまとめた記事(随時更新しています)がありますのでご紹介します。

    クレジットカード現金化における検挙&逮捕関連ニュース

    クレジットカード現金化比較サイトが違法性に関する情報が少ない

    違法性について知ろうとした時に、消費者庁やクレジットカード協会、国民生活センター、その他一般のサイトで情報を知る事もできますが、クレジットカード現金化業者を紹介する比較サイトでも情報が発信されています。

    人という生き物は、自分に都合のよい情報は簡単に理解できます。

    その為に、利用しようか迷っている人たちの背中を押す情報が多くなる事は仕方が無いのかもしれません。

    冒頭の見出しでもある様に、業者を紹介するだけで違法性について言及する比較サイトの数は残念ながら多くはありません。

    業者に気持ちよく申し込みをしてもらうように設計されており、これを阻害する「違法性」に関する事項は目に触れさせないようになっている事を知っておくだけでも、比較に役立つはずです。

    クレジットカード現金化の違法性についてのまとめ

    • クレジットカード現金化の違法性はいまだ根強く残っている
    • どんな仕組み、方法でもクレジットカード現金化である事に変わりない
    • 違法性のある換金方法と合法の範囲内で取引される換金方法は似て異なる
    • 違法性に関する質問に対して「大丈夫です」と一言だけ返す店舗は危険
    • 利用者にも違法性がある事は否定できない
    • こうした情報について煙たがる比較サイトも多い

    クレジットカード現金化はヤミ金ですか?

    クレジットカード現金化はヤミ金?
    クレジットカード現金化は、お金を貸してくれるところではありません。

    カードでお金と称し、営業をしている業者や比較サイトもありますが、どれも同じクレジットカード現金化です。

    カードでお金を借りると行為は、厳密にはカード会社から借りることが正しい言い回し。

    つまり、ショッピング枠ではなく、キャッシング枠を使う方法です。

    現金化業者ではショッピング枠を使います。

    審査不要とアピール業者は少なくありませんが、すでに信用情報を照会されて取得したクレジットカードを用いるため、あらためて審査されることがなければ、現金化業者から審査される要素は一切ないのです。

    つまり、借用書を交わすよう求められたり、保証金の請求があれば、それはクレジットカード現金化で釣ろうとしているヤミ金

    執拗な取り立てや嫌がらせなどされることはありません。

    比較サイトでよく出てくるような専門の業者以外にも、利用者を募集していることがあります。

    • 表向きは普通の通信販売のサイトなのに、自社決済ではなく金額分のAmazonギフト券Eメールタイプを送るように指示する
    • 個人間融資やその他お金貸し借りに関する怪しい掲示板
    • 無職でも借りられる・絶対借りられるという広告をみて申し込みをしたらクレジットカード現金化だった
    • TwitterやFacebookを悪用して募る個人や組織

    ショッピング枠を利用しているのに商品の取引が行われずにお金が「いってこい」してるだけでは合法な取引とは言えません。

    商品の取引をしないということは、お金だけが取引されているので、無登録の貸金業としてみなされ、罰せられます。

    配送料の節約・手間を省く・営業所の住所を確認させないなどの推測される理由から、業者都合によって商品を送らない・受け取り不要を容認するように同意を求める業者は違法な業者です。

    あとよく勘違いをされやすいのですが、古物商を取得している業者とは言え安心もできません。

    古物商の資格があるクレジットカード現金化業者も過去に逮捕されています。

    違法性のない業者として公安委員会が認めていることがなければ、優良店の証でもなく、安全である保証はないです。

    安全性を謳う広告がありますが、実際に申し込みをした先で、比較サイトの説明とは異なる内容を受けるなど、いい加減な情報発信が常態化しています。

    無名な業者や個人には絶対にコンタクトを取らないようにしましょう。

    クレジットカード現金化業者の乗り換えにご用心!!

    クレジットカード現金化業者の乗り換えにご用心!!

    最後の見出しになりますが、すでにどこかでクレジットカード現金化をしたことのあるかたに向けて、お伝えしたいことを少し。

    新店ができれば、「隣の芝生は青く見える」のように、いつも利用しているところよりよい条件かどうか気になりませんか?

    • どうせ利用するなら違う業者も利用してみたい
    • 他の業者なら、安全性もよくなるのでは無いか?
    • あっちなら、より高い還元率・高い換金率が期待できるかも…

    クレジットカード現金化では、業者が違うと商品も変わります。

    キャッシュバック方式・買取方式・Amazonギフト券Eメールタイプなどなど…それぞれで利用していた人が、他の換金方法について試したくなる気持ちが私にはよくわかります。(笑)

    しかし、ショッピング枠の残高が復活することもないし、他店で利用した直後に他の業者を利用すれば、計上される前に利用できる…なんてことはありません。(笑)

    セキュリティの強いカード会社で、業者によって取り扱いができず断られるケースがある場合には、業者を変えることで換金をできる可能性はあります。

    頻繁にクレジットカード現金化業者を変更することはあまりオススメできません。

    もし、トラブルにあった際に、その責任の所在と原因がわからなくなる恐れがあるからです。

    ここ数年間でも、これまでに数多くのお店が閉店し、生き残っている業者だけを絞ればごくわずか。

    そして閉店したどの業者も「事前に告知なくサイトを閉じている」という共通事項があります。

    その理由を公にされることはありませんが、次のようなことが考えられるでしょう。

    • 業者が違法として検挙される
    • 単純にお客さんが来ない
    • 利用者とのトラブルに発展
    • 顧客情報の流出や悪用
    • カード会社や決済関連会社とのトラブル

    利用していたクレジットカード現金化業者と、いきなりコンタクトが取れなくなるのは恐怖では無いですか?

    見栄えのよい新しい業者よりも、換金の実績がある業者が評価されやすいのは当然の事です。

    乗り換えを検討しているかたも、初心者のかたと同様に、注意することは同じです。

    業者が一つのホームページという決まりは無いですから、一つの業者が二つも三つもホームページを取得し、他店展開していることもあります。

    実際に私が利用したときに、同じ住所からの配送や、対応してくれた店員の声が一緒、メールの文面が同じということは…結構あります。

    つまり、あっちでは買取方式をやっていて、一方ではAmazonギフト券買取をやっている、というような業態が存在するのです。

    どこの業者に申し込みをするにしても、ここだけは利用しないで欲しい業者の特徴を簡単にご紹介し、締めくくりたいと思います。

    申し込みフォームの入力項目が多いクレジットカード現金化業者

    郵便番号・住所・振込先金融機関の入力が必須項目になっているところは避けてください。

    申し込みフォームで入力を求められる項目の内容は、お店ごとに違います。

    単純に名前と電話番号、メールアドレスだけのところもあれば、先ほどのように細かい個人情報が必要と書かれている場合があるのです。

    手続き自体が申し込みをしてから始まるのにも関わらず、いきなりこのような個人情報を送らせる事によって、利用者の心理を「利用しなければならない」と煽る為のものでしかありません。

    メールだけで対応するクレジットカード現金化業者

    電話で連絡が取れないクレジットカード現金化業者を利用しないでください。

    ごくわずかな数ですが、電話でやりとりができない業者があります。

    今現在、クレジットカード現金化業者はフリーダイヤルを設けているのが基本です。

    Amazonギフト券現金化業者では、固定番号を設置している業者がいまだに多く、説明には長い時間を要する事でしょうから、クレジットカード現金化業者の地味な配慮は嬉しいモノです。